プロが教えるわが家の防犯対策術!

were to叙想法と叙想法未来の違いを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 叙想法過去が現在の事実に反する仮想,叙想法過去完了は過去の事実に反する仮想を表します。

叙想法「過去」「過去完了」というのはその動詞の形から名付けられています。
 ところが叙想法未来というのは,動詞の形が未来だからではなく,未来のことを表すから叙想法未来なのです。
 未来のことは確定していませんので,
例えば,「明日雨だったら,ピクニックには行きません」というのは直説法で,
If it rains tomorrow, we will not go on a picnic. と言います。
 そして,天気予報では雨の確率がかなり低い場合に,
「万一,明日雨だったら,ピクニックに行きません」というのを
 If it SHOULD rain tomorrow, we will not go on a picnic. と should を用いて表したものが叙想法未来です。このように帰結節には will などの助動詞の現在形を用いることが多いですが,叙想法過去と同じように,would などを用いることもあります。
 一方,were to を用いる場合ですが(これも叙想法未来と説明している文法書が多いと思います),もともとは,be + to 不定詞が叙想法過去になったもので,帰結節は would, should, might, could など助動詞の過去形を用います。その意味するところは,「仮に~するとしたら」という意味で,「仮に太陽が西から昇ることになったとしたら」という可能性のまずないことから,「仮に明日雨だとしたら」というある程度可能性のあることまで,用いることができます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「仮定法」は日本独自の解釈?

「仮定法」は日本独自の解釈?

こんにちは。英語に興味がある人でも 文法が嫌いという人って多いですよね。でも、私は文法が好きでした。文法こそが英語学習の中心だと思っていました。それでも、仮定法あたりから 文法がつまらなくなってきました。仮定法の説明が論理性に欠けるというか、釈然としない部分が残ったからです。
つまり、仮定法というのは 動詞の叙法の一つなのか、非現実仮定の構文を指すのか、条件節で動詞の時制が過去形になることを指すのか、それとも、wouldやcouldなどの用法を指すのか、動詞が3単元でもsが付かないことを指すのか、先生に聞いても参考書を読んでも漠然としていたからでした。まるで、ドーナツとか何ぞやという禅問答に思えました。
そこで質問です。恐らく、回答がつかないかもしれませんが、この英語の「仮定法」の解釈というのは日本独自のものなのでしょうか?

Aベストアンサー

仮定法は英語では subjunctive と conditional の2種類に分けて説明されますが、日本の文法書では subjunctive で統一されているものが多いようです。英文法の大事なテーマの一つなのですが、成り立ちがあれこれ多面的ですし、確かにやや高度な部分もあり、初学者には鬼門かもしれません。しかしこれは逃げては通れません。

分かりにくいのであれば文法の教科書を変えてみる(書店であれこれ見比べてみる)のもよいかもしれません。たとえば外人が書いた Oxford, Learner's pocket grammar という小冊子の外人らしい説明は呑み込み易い可能性があります。

例文の多い辞書で would や if や wish の項を調べてみるのも助けになります。

あるいはいっとき文法を離れて多読の中で文例をこなすような(英文解釈的)勉強法に重点を移すのも良いかもしれませんが、ちょっとリスクはあります。


人気Q&Aランキング