私は米の卸と小売をしています。新規の取引先が月末締めの翌月末払いです。
契約書を取り交わしたほうが皆良いといいます。簡単な契約書の作り方をご存知の方がいましたらお教え願いたいと思います。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確認書 


 ○○米穀店(以下、甲という)と△△会社(以下、乙という)は、今般、甲の取り扱う米穀その他商品の取引の開始に当たり、以下の条件を確認した。
 一、当月末までに納品をした商品の代金は、翌月末に、甲の指定する金融機関の甲名義口座に入金する。請求書の到着は、翌月5日を原則とする。
 一、万一、乙が2ヵ月連続して、甲から納品された商品代金の支払いを遅延させた場合、あるいは、6ヵ月内に2回以上支払いを遅延させた場合は、甲は、乙に10日間の催告の上、納品された商品の引き上げを行うことができる。
 平成13年10月1日
 甲:(住所)(会社名)(代表者名)代表者印
 乙:(住所)(会社名)(代表者名)代表者印
 
 弁護士会で相談して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

簡単かつ明瞭で参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 05:39

一般に普通の商取引では改めて契約書を、と言うことはしない事が多いのですが。


取引の相手の信用度が低いのでしょうか。

私も長年小売商を営んでいますが、取引先から契約書の提示を受けたことは有りません。取引先の問屋が倒産後、経営者が交替し再開した時に担保を提供して商社と契約した事は聞いています。

特に契約の締結をしない場合は、商法の規定に従います。契約を結んでもこれが
履行されない時は争いになります。与信に不安がある場合は事前の信用調査が先
ではないでしょうか。

契約書に記載する最低の事項を書いて見ます。
契約当事者の住所、氏名(法人の場合は社名、代表者)と捺印

決済方法(現金か手形か、手形の場合は期間)、売買の単価、価格変動の激しい
商品については単価の有効期間、(または相対で決めるか)

契約通りに決済できない場合の取り決め。与信に不安のある場合は決済期間の最高
取引量、と保証人の要求、不履行の場合の破棄の方法。

この契約の期間(一般的に2年位)、手形、小切手決済の場合は不渡りの場合の
処理方法これくらいは最低必要と思われます。

初めに述べました通り通常はあまりこのような契約書の締結は聞きません。
取引相手が大手商社の場合は多少異なると思います。

参考になる書式は銀行の金銭消費貸借契約書を参考にすると良いと思います。
契約はあくまでも当事者が対等が前提です。

貴方の都合の良い事ばかり書いても、相手が応じなければ契約は結べません。
家屋土地賃貸借のような法による保護はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相手と1度会ったのですが、なにか引っかかるものを感じたんです。単なる感ですけど、まあ、契約したから絶対ということはないんでしょうけど。売り上げは伸ばしたいし、引っかかるのは嫌だし、このジレンマですよね。

お礼日時:2001/09/29 05:45

一例です。


http://www.aimcom.co.jp/newstool/bunrei/bun171.txt

細かい条件など、文例を変更してゆけばいいと思います。
できれば、行政書士や会計士さんに頼むのがいいんでしょうけどね。
下記URLもご参考に・・・多いですが・・・

参考URL:http://www.google.com/search?q=%8Ex%95%A5%82%A2% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。でも探すのが大変そうですね。

お礼日時:2001/09/29 05:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q取引基本契約書(売買契約書)について

表題の件について、教えて下さい。
当社は甲(商社)、製造メーカーが乙の場合
下記の「目的物の譲渡制限」の条項で、乙が守れなかった場合のために、下記条文のあとに損害賠償を求めることが出来る等の文言を追加しても問題ないでしょうか?

「目的物の譲渡制限」
乙は、事前に甲の書面による承諾を得ることなく、仕様書及び注文書等に基づき製作された目的物を自己または第三者のために製造、販売等をしてはならない。

念のため、契約書の終わりに、

「合意管轄」
この契約に基づく諸取引に関し訴訟を提起する場合は、東京地方裁判所をもって管轄裁判所とする。

と記しているのですが、これでは乙が違反した時はあまり効力がありませんか?

以上、御指導お願い致します。

Aベストアンサー

>・・・損害賠償を求めることが出来る等の文言を追加しても問題ないでしょうか?

民法420条で認められています。
これは、債務不履行に備えて、予め取り決めすることができるのです。
でも、現実問題として、具体的な額は、決めにくいので、例えば「本条に違反した場合は、仕様書及び注文書等に基づき製作された目的物の2倍とする。」と云うようになると思います。
この条項がないとすると、不履行時の損害額が具体的に算出できないからです。
販売してはならないものを、販売したからと云って、裁判所が認めるだけの根拠が乏しいです。

Q契約書の印鑑が実印でなかった場合のその契約書の有効性について

半年ほど前に、企業間であるシステム構築の契約書を交わしました。ところが、後日、契約書に押された相手会社の印鑑が法務局に登録された印鑑と異なっていることが判明しました。
この場合、この契約書は無効になるのでしょうか。
無効だとすると結構、困ったことになるのです。

どなたがご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

法律上、印鑑証明書を添付する必要がある書類は実印でなければなりませんが、
それ以外の書類についてはどの印鑑を使用しても本人が押印したものであれば
契約の効力はあります。

gengoro8さんのご質問の場合、
公的書類でなく、ごく一般的な契約書であったとしたら、
記名した人のと同じ名前の印鑑で
記名した本人が押印したものであれば有効となります。

ただし、上記以外の場合であり故意によるものだとしたら
有印私文書偽造、詐欺などに該当する可能性があるのではないでしょうか。

Q契約書の一部が変更・差し替えができるようになっていた場合、その契約書は有効ですか?

・メールで交わした契約書において、免責事項など相手にとって有利な部分がURLになっており、変更・差し替え可能となっています。

・URLの部分は有効でしょうか?

・契約前にURL内容を保存し忘れてしまいました。

普通、契約書は1枚になっているか、割り印が押されていますよね。
URLでくっつけたとしたら、「契約書にはさみこんだ紙」ではないでしょうか?
(ダウンロードを忘れてしまったのですが、)仮にちゃんとダウンロードしていたとして、後日相手方が書き変えたとしたらどうなるのでしょうか?

============================
*** 御中

お申込月日 :平成20年9月*日    
営業担当  :***

■お申込み企業情報
御社名   :***
郵便番号  :***
ご住所   :***
電話番号  :***
FAX番号   :***
代表者様名 :***
担当者様メールアドレス:***
契約期間  : 1年

サービス開始予定日:2008年9月*日

登録料金  :***円(税込み)


■利用規約
利用規約をダウンロードしていただけるURLを以下に記しておりますので、内容をご確認の上、保存いただきますようお願い申し上げます。

利用規約 ダウンロード用URL
http://***
============================

法律の条項を一緒に教えていただけると大変助かります。
よろしくお願いします。

・メールで交わした契約書において、免責事項など相手にとって有利な部分がURLになっており、変更・差し替え可能となっています。

・URLの部分は有効でしょうか?

・契約前にURL内容を保存し忘れてしまいました。

普通、契約書は1枚になっているか、割り印が押されていますよね。
URLでくっつけたとしたら、「契約書にはさみこんだ紙」ではないでしょうか?
(ダウンロードを忘れてしまったのですが、)仮にちゃんとダウンロードしていたとして、後日相手方が書き変えたとしたらどうなる...続きを読む

Aベストアンサー

署名捺印された契約書であっても、電子メールやWEBページなどの電子データであっても、裁判上は、契約内容を証明する一つの証拠にすぎません。

これら証拠をどの程度信頼するかというのは、裁判所の自由な判断です。

一般的には、ご指摘のように、一方の当事者がいつでも(改ざんしようと思えば)改ざんできるという状態であれば、裁判所のその証拠に対する信頼度はそれなりに低いものとなるはずです。

もっとも、裁判所は、裁判内で主張される全ての事情を考慮して事実の有無を判断します。したがって、「改ざんされる可能性がある」という一つの事情を取り上げて、有効か無効かを問うことに、あまり意味はありません。

Q小売商業調整特別措置法 第三条 (小売市場の許可)で、

小売商業調整特別措置法 第三条 (小売市場の許可)で、

政令で指定する市(特別区を含む。以下同じ。)の区域を
全て教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の区域は同法施行令の別表一で以下のとおり指定されています。


北海道 札幌市 旭川市

神奈川県 横浜市

石川県 金沢市

愛知県 名古屋市

京都府 京都市

大阪府 大阪市 堺市 岸和田市 豊中市 池田市 吹田市 泉大津市 高槻市 貝塚市 守口市 枚方市 茨木市 八尾市 泉佐野市 富田林市 寝屋川市 河内長野市 松原市 大東市 和泉市 箕面市 柏原市 羽曳野市 門真市 摂津市 高石市 藤井寺市 東大阪市

兵庫県 神戸市 尼崎市 西宮市 芦屋市 伊丹市 宝塚市 川西市

和歌山県 和歌山市

福岡県 福岡市 北九州市

熊本県 熊本市

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34SE242.html

Q小売業を営んでますが仕入先より販売基本契約書を締結してくれといってきて

小売業を営んでますが仕入先より販売基本契約書を締結してくれといってきています。契約は結ぶつもりですが、契約書に押印する印鑑の印鑑証明書を出せと言ってきています。印鑑証明書は必要なのでしょうか。宜しくお願します。

Aベストアンサー

契約の相手方が実印での取引を求めているのなら、印鑑証明は必要ですね。

実印での取引を求められているということは、債権保全に関して特別な条項か保証に関する条項があるんでしょう。

基本契約書に連帯保証人もサインするなら、実印と印鑑証明は必ず必要ですね。法人名義で契約し、代表者が保証人になる場合が典型です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報