こんにちわ。初めて投稿します。
 バイオ関係の論文(gene deliveryについて)を読んでいるのですが、IC50という言葉が出てきました。luciferase遺伝子をもつプラスミドをデリバリーポリマーに内包させ、BHK-21というセルに加えたという話なのですが、MTT(?)という物質を加えて生育状況を見た、と書いてあります。
 私は化学初心者でバイオにも疎く、このIC50の意味がわかりません。化学大辞典なども調べましたが、見当たりませんでした。何が50%で、何が阻害されるのか教えてください。できれば、MTT assayについても教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

MiJunです。


やはり、ポリマーを添加して培養しているのですね?

対照は「untransfected cells」のようですね?

>セルにプラスミドを添加して一定時間放置した後、MTTアッセイによりセルの数を定量した、ということなのでしょうか?

Original paperを見てないのとプラスミドのtransfectの手法が分からないので推測ですが・・・・。
恐らくtransfectする際に各種のポリマー添加した場合に、添加ポリマーの毒性(?)(あるいはtransfectの手法?)で死滅する細胞があるのでしょう・・・?

その死滅細胞(残存細胞:cell survival)を見ていると思います。その残存細胞の割合をMTT assayで評価しているのではないでしょうか・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

対照はtrancefectされていないセルのようです。
また、cell survivalですが、こちらの方はpolyplex(polymer+pDNA)をcellに添加し、48時間放置後total cellular proteinの量を見ているらいしのです。
これについてもやはり細かいことがわからなくてLowry protein asseyで行ったということです。このLowry protein asseyとはいったいどんなものなのでしょうか。
おそらくタンパクの量で細胞が減った量を知ることができるのだと思うのですが。

MiJunさんはどのように思われますか?

度々の質問すみません。

補足日時:2001/10/01 21:09
    • good
    • 0

MiJunです。


PaperのAbst.見つけました。
「Effects of structure of beta-cyclodextrin-containing polymers on gene delivery.」
ですね?

「Materials and Methods」を見ないと詳細は分かりませんが、以下推測です。

「betaCDP4, 5, 6, 7, 8, and 10」の各polymerをin vitroで添加した際のtoxicityを見ているのではないでしょうか?
⇒各polymerの添加濃度(あるいはIC50)(Y軸)と各polymer(X軸)の関連のFigureあるいはTableは論文中にないでしょうか?

「Materials and Methods」の中の「in vitro assay」あるいは「toxicity」のような記載はないでしょうか?
あればその部分のみを補足にコピーしてください。

補足お願いします。

この回答への補足

アブストまで見てもらってほんと助かります。
私もなんとなくわかってきましたが、参考までに示された部分をコピーしときます。
IC50 Determination. BHK-21 cells were plated at 5000 cells/0.1 mL/well in 96 well plates and incubated at 37 C for 24 h. CDPs (16 mg/mL in complete media) were then added to the third column of cells and diluted serially across the rows. The cells were incubated with the polymers for 24 h at 37 C. The media was then removed from the cells and cells were washed once with PBS. Fifty microliters of MTT (2 mg/mL in PBS) was added to each well followed by 150 L of complete media. The cells were incubated for an additional 24 h before the media was removed and blue formazan crystals formed were dissolved in 150 L of DMSO. The absorbances were read at 562 nm in a microplate reader (EL-312e Biokinetics Reader, Biotek Instruments, Winooski, VT).

ちなみに、各ポリマーに対するIC50のFigはあります。
他にも、【Cell Survival】を各ポリマーに対してプロットしたFigもあります。
この、【Cell Survival】の説明は次のようにされています。

Cell survival was calculated by dividing cellular protein levels of transfected cells by untransfected cells.

これも、セルにプラスミドを添加して一定時間放置した後、MTTアッセイによりセルの数を定量した、ということなのでしょうか?

補足日時:2001/09/29 11:53
    • good
    • 0

自信がありませんが、「BHK21細胞」に関しては以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



BHK21:ハムスター腎由来細胞

「MTT アッセイ」に関しては以下のサイトは参考になりますでしょうか?
http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/whatsnewsj/newp …
「MTT」は「3-(4,5-dimethyl-2-thiazolyl)-2,5-diphenyl-2H-tetrazolium bromide」の略記です。

「IC50」はBHK21細胞の増殖を対照群に対して、50%阻害する濃度です。
⇒この場合は対照はプラスミドを入れていないBHK21でしょうか・・・?

原文がPubMedでAbst.が見られるかもしれませんので、文献を教えて下さい。

補足お願いします。

参考URL:http://group.lin.go.jp/nichiju/mag/05305/01_06.htm

この回答への補足

文献は
 Bioconjugate Chem., 12, 280. (2001)
です。

IC50の対照はおそらくプラスミドを入れていないセルだと思うのですが。
今ちょっとわからなくなったのですが、50%とはセルの数が半分になるという認識でよいのでしょうか?

補足日時:2001/09/28 20:22
    • good
    • 0

> このIC50の意味がわかりません。



 IC とは Inhibitory Concentration の事で,50 は 50% の意味で,IC50 とは「50% 阻害濃度」です。つまり,今問題にしているアッセイ系で 50% の効果を与える濃度です。


> 何が50%で、何が阻害されるのか教えてください。

 これは,どの様な実験をしているかで変わります。お書きの実験が良くわからないので,間違っているかも知れませんが,「luciferase 遺伝子をもつプラスミド」を導入することで細胞が死ぬのでしょうか。そうであれば,次の様な事が考えられます。

 コントロ-ル(溶媒あるいは luciferase 遺伝子だけをデリバリ-ポリマ-に内包して加えた実験)の MTT アッセイ結果(細胞はあまり死なない)を 100% とします。これに対して,「luciferase 遺伝子をもつプラスミド」を幾つかの濃度で導入し,それぞれの細胞生存率(コントロ-ルの数値に対する%)を求めます。これをlog[濃度] に対してプロットし,生存率が 50% になる濃度を求めます。この濃度が IC50 です。


> MTT assayについても教えていただければ幸いです。

 MTT アッセイについては以前に回答した事があります(QNo.98392 MTT法)ので,そちらをご覧下さい(↓)。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=98392
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おそらく細胞にプラスミドを導入することで細胞が死ぬんだと思います。納得しました。
MTT法についてもたいへん勉強になりました。
検索かけずに質問したこと、お詫びします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/28 20:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPS(induced pluripotent stem)細胞誘導に用いた Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の遺伝子はヒト由来ですか?

 iPS(induced pluripotent stem)細胞の誘導にOct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の転写因子の遺伝子を導入したとのことですが、この遺伝子はヒトの遺伝子なのでしょうか?
 今回のiPS細胞はヒトの皮膚の細胞に上記4種類の遺伝子を導入したとのことですが、元になるヒトの皮膚の細胞の核のゲノムにはこれらの遺伝子は存在しないのでしょうか?
 もし、ヒトの遺伝子でないとすると、何由来の遺伝子でしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したことはありません。ところが、遺伝子の発現制御というのはかなり複雑で、どうすれば特定の遺伝子の発現を自由にコントロールできるかはまだ未知の領域なのです。ですので、今回のiPS細胞では、実現可能性の検討というところで、手っ取り早く外部から遺伝子を導入して強制発現するという方法をとっているのです。
おそらくは、外部から遺伝子を導入することなくES細胞のような特性を持った細胞の作製法、あるいはゲノムに遺伝子を挿入することなく一過性の遺伝子発現だけでES細胞様の細胞を作出する方法の検討が激化するのではないかと思います。

遺伝的な特性に影響されて・・・の件もお考えの通りです。ただし、例え癌化しやすい遺伝的特性があったとしても、本当に癌化するかどうかはまた別の話ですので、「すでに」癌化した組織を培養組織と入れ替えることが無駄、というわけではないでしょう。

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したこと...続きを読む

Q東北大学大学の理学部化学科と、工学部の化学・バイオ工学科の研究室の一覧が一向に見つかりません。どなた

東北大学大学の理学部化学科と、工学部の化学・バイオ工学科の研究室の一覧が一向に見つかりません。どなたか知っていればリンクを貼ってください、もしくは詳しい方がいらっしゃれば、有機化学をメインにどちらの学部か及びどんな研究をしているか詳しく教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

下記で見られると思いますが。

理学部 化学科
http://www.chem.tohoku.ac.jp/lab/

工学部 化学・バイオ系
http://www.che.tohoku.ac.jp/

詳細は、上記の紹介サイトを見るしかないと思いますが、一般的には理学部は基礎研究、工学部は実用的な応用研究ということかと思います。

Qガン抑制遺伝子と免疫細胞

以下の二つの点がわからないので教えて下さい。
(1)ガン抑制細胞を持っている細胞が免疫細胞なのか?
(2)ガン遺伝子を持っている細胞がガン細胞なのか?

Aベストアンサー

(1)に関してはよく意味がわからないので、(2)について回答します。

ほぼ全ての細胞は同じ遺伝情報を保有しています。その遺伝情報の中にガン遺伝子があるわけです。ですのでガン遺伝子はほぼ全ての細胞の中にあります。
癌遺伝子とは癌がもっている特徴(増殖、血管新生など)を発現させる遺伝子ととらえると良いかと思います(多少語弊があるかもしれませんが)。別に癌でなくてもガン遺伝子が働いている細胞もあります。

参考URL:http://www.tsuboi-hp.or.jp/main/HTML/PART/kensaHP/ganidensitte.htm

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Qヒト細胞の遺伝子組み換え具体例

質問いたします。
遺伝子組み換え生物に関する議定書である、カルタヘナ法について勉強しています。

(1)遺伝子組み換えを行ったヒト細胞って、例えば何が挙がるでしょうか。
生殖細胞では遺伝子組み換えを行ってはいけないのでしたっけ・・・
なんだか考えれば考えるほど、混乱しています・・・。
勉強不足で申し訳ないのですが、「遺伝子組み換えを行っているウィルスはベクターとして用いているウィルスベクター」といったかたちで、ヒト細胞に関して教えていただければとても助かります。
また、
(2)「分化する能力を有する、または分化した細胞等で会って自然条件において個体に生育しないもの」とは具体的にどういったものがあるでしょうか。
(カルタヘナ法における生物以外のものの分類です)

カルタヘナ法のURLです http://www.bch.biodic.go.jp/bch_2.html

よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

具体例と言われても、
「(遺伝子(いろんな遺伝子の名前が入る)組み換えをした)ヒト細胞」
としか言いようがないのですが。。。

もしかして、質問者様はヒトの心臓とか腎臓とかを想像していませんよね?ヒトの培養細胞ってご存知ですか?

いずれにしても、具体的に何を見ていらっしゃって何について疑問に思われているのか
あげてもらえるといいかと思います。

遺伝子組み換えを行ったヒト細胞について言及しているところがありますでしょうか?

断片でなく、カルタヘナ法のこの部分ってあればわかりやすいのですが。。。

Qバイオエタノールのバイオって?

「生物」という意味ですか?


どうして「バイオ」という言葉がついているのか、小学生にもわかるくらいのレベルで、お願いします。

Aベストアンサー

生物のという意味。つまり、原料が違うけどお酒みたいなもの。

小さな生き物が分解して出来たのがバイオエタノールということ。

砂糖キビやトウモロコシなどはバイオマスというんだけど、それを小さい生き物が

分解して作ったエタノールというものがバイオエタノール。

石油や天然ガスからもエタノールは取れるけど合成エタノールというんです。

QiPS細胞をつくるときに組み込まれる遺伝子とは?

昨日のニュースで話題になっていたiPS細胞ですが、分化済の細胞を初期化する過程で4つの遺伝子をレトロウィルスを利用して組み込ませるとありました。
この4つの遺伝子のうち1つはガン遺伝子(おそらく細胞増殖を目的としている?)だそうですが、残りの3つは何なのでしょう?調べてもよくわかりませんでした…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Oct3/4,Sox2,c-Myc,Klf4の4種類です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ES%E7%B4%B0%E8%83%9E

Q酵素と阻害剤

酵素の阻害剤で非競合阻害剤と競合阻害剤と不可逆阻害剤がありますが、中毒になったときに一番治療が難しいのは、不可逆阻害剤なんじゃないかなと思いますが、このことを決定づける理由がわかりません。このことについて、何か教えていただけないでしょうか。お願いします!

Aベストアンサー

「非競合阻害剤」と「競合阻害剤」が示すのは可逆的阻害です。つまり,阻害剤は酵素から離れます。

 したがって,酵素よりも強く阻害剤と結合する化合物を投与すれば,阻害剤を除く事ができます。あるいは,離れた阻害剤は徐々にでも代謝分解されたり排泄されたりして体内から除かれていきます。この時,阻害剤が離れた酵素は元の活性を取り戻します。

 一方,「不可逆阻害剤」の場合は,阻害剤は酵素に結合したまま離れません。たとえ離れても,その時には酵素が活性を失ってしまっています。

 つまり,「非競合阻害剤」や「競合阻害剤」といった「可逆的阻害剤」の場合は,阻害剤を取り除いて酵素活性を回復させる事が可能です。しかし,「不可逆阻害剤」の場合は,酵素活性を回復させる事は殆どできないため,酵素が再生産されるまで機能が失われます。

 治療としては,どちらが難しいかは中毒の程度にも拠ると思いますが,「解毒剤による治療が可能かどうか」と「酵素の再生まで対処療法で凌がなくてはいけないかどうか」が理由になると思います。

Q【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない? 人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続

【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?


人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続けているのでしょうか?

年を取ると正しい遺伝子情報がコピーされなくてちょっとずつズレてコピーされるので人体は劣化していくということですか?

けど赤ちゃんのときに既に障害を持って産まれてくる子供がいるってことは人間の赤ん坊は産まれたときには既に完璧な遺伝子情報で産まれてくるわけでないってことですよね?

産まれた段階で既に遺伝子情報がいっぱい壊れている子供と結構完璧な遺伝子情報を持った子供がいる。

で徐々に大人になるに連れて遺伝子情報がコピーミスでシワが出てくる?

人間は年を取るとシワはみな出るのでシワは遺伝子情報のコピーミスの長年の蓄積ではなく、最初から人間の遺伝子情報に年を取ると皮膚にシワが出来るようにプログラムされていると考える方が自然だと思う。

もし遺伝子情報が完璧な状態で産まれてきた子供は年を取っても劣化が最初から遺伝子情報が壊れて正常でない子供より遅れるはずだから。

質問:

皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?

Aベストアンサー

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を犯す前は、老化するようになっていなかったし、それが医学的にも一番説明がつきます。

その罪を犯した時から、おそらく遺伝子が傷付き、老化するという遺伝子が子々孫々まで受け継がれているのです。

だから、遺伝子情報が劣化するのは、人が生まれる時であり、
アダムから生れた時代の人達のコピーは、まだアダムに近く、先々の後の世代になればなるほど、コピーが劣化しています。

生れてから死ぬまでに、その人の遺伝子が劣化するのでは無いはずです。詳しくないですが、確かそう。

生れた時から持っている、劣化した遺伝子によって、人は老化が進み、老化に伴って、皮膚が劣化するんだと思います。

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を...続きを読む

Q化学の熱化学方程式について

水素H2と窒素N2から標準状態で6.00ℓのアンモニアNH3 を生成するとき、12.3kj の熱を生成する。アンモニアの生成熱(物質1molが単体より生成するときの熱)をあらわす熱化学方程式を求めなさい 
って問題があるんですが、熱化学方程式のやり方を忘れてしまい、教科書を読んでも似たような問題がなく困っています。 どなたか教えていただけないでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1のご説明にもありますように、要するに
1/2N2 + 3/2H2 = NH3 + x kJ
の式を完成させればよいわけです。
そのためには、6.00 lのNH3が何モルであるかを計算し、それに基づいて、NH3が1モル生じるときの発熱量x (kJ)を計算すればよいわけです。
この計算のためには、標準状態の気体1モルの体積が何リットルになるかを知る必要があります。
22.4リットルという値は覚えていますよね?