乳癌の疑いで検査中です。
切るように言われていますが決心がつきません。
左の乳房からの分泌物で外科に受信し、レントゲン、CT、乳管像影、MRI、と検査しました。
一ケ月余りの検査期間でしたが、はじめは「おそらく良性の腫瘍だろう」と言われていたものが、最近「ガンのパタ-ンだな 。」と言われ、部分切除をした上で、必要があれば更に切るなり、乳房全体を切るという事になりました。
切ってみなければ癌なのかそうでないのか判らないとの事。
迷っていては万一癌だった場合に手遅れになると決断を急がれています。
本当に、切る事の他に方法は無いのでしょうか。
自分としても癌かどうかも判らないうちに、こんな賭け事のような決断を迫られる事に戸惑っております。
周囲の友人知人関係から様々なアドバイスがあり、「切れば癌が散り広がって二度やるのは危ないから一度で全部取って貰ったほうがよい」などとも言われ、益々重い選択になってしまいました。
自分の身体の事なので後悔のない選択をしたいとおもいます。
判断の為の情報があれば是非おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

MiJunです。



追加情報(?)です。
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「乳がんの部屋」
この中で
http://isweb7.infoseek.co.jp/diary/goma7/04.html
(乳がんと間違えやすい疾患)

ご参考まで。

参考URL:http://isweb7.infoseek.co.jp/diary/goma7/top.html
    • good
    • 0

MiJunです。


「セカンドオピニオン」に関して、どちらにお住まいか分かりませんが、都内には以下の参考URLサイトのようなところもあるようです?

ご参考まで。

参考URL:http://www.nagumo.or.jp/cancer/second/index.html
    • good
    • 0

ご心中お察しします。



以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で#5も参考にしてください。

>自分の身体の事なので後悔のない選択をしたいとおもいます。
同じ検査結果になるかもしれませんが、「セカンドオピニオン」のために他の癌専門病院で受診されては如何でしょうか(何軒も回るのはお勧めしませんが)?

紹介したサイトのリンク先には「乳房温存」に関する情報もあります。

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=83420
    • good
    • 0

外科医から回答させて頂きます。


血液検査はしていますね。
”腫瘍マーカー”と云う項目で検査していれば陽性(私達医療業では”カルチ”と呼んでいます)か陰性かおよその判別がつきます。
切除せずに治療良性の病気や癌になった時には、数値が高くなってきます。そしてカットオフ値(しきい値)と呼ばれる値よりも高い場合を陽性と呼びます。カットオフ値とは多数の健康な人のデーターから決めた数値で、「これを超えたら病気のことが多い」という程度のもので、陽性だから必ず癌があるというものではありません。
切らずに・・・放射線治療がありますが、それなりの時間とあなたへのリスクを考えて下さい。
脱毛、食欲不振、体重減少・・・それと腫瘍の大きさが問題です、さほど大きくなければいいかも知れませんが、放射線治療にはやはり限度があり、また限られた医療機関でしかこの治療は受けられません。
悪性か、良性の判別は切らなければわからない・・・これはそうではありませんよ、”乳管内視鏡”を使って必要部位の(調べる部位や量には限度がありますが)細胞診検査を行えば、良性、悪性の判別が出来ます。
しかし、どこまで広がっているのかはやはり一度開かなければ判らないです。
どちらにしても悪性か良性のどちらかになるわけですから、切る前に出来る限りの検査をしてもらい、悪性なら切った方が良いでしょうね。
あと、大きな(大学病院等)病院には”シンチグラム”と云う検査があります。
これは微量の”放射性同位元素”と呼ばれる放射性物質を
静脈に注射し、ある一定の時間をおいて写真撮影するものです。(体には害は有りませんから安心して下さい、数時間から数日で尿から排出されてしまいます)
これは各種癌などの確定診断にとても有効な検査です。
必要とする悪い部分にその放射性物質が集まって来るので写真を見ればすぐに判ります。
仮に切除した場合ですが、定期的に受診していただき、血液検査等を行い、再発の有無を調べさせて頂きます。
およそ5年経って経過が安定していれば完治したと考えて結構です。
また、その”左側”を全切除した場合、リハビリがありますが、ちゃんとそのリハビリを受けないと腕が上がらなくなってしまいますからね。大半の方はちゃんと上に腕が上がっていますから、安心して下さいね。(しかし、少しきついようですが・・・。)
女性にとって大切な部分で、自分の一部(長年連れ添ってきた愛おしい体)ですから、やはり慎重になって当然ですし、”その後”が心配ですよね。
その件につきましても、ちゃんと病院でカウンセリングや相談にのってくれる事と思いますから、安心して下さい。
お話をすれば、いくらでもお話がしたいのですがとりあえずこの辺でよろしいkでしょうか?
もし、また何か不安材料等が発生しましたら”補足”欄にでも書いて下さい。
仕事の関係で返事が遅れる事がありますが、私でお答え出来る範囲内で回答させていただきますので・・・。
では。
    • good
    • 0

 ご質問の内容からですと、左の乳房からの分泌物で受診されたということですが、しこり(腫瘤)はありませんか?


 乳がんの場合、乳房に固いしこりができたことで気がつく場合が多いです。そして、そのしこりのできている部位によって、また、転移の有無によって治療法も手術の術式も変わってきます。
 10年以上前までは、乳がんと言えば、乳房を全部取ってしまうどころか、周囲の筋肉やリンパまで取ってしまっていたので、術後、腕があがらないとか、あとのリハビリが大変でした。しかし、最近では、しこりの部分だけ取った場合と、周囲まですべて取ってしまった場合との再発率や生存率にまったく差がないことがわかり、前者の術式がおもにとられます。
 でも、転移があったり、ガンの部分が乳房の付け根の奥にあったりすると、後者の術式がとられると思います。
 また、状態によっては、放射線療法や抗がん剤を使用したりすることもあります。検査データ等のくわしい情報がないので、これより深い答えは出せませんが、女性にとって、乳房がなくなってしまうということは、大変な精神的苦痛もあると思います。自分が納得できるまで担当医に、説明してもらうことが重要です。
そして、自分が十分に納得できた方法を選ばれるとよいですね。
 もし、後者の術式を選択された場合でも、現在は、形成外科の技術が進歩していますので、乳房の再形成も可能ですよ。
    • good
    • 1

ここを覗いて見て下さい。


http://kt.sakura.ne.jp/~mama/anatahe.html

いまkaza-na-toさんが抱えておられる不安がすこしでもやわらげれば幸いです。

参考URL:http://kt.sakura.ne.jp/~mama/anatahe.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早期の乳がんでステージ4ってありえますか?

先日母が乳がん健診でステージ4と診断され、
詳しく検査した結果「早期の乳がん」と
お医者さんからいわれたそうです。
最初に母から聞いたのがステージ4と聞いていたので
驚いて私がネットでいろいろしらべたら、
ステージ4は早期ではないことをしりました。

1.お医者さんの告知でステージ4の患者を
「早期の乳がん」と告知することはありますか?

それとも母が健診の結果を間違えてるのでしょうか。
私は会社勤めではないので、
検診の結果がどうやって記されているのか
わかりません。

2.会社での乳がん健診の結果は
 ステージでしるされているのでしょうか?

こちらの質問事項をみていたらカテゴリーという言葉も
出てきていましたが、

3.カテゴリーとはなんですか?
 
以上、答えて頂けたら本当に嬉しい限りです。
みなさん、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

早期の癌は1期から2期までのものを言いますので、4期は進行癌という事になります。したがって、早期がんで4期というのはありえません。健康診断くらいで進行具合まではわかりません。癌と聞いて気が動転し、お母様が勘違いしたのではないかと思います。
 今は正しい病期を伝えるはずですが、病院によっては気を使って、本人には正しく言わないところがあるのかも知れません。ご家族が付き添って、今の主治医に確認するのがいいと思います。
 カテゴリーというのは1から5まであって、1は、ほぼ良性であろう腫瘍、2から5になるまで段階的に悪性の可能性が増し、5はほぼ100パーセント悪性という分類です。
 どうぞお大事に。

Q癌の病理検査結果の表記が専門的で判りません。

親類の癌患者が医師から説明を受けました、同時に詳しい病理検査結果を報告書で貰ったのですがあとで良く読んでみると専門用語が多くて良く判りません。「検体=子宮底部に外向発育型の腫瘍を認めます」とは進行していく癌があったと云う事ですか?、 また、「管腔構造を主体とする高円柱状の腫瘍細胞の増殖があり、腫瘍細胞の核は極性を失い、個細胞壊死も目立ち・・」とあるのは癌が退縮傾向にあったと云う事ですか?

Aベストアンサー

外向型の腫瘍とは
簡単に言うと「できもの」です
こぶのように腫瘍ができるので
場所が特定されやすく
治療も内向型のものに比べ
比較的行いやすくなります

後半の言葉は
悪性腫瘍であると思われる
という意味です
極性がない、細胞の壊死はどちらも
悪性腫瘍の特徴です

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q乳がんステージ4,肺に多発性転移があります。トリプルネガティブでした。半年前から、アバスチン、パクリ

乳がんステージ4,肺に多発性転移があります。トリプルネガティブでした。半年前から、アバスチン、パクリタクセルの抗がん剤治療をしていますが、足の痺れの副作用がひどいと医師に言うと、50%減量して治療しましょう、と言われ、2ヶ月になりました。副作用で抜けた髪の毛がまた生えてきました。50%減量して、効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

トリプルネガティブ乳がん患者会「ふくろうの会」 tnbc.fukurounokai@gmail.com
こちらに入会されるのもよろしいかと思います。

Q直腸癌や大腸癌の検査

はどのようなものがありどのように行われるのでしょうか?
手術なども必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

ガンの有無がまだわかっていない場合は、便の潜血反応検査でチェックを行うことが多いですが、偽陰性、偽陽性もあるので、大腸ファイバーをよくやっている施設では最初から大腸ファイバー検査を行うでしょう。診察では直腸診(肛門から指をいれて、腫瘍がないかどうかを調べる)というものがあります。注腸検査は肛門からバリウムを入れてレントゲンを撮る検査です。病変を認めれば、改めて大腸ファイバー検査を受ける必要があります。すでにガンがあることがわかっている場合は注腸で位置の確認をしたり大腸ファイバーで病理組織の評価をしたりします。いずれにせよ、どの程度ガンを疑っているかを含めて、目的によってどの検査を採用するかは変わります。
大腸ファイバーで、ポリープの段階のガンを摘除することはあっても、検査で手術を行うことはありません。検査と手術は別なのです。手術はガンが見つかって、かつ内視鏡だけでは根治術が不可能であるとわかっている場合に行います。

QVERY(雑誌)に載っていた乳がん治療法について

だいぶ前(おそらく2005年12月号)のVERYという雑誌の中で、乳がんの治療についての記事がありました。
たしか、アルファベット4文字くらいの治療法で聞いたことのないものだったのですが、雑誌を捨ててしまい、思い出せません。
ネットで調べても詳細が出ないので、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、その治療法名と病院名など教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答ではありませんが、おそらく2005年12月号)のVERYと
解っているのでしたら、公共の図書館でお探しになると、
手にはいると思います。
その図書館になくてもネットワークで入手できると思います。

但し、がんの治療は日進月歩です。2005年に一般雑誌に
書かれていた治療が今も最善とは思えません。
また、病期や治療される方の様々な背景がありますから、
考えておられる治療が最善とも思えませんし、専門医は
お薦めしない治療かもしれません。

乳がんの治療でしたら、専門の治療機関で、良くお話しを聞かれ、
納得した上で、治療を受けられる事をお薦めします。

お大事に。

Q尿検査で癌細胞が見つかったら癌があるのでしょうか?

73歳の父の事でお尋ねします。
数年前に病院で処方された風邪薬の副作用で、尿が出なくなりそれからずっと前立腺肥大の治療に泌尿器科に通っております。日によって夜中に起きる回数が2回から6回ぐらいと異なっておりました。
そのような状態の中、4月に熱を出し右わき腹の痛みも少しありかかりつけの泌尿器科を受診したところ化膿止めと抗生剤で熱も痛みもすっかり良くなったのですがその際にうけた尿検査で癌細胞があるとの事で、その後エコー、CT,MRIと検査を重ねたのですが影らしき物は見つかりません。細胞があると言う事は、癌なのでしょうか?
後は、カテーテル検査が残っているとの事ですが痛い検査だと聞き必要なものなのか不安です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

もし私が尿細胞診で「ガン細胞が出ている」と言われたのであれば「経尿道による内視鏡による検査」を受けます。

私の母は血尿があったので「尿の細胞診」「血液による腫瘍マーカー」「レントゲン」「CT」「MRI」にて膀胱、尿管、腎盂の検査をしてもらいました。結果、これらの検査ではガンを示すものは出ませんでした。しかし、そのとき受けた経尿道による内視鏡での視診で腫瘍が見られ、その形状(イソギンチャクのような形)から悪性のものとほぼ断定されました。そして、後日の経尿道による手術を受けましたが、その切除物の病理検査で浸潤性のものを含む悪性腫瘍と確認されました。結果、さらに「膀胱の全摘出」を奨められました。この経験からすると「ガン細胞が出た」と言われたのであれば、ANo.3での指摘のとおり今後尿細胞診を継続するとともに、経尿道による内視鏡検査もされたらよいと思います。母は何回もこの検査を受けてますが、痛みや苦痛を訴えたことはありません。女性であることも多少は関係してるのかもしれませんが。

尚、仮にガンであった場合に今の病院で手術を受けたいか、を考えたいところです。もし私が患者の立場であれば、沢山の事例をこなしている「ガンセンターなど腫瘍専門の病院の泌尿器科」で今後の診察、そして場合によっては手術を受けたいと思います。そのような施設には、毎日、悪性腫瘍と向かい合っているベテラン医師と背後のベテラン検査スタッフがおり、設備やデータなど体制が整っていると推測するからです。

参考:その後、母は膀胱の摘出も免れ、今も元気にしており、再発の兆候もありません。下記のURLのANo.3に私の母の体験を記述してますので参考下さい。判定が付くまでの不安を和らげることに役だってもらえればと思います。

?http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288?

もし私が尿細胞診で「ガン細胞が出ている」と言われたのであれば「経尿道による内視鏡による検査」を受けます。

私の母は血尿があったので「尿の細胞診」「血液による腫瘍マーカー」「レントゲン」「CT」「MRI」にて膀胱、尿管、腎盂の検査をしてもらいました。結果、これらの検査ではガンを示すものは出ませんでした。しかし、そのとき受けた経尿道による内視鏡での視診で腫瘍が見られ、その形状(イソギンチャクのような形)から悪性のものとほぼ断定されました。そして、後日の経尿道による手術を受けました...続きを読む

Q乳がんの治療法の選択について困っています。体験意見をお聞かせ下さい

 先日、私の母が乳がんと診断されました。腫瘍の大きさは1.2センチで、リンパ節転移はなしでした。癌自体は手術で除去をしたのですが、癌の核変異度が3だったらしく、再発率が低 中 高のうち中なのだそうです。
 医師から今日二通りの治療法のうちのどちらかを選んで下さいといわれたそうです。
 1, 抗がん剤+抗女性ホルモン剤の投与
 2,抗女性ホルモン剤の投与
の二つです。
 医師いうにはこの二つの治療法の内どちらのほうがより有効なのかは解らないそうです。どちらの選択をとるかを来週までに決めてくれと言われたのですが母はどちらが有効とも解らないなら2を取りたいと言っています。
 母と同じようなケースでこの二つの治療法の選択を迫られた方がおられれば是非どちらの選択肢を取られたのか、またその予後はどうなのかを教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

1でも再発しました
さらに薬を変えて よくなってきたように見えて遠隔転移しました
ホルモン療法も薬を変えて あとは延命治療です

やれることをやったと思っても転移するときはします

後悔しないように。
患者にその覚悟があるのなら 思ったようにすれば…

Q肝臓癌の摘出手術をしました。検査の結果、体には癌は全くないと言われまし

肝臓癌の摘出手術をしました。検査の結果、体には癌は全くないと言われました。
病院に勤務している看護師さんの話ですと切除した後抗癌剤の服用をしなければならないと言われました。
これって本当でしょうか?

Aベストアンサー

 まったくそのとおりです。
 肝臓に癌があったということは、肝臓以外の臓器にも無数の癌細胞が取り付いています。まだ目立つ大きさになっていないだけです。それらが大きくなって、多発性の再発癌、転移癌になると事実上、癌を消滅させる治療法がありません。そうならないように、何処にあるか分からない癌細胞をやっつけるために抗癌剤治療をやります。もちろん、その治療をするか否かは、貴方が決めることです。しかし、絶対やるべきでしょう。
 日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなります。癌は、良く研究されていて、その経過が良く分かります。どうせなら癌で死にたいという人もいるほどです。あまり心配しないで自分で勉強すると同時に医者にまかせましょう。治療法が進んでいますので、再発、転移は押さえられるでしょう。頑張って積極的な生活を送りましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報