『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

数年前に購入した2万円程度のギターを最近また練習し始めたんですが
よく、安いギターでは練習にならないと聞くので少し不安です。
練習にならないというのは本当か、もしそうなら最低でもいくら位の品質が必要か
アドバイスお願いします。

A 回答 (6件)

安いギターでは練習にならないと言うよりも、作りの悪いギターでは不具合や不備が多くて、それを無理に使い続けることが上達の支障になるケースがあると捉えるのが良いと思います。

安く買ったギターでも、ギターの作りがきちんとしていれば、練習には十分に使えますよ。

作りの悪いギターでは、各部のパーツの出来や取り付けに不備があったりもします。 致命的なものになると、ネックジョイントやネックそのものの不備で、フレットの打ち込み間隔の精度が出ずに、開放弦の音は合っていても、各フレットの音がどう調整しても微妙にずれる(フレット音痴と言います)ものもあるでしょう。
安価に販売されているものでは、そうしたパーツや組み立てにコストをかけていないために、仕上がりが悪くなるものも少なくはないようです。
特に、正確な音程が出せない楽器で練習を積むと、音感を悪くしてしまうので、感覚を鍛える意味では作りの悪いギターはあまり頻繁に使わない方が賢明と言えるでしょう。


それで、購入時の価格が2万円程度と言うことですが、そのくらいの価格であれば、エレキギターであればまあ心配はないと思いますし、アコースティックギターでもとりあえずそれほどの問題はないと思います。
とりあえず、開放弦のチューニングをあわせることが出来て、その状態がしばらく維持でき、またチューニングをした状態でのネックの反りの状態や弦高、オクターブチューニングの調整が適正であることが確認できれば、問題ないでしょう。
もしそのあたりの不具合があったとしても、エレキギターなら比較的手軽に各部の調整が可能なので、自前でも適切な状態にもっていけると思います。 アコースティックギターの場合は、エレキギターほど簡単には調整できない部分も多いので、不具合の解消には専門の人に頼った方が良いでしょうね(調整の費用によっては、新しいギターを用意した方が安く上がる場合もあるかもしれませんが)。
品質の面で作りが悪くないことを期待できる範囲となると、ブランドにも多少左右されますが、新品の店頭価格で3~5万円あたりからのモデルであれば、エレキギターでもアコースティックギターでも良い具合の品物を期待できると思います。 ただ、店頭価格や定価などは、品質に対する間接的な指標でしかないので、品質を品質として評価するには、実際の物を確かめる必要はあるでしょう。

なお、脇道の話ですが、初心者だからと言って安いギターを使う必要はないと思います。 ギターの価格の高低については、腕と見合わせて選定する必要はないと思いますよ。

参考になれば。
    • good
    • 0

まず、なぜ安いかを考えてみてください。

今の時代、人件費は大きなファクターです。だから、人件費の安い国で作ったり、また自動化の工程が増えます。ところがギターは木工製品なので、一台一台の材質が微妙に違いますから、イイ音を出すための細かい加工はやはりむりでしょう。また人件費が安い国ではまだ職人の経験値が小さいことも多いです。

第二は原材料の問題。高価な木はやはり使えません。高い材料イコールいい音質、とはいえませんが、どういうわけかギターに適した木材は高級木材が多いんです。

てなわけで安くて練習にならない、というものはNo.2さんがおっしゃるようなもの。これは楽器ではなくて楽器型のおもちゃです。こういうのはまあおもちゃとして使うしかないでしょう。

2~4万円は入門級。5~10万円はまあ普通。20万級以上は一生もの。まあ好き嫌いもありますし例外もありますので5万の一生ものを持ってる人もありますが、2万だとさすがにそれは無理でしょう。

音質や音の味わい、独特の手触りなんていう部分が不足します。わけわかんない?でも高いけどいい楽器っていわば演奏者の対話相手なんですよ。そこまでがんばって練習していってください。必ずいい楽器が欲しくなるはず。
    • good
    • 0

>安いギターでは練習にならない、というのは本当か?



そんなことはない、と思います。
全く弾けない人にとってはまず基本的なギターの扱い方(チューニングなど)とかコードストロークとかアルペジオとか身につけるには安いもので十分だと思います。練習にならないほど安いギターとはチューニングが合わない、ネックが反っているなど、楽器として成立していないギターです。

安いギターである程度弾けるようになった頃には本当に欲しいギター、弾きたいギターの傾向が出てくると思います。高いギターはそれから、でいいと思います。

3万円くらいで国産の結構しっかりしたギター(YAMAHAやMORRISなど)が手に入ります。私の一番はじめのギターはモーリスの3万円のギターを高校の入学祝いで買ってもらいましたが、トップはスプルース単板で今でもいい音を出してくれます。

エレキギターなら電気的に音を作るのでなおのこと、です。ギター本体よりアンプ、エフェクターにお金をかけた方がいい音でなってくれたりします。
    • good
    • 1

正直初心者が高いギターを買うのはやめた方が良いんじゃないかと個人的には思います。

安いギターで練習して、ある程度うまくなって今のギターに不満が出てきたら自然と欲しいギターなんかも出てくると思います。そしたら高いのを買えばいいかと。
ギターは飽きる人も多いので高いのを買うと出費が・・・。2万くらいのなら初めは十分だと思います。
    • good
    • 1

 安いギターってのは、ようするに5000円程度のノーブランドのものってことです。



 そういうのはソリがあったり、物理的に音が合わなかったりするので、音感が壊れてしまいます。
 だから、安いものは使うべきではないのです。

 また、安いものは、しばらく使っていると「ペグが使いづらい」「ブリッジが変」などの欠点がやたら目立ってきて、結局買い換えることになるので、安物買いの銭失いになりやすいという理由もあるようです。
    • good
    • 1

ギターの種類にもいりますので


一概にはいえませんが・・・

エレキでもアコギでも新品で
五万円くらいがある程度の目安になると
思っています 経験上

あまり低価格な商品だと
1 チューニングを合わせてもずれる
2 ネックが握りにくい
等 あげればキリがないです
チューニングが合わないのは
耳を鍛える上では非常にマイナスとおもいますので
お財布なんかと相談してみてはいかがでしょうか?

最初は初心者向けで頑張って
「もうすこしギターを続けるぞ!」と
決心したら ワンランク上のギターを買う
・・・これも楽しみではありますので
参考になりましたら幸いです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターのピッキングが上達しません

ギター歴15年です、ずっと下手の横好きでしたがここ2~3年は本気で練習しています。
で毎日5~7時間以上ギター練習してるんですがピッキングが全然上達してるような気がしません、、
とりあえず今はピッキングが難しいフレーズやリフを何時間も反復練習してるんですがなかなか旨くなりません、、
とにかく弦移動の多いものが苦手なのですが特に苦手なのはインサイドピッキングとストリングスキッピング、または弦2本、3本にまたがるピッキングトリルです(スウィープは興味ないんで練習してないですけどしたほうが良いのですか?)
ちなみに速弾き等の高速ピッキングではないです、速くするより正確に弾けるようになりたいです。
ピッキングに効果的な練習はたくさん弾くこと以外に今のところこれといって無いと聞きましたがあえて聞きます、というかあったら教えてください。

Aベストアンサー

ピッキングの洗練のための練習については、結局は豊富な練習時間を確保して、自分なりの課題を意識し、それを解消することを目指した練習を自発的に取り入れていく他ないでしょう。何がまずいのか、どうしてうまくいかないのかを、自分のやり方について細かな動作にまで気をつけるようにして検証し、その粗となり得る要素を一つ一つ潰していく、地道な作業の連続になると思います。
練習にあたっては、言葉にすると当然のことながら、自分のモーションを丁寧に確認しながら取り組む必要があります。動きの一つ一つを意識できるテンポで試し、動きにスムーズでないところや無理な力みなどを感じる部分はそれがピッキングの粗になっている可能性が高いので、そうしたところがないかを探し、そうした部分があればそれはどうしたら解消できるのかを検討して、と試行錯誤を繰り返しながら、粗を潰して動きを洗練していくことになるでしょう。特に、ピッキングの基礎といえるような動作に関しては、注意深く取り上げて検討するのが妥当だと思います。(なお、ピッキングの動作を確認する上では、鏡に映して動作を確認したり、ビデオに撮って見直してみるなども効果的でしょう)
なお、スウィープに関しては、通常のピッキングとはまったく違う感覚を要求されるところがあります。肘の開閉でピックを動かすような動作になりますが、この動きは独特なものです。必要ないと感じるのであれば、特に練習しなくても良いかも知れません。ただ、プレイスタイルに幅を持つことが有利に働くこともありますので、そうした可能性について考慮するのであれば、練習してみるのも悪いことではないでしょう。

ピックを使ったピッキングにおいては、基本は肘と手首に支点を意識し、特に手首についてはピックを振る動きの中心として重点的に注意して検証するのが良いでしょう。
ピックを振る動きは、手首には力を込めずに柔らかく保って、手を振る動きと手首を回す動きの両方を活かし、特にスナップを利用した動きを意識するのが妥当です。手首に関しては、手についた水滴を払うような動き、鍵穴に突っ込んだカギを回す手首の旋回、うちわで自分を扇ぐ際の手首の動きなどを意識してみると良いと思います。
肘については、手首を柔らかくしてスナップを活かしたピッキングをする上では、手首から先を掃除用具の「はたき」の先端に見立てて、そのはたきの軸を扱うつもりで意識してみると良いケースもあるでしょう。ピッキングの際の動きに取り入れる場合は、実際には微妙な上下動になるので、大袈裟な動きにならないように腕を振ることになると思います。また、肘の開閉はピックと弦との位置関係を調整する上で意識する必要もあるでしょう。
基本的には、手首にしても肘にしても、ピックを振る際には力んで固定したりするのは妥当ではありません。いずれも支点として意識し、力まず柔らかく扱うのが良いでしょう。
また、ピックの持ち方についても、力んでガッチリ固定しようとしたりすると、手首にも力みが伝わって悪影響になることがあります。ピックは人差し指の側面に乗せ、親指で支えるように持ち、必要最小限の力で保持するように意識するのが妥当です。
あと、ピッキングに際しては、音の出るタイミングを丁寧に意識するのも良いと思います。音が出るタイミングは、ピックが弦とぶつかった瞬間ではなく、ピックと弦が離れて弦が振動しはじめる瞬間です。そのタイミングを意識して、ピックと弦をうまくコントロールするように検討してみるのも効果的だと思います。

ピッキングの方法に関しては、リットーミュージックから出ている「ギターがうまくなる理由 ヘタな理由」「速弾きがうまくなる理由 ヘタな理由」などの教則本が参考になるかも知れません。これらのシリーズは、よくあるうまく行かないポイントに的を絞り、その一つ一つの事態を症状として、その問題の原因と対策とそのための練習方法を提示している、対症療法的な教則本です。ピッキングに関しても関連の記述が結構あるので、参考にしてみるのも良いと思います。
あるいは、「グングンうまくなる 究極のプレイ・フォーム」という本も、ピッキングの仕方について詳しく取り上げています。こちらも参考になるところは多いと思います。
これらの教則本も、良い参考になると思います。


なお、こちらに他の質問にも寄せられた内容のコピペ回答を寄せ、特殊なやり方の布教を図っている方がいますが、そこで提示されているやり方についてはあまり参考にされない方が良いでしょう。肩の上下動をピッキングの動作の主体にするのは、あまり一般的なやり方ではありません。ピッキングの動作の主体に関しては、手首にあることを意識した方が良いと思います。
また、ギターを肘で押さえて抱えるような構え方を推奨しているようですが、このやり方はピックを扱う腕の動きを制限し、窮屈な姿勢を呼び込むため、お勧めできません。ボディを押さえ込むように力を加える構え方についても、基本とはとても呼べないやり方です。ギターを構える上では、ギターに妙な力を加えずに安定させ、リラックスして構えるのが妥当です。
この質問の内容には関連の薄い内容ですが、弦を押える手の親指をネックにつけないというやり方にも、無理があります。その無理を解消するために上のようなギターの構え方が必要になるというところもありますし、親指については手の位置の安定を図ったり、弦の張力に押されて逃げようとするネックを抑えたり、チョーキングなどの奏法で手の動きを安定させネックのブレを抑えるなど、大きな役割を期待できます。親指の扱い方がまずいことで演奏に支障を来たす可能性もあります。親指の扱いは慎重に捉えるのが妥当でしょう。
ギター本にのっていない一番大事な基礎という文句も怪しいものです。ギターの教則本はギター講師など経験の豊富な方が書いていることが多いもので、特に基礎・基本と呼べる内容には注意深く触れているのが普通です。その内容に含まれないということは、基礎として紹介するに値しない可能性も十分にありますし、また最も大切な基本という内容がそうした教則本の中で軒並み取り上げられないというのも不自然極まりない見解といえるでしょう。
ご質問者様には不要な一言とは思いますが、こうした主張に関しては、内容の目新しさに踊らされず、慎重に見極める必要があります。誤った情報を妄信するのは変な癖をつけたり、余計な回り道を強いられる可能性があります。情報の確かさについては、よく検討されるのが良いでしょう。

蛇足が長くなりましたが、参考まで。

ピッキングの洗練のための練習については、結局は豊富な練習時間を確保して、自分なりの課題を意識し、それを解消することを目指した練習を自発的に取り入れていく他ないでしょう。何がまずいのか、どうしてうまくいかないのかを、自分のやり方について細かな動作にまで気をつけるようにして検証し、その粗となり得る要素を一つ一つ潰していく、地道な作業の連続になると思います。
練習にあたっては、言葉にすると当然のことながら、自分のモーションを丁寧に確認しながら取り組む必要があります。動きの一つ一...続きを読む


人気Q&Aランキング