頭髪の抜けがひどくなり、体毛が多く(濃く?!)なりました。
このことを主治医に相談したところ「関係ない」と言われました。
が、「手術後からの変化」は紛れもない事実ですし、同じ病の方からも、このような症状をよく聞きます。

(主治医には申し訳ないのですが)手術、病と、関係ないとは思えないのです。この手術(病)に起因して(勿論、医療ミスというような責める意味あいではありません)考えられる「理由」は本当にないのでしょうか?

また、自分で出来る改善策はないものでしょうか?(例えば、女性ホルモンのサプリメントを飲むとか)

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再度書き込みさせていただく無礼をお許しください。


プロラクチンが20は正常だとおもいます。
またコートリル20mg/dayの投与は一日に必要なコルチゾールの量がだいたい20mgとされているので補充療法を始めるときに一般的に投与される量であると思います。
治療としては正しいわけですから主治医の先生はご自分の治療にかなり自信を持っておられるのかもしれませんがもう少しturubaraさんの自覚症状にも重きを置いてくださってもいいかな?と感じます。
必要なコルチゾールの量を決定するには血中のコルチゾールの日内変動をきちんと調べてやった方が確実だと思いますがそのたびに入院となると患者さんも大変ですしある程度おおざっぱになっている場合もあるようです。その場合少なければ急性の副腎クリーゼのようにすぐ命に関わってしまうため多少は多めでも・・・といった管理になっているかもしれません。
補充療法のやり方で規則的に生理を起こすこともできるはずですしきめ細かな治療を望むのであれば一度内分泌の専門家に相談してみるのも良いと思います。ただ術後のフォローが脳外科で必要でしょうから主治医の先生に院内の内分泌に強い先生をご紹介していただくかたちにした方がお互いに情報も共有できて結果的にturubaraさんにも良いと思います。
ご自愛ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらこそ、重ねていろいろお尋ねしてしまい、申し訳ありませんでした。
(本来ならば、こちらを締め切り、新たに質問を立てるのが筋だと思うのですが)

>もう少しturubaraさんの自覚症状にも重きを置いてくださってもいいかな?と感じます。

ありがとうございます。執刀医はこの主治医ではないのですが、今の私があるのは、この脳外科の先生方のお陰と感謝していますし、主治医も外来で沢山の患者の話を聞いて、大変だろうな。とも思います。ですが、おっしゃって下さるように、
せめて「そういう事も有り得ますよ。薬が無くなったら、戻ると思いますよ」とかでもいいので、アドヴァイスしてくれてもいいのかな?と思います。
気持ちを察して下さり、ありがとうございます。

もう暫く、体調の様子を見てから、内分泌の紹介も視野に入れたいと思います。
(人柄は良い主治医なので、カドが立たない様に・・・(~_~;) )

お礼日時:2001/09/28 10:30

下垂体と言う場所は体中のホルモンを分泌する臓器に指令を出すホルモンを一手に担っているところです。


前葉から成長ホルモン、副腎刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、乳汁分泌ホルモン
後葉から坑利尿ホルモンやオキシトシンなどを分泌しています。
ここを手術で一部切り取ったりするわけですから当然ホルモンのバランスが手術の前後で違ってきても不思議はありません。
足りなければホルモンの補充療法が必要となるでしょうがご質問に詳しいことがかかれていないところを見ると今のところそういった必要はない状態なのでしょうか?
体毛が濃くなったりするのはステロイドが多いときなどに見られることが多いですがこれは副腎刺激ホルモンの作用で副腎から分泌されています。多すぎれば普通視床下部や下垂体にフィードバックがかかるようになっていますがこれがうまくいっていないばあいや副腎刺激ホルモン産生性の下垂体腺腫の一部がとり切れてない場合なども考えられると思います。
改善策としては内分泌系の血液検査をして内分泌の専門家に相談してホルモンのバランスをとっていくしかないと思います。
ご自分で勝手にホルモンの補充をしてしまうのは危険だと思います。
ご心痛の一助になれば幸いです。

この回答への補足

早々にありがとうございます。

私は術後約4ヶ月、コルチゾール値が5以下なので術後ずっと副腎皮質ホルモンのみ補充しています(コートリル20mg/日)手術前は正常値でした。
他は、女性ホルモン系がやや低値、プロラクチン値が20前後で、生理不順。
腫瘍は非産性です。

では、体毛が濃くなったのは、コートリルの影響だと考えても良いのでしょうか?

少なからずとも、手術が影響する事が分かり、ほっとしました。
(なってしまうものは仕方ないですが、ただ「何故そうなるのか?」「何故主治医は関係ないと言い張るのか?・・・」を知りたいのです。・・・手術さえ成功すれば、それ以外の細かい事には関っていられないということなのでしょうか(苦笑))

今かかっているのは脳外科で、月に1回血液検査をしています。内分泌内科に移った方がいいのでしょうか・・・?

補足日時:2001/09/27 14:46
    • good
    • 1

頭髪とは無関係ですが、私も、虫垂炎の手術の後、アトピー性皮膚炎になりました。

その際、医者には、無関係と言われました。
私の考えでは、下垂体腫瘍だからという訳ではなく、手術をすると何らかの体質の変化があるような気がします。(何の根拠も無いのですが・・・。)
また、あまり関係が無いかもしれませんが、以前、このコーナーに若禿げに関して質問した事がありますので、もし、ご参考になればと思い、下記URLを記載しました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=67699
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。

確かに、身体にメスを入れると体質が変わったりするのかもしれませんね。

(因みに私は女性ですが)下垂体はホルモンを司る部位なので、毛に及ぼす影響がより大きいのではないかと思ってしまいます。

お礼日時:2001/09/26 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外科医の手術着について

外科医の手術着の色についてなのですが、青緑色をしているのは血を落ち着いた色に見せるためなのでしょうか?唐突な質問ですが是非教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いいえ違います。あれにはもっと重要な意味があります。

手術で切り開いてるところ(術野といいます)は、血が出てると真っ赤だし、出血をおさえていてもピンク色で、要するに鮮やかな赤系の色を長時間見続けるわけですね。
そうすると、術野でない他のところが、赤の補色である緑~青っぽい色が残像みたくなって見えてしまうのです。もし術衣や術野以外のところを覆っている布が違う色だったら、緑っぽい残像がちかちかしてとても目が疲れてしまいます。ただでさえ、細かいところを神経を集中して見なければいけないのに、これでは、ミスを誘発する原因になってしまいます。

簡単な事のようですが、非常に重要な理由で選ばれているのです。

Q大学病院での手術の執刀医について

6月より下垂体腫瘍手術の為に入院します。

その大学病院へは、その教授に執刀してもらうために、紹介状を書いてもらいました。なので、自分としては、手術の執刀医は、間違いなくその先生だと思い込んでいたのですが、大学病院では研修医や、助手が執刀することもあると聞きました。

私としては、その教授だからこそ「手術を決意した」ので、その他の先生ならば受けたくないのです。しかしながら、私はVIPでもなく、一般人ですし(~_~;)、大学病院という性格上、そのわがままは通らないものなのでしょうか!?
入院まで、もうその教授に会う機会もありません。なので、執刀医の確認を取ることが出来ないのです。

このような場合(その教授宛に紹介状を書いてもらった)
他の医師が執刀することはあるのでしょうか?!
また、私の方から「教授以外の先生の執刀ならば手術をキャンセルしたい。」という要求は通せるものなのでしょうか!?

手術を目前に控え、不安に陥っています。
どうかよきご指南をお願い致します。

Aベストアンサー

私も紹介状を持って大学病院に行き手術をしました。
勿論、その教授が執刀してくれましたよ。入院すると当然、担当の医師がつきま
すがそれは研修医でした。実際の手術は、教授が執刀それに講師の医師と担当の
研修医の3人でした。毎日の治療と処置は講師と研修医です。(教授の回診も
勿論あります) 数年後再発して同じ手術を受けましたが、その時も同じ体制で
同じ教授が執刀してくれました。
どんなに小さい事でも不安に感じる事があるのでしたら、先生にご相談された方
がいいと思います。大事な手術です。ご自身がよく納得されて臨むのが良いかと
思います。 一日も早く回復されますように、お大事になさって下さい。

Q手術を執刀した主治医へのお礼金について

 ドラマ「白い巨塔」でも、ちらっと上記のことが題材になったりしていましたが、大体いくらくらいするものなのですか??もちろんしないのが普通だとは思うのですが。。。

Aベストアンサー

確かに昔はよく「つけとどけ」、というものがありましたが、最近はほとんど気にしなくてよいです。医師と患者の関係というものは大きく変わってきており、医療の主役は「お医者さま」ではなく「患者さま」になってきています。
きちんとした病院であれば、通常はそういったつけとどけは厳しく禁止されているはずです。また心ある医者であれば、そんなことしなくともちゃんと手術しますし、きちんと診てくれるはずです。ですから手術の前の現金のつけどどけは決してやるべきではありません。
ただ退院の時にわずかの御礼(現金はやめた方がいいです)、例えばビール券とかお菓子くらいは受け取る先生が多いと思います。なぜなら退院の時なら本人や家族の感謝の気持ちがストレートに伝わるし、医者もそういう意味では気持ちよく受け取れるからです。

謝礼は何があっても絶対受け取らない、という先生もいますが、患者さんとは退院後も外来でつき合うし、やはり医療は人と人とのコミュニケーションが非常に大事ですから、患者さんの気持ちを素直に受け取る、という考え方もあっていいと思っています。謝礼を固辞したために、ぎすぎすした関係になっては本末転倒ですから。

以上、御礼とは医者と患者の間の潤滑油くらいに気軽に考えて下さい。でも御礼はあくまでも自発的なものですから、入院中十分に診てもらえなかったとか、うまく治療してもらえなかった、という不満がある時は、決してお礼などする必要はないと思います。

確かに昔はよく「つけとどけ」、というものがありましたが、最近はほとんど気にしなくてよいです。医師と患者の関係というものは大きく変わってきており、医療の主役は「お医者さま」ではなく「患者さま」になってきています。
きちんとした病院であれば、通常はそういったつけとどけは厳しく禁止されているはずです。また心ある医者であれば、そんなことしなくともちゃんと手術しますし、きちんと診てくれるはずです。ですから手術の前の現金のつけどどけは決してやるべきではありません。
ただ退院の時にわず...続きを読む

Q閉塞隅角緑内障の手術(眼科医の方への質問です。)

こんばんは、

閉塞隅角緑内障の手術内容についてどなたか教えてください。

先日、頭痛のため眼科医に行くと

閉塞隅角緑内障と診断されました。

眼圧が高かったため

早急にレーザーによる手術を勧められました。

手術当日、

レーザーの回数が100回を上回る数に達しました。(片目)

(YAGレーザー、アルゴンレーザーのどちらか最初に受けたレーザーが
 100回以上でした。)

時間にすると約一時間です。(麻酔の時間を入れてです。)


私自身、医療に関しては素人ですのでよくわかりませんが

100回もレーザーを受けることに対して

非常に違和感を感じました。

閉塞隅角緑内障のレーザーは普通100回も行うものでしょうか?

どなたか教えてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です。

閉塞隅角緑内障は緑内障を発症していないものの、隅角が狭く
将来、急性発作を起こす危険があるものと判断された場合にも
予防処置としてレーザー虹彩切開術を行う事もある一般的な治療です。
レーザー虹彩切開術は、安全性が高い上、外来で簡単に行えます。
治療効果も高く、早期であれば、術後はほぼ確実に良好な経過をたどります。
閉塞隅角であっても、流れ難い房水を質問者が行った治療で
バイパスを作りましたので、今後、緑内障の心配がなくなりました。

Q外科医は手術の技術をどうやって身につけるのか

大学の医学部で臨床実習をするのでしょうが、たとえば盲腸の手術にしても何十回も練習できるのでしょうか?開業医になりたての医者はどの程度の手術に対する自信があるのでしょうか?比較として自動車教習所で学んだ運転技術があればあとは実際の道路でいろいろな体験をしても何とか皆さん乗り切ってますよね。しかし、失敗が許されない手術の場合どの程度の自信の裏づけのある技術を持って開業医になっているのか知りたいのです。車のように運転のしやすい道路で練習というわけには開業医になった後にはいかないと思うのですが。

Aベストアンサー

医学部の学生は5,6年で臨床実習を行いますが、医師でない学生が手術を行うことは出来ません。ですから、手術の技術は卒業してから、つまり医師免許を取ってから身につけることになります。最初は執刀医ではなく助手として学び、いつかは執刀医として手術をします。
自動車教習所でも、一番最初は教官の運転する教習車の助手席に乗り、その後で助手席に教官を乗せて運転することになりますが、そんなもんです。
将来的にはシミュレーターなどで学生のうちから手術の技術を学ぶようになるかもしれませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報