人類学に関して情報ほしいです.
観光人類学や民族、伝統文化に関すること、お願いします.なんでもいいです.

A 回答 (1件)

資料の量が多いのでここにはかけません。


下記のURLにアクセスしてみてください。
たぶん、お探しのものはこんな内容かと思いますが、
違っていたらゴメンナサイ。

http://www.interq.or.jp/pluto/rkblack/cul_antho/ …

http://www.click.or.jp/~jarum/ronbungakkai.htm

参考URL:http://ccs.cla.kobe-u.ac.jp/Ibunka/kyokan/yoshio …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

調べてくださってありがとうございました.
今、論文を書いていて少し観光人類学に関わることを知りたかったのです。助かりました.
 

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療人類学ってどんな学問ですか

国際学部の大学生である小生の息子が、医療人類学のゼミを取っているとのことで、未開発国の民族を調べに行かなくてはならないと云っています。医療人類学について調べましたが、哲学的で難解な言葉が多く医療との結びつきがよくイメージできません。また、調べていくうちに近代医学的考え方を悪いと決めつけているようなフシもあり、理解に苦しみます。
医療人類学とは、何のために、何を探求する学問なのでしょうか。

Aベストアンサー

あなたが医学関係の専門家なわけですね。だから混乱すると。

先にも書きましたが、医療人類学といっても医学研究ではありません。単に医療行為に関することを調査対象とするだけであって、その価値判断をするものではありません。少なくとも本来的な民族学の範囲から出た医療人類学であるなら、その医療行為自体を直接何かに利用しようとするようなことは目的としていません。#2の方の回答で混乱が深まったような気がしますが、伝統医学の再評価とか薬草の収集といったことは民族学の範疇からズレています。周辺領域からアプローチした人が副次的にそうしたことをすることはあっても民族学の本来的な研究ではありません。

またついでに言っておけば民族学(文化人類学)は民俗学とは全く別物です。これも一般の方から誤解を受けやすいところですが、民族学の方は柳田国男の民俗学の方とは全く違ったものです。民俗学が遡及的傾向をもつのに対して民族学はあくまで現在について研究するものです。

余談はさておき、民族学の目的を簡単に言ってしまえば、それは異文化理解です。たまたま対象が医療行為だったというだけで、話を分かりやすくするために慣習一般ということでここは考えてもらえると良いでしょう。我々はそれぞれ自文化を持っています。外のものを理解しようとするときにも必ずそのフィルターを通して見ることが多いでしょう。単なる観察に終われば研究としての専門性もないわけです。レヴィ・ストロースの言を借りれば、民族学者の仕事は、「偏見をもって見ながら、自分に偏見があること、自分の偏見を自覚したこと、自分の偏見が判断に影響を与えていること、だから、その判断を修正しなくてはならないことを、一刻一刻と学んでゆくこと」です。

民族学のひとつの側面でありそれが全てではありませんが、物事を観察する目を養うということがあると思います。これは私見ですが。

ここまで来れば少し分かっていただけたかと思いますが、例えば医療行為を調べるにしても、それは我々の理解している医療・医学の尺度から切り離されて観察されます。フィールドワークであれば、郷に入って郷に従う姿勢が必要ですが、そこでも表には出ないながらも自文化の尺度が自分の中にあることは理解していなくてはなりません。ただし観察はそこから離れ、その尺度で役に立つ役に立たないということを評価せずに、対象へのリスペクトを持ってのぞむわけです。


私自身は医療人類学を特にやったわけでもありませんので、文化人類学一般のこととして説明しました。文化人類学といっても領域も広く、あなたの息子さんの大学で具体的にどのようなことをやっているのかは見当もつきませんが、学部生でフィールドまで行こうというのは、かなり熱心な学生だと思います。そちらの大学がどういったシステムになっているのかは分かりませんが、文化人類学専攻で2年3年やってもよく分からないままというのが多いので、積極的に学習する機会を求めて行動するのは良いことだと思います。

あなたが医学関係の専門家なわけですね。だから混乱すると。

先にも書きましたが、医療人類学といっても医学研究ではありません。単に医療行為に関することを調査対象とするだけであって、その価値判断をするものではありません。少なくとも本来的な民族学の範囲から出た医療人類学であるなら、その医療行為自体を直接何かに利用しようとするようなことは目的としていません。#2の方の回答で混乱が深まったような気がしますが、伝統医学の再評価とか薬草の収集といったことは民族学の範疇からズレています。...続きを読む

Q伝統と新文化の争い

降伏国日本では伝統が当初破壊されようとしていたらしいという情報を見ました。
伝統文化を守る動きと、壊そうとする動き。過去にどんなのがあったか知りたいです。
自国のことでなくてもいいのですが。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

敗戦国の日本が、再度武装をしないようにするために軍が解体されたのは有名ですが、
それに関連して武道教育も禁止になり動きがありました。
これに対して日本の剣道が
「日本の武道の真髄を見せる」ということで、米軍の銃剣術の教官と試合をすることになりました。
このとき、米軍側は本身で、日本側は竹刀で、という非常に不利な条件でしたし、
アメリカ側の機嫌を損ねるなような勝ち方をしてもいけません。
このような非常に難しい試合に名乗りを上げたが国井善弥でした。

試合の結果から言うと、国井は米軍側の教官の首元を竹刀で押さえつけ身動きをとれなくするという
圧倒的な力量の違いを見せつけて勝ちました。
これがきっかけとなって、武道教育が解禁されたと言われています。

Q都市人類学で権威のある中国の学者、ご存知ありませんか?

都市人類学で権威のある中国の学者にはどのような人がいらっしゃるのでしょうか。費孝通氏は知っていますが、都市人類学ではないようです。

本来ならば、中国の書店で探そうと思っていたのですが、SARSでいけず予定が狂っています。論文は来年仕上げなければなりませんが、大学にはその筋で詳しい先生がおられません。中国の今を文化人類学的に研究されている人、若手でもけっこうですので教えてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが参考までに書き込ませてください。

中国の検索サイトで「百度」と言うのがあります。
これは「Google」みたいな検索サイトで中国関連のものを
探すには大変重宝するサイトです。

ここで「都市人類学」で検索すると相当数の結果がえられます。

参考URL:http://www.baidu.com/

Q「民族文化サークル 四方山会」への入会方法

「民族文化サークル 四方山会」へ入会したいと思っています。
116で調べたのですが、電話番号の登録はないようです。
HPからメールしてみたのですが、お忙しいのか返信が来ず・・・

どなたか、連絡先や入会方法などご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください!
どうぞよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

四方山会の住所、電話番号など教えて貰えるかも知れません。↓

山形市観光協会 〒990-8580 山形市城南町1-16-1霞城セントラルビル1階
【TEL】023-647-2266【FAX】023-647-2267

入会方法 ↓
http://groups.yahoo.co.jp/group/yomoyama-kai/

Q人類学の本

 私は最近人類学に興味があり、本を購入したいと思っています。
 でもこれまで、そんな学問に興味があったわけでなく、どの本を読めばいいかわかりません。
 どなたか、人類学会で有名な学者さんが書いた本などありませんか?

Aベストアンサー

学問は、はじめの入り口がうまくゆくと、結構はまるものです。そういう意味で現代はよき入門書が多く出ています。No.1の方がいう「悲しき熱帯」もある程度理解できれば楽しい。

ヘイエルダールや本多勝一、梅棹忠夫も分かりやすいけれど、僕としては橋爪大三郎著「はじめての構造主義」(講談社現代新書)を、入門の入門としてお奨めします。

「悲しき熱帯」とレヴィ=ストロースの解説書なのですが、構造主義という学問の意味を分かりやすく巧みに教えてくれました。

構造主義のノウハウが分かると、例えば遠野物語とかドゥルーズとか養老先生とか東浩紀とかがラクチンに読め、人類学の視野はとてつもなく広がります。

Qインドのデリーで、面白い見学や体験できる場所はありますか? 教育、環境、伝統文化、企業、貧困に興味が

インドのデリーで、面白い見学や体験できる場所はありますか?
教育、環境、伝統文化、企業、貧困に興味があります。また日本人のいるところなどあれば教えていただけませんか?

Aベストアンサー

インドに行った事は有りませんが、日本とは価値観が違います。例えばカースト制が今でも厳然とあり、身分が違うと結婚もお付き合いも出来ません。名誉殺人(身分違いの恋をした姉や妹を親族が殺す)が未だ地方では認められて居ます。ガンジス川は聖なる川とされ、死人をそのまま流したり川辺で死人を焼いてその骨を流したりも、します。貧富の差も激しくあり、前述のカーストも不可触賎民(アンタッチャブル)から潘王の様な貴族階級迄、様々な階級が存在する不可解な国でもあります。また、IT技術の造詣が深く、アメリカのシリコンバレーに多くの人材を送り込んでいます。IT技術にを習得するのに人種差別は無いのでそちらの方からカーストの壁は崩れつつ有るともニュースは、伝えています。

Q人類学などに出てくる原初的社会の貢ぎ物について

人類学などに人類学などに出てくる原初的社会の貢ぎ物について質問です。

例えば、生け贄を差し出すとか、収穫物の一部を差し出す、色々なものを宗教的な権威に差し出すということはあると思うのですが、

この場合、何らかの犠牲、sacrificeが伴っている必然性はあるのでしょうか?

つまり、tributeはsacrificial tributeであるのが通常でしょうか?

もしそうだとしたら、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

犠牲を甘んじて受け入れても神や仏のあるいは偶像の
ために貢物をしたという姿勢が絶対的服従の証という意味で
必要だったのではないのかと考えています。
その点で支配者が大きな神殿を作るのとは違うという
認識をしています。

Q伝統文化。歌舞伎って?

歌舞伎と狂言と能ってどこがどう違うのでしょうか?
また、題材のちがいや衣装、舞台装置に違いなどにも興味があります^^
どうか教えてください!!

Aベストアンサー

能・狂言・歌舞伎の源流をたどってゆくと、長文になりますので、ご質問の観劇する時の、それぞれの違いをごくごく掻い摘んで説明いたします。

能は、無愛想な芸術です。自分から見物客に媚びて行ったり、安易に拍手を誘うような演技や、見ていてハラハラするようなスト-リィ展開もも有りません。
一例として、悲しみを表すのに「シオル」という所作をします。うつむいた顔(面)の目のところにに右手の平を静かに持ってゆきます。舞台装置にしても実に質素です。
能を理解するためには観客が積極的に参加し自分から働きかけなければなりません。このように言うと大変難しく思いますが、スポーツでもある程度基本的なルールが解らなければ面白くないのと同じです。ただとっつきにくいだけです。
現在演じられている能は約250曲ほど有り5つに分類されますが(神・男・女・狂・鬼)この中には色恋から戦いまで人間の性が全て含まれているように思います。

能と狂言は、ほぼ同じ時代にほぼ同じ母体から生まれた演劇です。しかしその発展の過程ですっかり違った演劇に成長したのですが、ずっと同じ舞台で上演されてきた兄弟芸能です。
能と狂言は、いろいろな点で対照的です。まず題材ですが、能が主としてその当時から、一昔前の王朝時代の文芸作品(源氏物語や伊勢物語)や鎌倉時代の軍記物(平家物語や源平盛衰記)に素材を求めているのに対して狂言は同時代のトピックやエピソートを劇化しています。登場人物も、能が歴史上の人物や古典の中のヒィローであり、しかも幽霊であったり、夢に現れたりするという構成になっていますが、狂言では、成り上がりの大名や、その使用人である太郎冠者、百姓、商人などで身近な人が主人公で皆ピチピチとした生活力に溢れた人間です。
また能には悲劇的なテーマが多いのに対して、狂言は社会風刺、人間批判の喜劇ないし笑劇と言えます。
(「能楽」と言う言葉は明治になってから使われるようになりました)

歌舞伎は、「出雲のお国」という女性が一五九八年(慶長三年)に「ややこ踊り」という子供の踊りを踊って人気を得たことから始まったとされております。このお国が年頃になって子供の踊りが踊れなくなって
きて、一六〇三年に「歌舞伎踊り」と名を改めたのです。 「歌舞伎」という言葉は「傾く」(かぶく)という言葉から来ていてこれは常識をはずれたもの、型破りなものを意味しています。
この頃、エネルギーにあふれた若者達の中に、派手な着物を着て奇抜な髪型や持ち物を身に付けて、町を闊歩する者たちがいて彼等のことを「傾き者」(かぶきもの)と呼んでいました。
お国はそのような風俗を取り入れて、派手な着物を着、男髷に髪を結い首から十字架をかけて、抑圧された社会に対するエネルギーの放出を現したお国の踊りは、人々の人気を得て京 都に常設の小屋を建てるまでになりました。(某サイトから抜粋)
明治以後、河竹黙阿弥を中心に江戸からの歌舞伎を明治の新しい流れにのろうと改革。(散切(ざんぎり)物・活歴物)そして1889年(明治中期)新歌舞伎座の完成とともにいわゆる「団菊左時代」に突入し歌舞伎の社会的地位が上昇現在に至っている。

歌舞伎は、能・狂言とは別に発展した芸能です。演出も所作も舞台装置もまるで違います。
世阿弥が幽玄を求めたのに対して、歌舞伎は「傾き者」をあらわすところから来ているのですから当然かもしれません。

能・狂言・歌舞伎の源流をたどってゆくと、長文になりますので、ご質問の観劇する時の、それぞれの違いをごくごく掻い摘んで説明いたします。

能は、無愛想な芸術です。自分から見物客に媚びて行ったり、安易に拍手を誘うような演技や、見ていてハラハラするようなスト-リィ展開もも有りません。
一例として、悲しみを表すのに「シオル」という所作をします。うつむいた顔(面)の目のところにに右手の平を静かに持ってゆきます。舞台装置にしても実に質素です。
能を理解するためには観客が積極的に参加し自...続きを読む

Q人類学でサルを学ぶ理由 

タイトルどおり人類学でサルを学ぶ理由について教えてください
何かとサルのことを学んでいますが理由はありますか?
なんとなく人間に関連させて考えるときが私にとって学んでて楽しい時です

Aベストアンサー

進化論から来ているのでしょう

人類に姿形に最も近く 先祖と考えられていますので サルを知る事は人類を知る事になり進化の過程を知る手がかりになるのでしょう

でも進化論は未だ証明されてはいないのですが 証明されたも同然と推測されているのです

でも今後は どう展開するか解りません 覆されるかも知れません 未だ証明されていないのですから。 

Q☆日本の伝統文化、風習について☆

外国の方との異文化交流のために、豆まきや、端午の節句にはじまる、日本の伝統文化、風習についての起源、由来などがまとめて書いてあるサイトを探しています。どなたか教えてください。よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

まとまっているのは、こんなところでしょうか。

参考URL:http://www.infonet.co.jp/nobk/other-folk/dentou.htm


人気Q&Aランキング