テレビで見たのですが、ボーンレス、フィシュという養殖魚がもてはやされている?という情報がありました。
画面で見た限りでは、全く骨がないのです。
ぶきみというか、なんというか・・・
確かに調理する側、食べる側にすれば、いいのかもしれませんが・・・
それにしても、どうやって作るのでしょうか?
企業秘密なのでしょうか?何か情報がありましたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それについては、テレビ東京のニュースアイで放送されていました。


あの特集をきちんと最後までご覧になっていればお分かりになれたんだろうと思いますが…
あれは、まず魚を一度さばいて、丁寧に骨を除きます。
(ベトナムで加工されいるそうです)
その後、デンプン質のノリで、切った部分を張り合わせ元の形にしたものです。
元からボーンレスというわけではありません。

その会社のホームページは↓ここですが、
http://www.benrisyokuzai.com/top.htm

加工方法については何も紹介されていませんね…
どうせだったら、himawarimusumeさんのような誤解を解くためにも、加工過程をサイト内で紹介してくれればいいんですけどね…(^^;)

参考URL:http://www.benrisyokuzai.com/top.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
それにしても、恥ずかしい!
知らないということは、こんな誤解をうむのですね。
少し、安心しました、丁寧に骨を取り除くのですね。
怪魚かと思いましたので・・・・
又よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/09/28 08:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QZCTは地絡しない限り、2次側を開放しても良い?

ZCTを通過している線(3相3線)は、相のどれかが地絡して平衡しなくならない限り、2次側を開放しても焼損することは無いのでしょうか?

ZCTを通過している線に通電すると同時に、ZCTの2次側を運用しないといけないとすれば、一度に全てを構築(工事)しなければなりませんね。後から2次側を工事するというやり方はできないものでしょうか?

地絡することはほとんど無いので、次の工事までしばらく2次側を開放しておくというのは、いけないことでしょうか?

Aベストアンサー

大手重電メーカに勤務しているものです。
このようなケースたまにありますね。
我々の場合は,お客様の操業中の改造作業規定等に反しなければ可能です。

質問者様の質問を6.6KVのZCTと勝手に解釈して述べます。

次回停電を伴わずZCT2次側を施工する方法として
ZCT2次側を後日ゆっくり施工できるように端子台やテスト端子等まで
配線を済ませておきます。(次回,高圧に近接せずに作業できる所まで。)
ZCT2次はもちろん短絡状態にします。
(停電作業時に端子台などで短絡しておきます。
(1KΩと言われている方いますがなぜ?)短絡でOKです。
将来接続しようとする機器も数Ω以下だと思います。)
場合によっては抵抗を入れるとその両端に電圧が発生することがあります。

後日,送電状態においてZCTを使用可能に変更工事の場合は
2次側の配線をジャンパしたまま(ZCTを開放させないように確実な措置で)
2次側工事を進めます。

ZCTの1次側電圧が高圧以上なら2次線の接地を忘れずに。

※ZCTもCTも多くは鉄心にコイルという単純な構造なので1次側に電流が流れると
2次側には磁束を打ち消す方向の起電力が発生します。
なので1次側の負荷電流ベクトル和がゼロであれば2次側開放でもOKですが
貫通された高圧ケーブル以降,各相の対地間の静電容量バランス等すべて同じではないので
完全にゼロとは言えません。通常ジャンパ線は入れます。

大手重電メーカに勤務しているものです。
このようなケースたまにありますね。
我々の場合は,お客様の操業中の改造作業規定等に反しなければ可能です。

質問者様の質問を6.6KVのZCTと勝手に解釈して述べます。

次回停電を伴わずZCT2次側を施工する方法として
ZCT2次側を後日ゆっくり施工できるように端子台やテスト端子等まで
配線を済ませておきます。(次回,高圧に近接せずに作業できる所まで。)
ZCT2次はもちろん短絡状態にします。
(停電作業時に端子台などで短絡しておきます。
(1KΩと言われている方...続きを読む

Qトランスの2次側負荷をもとに1次側の電流計算

トランスの2次側負荷に応じて、1次側相電流は変わるのこと知っていますが、そうの計算方法が良く分かりません。以下の例でどなたか教えて頂けないでしょうか。

1)逆Vトランス15KVA
  一次側3相3線200V 2次側単相3線100/200v
  において、2次側負荷が、単相200V50A(10KVA)
  のとき

2)スコットトランス15KVA
  一次側3相3線200V 2次側単相2線100V×2系統
  において、2次側負荷が、それぞれ単相100V50Aで
  バランスが取れている場合

すみません。どなたか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

損失を無視すれば

1次側電力=2次側電力です

1次側200V 2次側100V ならば 1次側の電流は 2次側の半分です

スコットトランスであろうが、三相・単相であろうが同じです

Qサーキットプロテクタを1次側3相/2次側2相の接続について

3相のサーキットプロテクタで1次側に3相すべて接続して、2次側は2相のみ接続した場合、過電流時ちゃんとトリップするかを教えてください?

Aベストアンサー

メーカーと機種がわからなければ正確なことは言えませんが、一般論として、3相用サーキットプロテクタは3極3素子ですから、2相のみ接続でも正常に動作するはずです。

Q変電所に近い側と遠い側で電力等に差がありますか?

下記のように施設が電線で接続されている場合、計測点Aと計測点Bとでは、電流、電圧、電力に違いがありますか?

発電所-変電所-計測点A-需要家1-需要家2・・・-計測点B-終端

Aベストアンサー

先ず電圧、電流、電力の違いと単位って御存知ですか?

発電所によって発電される電力も電圧も違います。
当然送電線を伝って変電所に到着する頃には発電所で発電した電圧を大きく下回る事は珍しくありません。
送電距離が遠ければ何箇所もの変電所を経由し、一旦下がった電圧を変電所で再度昇圧させる事もあります。
もしくはその下がった電圧のまま配電線に出力させる変電所で変圧をします。
あなたが質問で例を出している変電所の出力側が配電線ならば、その時の公称電圧は6600Vですが、実際には6750V程度あります。
計測点Aはその場所によって6750V~6150Vまで考えられます。

需要家は1も2も高圧需要家なのでしょうか?
高圧ならば変電所からどれだけ離れているかで電圧は大きく異なります。
一般的に日本の電力会社の配電線の場合、高圧線での電圧は6600V~6300Vになります。
もし変電所からの距離が遠くて6150Vを下回りそうな場合は、H柱上にあるブースターという巨大な昇圧器を経由して再度電圧が上げられます。
計測点Aと同様です。

日本の電力会社の使っている柱上変圧器の巻線比は60対1ですが、入力側の高圧の電圧が低ければタップと呼ばれる端子の設定を変える事で、巻線比を微妙に操作して出力の低圧の電圧を調節する事ができます。
その逆のパターンもあります。
しかし日本の電力会社の低圧配電線の場合、公称電圧は100Vですが、実際に法律で定められている受電電圧101プラスマイナス6Vの範囲内で送電するために、配電線では110Vを越える事もあります。
計測点Bがどこなのかでまた電圧も差が出ますし、終端がどこなのかでも違いますが、上記から読み取って下さい。

電流とは名の通り電気の流れる量であり、電圧と電流を掛け合わせたものが電力量です。
電力とは発電側での送電できる最大の数値を指し、電流は需要家などが電力を消費するから発生するのです。
電圧を非常に高く設定して発電から送電する事で、電流値を小さくしても同じだけの電力を送電できるのです。
その関係が解らないとちょっとこれらを理解するのは無理かもしれません。
発電から送電、変電、配電、需要家と段階的に意図的に電圧を変えて送電するのに加え、送電距離の関係で送電ロス等から電圧が下がってしまう事を電圧降下と言います。

よって計測点がどの時点でのどの部分かで違いはありますが、以上を持って読み替えして下さい。

先ず電圧、電流、電力の違いと単位って御存知ですか?

発電所によって発電される電力も電圧も違います。
当然送電線を伝って変電所に到着する頃には発電所で発電した電圧を大きく下回る事は珍しくありません。
送電距離が遠ければ何箇所もの変電所を経由し、一旦下がった電圧を変電所で再度昇圧させる事もあります。
もしくはその下がった電圧のまま配電線に出力させる変電所で変圧をします。
あなたが質問で例を出している変電所の出力側が配電線ならば、その時の公称電圧は6600Vですが、実際には6750V程度あ...続きを読む

Qクランプメーターは、インバータの1次側or2次側のどっちでみたらいいのでしょうか?

モーターのW値をみるとき、クランプメーターは、インバータの1次側or2次側のどっちでみたらいいのでしょうか?

 今までは、2次側(出力側川)でみてましたが、それだと真値ではないと指摘されたのですが・・・

 2次側だと電圧・電流ともに変化しているからとのことでした。

当方、電気の知識はほとんど持ち合わせておりません。
できるだけやさしくご教示いただきたくよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ほかの方もおっしゃっていますが、本当の「クランプメーター」では電力は測れませんので、おっしゃっているのが「クランプパワーメーター」であるという前提で、お話をさせていただきます。

最近のクランプパワーメーターは、どちらでも測れるようになっているものが多いのですが、インバータの二次側の電流・電圧波形が正確な正弦波になっていないため、一昔前のメーターや簡易的なメーターでは、二次側では正確に測れない場合がありました。したがって、一次側のほうが正確に測りやすいということができます。
とはいえ、一次側でなら、古いタイプの計測器でも正確に測れるとも限りません。インバーターは物にもよりますが、ノイズの発生源となることが多いので、計測器に相当な狂いを生じることがあります。不用意に古い計器であたるくらいなら、No.3さんの言うように、インバーターの指示値を見たほうが正確な場合があります。

インバーターは油断しているとかなり泣きを見ます。くれぐれもご油断なさらぬよう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報