私が食べる野菜は、ほとんどスーパーで購入するのですが、先日、健康食品の販売員の人がきて、「最近のハウスものは勿論、普通の野菜も昔比べたら、ビタミン、ミネラルが激減しているんですよ」と言っていきました。この資料を探しています。野菜などの過去の含有成分と、近年の含有成分表が記載されているものを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

定量的なデータは把握していませんが、


野菜生産者の現状についてお知らせします。
ハウス物を問題視しているようですが、
露地栽培の野菜も同様の傾向を示しているようです。
その原因は、化学肥料だけによる栽培が主流となり、
有機質の肥料が土中に入れられることが少なくなったためです。
化学肥料は、「チッソ、リンサン、カリ」を主成分としていますが
有機質肥料はそれに加え、さまざまなミネラル分が「混入」しています。
野菜に限らず「米」も同様の現象がおきていると予想されます。
私は、農家ではありませんが、農の現状を知るために、
地域の稲刈りを請け負っています。10名ほどのメンバーで
一シーズンに60haの田んぼの稲刈りに回りますが、
有機質を主成分に育てているところは稀で、
あっても、他の生産者からは蔑視されています。
これってとてもおかしいことのはずですが、
農業生産者の多くはこの程度の意識しか持ち合わせていません。
消費者のことを考えている生産者もいますが、数では圧倒的に少ないために
一般消費者に行き渡る量は作れません。
大変でしょうが、これら「形だけの農産物」の現状に警鐘を鳴らしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実際の体験者の声を聞かせていただき、ありがとうございます。作る側と食べる側。さらに、今の時代の「みばえばかりが先行して、中身が軽く見られる」傾向では、中々質的にいいものが作り難いなんでしょう。
しかし、一般消費者はどのようにして健康を守ればいいのでしょうね?
大変参考になりました。

お礼日時:2001/10/01 03:56

含有成分が載っている資料は食品成分表以外に資料はありません。

しかし、近年、記載されるビタミンの種類が増えているようです。そのため、ビタミンAやCなど代表的なものの比較しかできません。下記のホームページにその概要や例として夏どりと冬取りほうれんそうのビタミンCの違いなどが載っています。
 昔の成分表も今のものも「年間を通じて普通に摂取する場合の全国的な平均値」です。それは流通の仕方や栽培のされ方によって変化しています。“昔”が何年前なのかわかりませんが、4訂成分表が出された昭和57年と現在を比較すると、夏どりのほうれんそうや小松菜など青菜類の栽培が増えたことが野菜栽培での大きな変化です。このような夏の栽培などの旬以外の栽培が増えた野菜の成分が低下するのは当然です。冬ほうれんそうの過去と現在の比較をしたとしても、激減しているとは言えないと思います。旬の野菜をたくさん食べるようにすれば、食品の成分は気にならないと思います。

参考URL:http://www.sta.go.jp/b_menu/houdou/12/11/001197. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

凄い!冬と夏でほうれんそうがあんなに違うなんて知らなかった。旬って凄いですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 22:39

書店に日本で発行される食品成分表と言う書籍がありますが私のは1988年版なので毎年出版していると思いますので初版を探して比較するか又は他国の食品分析表と比較すればどの様に推移したかわかると思います。


しかしミネラルとかビタミン等は或る一定の条件下で人体に吸収されるのである程度の目安と考えればよいと思いますが私は問題は味だと思いますよ。
現在の野菜は健康の為に嫌々ながら食べているのが現状と思いますが或る時に標高約1000メ-トルの所の自家製の野菜を食べましたが私が昔、子供の時に食べた美味しい味がして鱈腹食べた事が記憶にあります。
masatakeさんも機会があれば一度本物の野菜を食べてみられたら如何ですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。確かに、そのような環境の野菜は美味しいでしょうね。自分も母の実家がお百姓さん、年に幾度か野菜刈にいくのですが、確かに違います。
親切に、心より感謝いたします。

お礼日時:2001/09/28 10:10

図書館で「日本食品標準成分表」の古い本をみて.同じ項目どうしを比較するしか方法はないでしょう。



あと.4テイバンしか持っていませんが.いろいろな栄養価の変遷についての報告(学術論文)が参考文献として記載されています。大体同じような内容は.同じ著者が研究している場合が多いので.その著者の現在・過去のないようを調べるのか簡単でしょう。

学術論文の入手方法は.生涯教育関連で.大学図書館に一般利用を認めている場合があります。このような大学を探し.蔵書から適当に選んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。比較表の書籍があるわけではないのですね。でしたら、自分で作ってみます。親切に心より感謝します。

お礼日時:2001/09/28 10:07

 たとえば、ホウレン草のビタミンCの年ごとの含有量データは、1950年(初版)150mg、1963年(3改版)100mg 、1982年(4改版)65mg 、1994年 8mg と激減しています。

(「日本食品標準成分表」北海道新聞1994年1月7日掲載。)
 これは見た目をよくし、商品価値を高めるため、農薬や科学肥料を多く用いたり、水耕法、ハウス栽培を多用しているからです。
 自然栽培されているものや旬のものを食べれば有効だと思いますが。昔のものとは種類が違うという話もあります。

参考URL:http://smartstyle.hoops.ne.jp/yasai.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。記載されたデータ-だけでもすごい変化ですね。

お礼日時:2001/09/28 10:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビタミンやミネラルの栄養素は一日どれくらいの量を摂取すればいいのでしょうか?

私は今Pharmanexのライフパックというサプリを摂取してます。このサプリはビタミン、ミネラルが均等に含まれており人間が一日に摂取しなければいけない栄養を簡単に補えるという利便性を持ちます。そこで質問ですが、ビタミン(ビタミンA、B、C、D、Eなど)やミネラル(カルシウム、鉄、カリウムなど)はそれぞれ一日にどの位の量を摂取しなければいけないのでしょうか?また栄養を過剰に摂取した場合は、人体に悪影響を及ぼすのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLは最近私が栄養の事について作成してみたページです
一日の成分について書いてみました。役に立てばうれしいです。

摂取量は個人差があります。例えばスポーツ選手のような体をたくさん動かす人と普通の人では一日にとる
ビタミン ミネラルの量は違います。

あなた様が男性であるか女性であるかは分かりませんが性別でも目安摂取量は違います。

カリウムとビタミンCは過剰症は聞かないですね。
しかしビタミンCは空腹時にサプリメントを飲むと
胃に刺激になるので良くないと思います

ビタミンB群も過剰症になのがあります。後は
ADEカルシウム、鉄、などは過剰症になると勉強しました。

普通の食品の中で摂っている分は過剰症の心配は
大丈夫だと思いますが、サプリなどで大量に取ると
良くないと思います。

例えば鉄なんかを大量に取ると血が濃くなったりとかです。

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/omise99/10000

Qフッ素の土壌含有量試験

今年2月に施行された土壌汚染対策法の「含有量試験」で1mol/lのHClでフッ素の溶出を行うのですが、高濃度の塩素に邪魔をされて、イオンクロマトグラフでのフッ素の定量ができません。どなたか、前処理方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは
フッ素の分析は、前処理として水蒸気蒸留を行ってランタンアリザリンコンプレキソン法で比色分析を行います。
面倒ですがこの方法でなければ、妨害があって分析が出来ません。
今後多数の分析が行われるうち、もっと合理的な分析方法が出来ると思いますが、現状としてはこの方法で行わざるを得ないものと思います。特に土壌汚染対策法に基づいて分析する場合は、施行規則示された方法に忠実に従わざるを得ないでしょうね。
定量下限値を上げてイオン電極法等を応用すると分析できると思いますが・・・

Q体外に排出されやすい、ビタミン&ミネラル(栄養素)

体外に排出されやすい、ビタミン&ミネラルって何でしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

水溶性ビタミンは水に溶けるため、体外に簡単に排出されてしまいます。
ビタミンB類とビタミンCがそれになります。

ミネラルで 亜鉛 は汗と共に排出されますので、運動をした後には補給したほうがいいです。
カリウム も排出されやすいミネラルです。

QPCB含有機器の処理期限について

PCB処理特別措置法で平成28年7月15日までにPCB廃棄物を適正に処理するように決まっていますが、使用中(具体的には微量PCB含有高圧トランス)でもその期限までに廃棄物にして処理をしなければいけないのでしょうか。
色々と検索して調べているのですが、どうもそこのところがはっきり書いてあるのが見つかりません。
もっとも高圧トランスですので、そのころにはとっくに推奨交換期限(20年)を過ぎているのですが(既に過ぎている)、そこまで使用していたと仮定した場合を想定しています。

Aベストアンサー

現在、運用中の変圧器は廃棄物では有りません。

電気設備として、立派に運転されているものは、設備として法律も認めています。

但し、その設備が運用を止め、設備から外された段階で廃棄物となりますので、

其の時点からは廃棄物の適用を受けます。

ですから、其の時点でどうするかを検討されれば良いのです。

Qビタミン、ミネラルの消化をよくする方法を教えて下さい

三大栄養素(糖、蛋白質、脂質)の分解をよくする為には消化酵素の分泌を活発にするサプリ等が販売されていますが、ビタミン、ミネラルの消化をよくするためにはどうすればいいのでしょうか?以下のようにビタミン、ミネラルにも分解する酵素はあるのでしょうか?
アミラーゼ→糖
ペプシン→蛋白質
リパーゼ→脂質
?→ビタミン
?→ミネラル

Aベストアンサー

ビタミン・ミネラルの消化、つまり、吸収をよくするには幾つかの方法があります。皆さんがご指摘のように、食後というのは一つの方法です。
ビタミンの中でも、水溶性のビタミンBやC等は、簡単に水に溶けてしまうので、調理中に分解されていまい、食事では不足がちです。国の栄養調査では、特にエネルギーの生成に役立つビタミンB1は、不足気味のようです。
で、不足気味のビタミンB1については、誘導体という形で合成されている医薬品の服用をお勧めします。
先述の通り、ビタミンBは水溶性ですので、サプリや健康食品等で摂取しても吸収がよくありません。誘導体というのは、摂取する際はビタミンB1でないけれども、腸で吸収され、各組織に浸透した際に始めてビタミンB1に移行するという優れものです。摂取後の血中濃度比較では、サプリ等と比べると格段の差が発生しているようです。
具体的な製品名は、アリナミンやノエビタ等です。周りではアリナミンを飲んでいる人が多いようです。何と言っても、天下の武田の永年のベストセラーですから安心ですね。

Qミネラルスピリッツ

化学メーカーの営業マンです。
分からない専門用語にでくわします。
「ミネラルスピリッツ」とはなんですか?
樹脂原料に使われるようなのですが?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

ミネラルスピリットとは、石油系溶剤でテレピン油の代用溶剤として作られた塗料用シンナーのことです。
臭気が強く、人体への影響や環境汚染等の問題が指摘されています。

Q野菜のビタミン、ミネラルはどれくらい減っているか

近頃の野菜は、化学肥料や農薬の影響でビタミン、ミネラルが大幅に減っているとききます。健康維持のために野菜を中心に食べようと思っているので、気になるところです。具体的にどの野菜のどの栄養素がどのくらい減っているかわかる資料をご存知でしたら教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

「初訂日本食品標準成分表」(1950年刊)と現在の「五訂日本食品標準成分表」(刊)を比較するのがもっとも速いでしょう。

初訂の本は、図書館などに置いてあります。問い合わせてチェックして見てください(私はコピーして閉じたものを資料として保管しています)。五訂はデータベース化されたりしています。

なお一例としては、野菜100g中に含まれるビタミンCは、

ほうれん草 150mg → 35mg
ニンジン   10mg →  4mg
キャベツ   80mg → 41mg

と言った具合になっています。ただし、これを単純に化学肥料や農薬と直結させないようにしてください。

なぜなら、野菜の栄養価が低下しているのは、旬でない時期(栄養価が低い時期)にも出回っていることや、嗜好の変化によって、栄養よりも味がよい品種が優先して栽培されていること、人口の増加をカバーするだけの生産を維持するために土地そのものが痩せてきていることなどが複雑に関係しているためです(だからといって、化学肥料や農薬が大きな要因の一つであることは否定しません)。

なお、いくら栄養価が減っているといっても、食べないより食べたほうがはるかに良いし、またちゃんとした量を食べれば、健康を維持するのに必要十分量はほぼ確実に確保できます(スーパーなどの輸入ものや安売りの野菜でなく、国産のきちんと栽培されたものを食べればなおよし)。

また、人体はバランスを取るために、過剰なビタミンやミネラルは排出してしまうので、栄養豊富だからといって全ての栄養が吸収されるわけでもありません。

短絡的に騒いだり、不安がらないことがたいせつです。
それに、野菜からしか摂れない微量栄養素もたくさんありますし、安易にサプリメントなどに走らないようにしてください。

「初訂日本食品標準成分表」(1950年刊)と現在の「五訂日本食品標準成分表」(刊)を比較するのがもっとも速いでしょう。

初訂の本は、図書館などに置いてあります。問い合わせてチェックして見てください(私はコピーして閉じたものを資料として保管しています)。五訂はデータベース化されたりしています。

なお一例としては、野菜100g中に含まれるビタミンCは、

ほうれん草 150mg → 35mg
ニンジン   10mg →  4mg
キャベツ   80mg → 41mg

と言った具合になっています。ただし...続きを読む

Q微量PCB含有の変圧器の輸送

来月早々にも計画があるのですが、色々調べてもよく判りません。
(直接、関係官庁には聞きにくいので、知っている方アドバイス下さい、
お願いします)

 微量PCB(10PPM)が含まれた古い変圧器(油量90Lほど)を
他県にある撤収工場から、保管場所施設があり特別産廃管理者も居る当地へ輸送しょうと計画しています。
(この変圧器は油を分析し混入が判明したのはごく最近であり、PCB機器使用の届けは出していません)


(質問)
1,関係法規があるのでしょうか(高濃度PCB使用機器は、使用地の届出機関に移動を申入れして許可を貰ってから輸送した経験あり)
2,通常の油入電気機器として扱って輸送して良いのでしょうか。

Aベストアンサー

門外漢ですが、回答が無いようなのでご参考まで。

http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g40331d70j.pdf

>環廃産発第040217005 号
>平成16 年2 月17 日
>重電機器等から微量のPCB が検出された事案について

>3 .廃重電機器等について、機器毎に測定した当該廃重電機器等に
>封入された絶縁油中のPCB 濃度が処理の目標基準である
>0 .5mg/kg以下であるときは、当該廃重電機器等は、PCB
>廃棄物に該当しないものであること。

これで見ると0.5ppm以上はPCB廃棄物該当ということでしょうか。

処理については、下記あたりをご覧になるといかがでしょうか。
廃PCB入りトランスの処理について
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=7338

Qビタミン、ミネラルの摂取方法について教えて下さい

ビタミン、ミネラルは単品のサプリメントで摂るのとマルチビタミン、マルチミネラルで摂るのではどれが好ましいでしょうか?
たとえばビタミンAとカルシュウムを単品で摂るのと、マルチビタミン・ミネラルで摂るのではどの方法が良いでしょうか?又はマルチと単品を合わせて摂る方が良いでしょうか?健康に良いのはどのような摂り方でしょうか?

Aベストアンサー

気は心で何をやっても同じでしょう.普通食事している限り不足は余りありません.摂ったからといって実感できる効果が出るわけでもありません.気持ちの持ち方だけです.むしろこういうものをマニア的に摂ると添加物がいろいろ沢山体内に入りますから,できれば,食品からがベストなのですが.サプリは過剰分は尿や糞で排泄されるだけです.食事からなら過剰摂取ということは先ず起こりません.

サプリ摂取量の目安です.
http://www.iris.dti.ne.jp/~mjc/meyasu.html

Q近年の気温の変化

ここ5年くらい6月頃まで寒く7月になると異常に暑くなる状態です。

種まきにおいては・・
以前は5月に蒔いていましたがここ数年は寒すぎて芽が出なくなりました。
種まきは6月上旬の1度のチャンスを逃したら次回は暑すぎて苗が上手く育ちません。

朝顔の成長にも変化が見られます。
6月まで順調に育ちますが7月の日光に負けてバタバタと死んでいきます。
そこで他の植物の影に移したら元気になりました。
昨今朝顔やゴーヤでグリーンカーテンてのが流行していますが朝顔自体にカーテンしないとダメです。(以前はそれなりキレイに咲いていました)

6月まで寒く7月以降は気温40度もなるのが異常です。
考えてみると昔は最高気温32度くらいでした。
南国より暑い。

さらに5年以上前は早くから暑い現象が5年程なかったですか?
3、4月に種まきした覚えがあります。

異常気象の質問を見てみると温暖化とは全く関係ありませんという回答が多いですね。
温暖化と関係がないということは、こういう気象になっただけですか?

Aベストアンサー

>温暖化と関係がないということは、こういう気象になっただけですか?

まず、
「温暖化問題」とは
人類の活動に伴う化石燃料の燃焼が引き起こす気候変動現象
のことを指します。

ところが
冷害、旱魃、大雪などの異常気象は、
人類が現在のように化石燃料を使い出す以前にも多く発生しています。
日本の記録に残る異常気象は、奈良時代からの文献で研究されており
概略は理科年表で調べることができます。

さらに、
有史以前でも、氷河期と温暖期が何度も繰り返していることが判明しており
長期の気候変動が人類とは無関係に起きていることが解っています。

したがって
異常気象とは、人類による温暖化問題が発生する以前から存在し
温暖化とは直接関係ない
という結論になるのです。

ただし
pokonyan2さんが指摘されるように
温暖化が異常気象の発生を加速している
ということはあり得ます。
今後の研究課題ということでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報