私は来年就職活動を控えています。
今までずっと学生だったわけじゃないですか。
やってみたいと思う仕事はあるんですけど、やっぱり社会にでることにはとっても不安があります。
学生生活と職業生活の違いってなんなんでしょうか…
とっても不安です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私が最初に大きく感じたことは、「時間」です。


学生時代は、気分が悪くて講義を欠席する、バイトでお休みするなどなど「1コマ目はなし~!」なんてコトをしていたのですが(←殴)、社会人になったらそんな半端なことは間違ってもできません。(^_^;)
毎朝決まった時刻に出社し、きっちり働いて帰ってくる…これの繰り返しです。
「ちょっと遅刻しちゃった」なんてことは、絶対にできません。

それから、会社勤めをしている人なら「当たり前」だと思われると思うのですが、学生時代と比較して敢えて書きますと…「私語がない」ということです。
無論、まったくないわけではありません。
給湯室や、談話コーナー、喫煙室等で喋っている人もいます。
ですが、基本的に仕事中には「楽しくおしゃべり」っていうことはないです。
私の場合、このオフィスの雰囲気に初めて触れた時に、本当の意味で、意識が変った気がします。(^^ゞ

後は、人間関係です。
初めて「上司」っていう人が現れるんですよね。
これは慣れるまではやっぱり違和感を感じました~。
自分の親と同じくらいの年の人と、毎日一緒に仕事をするわけです。
学生時代までは、基本的に自分と似たような世代の人としか接しませんが、会社に入った途端、親の世代の人とも「仕事」を通して付き合うことになるんです。
言葉遣い、立ち居振舞い、そういったところがとても気になりましたね。

そして、一番大きな違いは、「お金をもらって働いている=プロ」ということです。
給料を貰った瞬間から、自分の技量とは関係なくその道の「プロ」になります。
プロ意識とプライドを持ってくださいね!

色々書きましたが、でも、そんなに不安にならないでください。(^.^)
私も就職前はかなり不安でした。
(特に、時間の感覚が。かなりぐーたらだったので…。)
ですが、今では学生時代の自分が信じられないな~なんて溜息をついてしまうくらい「社会人」になっています。(^_^;)
一度にすべてを変えるのは大変ですし、無理です。
少しずつ慣れていくものですよ。
注意されれば素直に聞いて、マズイと思えば自分で直して…そうして、みんな社会に入っていくんだと思います!
頑張って!!
    • good
    • 0

私が新入社員のときの研修で、今でも印象に残っている話は、「社会人と学生の一番の違いは、人間関係を選べないこと」というものです。

つまり学生時代は、嫌な奴とはつきあわなければそれですみます。が、社会人になると、学生時代になら、絶対に口も聞かなかったような人間と、最も頻繁につきあわなければならないことも多々あります。

でも、あんまり心配することはないですよ。私は以前大学生の就職ビジネスをしていましたが、そのとき言ってたことは、「人間、全員社会人になるんです。学生時代にレベルの高かった人はレベルの高い社会人になるし、レベルの低い学生だった人も、レベルの低い社会人になっているんです」というようなことです。

それから、これまでも、合わなかった学校のクラスや、嫌いだった先生や先輩っていたでしょ? 合わなかった学校のクラスは、そのまま職場の配属部署だし、嫌いだった先生や先輩はそのまま上司なんです。それに同僚や同期だったら、好きな人を選べるんだし。

こう考えていくと、そんなに学生時代と大きく変わるものではないんですよ。まあ、当然、まっとうしなければならない義務はありますけど、それはすぐに慣れることだと思います。学生最大の特徴のドタキャンは絶対にしてはいけなくなりますけどね。
    • good
    • 0

違い・・・。


私は的には、人間関係かなぁ~
社会に出たら、人間として問われる事が多くなったり、
常識、礼儀、勉強とはまた違った部分でいっぱい悩む事もある事かな~
学生は勉強が出来れば、いい部分があったけど、社会に出たら勉強ができるだけ(知識があるだけ)ではダメな時があったり・・・。

あとは保守的になっていく事とか。

人それぞれ違いはあると思うから、経験しないと分からないよ。
    • good
    • 0

学生は授業料を払って学校に所属します。

社会人は給料を貰って会社に所属します。給料分は働け、ということです。遊園地は入場料を払って中にいます。楽しいから対価を払います。会社は楽しくないから対価を貰います。そういうことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設業に興味を持つ学生で、就職活動をする学生です。

大学3年生で就職活動真っ最中です。
就職先を建設業と決めその方向で仕事を探しています。また、建設業の現場を知りたいと思っています。

そこで、ゼネコンや専門職(各会社)のことを取り上げている本または雑誌や、これから建設業がどのような方向に行くかを語る本やサイトを探しています。

そのほかにも、社会にでる前にてやっておけばよかったこと、読んでおけばよかった本、ためになる講座などの情報も募集しています。

Aベストアンサー

読んでおくとよい本

 経済情勢に関するもの。 
例えば船井幸雄氏の本を読むと、日本の建設従事人口がアメリカの10倍近いとか、今後の景気動向の予測とかがわかるでしょう。 funaiyukio.com

 日本の国家財政の現状と公共事業の学習。
例えば大前健一氏の近作 日本の真実 など。これは読まないと損でしょう。

 企業再生の記事
google などで建設業者がいかに経営を立て直したかの事例がみつかるでしょう。介護ビジネスや農業への転向で破綻をまぬがれた例は新聞などでもよくみかけます。

これらは、就職先を建設業と決めてかかられることの前提を見つめることにも役立つでしょう。

 エコ住宅、環境問題関連のサイト
供給過剰な建設業界の中で、今後の成長が期待される分野を探すのも重要でしょう。


本や雑誌よりもはるかに役立つ知識

それは、実際に建築の現場に出向いて第一線で活躍されている人々の生の声を聞くことでしょう。紙の上で読む内容は、あくまでそれを書いた人の視点でしかありません。現場に立たされている人たちが何を誇りに思い、何に困っているかは本人に聞くのが最も正確で手っ取り早い方法です。

読んでおくとよい本

 経済情勢に関するもの。 
例えば船井幸雄氏の本を読むと、日本の建設従事人口がアメリカの10倍近いとか、今後の景気動向の予測とかがわかるでしょう。 funaiyukio.com

 日本の国家財政の現状と公共事業の学習。
例えば大前健一氏の近作 日本の真実 など。これは読まないと損でしょう。

 企業再生の記事
google などで建設業者がいかに経営を立て直したかの事例がみつかるでしょう。介護ビジネスや農業への転向で破綻をまぬがれた例は新聞などでもよくみかけます。

これ...続きを読む

Q現在、人手不足な職業は?またあまり過ぎてる職業は?

現在、人手不足な職業は?またあまり過ぎてる職業はなんでしょうか?
求められてる職業が知りたいですね。。。
歯医者は多すぎてもうからないみたいですね。。。
やはり医者や弁護士は人手不足ですかね?

Aベストアンサー

看護婦さんと小児科医が不足していると聞いた覚えがあります。
余っているのは政治家(屋?)かな。会議中寝てるし。

Q今までのキャリアを振り返って・・・

こんばんは、43歳の独身女性です。
現在、多角経営の会社のサービス事業部の総合職ですが以前専属で勤務していた居酒屋の店舗にお手伝いに行くことがあります。

久々に店舗の接客をしているとふと思うのですが妙にオフィスワークがドライに感じます。

数年前に本社転勤したときに”ジョッキ”から”マウス”に手を持ち替えたときに一抹の寂しさを感じたのはなぜでしょうか?

やはりお客様とのふれあいが好きだからでしょうか?

Aベストアンサー

やはりお客様とのふれあいが好きだからでしょうか?
 →そうだと思います。私も会社員ですが、機械相手より人相手の仕事が性に合っています。あなたもそうなのではないですか?

オフィスは建前の世界ですが、居酒屋は本音の世界に近く肩がこらないのではないでしょうか。

Q今までの人事労務管理とこれからの人事労務管理について

過去から、今日への変遷、そして、将来はどうしたらいいのかといった

人事労務管理について教えてください。私はこれについて
 
知識が全くないので詳しく教えていただけるとうれしいです。

また、何かいいページがあれば、URLおしえていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

事例集ですが参考になるでしょうか・・・
http://jinji.jil.go.jp/jinji/index.jsp

参考URL:http://www.sos-soumu.com/program/login.php3

Q今までにない商品を一個人が世におくり出すには?!

平凡な主婦をしております。先日、ふとしたきっかけで「こんなのが売ってあったら私なら買う!」というものを思いつき、ネットで調べてみましたが私が思いついたものに類似する商品は存在しないようなので、よくテレビでフューチャーされている「健康スリッパで○億円!」みたいな主婦みたいに、開発→商品化を本気で考えるようになりました。

しかし、いかんせん平凡な主婦なため、 どういう手順で何から始めればいいかわかりません(--;

夫も私の閃きに賛同してくれ、ある程度の資金は援助してくれるとのことですが、こちらも普通のサラリーマン家庭ですので、ローンあり、粛々と毎日を質素に過ごしている暮らしぶりで決して年収5000万円で余裕がある・・というわけではありません。

そこで、何から始めたらいいか是非教えてください!とりあえず試作品をいくつか作って→その先がわかりません(>。<)どこか、企業に持っていったらいいのでしょうか?それともHPを立ち上げ、自分で会社を興し、雑誌などに売り込んで口コミ効果で広げる?

宜しくお願いいたします!

PS-その商品が何かは企業秘密です!笑

平凡な主婦をしております。先日、ふとしたきっかけで「こんなのが売ってあったら私なら買う!」というものを思いつき、ネットで調べてみましたが私が思いついたものに類似する商品は存在しないようなので、よくテレビでフューチャーされている「健康スリッパで○億円!」みたいな主婦みたいに、開発→商品化を本気で考えるようになりました。

しかし、いかんせん平凡な主婦なため、 どういう手順で何から始めればいいかわかりません(--;

夫も私の閃きに賛同してくれ、ある程度の資金は援助してくれるとのこ...続きを読む

Aベストアンサー

単純に売り込みに行くだけでは、アイデアを使ってくださいと言っているのと変わらないでしょう。

特許・実用新案・著作権など該当する権利を登録することで、それを売ったり、利用する権利を貸し出すのです。もちろん、あなた以外に作成できないようなものであれば良いですが、そのようなことは少ないでしょうからね。

手続き関係は、特許庁の管轄である特許や実用新案などであれば弁理士、著作権関係であれば弁理士や行政書士になることでしょう。

生産や販売などを自分で出来ない、大企業などにやらせた方がメリットがある、などという場合には、売込みが必要でしょう。
ご自身でそのあたりまでやりたいというのであれば、起業することですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報