現在日本国内における、視覚障害者用誘導ブロックの市場はどの程度あるのでしょうか?
また、そういった商品は何処に持って行けば使って貰えるのでしょうか?
そういった品物がどのようなルートで動いているのか考えれば考えるほど気になり
色々調べていますが分かりません。
出来ましたら、何方か詳しくお教願えないでしょうか?宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご承知とは思いますが、この方面に直接携わっている方からの回答は望めないでしょう。



>品物がどのようなルートで動いているのか
こういうメーカーが
http://www.cablenet.ne.jp/~bunka/safety/safe1.html
安全交通試験研究センター
http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/fukushi01/kiji …
に受託開発したり、卸したり。
メーカーや上記センターから自治体の土木担当の部署へ(実際には、工事を請け負う建設会社へ)だと思います。
 どうやら統一されていないようなので、商品選定の実権は、建設会社(決定は自治体)ではないでしょうか?

で、ご質問の意図を推測しますと、何かよい商品があり、「採用して欲しいがどこに売り込めばよいか?」という風に、お見受けしました。
そうなりますと、金額計算だけの話しではなく、自治体の福祉に関する姿勢の表現と関わってくると思います。長野県なら田中知事に、その他なら福祉方面に積極的な議員にご相談なさるのも、ご検討なさっては、いかがでしょうか?

>市場規模

点字ブロック発明者の三宅精一翁は、苦労したようですが・・
http://www1.harenet.ne.jp/~kobayuki/miyakeseiiti …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
まだまだこれからといったところですが、何か社会に貢献できればと
思っております。
本当によいアドバイスをいただき感謝しております。
重ね重ねありがとうございました。

お礼日時:2001/09/28 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q視覚障害者の誘導について

 道路で見かける視覚障害者用の黄色のゾーンは、「点字誘導板」というのが正しいのでしょうか?「点字ブロック」が正しいのでしょうか?また、「点字誘導板」と「点字ブロック」の違いを教えて下さい。
 もう一つ。信号が青に変わると、視覚障害者用に音楽が鳴りますが、あの音楽はなんというのか教えて下さい(音楽の題名でなく、音楽を鳴らすシステムの事です)。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歩道での黄色いゾーンは点字ブロックです。非障害者の「美観を損ねる」という意見によってグレーのものもありましたが、弱視の方に不評を買ってました。(黄色だと見える方もおられるのに、グレーだと見えなくなるため)
点字誘導版は、実際に手で触れるものを言うようです。例えば曲がり角の壁や手すりの端、エレベーターの内部、公園などの位置図の説明などに用いられます。
企業のHPがありましたので下に書きます。

参考URL:http://www.kashimakogyo.co.jp/lineup/rainbow/rainbow.html

Q視覚障害

私の話ではありませんが
両眼で“補正視力”が0.3とかの人は視覚障害にならないのでしょうか?

私は“裸眼”で0.1と0.3ですが、裸眼では3車線の道路の
信号機すら見えません。頑張れば色が見える程度です。

裸眼ではマトモな生活は出来ません。
教科書も殆ど読めないような状況です、テレビもゲームも無理です。

私は地方在住ですが車が無ければ99%就職は不可能です。
車の免許は補正視力0.7未満では獲れません。
はっきり言って、補正視力が0.7未満の時点で軽い障害だと思います

しかし、視力障害で最も軽い6級ですら
一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、
両眼の視力の和が0.2を超えるもの。

これは裸眼で右0.1、左0.1、補正視力右0.3、左0.3などの人は
視力障害に該当しないということでいいのでしょうか?

それとも他眼というのは補正視力を差すのでしょうか?

Aベストアンサー

身体障害者福祉法に基づく身体障害認定基準・認定要領という全国共通の運用基準があります。
矯正視力で測ります。
その上で、「一方が0.02以下、もう一方が0.6以下であること。かつ、足し合わせて0.2を超える状態である。」という状態でないと、視覚障害に認定されもしません。
また、両眼を同時使用できない複視であれば、優位ではない側の眼の視力を0として取り扱うことができますから、こういうときに限って、例えば、両眼とも矯正視力が0.6だけれども眼筋麻痺で複視が起こっている、というときには0+0.6=0.6 > 0.2 となって、認定されます。
非常に厳しいのですよ。裸眼でやってしまったら、たいていのド近眼の人がすべて視覚障害者になってしまいますからね。そっちのほうが現実的ではないわけです。

Q視覚障害について

私はある眼の病気が原因で片眼の視力を失いました。
片目つぶると真っ暗闇です・・・
もう片眼は単なるド近眼で裸眼だと0.01~2の視力ですが、矯正すると普通に見えます。

視覚障害認定の等級など詳しく書いてあるものも読みましたが、あれに記載されている「片眼の視力云々」の視力とは矯正した視力のものでしょうか?

単純に私は障害認定が受けられますか?

Aベストアンサー

片目が失明されているそうで、もう一方の目も低視力とのことですが、矯正すると普通に見えるとのことなので、残念ながら障害認定は受けられないでしょう。

障害認定の等級に書かれている視力は矯正後の視力です。つまり視覚障害者は、矯正されても低視力です。

Q視覚障害者の趣味について

大阪に住む全盲の視覚障害者です。時間が出来たので何か趣味を見つけたいと思っていますが、目が見えないとなかなか一般のカルチャーセンターに行くのは難しいし。視覚障害者にでも教えてくれる所や機関などご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

大阪市視覚障害者福祉協会はどうでしょうか?
情報なら知っているかもしれません。

参考URL:http://www9.ocn.ne.jp/~daisikyo/

Q視覚障害のガイドヘルパー養成

視覚障害者を介助したく、ヘルパーの養成講座のようなものを捜しています。東京にすんでいますので、通える圏内のよいのですが、どこかで開催しているのをご存知の方教えて下さい、お願い致します。

Aベストアンサー

 東京であれば、各自治体で養成を行っています。
 お住まいの自治体の社会福祉協議会やそれに付随するボランティアセンターなどに問い合わせてみていただけば、判ります。
 ただ4月以降支援費制度に移行したときに、ガイドヘルパー事業自体の扱いがどうなるのか、私は不勉強で判りませんので、養成が今後どうなるのか聞いてみていただく方が良いかと思います。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報