あの、今秋の基本情報の問題で、ADSLって出題されるんでしょうかね。
去年ぐらいから新聞でちらほらADSLって単語を見かけるようになって、
現在社会的にはかなり有名になっているはずなのに、
基本情報のテキストなんかではまったく触れていないんですよ。(私の見た限り)

一応、伝送方法なんかはなんとなくわかってはいるんですけど、
その知識は、恐らく充分ではないので。


あ、あと興味本位ですが、ネットワーク技術者の試験ではどうなんでしょう。

よろしくお願いいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 基本情報のテキストなんかではまったく触れていないんですよ。

(私の見た限り)

2001年版では「ネットワーク技術」に盛り込まれています。

> 今秋の基本情報の問題で、ADSLって出題されるんでしょうかね。
  ネットワーク技術者の試験ではどうなんでしょう。

テキストにあることから、可能性はないとはいえないでしょう。一応のところは押さえておいた方がいいでしょうね。特にネットワーク関係ではインターネットの相当、内部まで出題されているようですから。


  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり勉強しといた方が良さそうですね。
明日にでも本を探しに行ってみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/28 02:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本情報技術者試験ではCASL2を選ぶと良いですか

基本情報技術者試験の午後の試験では、
C、Java、COBOL、アセンブラ言語(CASL2)、表計算の中から
一つを選ばなければならないのですが、
アセンブラ言語(CASL2)を選ぶのが、
受験生にとって、一番負担が少なくてすむのでしょうか。

Aベストアンサー

CASLIIは確かに簡単だと思います。

◆CASLII
・問題用紙の後ろの方に説明が載っているので、事前の勉強をしなくてもOK
・コード行数の割には大したことを実施していないので、考え易い
・実は結構ロジカルな思考能力が求められる
・プログラムの基本動作を覚えられる

◆表計算
過去実施された表計算はあまりにも簡単すぎたため、次回(今回)からマクロが出題されます。
とはいっても、CやJava、COBOLに比べれば簡単だと思います。

下記URLはIPAで公開されているサンプルです。(PDFファイルです)
http://www.jitec.jp/1_00topic/topic_20110711_macro_sample.pdf

ただ今回から初導入ですので、書籍なども充実しておらず、事前の勉強は難しいかもしれません。

・多少でも表計算ソフト(MS Office EXCEL、OOo CALCなど)に慣れている
・多少はセルの値を使った計算ができる
・大なり小なりの記号がわかる(><=など)
のであれば表計算を選択されるのも良いと思います。


「受験者の負担が一番少ない」のは表計算だと思います。


将来も見越すのであれば…。
PGやSEを目指すのであれば、CASLIIをおすすめします。
それ以外のIT系であれば、表計算をおすすめします。

CASLIIは確かに簡単だと思います。

◆CASLII
・問題用紙の後ろの方に説明が載っているので、事前の勉強をしなくてもOK
・コード行数の割には大したことを実施していないので、考え易い
・実は結構ロジカルな思考能力が求められる
・プログラムの基本動作を覚えられる

◆表計算
過去実施された表計算はあまりにも簡単すぎたため、次回(今回)からマクロが出題されます。
とはいっても、CやJava、COBOLに比べれば簡単だと思います。

下記URLはIPAで公開されているサンプルです。(PDFファイルです)
http://www.jite...続きを読む

Q僕は今基本情報の勉強をしています。基本情報は今年の秋で合格させる予定で

僕は今基本情報の勉強をしています。基本情報は今年の秋で合格させる予定です。
基本情報が合格した後に、
応用情報を受験しようか~
ネットワークスペシャリストを受験しようか迷っています。
自分の考えではできるだけ早めに専門的な勉強をしたいと考えているのでネットワークスペシャリストを受験したいと思っています。

もし、応用情報を受験したほうがいいなどの意見がございましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

セキュリティエンジニアになりたいのであれば、情報セキュリティスペシャリストの方が合致しているように思えますが。ネットワークスペシャリストに比べ、年2回あるので合格も近いと思います。(出題範囲も、かなり共通する部分がありますが)

あわてずに、応用情報から勉強した方が良いと思います。高度区分であっても、共通部分(午前1)は応用情報と同じレベルですから、どちらにせよ勉強しないといけないですし。また、難易度も雲泥の差があります。基本情報と応用情報の差よりも、応用情報と高度区分の差は大きいです。心が折れないためにも、まずは応用情報の合格を目指してみてはどうでしょうか。

あわてずにステップアップをしてはどうかと思います。tatutatuya さんの実力の程は解りませんが、高度区分は勉強を初めてすぐに合格できるようなものではありません。今は基本情報を勉強しているレベルなのですから、まだまだ将来の選択肢を狭めることもないでしょう。

Q初級シスアド-再出題について

こんにちは

素朴な疑問なのですが、初級シスアドは過去問から4~5割りの再出題があるテストというのは聞き及んでいます。
それは、午前問題では確かに顕著に表れているようなのですが、それは午後問題に対しても言えることでしょうか?

過去問がなかなか終わってないのですが、午後問題も再出題が多いなら午前問題はすっとばして午後問題だけしようかと考えています。

Aベストアンサー

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1701326
なるほど、一週間前になってあわててやり始めたんですね>過去問
それはきつい。
とはいえ、今からできることを考えましょう。
前の回答にもあるようにぱっと見て簡単だと思える問題は飛ばして難しそうな問題を解いてみる。
採点して解説を読んで理解する。
これを繰り返すしかないでしょう。

再出題の確率に頼るより、少しでも過去問題を解くほうが効果的です。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1701326

Qコンピューター科学基礎の出題範囲について

基本情報のコンピュータ科学基礎を勉強しています。
初歩的な質問をしてしまうかと思いますが、コンピュータ科学基礎は高校の数A確立の問題が出題されているようですが、正解でしょうか??
高校の数学の問題が出題されていることはわかるのですが、数IIなのか数Aなのか?
(おそらく数Aだと思いますが、確かなことがわかりません(?_?;))
数Aであれば、どこの項目なのかな?と。
私の予想は、数Aの『集合と論理』、『場合の数と確立』だと思うのですが。
どなたかわかる方、教えてください!
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

基本情報の「コンピュータ科学基礎」の範囲は、それほど高等なものは出ませんよ……。

中学校で習う範囲でも十分じゃないでしょうか。
たとえば、「10円玉を空中に放り投げた。表が出る確率は何%か。」はしっかり試験範囲ですし、「10円玉1枚と、サイコロ1個を空中に放り投げた。10円玉は表、サイコロは1の目、と同時に出る確率は何%か。」も試験範囲です。

そのかわり、「複数のものごとが同時におきる確率、おきない確率」は確実に試験範囲です。例えば、直線の電気ケーブルでつながれた機械A(壊れる確率a%)と機械B(壊れる確率b%)が同時に壊れる確率は何%か、とかは立派な過去問(の改題)です。

数学の教科書からヒントを探すよりも、基本情報の試験範囲に特化した本や、過去問題集の解説から、出題範囲をズバリ学習してしまったほうが早いです。

QMicrosoft Office Specialist のシミュレーション形式出題とは?

初めてMOS試験受験しますが、シミュレーション形式の設問があると聞きました。詳細を教えてください。

Aベストアンサー

守秘義務に同意して受験をするので
受験経験者が詳細を述べることは出来ません。
公式ページに説明が出ていますので
そちらを見ることをお勧めします。
公式HPは検索サイトで簡単に出てくると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報