『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは。
中日との契約を反古にして マーリンズからレッドソックスに移ったミラーと 高額年俸を要求して巨人から愛想を尽かされ レッドソックスに移ったペタジーニの近況(今季の成績)をご存じの方 教えて下さいませんか。

A 回答 (2件)

2人の今季の成績に関しては#1の方の回答の通りですので、私は彼らの状況やレッドソックス一塁手事情について述べたいと思います。



ミラーは2002年オフ、中日のオファーを蹴ったあと、2003年シーズンに148試合に出場し、.276 25本 96打点と活躍し、レッドソックスの一塁手としてのレギュラーの座に着きました。そして何より、その明るい性格でムードメーカーとなり、チームに欠かせない存在となりました。
昨年は、一塁で強打者のDHデービッド・オティーズとツインズより移籍の巧打攻守ダグ・ミントケイビッチとの併用。右翼でゲーブ・キャプラー(現巨人)との併用。ということで、一塁、右翼などでの出場で150試合に出場、.297 18本 74打点の成績を残し、レッドソックス86年ぶりの日本一に貢献しました。

そして今季はサヨナラホームランを打ったりするもやや不振で、一塁の控えとして獲得したペタジーニもマイナー生活とあって、つい最近新たな補強をしました。
昨年終盤にマリナーズからヤンキースに移籍して、いい働きをしたが、今季は契約してもらえず、いまだに浪人生活を送っていたベテランのジョン・オルルド一塁手を獲得。過去に首位打者の実績のある選手です。
今後、右打者のミラーと左打者のオルルドを併用していく形になると思います。
    • good
    • 0

ペタジーニは3Aで


現在.269 5本 14打点
四球11個 三振9個 出塁率.397です。

ミラーはメジャーで
現在.248 2本 22打点です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング