【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

こんにちわ。
いつも拝見しています。

早速ですが、
質問です。

昔は女性は着物、男性は袴をはいて
生活していましたよね。
素朴な疑問なのですが、用を足す時は
どのようにしていたのでしょうか??

着物なら想像はつきますが、
袴だとわかりません。

ちなみに
わたしは以前弓道をしていた折に
着ていた道着(袴)で用を足す時は
片方の足が入っている方に両足を入れて
スカートの用にしてするとよいと先輩から
教わりましたが、
男性の場合立ってする訳だし、
武士がわざわざそのようにやっていたかと
思うと疑問です。
今のズボンのように又のところがあいていたのか、、
わかりません!!

どなたか教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

男性用のはかまは「馬乗り」と言って、うーんと太目のズボンのようなものです。


片方の足を上までまくります。
ひだスカート分ぐらいは充分片方でもありますので
その部分まで捲り上げることが可能なのです。

ちなみに、女性用のはかまは「あんどん」ですので
全くのスカートです。

昔は女性も立ちションしたんですよ。
しゃがんですると、外では着物が「ハネ」で汚れるから。
明治時代の話でもそういうのがあります。
それも、下層階級の女性に限定されることではないようです。
出典は忘れましたが、有名な文学作品にも「母がたって、
庭に向かわれて、用を足した」というような内容の叙述があると書かれていました。
だから、下着も腰巻なのでしょう。

それと、ご高齢の着物の女性が、街路樹に向かってなにやらしているのを、10年前ぐらいに目撃したことがあります。
あーアレか。
そういうわけです。
    • good
    • 0

小は、竹筒のような物(高貴な方はそれなりに豪華の物)を使用したようです



将軍には、それを持つ役目の御家人がいたそうです
    • good
    • 0

大の時は脱がざるを得ませんが、小の時には袴の片足を思いっきりめくりあげて、ブツを裾から出して用を足すのが正しいやり方です。

    • good
    • 0

#1です



 うろ覚えで 申し訳なかったんですが そういえば
男性用の 袴には ズボンと 同じような パイプの
出し入れ用の 口が あったような気がします
 女性用と 男性用の 袴は 違っていたような気がします

 いずれにしても このカテゴリーでなく
その他スポーツで 聞かれた方が 現在
弓道をしている人の 目に留まりやすいと
思いますよ
    • good
    • 0

 袴を全部 外して していたのでは ないですか?


特に 大のときは そうせざるを えないと 思いますが(^^;

 私も 学生の頃 弓道をしていましたが 着替える前に 用をすまし 着ている 間は トイレには
行きませんでしたね

 どうしてもとなると 全部 脱ぐしかないと
思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の人の着物の着付け(戦国時代くらい)

昔の人は今よりもずっと細い帯を使っていたようですが、帯結びはどのようなものだったのでしょうか?

ただ適当に結ぶだけだったのでしょうか?

時代は戦国時代くらいのイメージです;

Aベストアンサー

http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=0000108

遊女しか帯結びとしては見えてませんが、当時最新流行であった帯(名護屋帯)を結んでます。
今の帯締めのもっと、ぶっとくて、房が長いものです。

まぁ、適当に結んでいたんでしょう。
あとは、今で言うなら、男性の角帯のようなものを、片結び?(蝶結びの羽が片方で、あとは、両端hが同じ方向にぴらんとしている)

NHKの大河ドラマで「愛」のかぶとの奥方などがやってたはずですが。
絵巻物ではだいたい、この片結び?ですね。
江戸時代も、元禄の頃まで帯は細いです。

それ以降、着物の身頃が狭く(当時の政策で)なって、
着物を引きずるように長く(政策に反抗して)なって、オハショリを外出時はするようになり、
帯が今のように幅広になりました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較