私の持っているトーカイのCatsEye(フォークギター)ですとハイポジション(5フレット~12フレット)でリードを弾くと、弦高が高くて弦を押さえにくく弾き難いです。他に弾きやすい種類のギターが有るのでしょうか?ちなみに弾いてみたいアーチストはCharのインストもの(レストラン)、YESのムードフォアデイ、ウエスモンゴメリィ、Zeppelinのアコースティックもの、です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちわ!


・現在所有しているギターを調整する場合
まず、ネックの反り具合を調べてみて、大きな順反りが認められた時は、トラスロッドで調整をします。トラスロッドというのは、ネックの中に通してある鉄芯の事で、通常は曲がった状態で入っていて、それを締めたり緩めたりして、調整します。調整口がヘッド側にある場合、ヘッド方向から見て時計回りに回すと、ネックが逆反りになって弦高が下がります。調整口がサウンドホール側にある場合、ブリッジ側から見て時計回りに回すと、同じ効果が得られます。要するに、ネジを締める時と同じ要領です。しかし、過度の調整はネックのねじれの原因にもなるので注意してください。ネックは本来、やや順反りになっているくらいがちょうどいいと思います。
また、調整を必要なレンチは種類やメーカーによって様々で、同メーカーでも
年代によって異なるので、注意してください。
 ネックの状態が良好である場合、ブリッジのサドル(弦が乗る白い部分)を削るという方法もありますが、これは経験と勘が必要なのであまりお薦めできません。
通常は下面を水平に削るのですが、これはなかなか難しいです。均等にサドル下面とブリッジが接するように削らないと、音質が著しく変わります。
私の場合は、思い切って上面を削るのですが、これもかなり神経を使います。
でも、サドル下面とブリッジの接触面に変わりはないので、その点は安心です。
でも、お薦めではありません。

・新しくギターを購入する場合
少々高値ですが、オベーションギターが最適でしょう。
オベーションのサドルの下には「シム」と呼ばれる薄い板が何枚か
重なっていて、それを抜き差しする事で弦高を容易に調整することができます。
基本的にオベーションギターは、弦高をかなり低くしてもバランスや「鳴り」への
影響が少ないです。

・上記のいずれも不可能な場合
とりあえず現在持っているギターで、ひたすら腕を磨くというのもひとつの
方法です。弾きにくいギターでうまく弾けたら、弾きやすいギターではもっと
上手に弾けるはずです!意外にこれが最良の方法かもしれませんね。

長くなりましたが、ご参考になればと思います。
    • good
    • 0

 弦高でしたらナットとブリッジを削ることによって低くできます。

自分でもできますが、リペアへお願いした方が無難でしょう。私はオベーションを使っていますが、運指はエレキギター並にスムーズです。弦も細すぎると音はショボくなるし、ピックにまとわりついてしまい、早いパッセージが弾きにくくなります。私はブロンズのライトゲージを張っています。調整だけで別モノのように弾きやすくなりますよ。
    • good
    • 0

一番いいのはネック調整ですね。


あと、反則ワザですが、1・2弦をエレキ弦にすると楽です。
但し、当然音は少々細くなりますが…。
あまり細すぎる弦(ライトゲージ)はダメですよ。
音がペラペラになっちゃいます。
    • good
    • 0

おや!私もCatsEye使ってますが、弾きづらくありませんよ。


ネックが順ゾリしていませんか?トラスロッドを締め付けてもだめですか?
ブリッジをはずして目の粗いサンドペーペーでこすって、ブリッジを低く調整してみてはいかがですか。低くしすぎてもビビリが出やすくなりますが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近、アコギの弦高が高くなったので島村楽器で弦高調整とナットとサドルの

最近、アコギの弦高が高くなったので島村楽器で弦高調整とナットとサドルの交換をやってもらおうと思っているのですが、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

ちなみに、アコギは島村楽器で買いました。

Aベストアンサー

ネックの順反りだけが原因で、トラスロッド調整だけで済むようなら通常0円~1000円位。保証期間中ならサービスで対応してくれるでしょう。
ナットやサドル交換が伴えばおそらく5000~1万円、フレットすり合わせが入ればさらに3000~6000円位。
原因がネックの元起きだとボディとネックをいったん外して再接着(ネックリセット)をしますので、その場合だと5万円前後でしょうか。
そのほかにもボディ側(トップのふくらみやブリッジの浮き)に原因がある場合も無いとは言えません。

なお購入したばかりの楽器に良くありますが、季節が変わって湿度が変化するとコンディション(弦高や音質)が変わることがあります。変化の幅は年季が経つごとに小さくなり落ち着いて行きます。

いずれにしても現物を見ないとわからないことなので、早めに信頼できるプロに相談するのが安心です。
保証期間中ならすべて無料で対応してくれるかもしれませんが、そのあたりは島村楽器に問い合わせるのが確実です。

Q明日ギターの弦を変えに行きたいと思ってるのですが、島村楽器はギターを持っていったら弦を変えてくれます

明日ギターの弦を変えに行きたいと思ってるのですが、島村楽器はギターを持っていったら弦を変えてくれますか?
あと、いくらぐらいですか?
ギター二つ持っていっても大丈夫ですかね?

Aベストアンサー

やってくれない楽器屋はないと思いますよ。

Qみなさんがアコギのリペアと調整をするのに、オススメするお店を教えてくだ

みなさんがアコギのリペアと調整をするのに、オススメするお店を教えてください。


ちなみに住居は佐世保です。

郵送も可能だったら遠方でも構いません。

コメントが足りないようでしたら追記します。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実物は知らないけど、なかなかの名機みたいですね!
ネックの調整は場合によっては、ナットやブリッジ、フレットの調整も必要になってくることが多いので5万円~8万円くらいは見ておいたほうがいいかも?
私は最近はアコギのメンテナンスはしていませんが、以前はこちらにお願いしていました。

参考URL:http://www.shimoguitars.com/

Qアコースティックギターの弦の張替えは、ピン抜きが無いと出来ませんか?

数日前にアコースティックギターを購入した初心者です。

さっそく1弦を切ってしまい、
弦を購入してきたのですが、
後から張替え用の道具が無いことに気付きました。

ピン抜きが無い場合、代用出来るものはありませんか?
無ければやらない方がいいのでしょうか。

楽器屋さんが遠いので、買いに行くのにはまた数日かかってしまうので、
とても困っています。

どなたか方法等ご存知の方、お願いいたします。

Aベストアンサー

補足いただいた点についてです。

起きた現象を正確にイメージできないのですが、「6弦全部を一旦緩めて、あらためてチューニングした所、音がビヨビヨと伸びた感じで、全く前の音と変わってしまいました。」というのは、切れた一本だけを新しいものに張り替えるべきところを、張り替えチューニングも済ませてみたが音がおかしく、再度6弦全部をゆるめてすべてをチューニングし直したんですよね?

まず補足いただきたいのは、果たして音色だけが伸びた感じなのか、音程もいくら合わせても一定せず伸びたような違う音程のままということかです。

元々正しくチューニングさていた中で、一本だけ交換したからと言って他の元からあった他の5本の弦までもが急に伸びるというのは考えにくいです。
確かに新しい弦はいくらか安定するまでは伸びて音が狂いやすいので、頻繁にチューニングが必要です。
そういう意味では、新しい一本が伸びることによりチューニング全体が狂うのは宿命です。
が、補足の文面の表現ですと狂うというより音色がおかしいようですね?

真っ先に思いついたのは一度全部をゆるめたそうですが、糸巻きの方にしっかりと巻き取られていますでしょうか?
言葉での説明が難しいのですが、ゆるみを防ぐために糸巻きの穴に通した弦の端を垂直に立て、それを覆い被せるように巻き取った弦を巻き重ねねばならないのですが、この固定がうまくいっていずにゆるめた拍子に重なりがなくなってしまったのでは?
これ、言っている仕組みがわかりますか?
以下を注意して眺めてみてください。
http://www.yoshizumi-guitar.com/kyoushitsu/cambiodecuerdas2.htm

次に考えられるのは、今回交換した新たな一本の弦ですが、堅さが違う、あるいはまさかとは思いつつアコースティックギター用のものではない別製品の弦を張ってしまったとか?さらにはもっとまさかとは思いますが、違う番数の弦を張ったとか?(1弦に二弦用の弦を張ったとか?)
エレキギター用とアコースティック用の弦は違いますし、同じアコースティック用でもその堅さなどによりクラスがあり、自ずと音色が異なります。
元々張ってあった弦の堅さが何かわかりますか?そして今回新たに張ったものの堅さは同クラスのものをお使いでしょうか?
詳しいことがおわかりにならなければ、一本だけ違うものを張るよりは6本全部を同じクラスのものでそろえた方がいいかと思います。もちろん、今まで張ってあったものと大きく違うクラスのものをそっくり張り替えれば音色も大きく変わりますが。

さらに、恥ずかしながら私もかつて初心者の頃に一度経験があったのを思い出しましたが、弦をピンで固定するブリッジ側の「サドル」という横棒?の部品が交換やゆるめた際に外れて床に転がってて、それを気づかずに一生懸命チューニングしていたことがありましたが・・・。

この辺、おわかりになる範囲で、確認できる範囲で調べてみてください。

補足いただいた点についてです。

起きた現象を正確にイメージできないのですが、「6弦全部を一旦緩めて、あらためてチューニングした所、音がビヨビヨと伸びた感じで、全く前の音と変わってしまいました。」というのは、切れた一本だけを新しいものに張り替えるべきところを、張り替えチューニングも済ませてみたが音がおかしく、再度6弦全部をゆるめてすべてをチューニングし直したんですよね?

まず補足いただきたいのは、果たして音色だけが伸びた感じなのか、音程もいくら合わせても一定せず伸びたよう...続きを読む

Qアコギ弦高調整について。

アコギ弦高調整したいと思っています。12Fの6弦で3.5mm1弦で3mmくらいです。
最終Fで4mm以上あります。私の知りたいことは素人の私の目にはこのギターのネックはほぼ
まっすぐに見えます。ですのでサドルを1mm削って見ようと思っています。
間違っていますか?ネックがそっているならそちらの調整が先ですよね?誰か詳しい方ご助言をお願いします。

Aベストアンサー

目をサドル側に当てて指板を水平にナット側を見れば反りは解ります。
そのままナットとサドルが重なる様に見えて行けば反り無しです。
この場合はサドルを削れば良いと思います。

そもそもサドルは弦高調整の為の消耗品なのですから。

Qアコースティックギターを二人弾いて楽しめる曲ってありませんか?レベルは基本的なことが普通にできる程度です。

20年ほど前に私はクラシックギターをしていたことがあります。
最近友人が、アコースティックギターを再びやりはじめて、
ミスチルの曲なんかを練習しているのを聞いて、ちょっと私も
練習しだしたら、楽しくなりまして、一緒に弾いたりしてるのですが、
同じように単調に弾いていてもおもしろくないので、何かピアノで
いう連弾のような感じのお勧めの楽譜とかってないでしょうか?

Aベストアンサー

デュオでやりたい曲の傾向によると思います。

歌も歌いたいならゆずなんかがいいんでしょうけども、
ピアノでいう連弾からそのまま連想するならインスト系で、
山弦、デパペペ、ゴンチチあたりの出してる曲が二人で
やっても楽しいですよ。

楽譜はいずれも市販されているかと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=_DyJTTxpBSw&mode=related&search=

Qガットのテンション調整でハードヒッター向けに調整できますか?

こんにちは。

現在、HEADのTi.S6というラケットを使用しています。
あまりテニスのことを分からないときに買ったもので、
現在は飛びすぎな気がします。

 フェイスサイズ:740平方cm(114平方inch)
 フレーム厚:29mm
 フレーム長:703cm(3/4inch Long)
 平均ウエイト:225g
 平均バランス:380mm
 ストロングパターン:16/19
 適正テンション:50~60lbs

このスペックなんですが、テンションの調整である程度ハードヒッター向けにしたいです。
テンションは60lbsでいいでしょうか?

またガットはYONEXの強チタンを使用です。
他にお勧めのものがあればよろしくお願いします。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

飛びを抑えるとかハードヒットを目的にするのであれば
timeupさんに回答通りラケット買い換えた方が賢明です。

ラケットを買い換えないで使うのであれば、ガットをハイテンション
にしてポリガットを使用するしかないです。

私は過去にプリンスグラファイトの110を70ポンドで張っていました
が、Ti.S6は面が大きいのでそれ以上のハイテンションで張らないと
駄目でしょう。
当然、推奨テンションを大幅に上回り、フレームの歪みを来す
原因になります。ショップの人もいい顔はしないでしょう。
ラケットが破損しても良いですか?と念を押されると思います。

フレームの型がハイテンションに強いボックス型ではなく楕円型で
は引っ張り強度に弱いのでは?と思います。

仮に歪みなく上手く張れても、ラケットはヘタリ易いと思われます。
確かモニカ・セレスはラージサイズで80ポンドのハイテンション
で張っているらしい記事を昔で本で見ましたが、プロは何本でも
メーカー側からラケットの提供があるから出きるのです。

元々、HEADのTi.S6はパワーはないがテニスを楽しむ人向けの
最右翼側だと思います。軽く操作性が良くラケットのパワーで
ボールを飛ばすことが可能です。

そのラケットにハイテンションで張るというのは本来の目的と
相反する使い方になるのであまりお奨めはできません。

テニススタイルをもう少しハードヒットしてみたいのであれば
25mm前後で100平方辺りのラケットに乗り換えた方が良い結果
がでるような気がします。

飛びを抑えるとかハードヒットを目的にするのであれば
timeupさんに回答通りラケット買い換えた方が賢明です。

ラケットを買い換えないで使うのであれば、ガットをハイテンション
にしてポリガットを使用するしかないです。

私は過去にプリンスグラファイトの110を70ポンドで張っていました
が、Ti.S6は面が大きいのでそれ以上のハイテンションで張らないと
駄目でしょう。
当然、推奨テンションを大幅に上回り、フレームの歪みを来す
原因になります。ショップの人もいい顔はしないでしょう。
ラケ...続きを読む

Qギターで他の弦は弾いてもいいのか

コードで進行する曲とかは3本の弦を一緒に弾いたりしますよね
その際に関係のない弦は弾いても大丈夫かどうかが知りたいです
友人は他の弦弾かずに弾くなんて無理でしょと言っていました
たしかに自分もそんな気がします
しかし動画などを見る限りでは必要な弦しか弾いてないような気がします
どうなんでしょうか

Aベストアンサー

 補足頂いたので再登場です。

>正確に弾くときには手首の振り(スナップ?)は小さくするのでしょうか
それとも通常と同じように振り特定の弦を弾くのでしょうか

 左手の押弦(右利きとして)は、音程やビブラートと言った『音の定常的な状態』を支配していますが、右手はアタックやピッキングノイズと言った『音の立ち上がりから定常までの過渡領域』を支配しています。(絶対にそうなる、とは言い切れませんが、一般論として。)

 故に右手のピッキング方法は、『他の弦と同じトーンが出る様に弾く』というのが基本です。不要な弦を弾きたくない為に、急に縮こまったショボいピッキングをするのはダメでしょう。あくまでも他の弦と同じピッキングを心がける必要があります。

Qベルトのテンションを調整して規定の値にしますの訳

下記の訳は問題ないでしょうか?

ベルトのテンションを調整して規定の値にします。
该条款的调整皮带的张力值。

Aベストアンサー

将皮带的张力调整到规定值。

Qギター 弦交換したら弦高が変わった

FERNANDESのMY-115sについてです

弦を交換したところ 交換前はペタペタだった弦高が高くなってしまいました。
高くなったのはハイポジションで
レギュラーチューニングで

1~4フレットで3mm
5フレットで4mm
6~11フレットで5mm
12~17フレットで6mm
18~24フレットで7mm
といった塩梅です

弦高を元に戻すにはどうすればよいでしょうか?

ちなみに弦を張り替えてから3日経っているので弦はのびていると思います。
 
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元の弦よりも、太い弦を張ってしまって、
ブリッジが上がってしまったんではないでしょうか?

であったとすれば・・・

そのギターは、ブリッジが、ウィルキンソンタイプと言う、
弦の張力と、裏のバネの張力で、釣り合った位置で、位置が決まります、
ストラトのシンクロブリッジや、フロイドローズなど、アームの付いたブリッジは、
ほぼ全て、同様の調整が必要です。

仮に、1サイズ太い弦を張ったとすれば、
裏のバネを、強くしてやる必要がありますよ。

 1.チューニングを全て緩める、
 2.ブリッジの高さが好みの位置になるよう、ブリッジ下になにか挟む、
  (裏のバネのカバーになってるプラ板など、高さが固定できればなんでも良い)
 3.裏のバネをガッチリ締めて、強くする、
 4.チューニングする、
 5.裏のバネを少しづつ緩めて、挟んだものがポロっと取れるまで緩める、
 6.再度チューニングを確認して、微調整する。

こんな感じで、裏のバネの設定を変える必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報