ソニーVAIOノートXR1G(WIN98SE)にIE6をインストールしたら、バッテリー駆動できなくなりました。AC電源を外すと2~3分でスタンバイに移行します。ショップに持ち込んでバッテリーが正常なことは確認しています。解決法がお解りの方がいらっしゃったら宜しくご教授お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スタートアップのLoadPowerProfileが、電源管理の項目です。


そのチェックを外してください。
その後、コントロールパネルの電源管理で「電源設定」を「常にオン」にして、その状態でスタンバイやディスプレイ、HDDの電源を切らない設定にしてみてください。

あとは、物理的な原因として、内臓バッテリーの接触不良も考えられます。本体とバッテリーの接触する金色の端子に、変形が無いかを確認してください。

OSとIEの相性と、電源管理は無関係です。
Win98SEと電源管理の相性は、一部の機種で良く無いらしいですが、こちらは電源が切れない方です。
    • good
    • 0

Windowsの省電力機能が悪いか、SONY独自の省電力機能が悪いのか、判断する為に、スタートアップのどちらかの機能を停止した状態でWindowsを起動してみてください。



1.[スタート]-[ファイル名を指定して実行]に「msconfig」と入力して[OK]
2.[スタートアップ]タグをクリック
3.該当する、省電力機能の名前からチェックを外す
4.OSの再起動

この回答への補足

BatteryScopeは単に電源の状態を表示するだけで、電源管理は行いません。WINDOWSのシステム設定ユーティリティのスタートアップ項目ではどれがWINDOWS内の電源管理を示すのかが解らなかったのでプロパティでWINDOWSの電源管理をさせない(常時電源On)事も試してみましたし、念のためBatteryScopeをスタートアップから外しても見ましたがやはり症状は変わりません。OSとIE6との相性に起因する問題でしょうか?

補足日時:2001/10/02 16:38
    • good
    • 0

電源の管理プロパティでは、どう設定してますか?


バッテリー使用中のスタンバイが3分になっていませんか?

状況を補足してください。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。電源管理のプロパティは、AC、BATTともにモニター電源もハードディスク電源も切れないように設定してあります。スタンバイしないように設定しても起動後2~3分で落ちて次回起動はACでないと出来ません(WINDOWSは異常終了と見なしてスキャンディスクします)。電源の残り容量を示す電源モニターが2種類(WINDOWSに備わるものとSONYのBatteryScope)在りますが、いずれも起動時は残容量97~100%なのに、2~3分後に突然10%未満になって設定次第でスタンバイするか、落ちます。そもそもIE6(ちなみに標準インストールです)にした動機はNIMDA対策だったのですが、ひとたびインストールしてしまったら後戻りするのが面倒だし、今日もマイクロソフトから「Web サーバー証明書検証の問題により Web サイトの偽装が可能になる(MS01-027)」IEのセキュリティーホール情報が届くし・・・ そんな訳で何としても現状で解決したいので、宜しくお願いいたします。

補足日時:2001/09/30 23:47
    • good
    • 0

とりあえず前の構成に戻すというのはどうでしょうか?


コントロールパネルの、アプリケーションの追加と削除で、MicrosoftInternetExplorerを選択して変更(削除)で、以前の構成に戻すとやれば戻りますよ。
Nimda対策でアップしたのでしたら、IE5.5でサービスパック2を当てれば大丈夫ですよ。

この回答への補足

お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。あれから色々あって結局OS再インストールで解決するはめになり、今かろうじてオンライン出来るようになりました。補足欄を使って取り急ぎ皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/10/11 17:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報