その話の概要は以下の通りです。
---
昔、あるところに定年を迎える老教師がいました。
教え子達は、集まって彼に何か贈り物をしようと相談しました。
そして、みんなが少しずつ家にあるワインを持ちよって、
大きな樽に入れ、それを贈ることにしました。
皆はそれぞれ家からワインを持ち寄り、樽に入れていきました。
やがて樽は一杯になり、老教師のところへと届けられました。
老教師はたいそう喜び、それを家にもって帰りました。
さっそくその夜、彼は樽からワインを出し、飲もうとしました。
ところが、その樽のせんをひねって出てきたのは、
ワインではなく、ただの水でした。
---
話は以上です。この話には、自分だけは(ごまかしてもばれないだろう)と考えたことが、実は全員が同じことを考えたことによって、目的が成し遂げられなかったというような意味が含まれているようです。
(話の内容は、村祭にお酒を持ち寄ったところ…というような話かもしれません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

確信はないので、参考程度で読んでください。



うろ覚えですが、「水になったワイン」という題で道徳の教材に掲載されていた文章ではないかと
いう気がします。その手の本の性質上、作者名は書いていなかったかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金持ちの老婦人とジゴロの話

どうしてもタイトルが思い出せません。
こんな内容の短編です。

「金持ちの老婦人達が青年を斡旋してもらっていた。
ある老婦人も過去に何人か青年を受け入れていたが、お金や高価なものを与えるうちに、みな図々しくなっていく。
そうなると次の男に変えていた。
何人目かの青年もそうだろうと思っていたが、彼は何も欲しいものはないと言う。お金も欲しがらない。
老婦人は彼が自分に好意を持っていることに気付き、不安になり彼を手放すことにする・・・」

恐らく女流作家だと思うのですが、思い当たる作家の本を本屋で探しても見つけられませんでした。
ご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

海外文学ですか?日本文学ですか?

Q男子高校生(大学生?)と女性教師の恋の話

男性が年下で女性教師に恋して・・みたいな話のおもしろい本だったか漫画だったかを前に読んだのですが、思い出せません。そういった本か漫画を読んだことのある方、少しでもこれかな!?と思ったらぜひ回答ください!

Aベストアンサー

漫画だと南Q太の「夢の温度」なんかがそうかと…

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396762852/ref=pd_bxgy_text_2/250-8066001-1655423

Q感動した話 凄ーい奇跡の話 またまた、ちょ~とした感動話 小さな奇跡 

感動した話 凄ーい奇跡の話 またまた、ちょ~とした感動話 小さな奇跡 少年時代の思い出すと何とも言えないような気持の湧いてくる話などはないですか
本当に小さなことでも些細なことでも何でもいいので教えてください

Aベストアンサー

感動して泣ける話です。実話だそうです。
参考URLのところで、1話無料公開されていますのでどうぞ。
(高校野球に興味のない人も泣けます)

参考URL:http://www.kosaidoakatsuki.jp/shuppan/campaign/koshiendakega.html

Q人前で話す機会が多いのですが、話す内容の肉付けが下手で早く話が終わってしまいます。肉付けの仕方を教え

人前で話す機会が多いのですが、話す内容の肉付けが下手で早く話が終わってしまいます。肉付けの仕方を教えてください。

Aベストアンサー

要するに起承転結なんだから。まずは「私」を中心に置く。「私の体験・体験から得たこと。」「私の想い」「私の思い(考え)」つまり物語化ってことです。

【起】じつは恥ずかしながら〜のような大失敗をしたことがあります。<過去事例>
【承】さんざん悩んで、試行錯誤を繰り返したある時…
【転】このような(啓示・アドバイス・言葉・説話・訓話…)を耳にして、(それが私の腑に落ちたので)
【結】それを行動に移した結果いまの私があるわけです。<現在事例=自分自身のこと>

 といった構造に、自分のこれまでの過程で身につけた言葉を組み入れ、調整します。
昔から変わらないことですが、聞く側は自分自身にとって未知のことには思わず身を乗り出します。これが”ツカミ”です。
あとは一本道のように、素敵な結末(予感される未来)へと引っ張っていきます(脇道を作らない=注意を逸らさないようにする)

注意・最近の文構造は結論が先に出るようになっています(刑事コロンボを想定)

Q教科書で読んだ話で印象に残っている話

小、中、高のときに読んだ教科書の中に出てきた話で印象に残っている話はどんな話ですか?
私は、小学校低学年のときに読んだ「スイミー」と「くじらぐも」、高学年のときに読んだ「ごんぎつね」が特に印象に残ってます。
中学、高校で覚えてるのは「山月記」だけです。(涙)やはり、受験や考査が関わっていると思うと純粋に作品として読んでいないから印象に残りにくいんでしょうか・・・。
あと、道徳の時間で読んだ「最後のひと葉(?)」(タイトルがあいまい)にすごく感動しました。

このような印象に残った作品(学校の授業時間で読んだもの)をよかったら教えてください。

Aベストアンサー

私は魯迅の「故郷」です。幼少時代には身分の隔たりもなく遊んだ二人が、何十年後かに再会するのですが、かたや中堅の役人に、かたや貧しい農民として再会し、農民の男が、その役人に対して「旦那様」と声をかけて、役人はあまりにも二人の間に、深い溝ができてしまったことを悟り、絶句する・・・・。中学生の私が教科書の教材で、唯一泣いた本です。私の尊敬する人のなかに、魯迅がはいったのは、いうまでもありません。質問者の方があげられた中島敦の「山月記」も傑作かと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報