いろんな元素や化合物のオージェピークのピーク位置を知りたいと思っています。
たくさんデータのあるホームページをご存知の方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

UK Surface Analysis Forumのサイト(

http://www.uksaf.org)のOn-line databases(http://www.uksaf.org/data.html)が有用ではないでしょうか。

参考URL:http://www.uksaf.org/data.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構たくさんデータがあってびっくりしました。
XPSもあったので満足です。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/28 17:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピークピーク値から実効値への変換

LCR直列回路で、L、C、R各素子の両端電圧を測ったのですが、その際、測定装置(ディジタルマルチメータ)の設定を誤って、実効値指示にするべきところをピークピーク値で測定してしまいました。
これらの測定結果を後から計算で実効値に変換することは可能でしょうか。
電源は、ファンクションジェネレータからの正弦波なので、単に測定値を0.5倍してから√2で割ればよいのでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

理屈としてはそれでいいはずですね。

Q化合物半導体の電子親和力

金属-化合物半導体接触のショットキー障壁を見積もるため金属の仕事関数(フェルミ準位と真空準位との差)と化合物半導体の電子親和力(伝導体底と真空準位との差)を調べています。
金属の仕事関数は文献で調べられたのですが、化合物半導体の電子親和力はどうしても見つけることができません。適切な文献やサイトをご存知の方がいらしたら教えてください。また、計算により求めることができるのであれば、その方法についても知りたいです。
尚、対象としている化合物半導体は、GaN、SiC、GaAsなどのワイバンドギャップ半導体です。

Aベストアンサー

コンタクトの問題は、ドーピング状態などもからんできますから、やはり論文を
あたられたほうがいいかもしれません。

主要な論文の検索サイトを下にまとめておきます。

1) Physical Review, Applied Physics Letters, JJAP等の物理系論文検索
http://scitation.aip.org/
上記検索でSPINも含まれるように、BOTHを指定して検索すれば、
Nature等も含まれるようになる。
ただし、SPINは検索にもIDが必要。

2) Journal of Crystal Growth, Thin solid Films等の
Elsevier出版の論文検索
http://www.sciencedirect.com/

3) Electron Device Letters等のIEEE論文検索
http://ieeexplore.ieee.org/Xplore/dynhome.jsp

4) 電子情報通信学会誌(和文)
http://search.ieice.org/

5) 電気学会誌含む日本の論文誌検索(和文あり)
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja

6) Japanese Journal of Applied Physics検索
http://www.ipap.jp/jjap/online/index.htm
※たしかScitation&SPINではJJAPの検索はできても
本文はダウンロードできない。こちらのサイトからなら
ダウンロードも可能

※SPINを除く多くのサイトは、検索、アブストラクトの
閲覧までは無料でできます。また、大学によっては各
サイトと包括契約を結んでいるので、学内からアクセス
すると本文をpdfでダウンロードできる場合があります。
(私は、もう長らく冊子体の論文誌をコピーしていません)

※日本応用物理学会の英文論文誌であるJJAPを個人購読
すると、SPINのアクセス権が得られます。
http://www.jsap.or.jp/join/spin.html

コンタクトの問題は、ドーピング状態などもからんできますから、やはり論文を
あたられたほうがいいかもしれません。

主要な論文の検索サイトを下にまとめておきます。

1) Physical Review, Applied Physics Letters, JJAP等の物理系論文検索
http://scitation.aip.org/
上記検索でSPINも含まれるように、BOTHを指定して検索すれば、
Nature等も含まれるようになる。
ただし、SPINは検索にもIDが必要。

2) Journal of Crystal Growth, Thin solid Films等の
Elsevier出版の論文検索
http://www.sc...続きを読む

Q粉末X線回折パターンのピーク位置の変化の原因が分からず困っています。

私は大学で粉末X線回折法を使って、物質に衝撃を与えることによって回折パターンがどのように変化していくかということについて調べているのですが、衝撃圧を強くすればするほどピークの位置が低角側にシフトするという現象の原因がわからず困っています。
参考書にはピーク位置は格子面間隔に関係していると書かれていたのですが、衝撃を与えることで格子面間隔が変化するものなのでしょうか?
ちなみに変化量は2θ値で最大1度程度の変化がみられています。
予想でもかまいませんので回答よろしくおねがいしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>以外には考えられないでしょうか?
資料がアルミならば、圧延をかけると回折ピークがずれます。
ASTMカード(現在の名称を忘却)で、古い改正される前の内容を追いかけて行くと、1行、「精度がない」とか(色々あるのでこの言葉ではなかったかも)書かれていて文献が載っています。これを追いかけていってください。
最低でも、昭和の初め(1920年代)までは追いかけてください。その頃ぐらいしかあるみの圧延による影響なんて調べられていませんから。

表面生成物を追いかけている場合には色々ありますが、衝撃を加えた後で、潰して粉にしてX線をかけている(測定ミスがない)ようなのではいこう性による回折ピークの移動はなし。変に結晶が揃うと、全体的にピークがいどうします(前回の回答)。圧延でも表面の結晶が変に揃う(表面が非晶質かする)とこれが起こります。バックグラウンドが乱れないのでわかり図らい化もしれません。

Q化合物のブロッホの定理?

ブロッホの定理は単一元素の結晶についてだけ成り立つんでしょうか?

たとえばGaAsなどの半導体の電子もブロッホ関数になりますか?

もしよければ2種原子のブロッホの定理の証明(1次元でいいです)ど教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

ブロッホの定理は周期ポテンシャル中の電子にたいして成り立つ定理です。したがって結晶でさえあればどんな物質に対しても成り立ちます。固体物理学の教科書を見てください。

Q金属間化合物における相安定について

 今、材料組織学関係の本を読んでいるのですが、その中で高温構造用材料の開発に求められるものとして、「相安定性が高いこと」とあるのですが、これは具体的にどういうことなのでしょうか?相安定については、例えば状態図上でこの温度の時にはこの相が安定、という風にいえるものだと思うのですが相安定性が高いとなるとどのように捕らえてよいのかがいまいち分かりません。
 それと、電子線回折像の写真の説明でω相という言葉が出ているのですが、ω相とはどのような結晶構造または、性質を持った相なのでしょうか?
雑な文で申し訳ありませんが、分かる方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えばジルコニアは約1100℃で立方晶より正方晶へ
変化します。これはZrとOのイオン半径比に於いて
すこし理想的でないので高温時にあるべき姿へ変わる
ためです。
そこでZrの他にCaを8%ほど混ぜて1700℃で焼結させる
と安定化ジルコニアができます。こうするとCaを含めた全体の平均的なイオン半径比が理想的な値に近づくので正方晶で安定します。
要するに 溶鉱炉のようなものは1700℃位だと思い
ますがメイテナンスなどのため常温になるときに
崩壊しない品質が求められているのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報