最新閲覧日:

よく歴史物で、殿様が病に伏せっているときに頭に巻いているものは何ですか?何かいわれがあるのでしょうか。
また、酔っ払いのサラリーマンが頭に巻くネクタイとはなにか関係があるのでしょうか?

A 回答 (3件)

 「病鉢巻(やまいはちまき)」と呼ばれているもので、紫色をしています。

紫色に病気を治す力があると考えられていました。
絵は
http://www.chiga.ne.jp/~kabuki/html/ess/ess065.h …
にあります。

参考URL:http://www.yumezaiku.com/kusaki2.html
    • good
    • 0

このページがわかりやすいのではないでしょうか?



はちまきは動脈を縛り頭痛を和らげる働きがあるとされたようです。
また、ここにのっている理由以外に、紫は虫がつきにくい色であり、体内を浄化してくれる色だからといった記述も見つけました。

酔っ払いサラリーマンの「ネクタイはちまき」との関連はわかりませんが、こちらはウサばらしの宴会芸のお約束小道具ではあるようですね。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/uoh/kyouyou/hachimaki …
    • good
    • 0

文字通り、「はちまき」です。

頭痛その他の病気や出産に際して,鉢巻をする習俗もごく近年まで広く各地で行われていたそうです。
以下、推測ですが、頭をきつく縛ってその痛みで意識をはっきりさせようとしたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ