私の友人B子には少し前から、無言電話・嫌がらせメールなどがきていました。それをこともあろうに「絶対A子のしわざだ!」と言いだし、とても困っています。
私には「絶対にA子には黙っておいて」とB子は言いますが、社内の人みんなにA子がこんな事してきます!と言いふらし、A子と仲の良い私は耐えられません。
名誉毀損でB子を訴えられますか?またその場合、警察でB子に対する嫌がらせメールが誰からなのか?など詳しく調べてA子の身の潔白を証明してくれるのでしょうか????

このQ&Aに関連する最新のQ&A

嫌がらせ」に関するQ&A: 嫌がらせ

A 回答 (1件)

 名誉毀損で訴えるのであれば、それなりの物証なり損害を受けた客観的な判断が必要です。

社内に言いふらしたことによって、Aさんが退職するに至った場合などです。警察が電話の相手を調べることが出来るのは、事件の捜査以外は出来ません。

 文面から判断すると、naori0804さんはAさんとBさんの両者の友人と思われます。であれば、両者の仲介役になることは無理でしょうか?(事実として、Aさんが嫌がらせをしていたなら別ですが) Bさんの思い違いの可能性もありますし、3人が同じ会社勤務のようですので、今後のことも考慮して対応すべきかと思います。時間がかかりますが、AさんがBさんの家に行って、無言電話がかかってくるのを待つ方法もありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!「AさんがBさんの家に行って・・・」とゆうのは名案ですね!お察しの通り、三人同じ職場です。ですがAさんは派遣で「契約期間満了」で、辞めたんです。Bさんによると、いたずらがひどくなったのはそれからとか・・・

私が仲裁しているのです。しかし人間的に未熟な為なかなかうまくいきません。
具体的にはAさんには「Bさんは被害妄想がひどいし、今ものすごく難しい仕事をかかえていらいらしている。ここは年上の包容力で許してあげては?」といい、Bさんには「Aさんはそんなことしないはず。嫌がらせが収まったのなら、本人にも他人にも口外しないで、そっとしておいたら?」と言ってみました。Bさんは一度は納得したのに、またAさんの携帯に電話をし、留守電に意味深な事をいれたそうです。(Aいわく)

長くなり、すいません・・・先日Aと私がランチしていた時に運良く?!Bに無言電話があったんです。それでBが私に「Aが携帯電話いじってなかった?」ってゆうから「全然!」って言いました。実際そうだったし。でもまだ疑ってて、私も胃が痛くなるし、かなり悩んでいます。hanboさんの回答参考にさせていただきます!ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/27 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q袴田事件の真犯人について

袴田事件が警察を揺るがしていますが

私は袴田事件の真犯人については

大きく分けて6つの可能性があると思います

どのケースが可能性が高いでしょうか?



(1)やはり袴田巖さんが実は真犯人、証拠隠滅の為に殺害後に放火した

(2)被害者の長女が不可解な自殺をしたので長女が発覚を恐れて自殺した可能性

→つまり真犯人は長女でもうこの世には存在しない

(3)単なる集団自殺

→何故に長女は助かった?
(4)事件自体が警察のでっち上げ

→何の為に(動機が不明)?

(5)真犯人は海外に逃亡

→可能性は高いが短時間で逃げれたなら計画的な犯行?

(6)警察内部に真犯人が(つまりは身内の擁護、匿い)?

Aベストアンサー

今回の冤罪事件というのは、ようするに証拠もないのに勝手な憶測を元に決めつけ、その線で押し切ったことから起きたわけです。

同じことを繰り返して楽しいですか?
楽しいんでしょうね。人権侵害、他人の名誉を根拠もなく傷つける、
さぞ楽しいんでしょうね。

Q 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)につ

 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)について、仮にAが死亡した場合、そのまま放っておくことは問題ないでしょうか(つまり、Bのみが権利者となります。)。または、何か届出を行ったり、税金の問題が発生するのでしょうか。
 また、A(Bの親、Aの配偶者はすでに死亡)死亡後、Cを土地Xの共同権利者として追加することについて、「相続」に関する問題は発生するのでしょうか。
 ちなみに、Bには妹(配偶者及び子2人がいる)が1人います。
 現在、関係書籍を読んでいるところで、平行して質問させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人が同様に相続していきます。

CはAを相続することはできません。Aが遺言で持分をCに遺贈すると書いていた場合のみCへの登記が可能です。
Bの持分をCに贈与することは相続とは無関係に可能です。

税金については、
・相続税についてはXを含むの遺産全部の評価額がわからないとわからない
相続税は、Xを登記するかしないかや、Xを誰が相続するかには影響されない。
・Xについての登記関係の税金については、登記時点で登記免許税等が発生する。
 不動産取得税は相続人(B,妹)にはかからないが、Cが受贈した場合にはかかる場合と
 かからない場合がある。
です。


 

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人...続きを読む

Q袴田事件の袴田さん

袴田事件の袴田さんは、仮に釈放されても、
もうグラウンドを走り回る力はありませんか?

袴田さんは獄中で、
「どこまでも、どこまでも走りたい」と語っていました。
可能であれば、その願いを心いくまでしてほしい、

Aベストアンサー

裁判官は証拠は捏造されたと言いました。でしたら捏造証拠を作った検察官は罪にならないの。
日本は偽装社会だから昭和40年代では仕方ありません。

QA(私)の土地にA1/2とB1/2(義姉)の家がある。築30年以上経っ

A(私)の土地にA1/2とB1/2(義姉)の家がある。築30年以上経っている。今、空き家だが、Aの駐車場にしたい。家の固定資産評価額は250万なので、1/2位の150万円で名義を変えたいと思っている。だが、どうも不服のようだ。家を建てる時に、Bは600万円を支払ったので、それを欲しいと言っている。Aは減価償却があるので、そんな無茶なことを言っても世の中は通らないよと話してあるのだが。いくらが相場か。また、Bがゆずらない場合は、借地料が取れるのか。その他、良い解決策は無いであろうか。

Aベストアンサー

補足をいただきましたので。
昨年の母親の相続では公正証書遺言で、母の持分すべて質問者の名義にしてしまったことに不満を持っていると言う事が想像できます。

・相続部分の話では、亡兄は親より先に死亡しているので、兄の子たちに相続権、遺留分があったのでしょう。
不動産の価値がいくらかわかりませんけど、相続登記の内容にはその子たちも合意したということですね。
そのときにいくらかの金銭で清算しているのなら話は別ですが、このような話になるからにはそこは解決できずに登記をしたと言う事かと思われます。
公正証書遺言を作成したと言うところに、すでに出て行った義理姉側には遺産の分け目は渡したくないという意思が働いています。

前の回答では家を取り壊して賃貸用の駐車場にするような感じで書きましたが、個人用の使用になるのなら土地からの果実は無いわけです。
なにより義理姉とはいえ複雑な名義から解放されたいと考えるのが普通です。
その理由としての駐車場にするために建物取り壊しというのもありかなと考えます。

・持分部分だけの話をすれば、築35年にもなれば木造住宅なら耐用年数は超えていますので、取り壊し費用と相殺すると価値はありません。
ところが固定資産税台帳では0にはなりません。
今それなりの価格で買い取るとしても、そこには将来の取り壊し費用の半分も考慮に入れた金額になることは主張してよいでしょう。

補足をいただきましたので。
昨年の母親の相続では公正証書遺言で、母の持分すべて質問者の名義にしてしまったことに不満を持っていると言う事が想像できます。

・相続部分の話では、亡兄は親より先に死亡しているので、兄の子たちに相続権、遺留分があったのでしょう。
不動産の価値がいくらかわかりませんけど、相続登記の内容にはその子たちも合意したということですね。
そのときにいくらかの金銭で清算しているのなら話は別ですが、このような話になるからにはそこは解決できずに登記をしたと言う事か...続きを読む

Q袴田事件?またまた再審請求?何なのこれ?

昭和41年の袴田事件(静岡県で一家4人が刺し殺されて焼き殺された事件)、昭和55年に最高裁で死刑が確定し、翌年に再審請求され、平成6年に請求棄却され、即時抗告され、平成20年に最高裁が棄却し、それでもって第2次再審請求を申し立て…云々?
これって何なのですか?
死刑が確定しても延々と再審請求すれば、例えば第100次再審請求も有りなんですか?
日本は三審制ではなかったのですか?
これでは百審制どころか、犯人や弁護士の思惑次第で延々と刑の確定を引き延ばすことができてしまうのですか?
日本の法律、どうなっているんですか?

Aベストアンサー

死刑判決に対する再審請求は法務省は死刑執行を避ける傾向があります。
再審請求が却下されてもすぐに再審請求されるような案件については、死刑執行されずに事実上の終身刑のような扱いになっているのが現状です。

しかし再審請求中に死刑執行しても法律上は問題はなく、過去には再審請求中に死刑執行された例もいくつかあり、死刑反対派の方々から痛烈に批判されています。

参考URLは死刑囚の執行までの流れです。

参考URL:http://www.jca.apc.org/stop-shikei/epamph/dpinjapan.html

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Q袴田事件で唯一生き残った遺族の長女が亡くなりました

袴田事件で唯一生き残った遺族の長女が亡くなりましたが、警察関係者に殺された可能性はありますか?

再審が決まり、警察としては生きてもらっていては困るから…というのは考えすぎでしょうか?

それとも、冤罪がほぼ確定してご本人が絶望して自ら死を選んだということも考えられますか?

Aベストアンサー

死因が発表されていないのは不審ですね。
「事件性は無い」との事で、この発表を信じるなら、自殺でしょう。
ただ、自殺とも病死とも発表されていないのはこれまた不思議。

>それとも、冤罪がほぼ確定してご本人が絶望して自ら死を選んだということも考えられますか?

ネットでは真犯人説がまことしやかに言われています。
ネット情報では動機もあったようです。
袴田さんの無実がはっきりしたら、自分が追及されるようになる事を危惧しての自殺、と言う可能性もあるのではないでしょうか?

警察関係者による暗殺は考えすぎでしょう。

QAがBに業務処理を委任し、BとC間で締結した契約の、Bの委任終了に伴う権利義務について

 AがBに対し、物品の売却業務を委任し、それに伴ってBがCと、それぞれ、契約の当事者として物品売買契約を締結しました。
 その後、物品の引き渡しや代金の支払いなどの契約内容が履行される前に、AがBに対する委任を解除しました。(そのことについてBは同意しています)
 そして、その後当初AがBに委任した内容と同じ内容をEに委任しました。
 このような状況で、BとCの物品売買契約内容を、EとCの物品売買契約として認めることはできますか?(Eは引き継ごうと思っています)
 できるとすれば、どのような手続きを取ればいいんでしょうか?
EがCに対して、Aから委任を受けましたということを通知して、Cが承諾すれば成立するんでしょうか?
 BとCの契約を解除し、EとCが新たな契約を結べばいいとも思いますが、どうなんでしょうか?(民法でいう更改?)
 Aは本社、B、EはAの営業所で、会社内部の取り決めでBに委任されていた内容をEに委任することになったという状況です。
 Cは個人のお客様です。
 このようなことを、法的にはどういうんでしょうか?

Aベストアンサー

>BとEは、A会社の営業所ですので、同じ会社、法人ということになると思っています。

 そうしますと契約当事者は、A会社とCであって、BとCではありません。B(正確には、A会社営業所Bにおいて権限を有している者)は、A会社の内部的な業務権限の配分により、A会社の代表者に代わって、A会社の名において、ある物品販売の契約を締結する権限が与えられているのであって、B(の権限のある者)が契約当事者になるわけではありません。
 従って、内部的にE(の権限のある者)が引き継ごうか、契約当事者はA会社であることに違いはなく、法的に独自の意味を有するわけではありません。当然、Cの承諾も不要です。(Eの担当者が引き継ぐことを知らせるのは、客商売としては当然でしょうが。)

Q袴田事件で捏造をした検察側

袴田事件で捏造をした検察側は、言わば袴田さんの47年もの人生を
不当に奪ったのですよね。
このことに関して、検察は何の罪にも問われないようです。

賠償金を支払って済む問題ではないと思います。

こんな不条理がありますか!

捏造をした検察も袴田さんと同じ年数とまではいかなくても

10年くらい刑務所に入るべきだと思いませんか?

色々な意見をお願いします。

Aベストアンサー

そのとおりです。確信的な殺人教唆でしょうね。もう時効だとのことらしいですが、被害者が苦しんでいる間は時効停止にするべきです。生き残っていれば再審では証人台に立つ筈ですが、実質真犯人の仲間とされても間違いではないでしょう。

QA子とB男の間柄は、法律的に「親族」ですか?

  B男ーーー内縁関係ーーーB男の妻    元夫(離婚)
                    |       |
                    |       |
                    ーーーーー×ー
                        |
                        |
             A子        長男
              |         |
              |         |
              ーー内縁関係ーー
               (すでに別居中)  
                   |
                   |
                  長女C (父である長男が認知、A子が親権者)
 
   ※内縁関係は、一度も婚姻関係にはありません。

上記、相関図において、A子から見て、B男は法律的に「親族」になりますか?

A子は、長女C(4歳)と2人で暮らしています。

B男が、A子の娘である長女Cを、「わしの孫じゃ」と言い張って聞きません。

B男は、知らない間に何度か連れ去り(未成年者略取)を行っており、A子が、引き取りに行くと「お前には絶対に渡さない」「この子を置いて帰れ」と毎回トラブルになります。

また、A子は、このB男から「渡さないなら○○するぞ」「逃げても絶対に捜すぞ」と脅迫されています。

警察は、民事不介入なのか、シェルター行け、110番しろとしか言いません

A子はB男を告訴したいのですが、親族間のトラブルは受理しないと聞きます。

  B男ーーー内縁関係ーーーB男の妻    元夫(離婚)
                    |       |
                    |       |
                    ーーーーー×ー
                        |
                        |
             A子        長男
              |         |
              |       ...続きを読む

Aベストアンサー

質問は二つに分かれてます。

>A子から見て、B男は法律的に「親族」になりますか?
親族とは、六親等の血族と配偶者が代表的です。
A子とB男は血族でないので親族ではありません。
A子とB男が養子縁組をすれば、法定血族となり親族となりますが、常識では考えられません。

>わしの孫じゃ
B男が、A子の娘である長女Cをわたしの孫じゃは見当違いですが、民事不介入で警察は動きません。
しかし、他人による誘拐ですので、都会議員もしくは県会議員からの圧力で交番で相談にのってもらうよう手配するか、弁護士と相談するしかないでしょう。
警察は県単位ですので、議員の方が早いことも考えられます。
とりあえず市区町村議員なら気楽にあえますので、そちららから解決の道を模索してみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報