『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

今、日本では交流試合が行われていますがメジャーではもっと前からあったみたいです。
日本は12球団でホーム、アウェイ3試合づつの6試合ですがメジャーは30チームあるので日本のようにはいかないと思うのですが、交流戦は何試合あるのですか?おしえて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NO1さんの補足と訂正させていただきます。


交流戦は全て3試合1カードです。

今年度は
アリーグ(14チーム)
各チーム18試合×14=252試合

ナリーグ(16チーム) 12~18試合
18試合(6チーム)=108
(マーリンズ・ナショナルズ・ブルワーズ・ドジャース・パドレース・ジャイアンツ)
15試合(8チーム)=120
(ブレーブス・メッツ・フィリーズ・カージナルス・カブス・レッズ・アストロズ・ダイヤモンドバックス)
12試合(2チーム)=24
(パイレーツ・ロッキーズ)

今年度6試合有るのは11カード(66試合)
多数の186試合分はホームかヴィジターのどちらか3試合1カードしか有りません。
6チームと対戦(アリーグ3チーム オリオールズ・レッドソックス・ロイヤルズ)
5チームと対戦(19チーム アリーグ11チーム・ナリーグ8チーム)
4チームと対戦(ナリーグ8チーム メッツ・フィリーズ・パイレーツ・カブス・レッズ・ダイヤモンドバックス・ロッキーズ)

ホームとヴィジターで対戦するカード(アリーグ×ナリーグ)
ヤンキース×メッツ(ニューヨーク市)
ブルージェイス×ナショナルズ(カナダ×元カナダ旧モントリオールエキスポス)
デビルレイズ×マーリンズ(フロリダ州)
ホワイトソックス×カブス(シカゴ市)
ツインズ×ブルワーズ
タイガース×ダイヤモンドバックス
インデアンス×レッズ(オハイオ州)
エンジェルス×ドジャース(カルフォルニア州の隣市)
レンジヤース×アストロズ(テキサス・レンジャースはニューメキシコ州×テキサス州)
アスレチックス×ジャイアンツ(カルフォルニア州の隣市)
マリナーズ×パドレース

同市・隣市・同州の対戦カードは集客能力が有りますので毎年カードが組まれても文句が出ないみたいです。

ある意味日本のように毎年全てのチームと平等に対戦するシステムになってはいません。
例えばアリーグ同士の対戦でも東のヤンキースと西のマリナーズは9試合です。(ニューヨーク3試合・シアトル6試合)
    • good
    • 0

1年で1つの地区との対戦、たとえばアメリカンリーグ東地区のチームは、去年はナショナルリーグ西地区、今年は中地区、来年は東地区のチームと対戦、と3年かけて相手リーグの<東・中・西>地区を一巡するようになっていて、他リーグの全球団と毎年必ず試合を行うわけではありません。


しかし、近隣のチーム同士が戦う名物カード(メッツvsヤンキースのサブウェイシリーズなど)は毎年継続して開催します。

試合数はその地区のチーム数によって異なりますが、日本と同じで6試合(ホーム&アウェーで3試合ずつ)だと思います。


http://www.major.jp/inter2005/faq.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング