『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

例えば、バンプです。
車輪の唄ってユグドラシルの後に出ました。
アルバムに入っているのに、なぜわざわざその後シングルとして出すのでしょうか?
ユーザーに買いやすいように?アルバムの宣伝?
アーティストの意思ではなく所属会社の戦略でしょうか?

私はアルバムに入ってるからイイジャンって思って買いませんでした。(そういえばアルエ.シングルも買わなかったし)
買った方いますか?
それはコレクションの意味で買ったんでしょうか?

また、多くのアーティストに見られるシングル復刻版。
もう手に入らない曲だったりあまりにも古い曲を今歌ったら?などのだとわかりますが、けっこう最近じゃんって思うものも出ていたり・・・。
安く売ってくれるわけでもないし。
しかも同時発売とか連続発売とかしててランキング総なめしてたら なんだか萎えます。
需要と供給があってのことなのでよいのですが、なんとなく疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


それは「シングルカット」と言いまして、
昔からある普通の手法です。

簡単に言えばアルバムを買っていない人へ向けて出すものです。
シングルなら聴くけどアルバム買う程じゃない人が大多数でしょ?
アルバム発売後、非常に人気の高かった曲を改めてシングルとして発売してそう言う人へアピールすると同時に、最終的にはアルバムを買ってほしい訳です。
もしくはアルバム発売後にタイアップが決まった場合でもあり得ます。

分かりやすく言えば「世界にひとつだけの花」。
あれはアルバムの1曲に過ぎなかったのですが、シングルカットした途端に爆発的に売れました。あれがシングルとして発売されなければあれほどメジャーになる事は無かったでしょう。

シングルの復刻版は、廃盤の復刻であることがほとんどです。
あるいは8cmシングルを12cmシングルに変更、とか。
仰る様な「最近のもの」が何を指すのか分からないのでその辺は分かりません。
大塚愛「さくらんぼ」でしたら絵本売ってるだけとも言えますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>それは「シングルカット」と言いまして、
昔からある普通の手法です。

そうなんですね~。知らなかったです。
言われてみれば色々意味はありますね。
私は真っ先に 売り上げ上げたいだけか!って思ってしまいました。苦笑


>大塚愛「さくらんぼ」でしたら絵本売ってるだけとも言えますが。

これは納得いかないところのひとつです。
消費者が買うのを見越してこんなやり方をするのでしょうか。

お礼日時:2005/06/03 16:20

アルバムを出したあとにとったアンケートで評価が高かったりしたのでは?


アルバムを既に持っているファンをターゲットにした商品ではなく、そのアーティストのことをよく知らない一般ターゲットが最初に手に取るのに良いという戦略なのだと思います。
そういうことって、よくあります。
アルバムを買うほどのファンではないが、その一曲は買おうかな、みたいな。

シングル復刻版のほうは、よくわからないのでパスしようかと思いましたが、ふと思いつきました。
もしかしたら、最初からプレスの数が少ないのかもしれませんね。(最近は)レンタルとか全盛ですし。
ちょっとプレスしては様子を見ているのかもしれません。
ジャケットを替えれば再度買うファンもいるし。商業戦略かなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>アルバムを買うほどのファンではないが、その一曲は買おうかな、みたいな。

なるほど。そう言われてみればそういう場合ありました。
アルバムの前のシングルと出たあとのシングルでは印象が変わっていました。

>ジャケットを替えれば再度買うファンもいるし。商業戦略かなあ。

なんでしょうか・・・。
私もそう思いました。
喜んで買うファンがいるからいっかと思いますが。
なんかひっかかります。

お礼日時:2005/06/03 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング