内臓脂肪が多い、少ないは、CT画像などで知ることができると思いますが、
他に知る方法は、ないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#4で紹介したサイトも参考にしてください。

蛇足ですが、
http://www.netwave.or.jp/~wbox/himannsh.htm
「肥満症」

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=58418
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/27 10:12

10年来の脂肪肝です。


エコーで肝臓が銀色に映りました。
    • good
    • 0

内臓脂肪の診断には、CTの他に.MRI(磁気共鳴診断).エコー(超音波)などが用いられます。


また、体脂肪計でも概略は分かります。
    • good
    • 0

エコーでも、脂肪のつき具合(?)を確認できます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/27 10:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病院で撮影保管のCT画像・MRI画などの貸出措置

市中の病院外来で診察上の検査画像の撮影を受けました。その画像は股間されています。
個人的に都会の大学病院の専門医の診察を受けるため、借りたいのですが貸し出しの方法がありますか。
1.提出先の大学病院は未受診です。提出先の医師の貸出依頼書が必要ですか。
2.患者が個人的に借りる方法がありますか。その時の費用は必要ですか。
3.その他、貸し出しを受けるために必要なことがあったら教えてください。
4.貸し出し側の病院の自由にまかされているのですか。

Aベストアンサー

 それぞれの病院で、貸し出し基準がありますので、保管されている病因に尋ねるのが一番です。
 患者の検査データなどは、診療を依頼された時点で患者の同意を得て医療機関が保管しているだけなので、患者から使用願いが出た場合には、患者に使用させる義務があります。ただし、医療機関側には、医師法などで、診療録などの保管義務があるため、個人の情報といえども、医療機関側にも廃棄や譲渡することはできない事情があります。
 したがって、最近では、画像をコピーしてお渡しする方式をとっているケースが多いようです。
 その場合には、コピー費用が発生することになります。費用は、病院の規定ですので聞いてください。

 画像の使用目的が専門医の受診ということなので、病院の医師に「○○病院にセカンドオピニオンをお願いしたい」と話したほうがスムーズだと思います。
 理由として
 1.現在、セカンドオピニオンは一般的です。けっして拒否するようなことも、気を悪くするようなこともありません。
 2.大学病院などは、初診で受ける場合、紹介状がないと別途料金がかかることと、初診時問診や検査などで、余分な時間と経費がかかります。

 

 それぞれの病院で、貸し出し基準がありますので、保管されている病因に尋ねるのが一番です。
 患者の検査データなどは、診療を依頼された時点で患者の同意を得て医療機関が保管しているだけなので、患者から使用願いが出た場合には、患者に使用させる義務があります。ただし、医療機関側には、医師法などで、診療録などの保管義務があるため、個人の情報といえども、医療機関側にも廃棄や譲渡することはできない事情があります。
 したがって、最近では、画像をコピーしてお渡しする方式をとっているケースが...続きを読む

Qコレステロ-ル.体脂肪は正常なのですがナゼか中性脂肪だけが859

私の知人は.二年前伝染性単核球症にかかり.その間中性脂肪の値が859まで上がり.治った現在でも844です.
かかる前は77でした.今現在体脂肪率も17とむしろ低く.コレステロ-ル値
も正常ですが.なぜか中性脂肪だけが844なのです。
めまいがしたり頭痛で困っています.
関係ないかもしれませんが.病気以前は筋肉を鍛えており.ボデイ-ビルをやっていました。

これは一体どうなのでしょうか?主治医にもわからないと言われています
このままでは不安なので.どうしたら良いのかどなたか教えてください。

Aベストアンサー

 もしかして知人というのはCFSを罹患している知人でしょうか。実は私もCFS罹患前は食後で中性脂肪153だったのが現在は食前で542もあります。考えられる理由は2つあります。
 1つは薬です。もし抗うつ剤で古い世代のものを服用している場合は、副作用として肥満となる場合があり、このため中性脂肪が上がってきます。また。抗うつ剤は食欲を増すようにしてありますので、食べ過ぎが原因の場合もあります。
 もう1つは、運動不足です。CFSですから、だるくて運動もしていないと思います。そのため脂肪が燃焼されず、中性脂肪の形で残ります。
 まず抗うつ剤を第3世代(SSRI)以上に変えてみることです。これで肥満の副作用はなくなると思います。食欲についてはある程度我慢が必要です。
 あと、調子の良い日でいいので、散歩をしましょう。歩くことで中性脂肪が使われますので、すこしずつ値が下がってくると思います。こう書いている自分も今からやろうとしていますが・・・(笑)。

Q歯科医師免許取得後の方向性 他業種との連携 他業種への就職

私は、早大卒業の後、現在国立歯学部3年の者です。
歯科医師過剰の中、免許取得後の将来の方向性について質問します。
歯学部卒業後は、通常の歯科医師としてスキルを磨くのが通常だと思います。
しかし、私は歯科医師の資格を生かしてのビジネスまたは医療法人の経営等に非常に興味があります。

歯科医師のばあい歯科医療業界限定の資格なので、シナジーがなかなかないとおもいます。その中で現在思いつきの域を出ませんがおぼろげながら考えているのは、
・インターネットを利用した情報サービス(歯科情報、器具販売、人材サービス)
・日本人駐在員を顧客としてアジアなど海外への医院進出支援OR経営
・他業種との連携(たとえば美容院と提携してのプチ審美歯科)
・医療経営コンサルタント
などです。

また、歯科医師免許取得後は、上記の希望をかなえキャリアアップを目指し、医院への就職以外に、歯科材料メーカー(ライオン サンスター 京セラなど)やコンサルタント会社などの、企業への就職を考えています。

まだまだ「絵に描いた餅」ですが、こういった類の経歴をお持ちの方や関連企業の方などいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

私は、早大卒業の後、現在国立歯学部3年の者です。
歯科医師過剰の中、免許取得後の将来の方向性について質問します。
歯学部卒業後は、通常の歯科医師としてスキルを磨くのが通常だと思います。
しかし、私は歯科医師の資格を生かしてのビジネスまたは医療法人の経営等に非常に興味があります。

歯科医師のばあい歯科医療業界限定の資格なので、シナジーがなかなかないとおもいます。その中で現在思いつきの域を出ませんがおぼろげながら考えているのは、
・インターネットを利用した情報サービス(歯科...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
こういうの考えるのって楽しいですよね。

・インターネットを利用した情報サービス
これは結構あると思いますが、全ての地域となると難しいところがありますよね。
一部地域で頑張ってもぱっとしない所がたくさんあるように思います。
・日本人駐在員を顧客としてアジアなど海外への医院進出支援OR経営
これが最近熱いらしいですね。
とくに中国がいま注目されていますよね。
大手の会社が進出を始めています。
個人で、となると難しい部分もあるかもしれませんが、やり方によっては可能性もあるのではないかと思います。
・他業種との連携
エステサロンや美容院と連携して、審美を始めようとした とある大阪の会社を知っていますが、
失敗に終わったようです。
患者さんの動向としては、審美歯科というのは以前ほど注目されていないというか 不信感も出てきているような気がします。
一般歯科で安心して審美治療できる事の方が、
これからは伸びるのではないかと読んでいます。
また、大手審美歯科でも潰れるところも出てきているようです。
矯正の大手の所は伸びつつあるように思います。
・医療経営コンサルタント
これもあるみたいですが、どうなんでしょう。
するのであれば、一定期間医師としての経験を積まれた方が 同じコンサルタントでも少し違う角度から色々なアイデアも出そうな気がします。

何のアドバイスにもなってませんね・・・。
知っているのはこれくらいです。

こんにちは。
こういうの考えるのって楽しいですよね。

・インターネットを利用した情報サービス
これは結構あると思いますが、全ての地域となると難しいところがありますよね。
一部地域で頑張ってもぱっとしない所がたくさんあるように思います。
・日本人駐在員を顧客としてアジアなど海外への医院進出支援OR経営
これが最近熱いらしいですね。
とくに中国がいま注目されていますよね。
大手の会社が進出を始めています。
個人で、となると難しい部分もあるかもしれませんが、やり方によっては可能...続きを読む

QCTとMRIの違い

画像診断としてCTとMRIをよく聞きますが、どのように違うのか判りません。こういうときはMRIを用いるとか教えていただけると、なお助かります。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 MRIの得意分野を書いて見ます(素人です)。

○頭・顔の検査
 MRIは脳や神経の小さな病気を見つけるのが得意な検査です。血管のつまる病気(脳梗塞)の小さな物や、脳内出血の原因となる血管の病気などを見つけるのにMRI検査がよく行われています。顔の検査では耳・目・口(舌・のど・耳下腺・唾液腺)の検査をよく行います。
------------------------------------------------
○胸・腹部の検査
 胸部の検査では、肺や乳房の腫瘍の検査・心臓の検査、腹部の検査では、肝臓・膵臓・腎臓・脾臓・卵巣・子宮・前立腺など全ての臓器の検査を行っています。
------------------------------------------------
○手足の検査
 脱きゅう癖のある方や、肩痛・ひざ痛の患者さんの検査や,骨の中に出きる腫瘍や骨の発育状態を調べる検査など。
------------------------------------------------
○背骨の検査
 首・胸・腰の背骨の検査が中心です。背骨の病気や背骨の中にある神経の病気を見つけるための検査はMRI検査の最も得意とする分野です。主なものでは、ヘルニアを原因とする腰の検査ですね。
------------------------------------------------
○血管の検査
 MRI検査は、X線検査と違って造影剤を使用せずに体内の血管を写す事が出きます。

 私も3回受けましたが、2回は頭痛で頭部を、1回は前立腺の検査で下腹部を撮影しました。
 とにかく、時間がかかるのと(30分ぐらいカプセルに入れられて、じっとしていなくてはならないんです),結構うるさい音がします。
 まあ3回も受けると慣れましたが……(+_+)

 こんにちは。

 MRIの得意分野を書いて見ます(素人です)。

○頭・顔の検査
 MRIは脳や神経の小さな病気を見つけるのが得意な検査です。血管のつまる病気(脳梗塞)の小さな物や、脳内出血の原因となる血管の病気などを見つけるのにMRI検査がよく行われています。顔の検査では耳・目・口(舌・のど・耳下腺・唾液腺)の検査をよく行います。
------------------------------------------------
○胸・腹部の検査
 胸部の検査では、肺や乳房の腫瘍の検査・心臓の検査、腹部の検査では、肝臓・膵臓...続きを読む

QCTとニューラルネットの繋がりについて

医療用のCTについて勉強しているのですが、いまいちHopfiledニューラルットとCTが、どのように繋がっている(または使われている)のかがよくわかりません。多分、画像の処理に関係しているとは思いますが…。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

CTの画像処理に、必ずしもニューラルネットワークが必要と言うわけではありません。
ニューラルネットワークを使用すると都合の良い箇所には使われる事はあるかも知れませんが、Hopfieldニューラルネットワークでないと出来ないって事はありえません。

単に機器の電源の制御に便利な場合もあるし。
質問にあるように画像処理に利用すると処理速度が高速な場合もあるし。
ユーザーインターフェースなんかに使う場合もあるし。


使用例とかでしたら、「Hopfield neural "CT scan"」でググると、海外の文献や情報はhitするかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報