こんにちは。

redhat linux 6.1Jを、NECのMateNxにインストールしようと奮闘しましたが、うまくいきません。

グラフィカルモードのインストールタイプにて、普通にインストールを進めていったのですが、パッケージのインストール前のファイルシステムフォーマット途中でフリーズしてしまいます。
止まるのは、必ずswapファイルシステムのフォーマット中で、HDへのアクセスがなくなり、そのまま放置しても全く進みません。

パーティションの割り方を変えて何度かトライしましたが、インストールできたのはマウントポイントをroot(/)+swapパーティションのみという最小構成にした場合だけでした。

HD容量は38GBで、最初は強引に合計が38GBになるようにサイズを割り当てていましたが、その後、合計サイズを20GBくらいまで小さくしてみたりしました。結果は同じでした。

原因に何か心当たりのある方はアドバイスをどうかお願いします。

A 回答 (2件)

>インストールできたのはマウントポイントをroot(/)+swapパーティションのみという最小構成にした場合だけでした。

-> この状態であれば、導入に成功したと理解してよいのでしょうか?

マウントポイントをroot(/)+swapパーティションだけだと何か使用上問題がありますか?

私は、Solariでもスライスは、(/)と(Swap)のみです。LinuxでもFDISKを使用した場合では、プライマリー200Mb(82-Swap)と、プライマリー20Gb(83-Linux Native)の(/)のマウントポイントだけです。
いつも、この構成で導入しています。それと、せっかく導入するのであれが、RedHat 6.1Jではなく、7.1Jを導入された方が更に、拡張性もあるような気もします。
現在は、雑誌の付録のFTP版+Kernel-2.4.9に再構築しています。

一つの方法として、ディスクパーティションを手動ではなく、自動で、全て、システムにお任せで導入してみてはいかがですか?
最近のPCでは、メモリーも多く搭載していますので、SWAP領域の意味合も薄れてきています。以前は、実メモリーの2倍程度のスワップ領域を取ることを推奨して、上限は127MBという制限がありましたが、最近は、その制限もありません。

ではでは、

この回答への補足

マウントポイントがroot(/)+swapのみでも特に問題はないので、root(/)=10GB、swap=512MBでインストールしようとしましたが、結果は同じようにインストールが途中で止まってしまいました。root(/)=2GB、swap=512MBでインストールした場合に正常にインストールできたので、root(/)+swapの構成ならうまくいくと考えていましたが、単純にそういう理由でもないようです。

> それと、せっかく導入するのであれが、RedHat 6.1Jではなく、7.1Jを導入された方が更に、拡張性もあるような気もします。

お言葉通り7.1Jをインストールしたら正常にインストールができました!!
はじめから7.1Jにすればよかったのですが、手元にあった6.1Jで十分だと思い、7.1Jを入手していませんでした。

補足日時:2001/09/30 15:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、6.1Jのインストールが途中で止まってしまう原因はわかりませんでしたが、7.1Jが正常にインストールできたので満足しています。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/30 15:05

私の経験では、HDDに不良クラスがたくさんあったりするとフォーマット時にこけてフリーズすることが多いような気がします。



一度Windowsの方でフォーマットしてうまくいくようならば、上記の問題ではないと思います。

ご参考になれば幸いです。
ではでは☆

この回答への補足

同じ型の別マシンへのインストールを試してみましたが、結果は同じでした。必ずswapファイルシステムのフォーマット中に止まるというところにヒントがありそうなんですが、原因は未だ不明です。

補足日時:2001/09/28 09:39
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ