出産前後の痔にはご注意!

すみません、仕事で工事費の積算をしなければならなくなりました。
官庁に提出するものです
そのなかの技術者間接費で
技術者○○円
技術員××円
とか労務単価があって、時間を掛けて労務費を出しますが、それにj「間接費率」なるものが各項目毎に設定してあり170%とか90%とかをさらに掛けています。
この間接費率とは何でしょうか??
その率は何で決まっているのでしょうか?
建設工事標準歩掛や月刊積算資料をみてもわからないのですが・・・
ご存知なかた教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

積算基準書が出てますので



http://d.hatena.ne.jp/asin/4767612160

http://kanpo.net/item/158.html

この間接費率とは何でしょうか??
技術者○○円
技術員××円
は毎月のお給料の平均1日分

この間接費率とは何でしょうか??
ボーナス、通信費、測定機体、会社の諸経費などなど

その率は何で決まっているのでしょうか?
標準は決まってます

積算は
仕事内容により違うので自分で調べて下さいね
会社によっても違う
自分の会社の単価をつかうこともある


積算方法は、工事やコンサル等により違う
基本は本に載ってるので見て下さいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2005/06/06 12:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「技術者間接費」の計算方法について

国土交通省発注の積算(電気通信)をしています。
各、数量を入力するとすべての経費等が自動で算出できるソフトで積算中です。
そこで教えて頂きたいのですが、EXCELで共通仮設費、一般管理費等を算出できるような物を作成したいのですが、「技術者間接費」計算の仕方がまったく理解できません。
どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

正確なところは基準書を熟読して理解してください。
計算だけができても、算出根拠を説明できないと発注者から疑義照会を受けたとき困ると思います。

積算方法をおおざっぱに言うと、特定の機器の「調整」に関わる技術者・技術員の労務費に、規定の間接比率を掛けて求めます。
ここで間違ってはいけないのは、あくまでも「調整」に関わる労務費のみが対象であること。据付や撤去は対象になりません。
また対象はあくまでも技術者・技術員のみであって電工や普通作業員など他の職種は対象外であることにも注意が必要です(調整にこれらが出てくることはまずないと思うけど)。

Q建築工事の共通仮設費率について

ただいま建築工事(屋外整備工事)の積算をしていますが困っています。

共通仮設費の計算になり、積算基準を見ますと
直接工事費が300万円以下は6.75%
300万円を超え、10億円以下は共通仮設費率算定式により算定
された率とあり、 Kr=11.01×P-0.0612(-0.0612乗)
10億円を超えるは4.73% とあります。

しかし、直接工事費が300万円の場合は
11.01×300万円-0.0612=4.42と6.75%に
なりません。この差は何なのでしょう?

ちなみに土木工事なんかではこの算定式により算定した率と
いわゆる早見表の率は一致します。
建築工事では一致しないものなのでしょうか?

どなたか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

建築工事における共通仮設費は、工事の規模及び立地条件等より同じ工事金額であれど共通仮設額に相違が出てきます。
本来、共通仮設の見積積算は、現場に合わせ見積積算するものです。
現場事務所・作業員休憩所・仮設便所・資材倉庫・取付道路・仮設電気水道動力設備等を個々に現場に合わせ見積ものですよ。
現場の規模によっては必要ない項目もあります。
早見表の率を鵜呑みにしては、現場の状況によっては大赤字となるでしょう。
土木工事や機械設備・電気設備と建築工事では違いがあると言う事です。

ご参考まで


人気Q&Aランキング