源氏にもいろいろあることを最近しりましたが、この
清和や、村上というのは、天皇と、どういう
つながりがあるのでしょうか、清和天皇や村上天皇がいたことは
知っていますが、その天皇の子や孫と関係あるのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

おはようございます。



清和源氏は、清和天皇の子孫で源姓を賜った氏族のことです。
皇孫経基王の一流だけが栄えました。
経基王の子満仲は摂津の多田庄で強力な武士団の棟梁となり、
さらにその子頼光が摂関家と結んで勢力を伸ばしました。
のち頼義・義家の時、関東・奥羽の兵乱を鎮圧して関東武士と結合して、
源氏の関東進出を果たしています。
源頼朝も清和源氏です。
平賀・佐竹・武田・新田・足利氏はいずれもこの流れをくんでいます。
さらにその他多くの武家が清和源氏を名乗り、各地に広く分布しています。

一方、村上源氏は、
村上天皇の皇子具平親王の子師房を祖とする源氏です。
清和源氏などと並んで著名です。
院政期には白河天皇の中宮を出しており、
堀川天皇の外戚となるなど勢力がありました。

土御門・久我・中院・堀川の四家に分かれており、
さらにそのうち久我家は千種・六条・岩倉に、
中院家は北畠諸家に分かれています。

他にも、信濃、摂津、美濃、尾張、大和、多田、甲斐、河内、三河源氏など
多数あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しい回答をありがとうございます。
聞いたことのない名前がたくさんありました、これから学んでいいます。

お礼日時:2001/09/27 04:38

 平氏は垣武・仁明・文徳・光孝天皇の時に与えられており、その子孫は垣武平氏・仁明平氏・文徳平氏・光孝平氏と呼ばれています。

垣武平氏のうち、伊勢地方に根拠地をおいた伊勢平氏から清盛などが出現しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えを下さり本当にありがとうございます。
たいへんよく分かりました。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/27 14:19

 源氏は皇族から臣籍に降下するとき、平氏とならんで、皇子皇女に天皇から与えられた姓です。

光源氏もそうです。種類としては、天皇の名前をとった嵯峨・淳和・仁明・文徳・清和・村上・宇田・醍醐・花山の各種類があります。その他の源氏はこれらの子孫が土着した地名を取っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい回答ありがとうございます。
臣籍に降下するときに与えられた名前なんですね。
平氏もそうなんでしょうか?

お礼日時:2001/09/27 04:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平家物語の有名な始まりは「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり」ですが源氏物語の始まり又は源氏物語を教

平家物語の有名な始まりは「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり」ですが源氏物語の始まり又は源氏物語を教えてください。

Aベストアンサー

いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに

うんぬんかんぬん

Q村上天皇と梅について

平安時代、村上天皇の時に都で悪疫が広まり、天皇ご自身もその病に。 その時、梅干しとこぶ茶でたちまち回復。という話をたまに聞くのですが、このエピソードが実際に記載されている昔の文献をご存知の方はいらっしゃいませんか? もしご存知でしたら文献の名称と文献のどのあたりの記述されているかを教えていただきたいのですが。古典に詳しい皆様、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

多分、『都名所図絵雑談抄』ではないでしょうか?
「天皇御脳にかかり給いしが、この茶を服し給えば御脳たち所に平癒す。
これより王服と称して毎年元旦にこの茶を服し給い、
萬民これを倣い年中の疫病邪気を除き長寿幸福を得るなり。」
という文があります。

Q源氏物語の幻について質問があります。

源氏物語の幻の章について聞きたいことがあります。幻の2段落目に、「などで、たはぶれにても…」とうい文があります。「などで…」以降は源氏の心話だと思うのですが、心話の終結部が分かりません。本来、どこがどのような形態をとって終結するはずであったのか、また、そのようにならなかったのはなぜか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「などて、たはぶれにても、~いとほしう悔しうおぼえたまふさま、胸よりもあまる心地したまふ」(本文は新編日本文学全集によっています)
が、源氏の心内ではないでしょうか。
「おぼゆ」の語は、自然に思われる、などの意味を持つ語ですから、
ここでは「~不憫で悔しく思われてならない」、その気持ちが、
胸におさまりきらない。というようになると思います。

あと、2段落目、というのはどの本かによって異なるので、
次は前後の文章をもう少し載せていただけると嬉しいです。

Q源氏物語の一念ってどこにありますか?

勉強で、源氏物語の中にある「一念」という言葉を探しています。
どうやら、1個だけあるらしいのですが、何分原文の量が多いので困っています。

どこに載っているかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?

急いでいるので、知っている方がいましたらぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

昼食を食べながら回答させてもらいます。

『源氏物語』五十四帖の巻名のひとつ、第37帖の「横笛」の中にでてきます。
「横笛」は柏木遺愛の横笛が人から人へと渡って光源氏に届くまでの内容を書いています。
 
そのうちの第三章の夕霧の物語のところに質問された「一念」の語句がでてきます。


以下はその原文です。

[第一段 夕霧、六条院を訪問]
 大将の君も、夢思し出づるに、
 「この笛のわづらはしくもあるかな。人の心とどめて思へりしものの、行くべき方にもあらず。女の御伝へはかひなきをや。いかが思ひつらむ。この世にて、数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに、一念の恨めしきも、もしはあはれとも思ふにまつはれてこそは、長き夜の闇にも惑ふわざななれ。かかればこそは、何ごとにも執はとどめじと思ふ世なれ」

Q『源氏物語』の原文に多数ある[御]の読み方

『源氏物語』の原文を速く音読するトレーニングをしているのですが[御]が多数でて参りまして、その都度、正しい読み方に迷うことが多く、困惑しています。正しく読むコツをお教えください。

ご回答は『源氏物語』の研究者か古典文の愛読者に限定します。
他の人はご遠慮ください。お互いの時間のムダになります。

Aベストアンサー

基本的には、
 やまとことばは「おほん[ohom]」か「み[mi]」、
 漢字の字音語は「ご[go]」、
になります。(現代語も同じですよね)

やまとことばは「おほん」と読む場合が多いのですが、御息所のように決まって「み」がつくことばもいろいろあります。「御心」「御子」「御局」「御蔭」など。

「ご」と読むのは「御覧ず」(もっとも、これは「御」+「覧ず」ではなく「御覧ず」一語とされていますが)や「御本性」などがあります。

↓のサイトを参考にされたらいかがでしょうか。
本文とローマ字の両方がありますので音を確認することができます。

参考URL:http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報