DVDプレーヤーのリリースを見ていたら
DVDレコーダーという表記がありました。
DVDレコーダーというくくりの中に、DVDレコーダーが
あると考えるべきか?それとも、DVDプレーヤーとDVDレコーダーは分けて考えるべきなのか?

例えば、以下の参考の機種は、DVDプレーヤーと呼ぶのが正しいのか、DVDレコーダーと呼ぶのが正しいのかいずれでしょうか?よろしくお願いします。

<参考:ソニーのDVDレコーダー『RDR-A1』のリリース文>
ソニーマーケティング株式会社(社長:小寺 圭、本社:東京都港区)は、
DVDプレーヤーとの再生互換性に優れたDVD-RW/R規格を採用した、
DVDレコーダー『RDR-A1』を発売します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

これは、レコーダー(録画再生対応のDVDプレーヤー)ですね


まず最初に、
DVDのレコーディング規格は大きく4つあります。
一つが、RAMですが互換性が低いのが欠点で、一般的なDVDプレーヤーでは再生できません。(RAM対応を歌ったものでないと無理)

後の、DVD-RW、DVD+RW、DVD-R(Rは追記型)は約70%の機種で再生可能となります。
そのため、今回の文面を分かりやすく言うと

「DVDプレーヤーとの再生互換性に優れたDVD-RW/Rを採用した」というのは「市販のDVDプレーヤーでもかなりの確率で再生できるDVD書き換え規格を採用している」となりあとの説明は、それに続けて繋げるだけです。

DVDプレーヤーは再生専用、レコーダーは録画(録音)再生の両方ができますから、レコーダーにはプレーヤー機能もあります。
例えば、カセット。録音対応のカセットデッキでも再生できますよね。
それと同じことです。

ただ、このような書き方になったのは、DVDレコーディング規格が乱立しており、互換性に若干違いがあるので、このレコーダーに使うディスクは市販プレーヤーでもかなりの確率で再生できるものを使っています。とアピールするためにこのような記述なのです。
    • good
    • 0

私は実際にこの製品を見ていますが、レコーダーです。


それはさておき、リリースの文面には何もおかしなところは無いと思いますよ。

>DVDプレーヤーとの再生互換性に優れた・・・
DVDプレーヤー「との」互換性と書かれています。砕いて言いますと、このDVDレコーダー「RDR-A1」で記録したものは、その他の再生専用のDVDプレーヤーで再生した時にも見れる可能性が高いよ、ということを言っています。
これを「再生互換性に優れた」と表現しているんです。

MDでも何でもそうですが、記録が出来るものは大抵再生も出来ますので、記録できるタイプを「レコーダー」、再生しか出来ないものを「プレーヤー」といいます。
ですから、機能としてはレコーダーにはプレーヤーの性能も入っていますので、レコーダーをプレーヤーと呼んでも間違っていません。
レコーダーと言えば「記録も出来るんだな、フムフム」と思えばOKです。
    • good
    • 0

><参考:ソニーのDVDレコーダー『RDR-A1』のリリース文>


>ソニーマーケティング株式会社(社長:小寺 圭、本社:東京都港区)は、
>DVDプレーヤーとの再生互換性に優れたDVD-RW/R規格を採用した、
>DVDレコーダー『RDR-A1』を発売します。

この文を読んでもDVDレコーダーと思いますが。この製品がとてもDVDプレイヤーとは読めません。

理由
互換性に優れた・・・DVDレコーダーとうたってるため。
    • good
    • 0

レコーダーは記録と再生ができます。


プレーヤーは再生のみできます。
    • good
    • 0

ご存知だとは思いますが、DVDの再生のみ


出来るのをプレーヤー。録画と再生が出来るものを
レコーダーと呼ぶのでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング