今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

陸上競技400mリレーの走者4人の順番の決め方について
教えてください。

1.バトンの受け渡し技術に差のない場合
タイムの早いものから どのように配置したらよい という
常識?通説?はあるのでしょうか。
知り合いは(タイムの早い順に1234とした場合)
3142の順だと教えてくれました。
正しいですか。 また、その根拠は。

2.バトン技術に差がある場合
やはり「渡すのが下手な者を最後に」とか
「受け取るのが苦手なので最初に」とか はありですか。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

こんばんは。



100m x 4リレーでは、走る順番によって、次のような条件の差があります。

第一走者:唯一スタートがある。
⇔第二・三・四走者は、バトンを受け取る前に助走が取れる。
トップスピードに乗るまでに時間がかかるランナー(後半追い込み型)は、第一走者以外にする。

第二・四走者:ほぼ直線を走る。
第三走者:コーナー(カーブ)を走る。
カーブでスピードに乗れる選手を第三走者にする。

上記のような選手の得意・不得意を考慮に入れて走る順番を決めるのがよろしいかと思います。

バトン渡しは、走る順番を固定して、受け渡しをする二人の間で何回も練習して下さい。
どのタイミングで次走者がスタートするのか、どこでバトンを渡すのか等、二人の間の決め事に依存する部分が大きいです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「スタートのあるのは第一走者のみ」
「スタートダッシュの早い者を第一走者に」
その通りですね。気が付いていませんでした。

また、直線とコーナーの件も見落としていました。
(そこで私が聞いた早い者を2・4にということだったんでしょうかね。)

どんぐりの背比べのような10名ほどから4人を選出するのに
基本は単にタイムの早い順に上位4名選んでいるようです。
その際の順番を聞かれたもので。

参考になりました。

お礼日時:2005/05/30 09:28

大学で短距離をやっているものです。


走順は3142がいいと思いますよ。うちのチームではエースは2走という方針です。直線でかつ走る距離が一番長い、バトンの受け渡しがあるという点で走力と冷静さが求められるからです。また4番目の走力の3走ですが、リレー全体のタイムを考えた場合ここの働きは重要です。直線よりスピードの落ちるカーブをいかにうまく回るか、2走のスピードを殺さずにバトンをもらいアンカーに繋げるかでトータルのタイムはかなり変わってきます。器用にそれをこなせる選手を配置するといいですね。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
現役の方からの回答はありがたいです。

「エースは2走」 良い言い方ですね。カッコいい。(笑)
使わせてもらおうかしら。
「距離が一番長い」 これも目からウロコでした。
「器用な者を3走」 そうなのかもしれません。
また、児童相手の場合 これは励みになるかもしれません。
(「4番目だから3走」より全然良いですね。)

参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/05/31 20:21

自分は高校で陸上をやっていたものです。

リレーも経験あります。
まず順番ですが3142はいいと思います。あと3241もいいでしょう。第1走者はスタートがうまい人は適してます。2、4走は直線なので早い人を配置すべきです。直線だとスピードに乗れるからです。
バトンは技術があっても失敗するときはします。やはり練習を積むしかありません。技術に差がある場合は
タイムがそれほど変わらなければ配置を換えるのもいいと思います。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

知人の言っていた3142は、それなりの意見だったんですね。
ちょっと疑っていました。(ごめん友よ)

直線の早い者 絶対的な速さが要求されますよね。
カーブなら「技術」と言うこともあるかもしれませんが。

バトンは相性もあるようですし、ペア(順番)を固定すれば
おのずとその組み合わせで練習するでしょうから
技術向上を期待したいと思います。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/05/31 19:58

私も中学・高校と陸上部でした。


常識は知りませんがバトン技術について考え方が間違っていると思うので忠告します。
>「渡すのが下手な者を最後に」とか「受け取るのが苦手なので最初に」とか
渡すのと受けるのを別に考えるのはどうかと思います。渡す人と受ける人との相性が重要です。それを中心に考えるといいと思いますが。渡すのが上手い人といっても全員に上手い人はそんなにいないと思います。受けるのが上手い人も誰から渡されても上手く受け取る人も同じです。だからタイムはあまり考えなくていい気もします。
でも試合の盛り上がりを考えると速い人を1番目と4番目に持ってきたいですねー。最後に挽回してくれる信用できる人を配置して「頼む!」って感じで応援したい。え~、いつも負け戦でした。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「受け渡しの相性」ですか。
そういった要因もあるのですね。
(質問文に入れなくて申し訳ありませんでしたが
 対象は自分ではなく子供で
 中学1年で初めて陸上部に入った者たちです。)

そのような考え方からすると
メンバー選出の基準?の中に
似たようなタイムの場合には、
早い者(メンバーから外すわけには行かないエース?)との相性が
良い者という考え方もあるのでしょうね。

参考になりました。

お礼日時:2005/05/30 09:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全員リレーの成功のコツ

私は中3♀なのですが、もうすぐ体育祭があります。
それで全員リレーでどうしても勝ちたいのでコツを教えてください(>_<)
どうしたら速く走れるか、というより順番をどのように組んだらいいのか分かりません。足が速い人は後半にもってきた方のが良いのでしょうか?…回答お願いします!

Aベストアンサー

走る距離にもより、全員がグランド半周づつ、といった条件なら、最初の何人かは速い人を持ってきた方がいいですよ。あまり後ろの順位になってからバトンを受けると、本来は速い人の中にも実力を出し切れない人がいるからです。
そうかと言って、最後の方が遅い人ばかり、というわけにもいきませんから、クラスの中で比較的速い人が10人いれば、最初のほうに6人、最後のほうに4人ぐらいにして、それ以外の人をその間で走らせるのがいいと思います。
ただし、グランドが広かったりして、走る順番によって、カーブの多いところを走る人と直線の多いところを走る人に分かれる場合、#2さんの書いている方法が有効です。例えば、偶数番目の奏者はカーブの多いところを走るのでしたら、そこに遅めの人を置くのです。
それと#4さんの書いているバトンゾーンの使い方。
上手に使うと、例えば、速い人は120m、遅い人は80m走る(この場合、速い人と遅い人を交互に配置する)ことになります。全員リレーの場合、バトンパスの回数も多いのでこの差は馬鹿になりませんよ。

Q全員リレーの走順

私は陸上部の運動会実行委員で、共通リレーでは一応都大会まで行きました。テイクオーバーゾーンの活用や、バトンパスは大体分かっているのですが、5月末にある 運動会での全員リレーの走順についてはまだ全然分かりません。

スターター~3走までは速い子で固め、4走~遅い子と速い子(普通の子)交互、しかもだんだん速い人後方にする作戦でいます。

この作戦へのアドバイスや意見を聞きたいと思います。

Aベストアンサー

私が中学生時代、クラス全員リレーをやった時の作戦です。

走順は質問者様の通り、原則遅い子と速い子を交互にします。
スタート直後にも、なるべく速い子を置き、混戦になるのを防ぎます。
(先行逃げ切りがベスト)

ここからがポイントです。

速い子は遅い子からバトンを受ける時、テイクオーバーゾーンのなるべく
後ろでバトンを受け取ります。
そして遅い子が速い子からバトンを受ける時は、テイクオーバーゾーンの
なるべく前でバトンを受け取ります。

つまり、速い子が走る距離をなるべく長くし、遅い子が走る距離をなるべく
短くします。

全員リレーでもテイクオーバーゾーンは20メートルくらいあると思います
ので、速い子と遅い子で40メートルも走る距離が違います。

質問者様は陸上部ですし、バトンパスは上手だと思いますが、クラス全員
リレーで本気のバトンパスを練習する時間はないでしょう。

ですので、バトンパスでタイムロスをしても、遅い子の分を速い子がカバー
できる上記の作戦が有効になります。




私がやった時の結果ですか?

もちろん1着でしたよ。

Q運動会のリレーの順番

一般的には
一番早い人間をアンカーに持って行きますね。

ちゃんとした陸上競技会ならコースが決まっていますが
運動会レベルではコースはなく、コーナーその他で一列になってしまい
抜かすのは困難ですよね?

で思ったのですが
他の組に比べて圧倒的に早い人間がいます。
その人を第一走者にして、まずは先頭に出る。(間違いなく一番で帰ってこれる力あり。)
その後の走力が均衡していても(少し遅くても)抜かされにくい。
こういった戦術はいかがでしょう?

Aベストアンサー

陸上競技の4×100mリレーはスタートからゴールまでセパレートコースですが
4×400mリレーは1走のみセパレートで2走からオープンコースになります
この場合は2走で前に出るために4人の中で一番タイムのいい選手を1走にすることがあります

そのコースがどのようなものかで違ってくると思いますよ
1周100~150m位のコースだったら直線も短いしコーナーのカーブもきついし有効な作戦だと思いますけど
1周200m以上あるようなコースではどうかな?わずかな走力差でも直線部が50mあればそこで抜かされてコーナー入り口で前に出られる可能性はありますよね

Q陸上競技(短距離・長距離)の練習メニュー

今年度から全くド素人なのですが,陸上部の顧問になりました。練習場所も十分無く,近くの空き地か,浜辺くらいです。あとは運動場の隅っこ…
このような環境の中,どのように練習メニューを組み立てたらよいのか真剣に悩んでいます。書籍類も「コレ」というのが見当たらないし,詳しい体育教師もいません。ネットで検索しても文字だけの説明では実際にどんな動きになっているのか分から無いものが多いです。
選手は,100(女子),200(男子),800(女子),1500(男子)と幅跳び(男子)です。共通の練習メニュー,種目別の練習メニューについてアドバイスいただけないでしょうか?できればド素人の私でも理解できる用語で説明していただけると大変助かります。

Aベストアンサー

運動部の顧問ということで何かと大変かと思います。私は現在高校で陸上部の顧問をする傍ら、現役選手としても活動しております。参考になれば幸いです。

ポイントは、スポーツクラブではなく部活動を指導するということを念頭に入れて活動されると教育的効果が高い部活動となると思います。

部活動の方針としては、まず部員全員に顧問の指導方針を説明し理解してもらわなければなりません。特に守らせたいことは、「部活を休まない」「勉強もしっかりする」「基本的生活習慣(挨拶片づけなど)ができるようにする」といったことをキチンと守らせるといいと思います。
その上で、部活動指導をされると生徒一人ひとりが自立できる部活動づくりになると思います。また、顧問の先生も指導がやりやすくなると思います。

まず、部活動を行う際に、活動時間と活動場所、使用できる用具を確認しなければなりません。

活動時間は管理職と事前に協議しておかないと保護者等とのトラブルが起きます。最低でも2時間確保しましょう。
次に活動場所ですが、体育館や校庭、近くの空き地など、どこがいつ使えるかを確認しておくと練習メニューを考える際に役立ちます。短距離・跳躍・長距離選手がいるということなので、短距離ならば直線で60m程度とれる場所、学校の外周を確保できるかどうか、砂場の使用が常時可能かどうかなどを体育主任や他の運動部活動顧問と協議されるといいと思います。
用具では、絶対に必要な道具として、ストップウォッチ2個とメジャーがないと練習に支障が出ます。100円ショップでもストップウォッチが売っていますので、いい物でなくても確保しておくといいです。もし予算があれば、スターティングブロック2台、メディシンボール2個、ピストル、ハードル5台などがあると練習にバリエーションが出ます。徐々に道具はそろえていけばいいと思います。また体育科と話し合えば貸してもらえるかもしれません。

練習メニューですが、週6日練習(月~金2時間練習、土3時間練習)として例をあげてみます。活動できる場所は、校庭60m、外周1km、砂場、鉄棒、浜辺が活動できるとして例を作成します。

練習のポイントは、「基礎体力を高める練習」「専門的体力を高める練習」「専門的技術を高める練習」を基本に考えるといいと思います。また、適時タイム等の記録を取り、選手にフィードバックさせることも必要です。

月「基礎体力」共通メニュー
火「専門体力」種目別メニュー
水「基礎体力」共通メニュー *浜辺
木「専門技術」種目別メニュー
金「基礎体力」共通メニュー *浜辺
土「専門体力」+「専門技術」種目別メニュー
日 休み

基礎体力では、運動に基本となる走・跳躍・投の運動を行うといいでしょう。アップを長めにして、ロングジョッグ20分(外周5周以上)+体操・ストレッチ+流し60m×10+スパイク流し60m×6を必ず行うようにします。そうすると、基本的な筋持久力+全身持久力が練習を積み重ねていくにつれて向上してきます。ロングジョッグでは全員で走るようにしたり、リレーをふまえてバトンパスをさせながらと応用もできます。

アップ後は、筋持久力を高めるサーキットトレーニングや砂場を利用したバウンディングや段跳び、シャトルランやタイヤ引きなどをバリエーションを考えて行うといいでしょう。

浜辺が使えるということなので、とにかく浜辺で走らせることを勧めます。ダッシュや100m、200m、300mなどをセットを入れて行うとかなり効果的です。末続選手を輩出した東海大学は年間通して浜辺で練習を行っています。砂では地面を蹴る動作を意識しすぎると砂に埋まってしまいます。どうすれば速く走ることができるかをつかませるにはもってこいの練習環境ですから、毎日行ってもいいのではないでしょうか。

種目別の練習メニューですが、専門体力向上には、走種目はできるだけ浜辺を活動してみるといいかと思います。コーンを立ててシャトルランをしたり、助走をつけた加速走やスタートダッシュなどを行いながら走る動作を作っていきます。長距離選手も浜辺でペース走やビルドアップ走などを3000m程度行うと効果が出てきます。
浜辺での練習の成果を、学校や競技場でタイム測定をしながら練習効果と今後の計画修正をされるといいと思います。

跳躍選手の専門体力練習は、走練習+地面反力(地面の衝撃によって反発を生み出す)を生かした練習が必要になります。ジャンプ動作をハードル・段跳び・バスケのランニングジャンプなどをしながら練習を行うことが必要です。
接地時間を短くジャンプする練習を常に意識して行うことが大切です。

専門技術練習は、基本的には試合と同様な内容(タイム走、跳躍試技)を行います。試合で記録が出なければ練習の効果は否定されてしまいます。試合の流れを作る練習をしてください。スターティングブロックの使い方、スタートダッシュ、コーナー走や直線走、加速走などを集中して質の高い練習を行います。長距離は、実践を考えてトライアルをされてもいいと思います。1500mの選手であれば、800mと2000mとかを行うとある程度記録の読みができてきます。
跳躍選手は、流れを作ることが大切です。助走→踏み切り→空中動作→着地という流れを作れないと試合ではファウルをします。流れの中で最も意識すべきところを見つけておけば、試合の技術ポイントとなります。

あとは選手とよく話をしながら、選手本人の感覚を大切にすることが必要です。また、中体連・高体連主催の練習会で専門家からの指導を仰ぐのもコーチングのポイントです。
大会ではできるだけ選手の近くで競技の様子を見るだけでも練習時と試合時の差やポイントが見えてきます。陸上経験者でなくてもすばらしい指導者はたくさんいます。逆に素人だからこそ専門家にわからない視点で見ることができることもたくさんあります。何かの縁だと思って、がんばってください。

運動部の顧問ということで何かと大変かと思います。私は現在高校で陸上部の顧問をする傍ら、現役選手としても活動しております。参考になれば幸いです。

ポイントは、スポーツクラブではなく部活動を指導するということを念頭に入れて活動されると教育的効果が高い部活動となると思います。

部活動の方針としては、まず部員全員に顧問の指導方針を説明し理解してもらわなければなりません。特に守らせたいことは、「部活を休まない」「勉強もしっかりする」「基本的生活習慣(挨拶片づけなど)ができるよう...続きを読む

Q短距離走などは、1~4コースでどれが一番有利か

質問ですが
短距離走などはどこの学校等でも、線をひいて4コースぐらいに分けて
走りますよね。
1コースが一番内側で、4コースが一番外側という感じで。
全てのコースの走者がほとんど同じスピードだったとして、
どのコースが一番有利でしょうか?
それと、2コースと4コースの走者の走るスピードが全く同じだとしたら、距離的に考えてどちらのほうが有利なのでしょうか?
(スタート位置がコースによって違うので、
自分ではよくわからないので・・・)
回答を下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どのコースが距離的に有利かということでしたが、距離は同じです。では、何が有利・不利なのかといえば、それはそのトラックの曲がり度合いです。
もし、きついカーブでしたら、4コースのほうが楽にスピードをあげていけるので有利です。
しかし、それほどきつくないカーブ(競技場の400mトラックようなカーブ)ならば、全体が見渡しやすい2コースが有利です。

ちなみに競技場の400mトラックでする場合、競技場によって若干の差はありますが、ホームストレートでは1レーン(コースのことです)~9レーンまであります。この場合、走るのに有利とされているのが4コース・5コースといった真ん中あたりのレーンです。逆に1レーンは長距離がよく走るのでタータン(赤色のやつ)が他のレーンと違っていて走りにくいです。9レーンは風で運ばれてきた砂などが他より混じっているので不利です。なので、一般の試合では準決勝・決勝になると中央のレーンほど速い選手が走ります。

Qクラス全員リレーの走順決めに困ってます!

全員リレーの順番を皆様にも考えてほしいのです。
暇な方など、是非とも強力な布陣の作成に協力をお願いします!

クラスメンバーの50メートルのタイム(本番リレーは100M)
6.5 6.7 6.8二名 6.9二名 7二名 7.2 7.3 7.4 7.5二名 7.6 7.7
7.8二名 7.9二名 8.2二名 8.3二名 8.7 8.9 9四名 9.2二名 9.5
+35人調整のため残り3枠は本番に番号が複数言い渡されその番号にあたった3人が、足りない3枠を走る。

現段階での作戦は、バトンゾーンを活用し、奇数が長い距離を。偶数は短い距離を走る作戦ですが、他に良い案があれば、変えても結構です。
また、現段階は7秒の人が1番で30以降から早い人が連続で、アンカーは一番早い人が走る設定です。

Aベストアンサー

バトンゾーンを活用して~の作戦でいいと思います。
また、最初の4人くらいまでは早い人とそれなりの人の組み合わせで
混戦になっているところを抜けたほうがいいです。
競り合っている状態でのバトンパスは落とす可能性もありますので
なるべく自分の組が一人で走っている状態を作るようにします。
リレーで一番大事なのはバトンパスです。
50mのタイムが良くても100mのタイムが悪い人がいると思いますのでそこもご注意を。

Q自分だけ伸びていない・・・・

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年生全員に負けてしまいました。
その記録はベストよりほど遠かったです。
自分の組だけ向かい風が強かったのもあるんですが負けは負けだと思いました。
このことが今何週間か頭に残っていて今練習する気力がほとんどありません。
何故僕は負けてしまったのでしょうか?
自分が負けたのは努力が足りないからと何回も思い努力を繰り返してきました。
それでもいつまでたっても状況は変わりません。
あと1回大会があるんですけど100mは出ずに中学のときに入賞してた高跳びに出ようと思っています。
次に100mに出ればリベンジするチャンスがあります。
でもここでまた負けてしまうのが本当に怖いです。
この負けの連鎖から抜け出したいです。
勝ってみんなを見返したいです。
これから僕はどうすればいいですか?

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝つ自信は実に根拠のないものです。せいぜい「調子が戻った」くらいのものだと思います。

夏になって負けてから「悔しくて」練習を始めた。
夏が終わって同級生に負けたので何週間も練習に身が入らない、ということは
実際に真剣に練習に取り組んだのは1か月くらいでしょうか。
それで努力を「繰り返した」と思っている。

同級生は、春の入部のときからずっと同じ努力をしているはずです。
あなたは、上記のように考えると、夏休みの間くらいしか努力していないはずですが(まだ今は10月ですから)

全中チャンピオンだって、高校に入ればランキングに入るには大変です。走り高跳びだって中学のベストを跳べるようになるにはさらに長い練習期間と努力が必要です。
試合で勝てないのは経験不足だからです。練習を「力を抜いて」やっている人間が、本番でそれ以上の力が出せるはずがありません。練習で120%できて、試合で100%の力を出せるのが陸上という種目です。

負けてしまうのが怖いということは、「負ける」と自分でわかっているからです。
ならば、負ける原因にも自分で心あたりがあるのではないでしょうか。

スタートラインに立ったら、過去の実績など関係ありません。
吐くまで走りこんだ、足がちぎれるほど走りこんだ、自分を支えるのは毎日の厳しい練習だけです。中学の頃よりも、今の方が走りこんでいると言えますか?中学の頃よりも走りこんでいないのに、今の方が速く走れるとなぜ言えますか?

陸上の世界で勝ちたいのなら、誰よりも一生懸命練習することです。それでも素質のある人間には勝てないのが陸上です。人一倍練習してようやく素質のある奴と同じスタートラインです。やるだけのことはやりました。俺に勝った相手はもっと努力してました。あいつはすごい奴です。

そう言えるくらいまで練習して下さい。それでも結果がついてくるのは冬の走りこみのあと、来年のインターハイ予選に間に合えばラッキーだと思います。陸上経験者なら、半年走り込みをしたかしないかでどれだけの差がつくのかくらいはわかるはずです。今年の前半を取り返すには、この冬、努力している人の倍、努力しなければならない、ということです。

質問者さんはもう気が付いているはずです。気がつくというのはとても大切なことです。早く気がつけば、それだけ早く取り返すことができます。悔しい気持ちを持てることも大切なことです。それを自分にぶつけて下さい。
どうか頑張って下さい。

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝...続きを読む

Q陸上の400Mリレーのアンカー

 陸上のリレー(例えば400Mリレー)って、水泳のリレーと違って、走る距離が特に第一走者と第四走者で大分違うような気がします。
 第一走者の方が、バトンを受け渡すテークオーバーゾーンの分長く走り、第四走者がバトンを受け取る助走の分、走るのは短いと思います。



 極端に書けば、4人が走る距離は
100・100・100・100
ではなく
110・100・100・90
のような感じです(誇張してあります)。



 だったら、第一走者に一番速い人を持ってきた方が、一番長い距離を走る分だけ記録が出るのではないでしょうか。
 走る距離が短いアンカーに一番速い人を持ってくるのはもったいないと思います。
 アンカーに一番速い人を置くのが、演出や名誉のためであれば、そんな事よりも記録を選ぼうよ、なんて思うのですが、これって素人考えなのでしょうか。

Aベストアンサー

第四走者に一番速い人を持ってくるのは当然です。テイクオーバーゾーン(スタ
ート地点から100・200・300メートルの各地点の前後10メートルのゾ
ーン:バトンの受け渡しエリア)の手前10メートルにはブルーゾーンというも
のがあり、第2~4走者は10メートルの助走ができます。したがって、バトン
を受けとった時点ではトップスピードに乗ることが出きます。第1走者は通常の
100メートル競争と同じでスタートの瞬間にトップスピードに乗ることはでき
ません。さらにいえばアンカーはバトンを渡す必要がないので、最初から最後ま
で全力で走ることができるのです。
100メートルの世界記録は9.7秒程度ですがリレーの走者は前述の理由によ
り9.4秒程度で100メートルを走り抜けます。
おわかりいただけましたか?

Qリレーのバトンパスの仕方について

リレーでバトンパス可能なテイクオーバーゾーンが20mありますが,
バトンをもらう走者は,どこで待っているのが正しいのでしょうか?
20m間の一番手前のラインの所で待つといいのですか?
私は,テイクオーバーゾーン内真ん中のライン(10m)で待っていて,
ゾーン内に前走者が入ってきたところで,次走者がリードできる…と記憶していたのですが…。
教えてください。

Aベストアンサー

簡単に書くと、
・次走者はテーク・オーバーゾーンの10m手前から助走してもよい
・次走者が走り出すタイミングについての規定はない
です。


----------
テーク・オーバーゾーンの手前10mの地点に青い線が引いてあります。
この線からテーク・オーバーゾーンまでをブルー・ゾーン(?)と呼び、
この間で次走者は助走することができます。
# いや、ゾーンに名前はなかったかも・・・

もちろん、バトンパスはテーク・オーバーゾーン内で行うことが前提です。
ブルー・ゾーンはあくまで助走のためだけに存在します。


次走者が待てる範囲はブルー・ゾーンとテーク・オーバーゾーンの
中であり、テーク・オーバーゾーン内でバトンパスできればどこで待って
いても構いません。
また、次走者が走り出すタイミングも任意です。別にいつでも構いません。

# まぁ、テーク・オーバーゾーンの一番最後で待っていてバトンパスするのは
# 止まらない限り無理だと思いますけど。


助走が長い方がトップスピードに近づけやすいので、普通はブルー・ゾーン
の一番手前(一番長い助走距離になるところ)で待ちます。

次走者はブルー・ゾーンの手前にマーキング(テーピング)を施し、
その地点に前走者が来た時点で走り出すのが一般的です。
このマーキング地点は練習時に決めます。全力で走り出してテーク・
オーバーゾーン内でバトンパス可能な距離に設定します。


ちなみに、私は現役の選手ではないので、規定が変わっている
場合はこの限りではありません。
正確なところはルールブックをご確認下さい。
http://www.rikuren.or.jp/athlete/rule/


# あれ?4x100Mですよね?
# 4x200Mとか4x400Mはちょっと記憶にないです。

簡単に書くと、
・次走者はテーク・オーバーゾーンの10m手前から助走してもよい
・次走者が走り出すタイミングについての規定はない
です。


----------
テーク・オーバーゾーンの手前10mの地点に青い線が引いてあります。
この線からテーク・オーバーゾーンまでをブルー・ゾーン(?)と呼び、
この間で次走者は助走することができます。
# いや、ゾーンに名前はなかったかも・・・

もちろん、バトンパスはテーク・オーバーゾーン内で行うことが前提です。
ブルー・ゾーンはあくまで助走のためだ...続きを読む

Q400m走り切るコツを教えてくださいm(__)m

わたしは中2の陸部です。
専門として、走り幅跳びと短距離をやっています。

突然ですが、今月の29日に混成選手権のスプリングトライアスロンに出場することになりました。
100m・200m・400mを走る予定です。

100mは、問題ないのですが200mと特に400mが不安です・・・
200mも得意なわけではありませんが一応今までで3,4回ほど出場経験があります。
しかし、400mは今までで一度も走ったことがありません><;

体力に自信があるわけでもないし、とにかく不安です~
どうしたらうまく走れたりするでしょうか??
練習法やコツなど何でもいいので教えてください!!

よろしくおねがいしますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは、はじめまして
大学生女子です
 わたしも、中高陸上部で、まさに質問主さんと同じように!専門は走り幅跳びと100、200の短距離でしたが高1からプラスで400mを走らされました…
 その後、400mが一番得意になり、インターハイでもベスト8まで行けました!ケガで部活はやめたので技術的な面はあまりわかりませんが、経験からアドバイスできると思い、書き込みしました(〃..)

 不安な気持ち…とてもよくわかります、400mがはじめてとあればなおさらだと思います
ですが、100、200と経験があるのだから、そこまで思いこまなくても大丈夫、あとははじめてを楽しむ気持ちをどこかで持っておけばよい経験になりますよ!
 タイムなどは、前の解答者様がわかりやすく書かれておられるので参考に良いと思います

 400mは無酸素運動の限界とも言われているので、最後の直線100mはどう頑張っても苦しくなってしまいます、皆苦しいです。そこはしっかり腕降ってを、膝上げてくことを意識してみてください

 あと、体力に自信がないとのことですが、わたしも他の同レベルの選手に比べて体力的に優れていたとは言えませんでした(筋力や肺活量等…) 直線真っ向勝負ではそれ程、他と差がつけれないタイプでした
 そこで、顧問と相談して、200や300mからのカーブ、ここを意識して利用してタイムを縮めました。
直線が速い選手は、カーブを雑にするというか…上手くスピードを乗せ切れていない人が多いと思いました。言葉にするのは難しいのですが、カーブでスピードを殺さずにリズムよく曲がり切って、直線のはじまりにスピードを持っていく走り方、イメージトレーニングを普段の練習に取り入れていました。
わたしは100や200mと400mの違いをカーブからの直線で感じました、きっと意識して実際に何度か走ってみると、イメージがつかめてくると思います。

 ちょっち参考になるかわかりませんが、是非是非、身近なコーチ等に相談するなどしてみてください!はじめての400mなのだから、あまり考えず大きくかまえて、楽しむ気持ちで頑張ってくださいね!

こんにちは、はじめまして
大学生女子です
 わたしも、中高陸上部で、まさに質問主さんと同じように!専門は走り幅跳びと100、200の短距離でしたが高1からプラスで400mを走らされました…
 その後、400mが一番得意になり、インターハイでもベスト8まで行けました!ケガで部活はやめたので技術的な面はあまりわかりませんが、経験からアドバイスできると思い、書き込みしました(〃..)

 不安な気持ち…とてもよくわかります、400mがはじめてとあればなおさらだと思います
ですが、100、200と経験があるのだから...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング