最新閲覧日:

千と千尋の神隠しの最後のほうで、千尋が湯婆に「どの豚が両親かわかるか」質問されて、
千尋は「この中にはいない」と答えますが、なぜ千尋は両親がいないとわかったのでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (5件)

きっといろいろな体験で成長して、


「くもりなき眼でものごとを見定め」たのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり千尋の成長が第一ですね。「くもりなき眼でものごとを見定め」これが
キーワードでしょうか・・・

お礼日時:2001/09/28 23:37

あっ・・・私は単純に銭婆でしたっけ?あの人が編んでくれた


あの髪留めが一瞬光ったからそれのせいだと…(笑)
不思議な力の魔法をかけて編みこんだ物だから
不意に直感で確信を持てる答えが出たんだと思ってました(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
髪留が光ったんですか?ぜんぜん気が付きませんでした。
銭婆の力と千尋の力が合わさってパワーを発揮したのかもしれませんね。

お礼日時:2001/09/28 23:25

こんにちは。

先ずは、夢のない答えですが、豚の中にモヒカンヘアの豚がいなかった。お父さんは、豚になったときモヒカンヘアでしたから。でもこれじゃこの映画の意味がないですね。もう一つ夢のある答え。千尋の心の成長によって、その外見じゃなく、人の中身を見抜けるようになったためというのはどうでしょうか。
湯婆婆、蜘蛛爺その他、一癖も二癖もある登場人物の外見は、お世辞にもかわいいとは言えません。ハクが白竜であるのを見抜いたのは千です。彼らとの交流の中で
心の中にある本当の暖かさに触れることができた。外見じゃなく心を観られるようになったということでしょうか。一度しか観てないので自信はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実は外見での判断材料があるのかどうか、気になっていました。(^^ゞ
心の成長によって心を見ぬくことができるようになり、湯婆の考えを見抜いたんでしょうかね??

お礼日時:2001/09/28 23:22

私もyukkokunさんのご意見に賛成ですが、あえてもう一つ書かせて頂きます。

(^_^)
物語冒頭部分の千尋はどこか頼りなげで虚ろな目をしていた様に思います。
しかし、油屋を中心とした世界で様々な経験を積むうちに真実を見極める目を手に入れたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
真実を見極める目を手に入れた、つまり成長したということでしょうか。
やさしく思いやりのある心のまま、大人になって欲しいですね。
見習いたいものです。

お礼日時:2001/09/28 23:16

「他人のために何かをすること」が後半のキーワード。

きっとみんなの思いが千尋に届いたのではないでしょうか。みんなは千尋がお父さんとお母さんと一緒に帰って欲しいと願っていたはずですから。私の見解ですけど・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
みんなの思いが千尋に届いた、そうかもしれませんね。
正解した後のみんなの喜びようからもそんな雰囲気が感じられますね。

お礼日時:2001/09/28 23:10

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ