40代後半の男性が入院したので本をお見舞いに持っていこうと思います。
ミステリー、推理小説、冒険もの(子どもっぽいものは嫌い)が好きだそうです。
私は好きなジャンルが全く違うので、これらのジャンルが好きな方から紹介していただけるととても助かります。
ちなみに海外の作品はあまり好みのものはないようです。なぜかと聞いたら、訳が下手だからだそうです(同じようなことを何度も何度も繰り返しかいていてすっきりしないそうです)。
例えば、シドニーシェルダンは嫌い。 
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

その方がビジネスマンだったら、直接ビジネスに関係のない時代小説なんかはいかがですか。


その中でもジャンルを絞るとすれば、同心ものなんかはどうでしょうか。
40歳以上の男性でしたらはまってしまうかも。
全快されてからも、ビジネス関係、ハウツーものなどの間の気分転換に(スカッとします)。
宮部みゆき、鳥羽亮、佐藤雅美、出久根達郎、藤原緋沙子、柴田錬三郎、笹沢佐保etc.
    • good
    • 0

私は若輩者なので、恐縮ですが(もうお読みになっているかもしれませんが)、真保裕一さんの作品はいかがでしょうか?



『奪取』(上・下巻)
ある事情で偽札作りをする羽目になった2人の青年プラスαの物語。細かい描写が緊迫感を、よりリアルに伝えてきます。
日本推理作家協会賞と山本周五郎賞をW受賞した、笑えて泣けてさっぱりする作品だと思います。

社会派的作品から庶民派(?)的作品と、色々ありますので、もしよろしければ、こちらを参考になさってはいかがでしょうか↓↓
 

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-konno/Authors_inde …
    • good
    • 0

少し古い作家さんなので、もう読んでいるかも知れませんが、稲見一良さんと原寮さんの本はどれもオススメです。

どちらもジャンルでいうとハードボイルドになるかと思います。
それ以外で最近の作家さんなら柄刀一さんや雫井脩介さんなんかがオススメですね。こちらはジャンルはミステリーになると思います。
    • good
    • 0

こんばんは。


私の好きな冒険活劇系のオススメ作品を紹介させて下さい。

・「フェニックスの弔鐘」講談社文庫 阿部 陽一
ニューヨークで旅客機が墜落。米ソ日で軍縮条約が結ばれようとしているさなか、冷戦の復活を目ざす陰媒が進行していく。第36回江戸川乱歩賞受賞作。

・「サンチャゴに降る雨」光文社文庫 大石 直紀
軍事政権下のチリ、ビオレタという女性は軍事クーデターのために両親を失い、大統領の命を狙っていた。

・「種の終焉(おわり)」祥伝社文庫 北上 秋彦
インドで発生した謎の熱病、日本での輸入食品の怪事件…。国際情報サービスの朝倉研吾は調査を始めた。

・「触発」中公文庫 今野 敏
地下鉄霞ケ関駅で発生した爆弾テロが発生した。爆弾魔から第二の犯行予告がくる。

・「天空への回廊」光文社文庫 笹本 稜平
エベレスト山頂近くにアメリカの人工衛星が墜落。真木は衛星回収作戦に参加する。

・「流砂」光文社文庫 高嶋 哲夫
カメラマン・柴田雄司は、かつて愛した女性と血を分けた娘を捜すため、混迷のアフガニスタンに潜入した。

・「司法戦争」講談社文庫 中嶋 博行
沖縄で最高裁の判事が殺された。東京地検、法務省、内閣情報室、警視庁等を巻き込んで意外な展開を始める。リーガル・サスペンス。

・「狼は瞑らない」ハルキ文庫 樋口 明雄
北アルプスと立山連峰に挟まれた広大な山岳地帯で遭難者を救助する山岳警備隊で不審な事故が続く。

文庫になっている本を挙げてみました。
興味の引かれる本がありましたら幸いです。
    • good
    • 0

こんな礼状がとどきます。



<いやあ!何年ぶりかな。あんなにおもしろくて、読みごたえのある本は。おかげで退屈しなかった>
「闇に消えた怪人ーグリコ・森永事件の真相  一橋文哉(いちはしふみや) 新潮文庫」を読んで。


<寝言だった。うなるほどうまい訳ってあるもんだなあ、降参>
「九時から五時までの男  スタンリイ・エリン ハヤカワ・ミステリ文庫」を読んで。

<二冊とも文庫本で助かった。単行本は重くて。もともと気がきく奥さんだとは思ってたんですが。小泉くんは幸せ者だ>
    • good
    • 0

No..1です。



No・2の方が、オススメ頂いた、
島田荘司氏の「異邦の騎士」は
「占星術殺人事件」と同じシリーズもので“御手洗潔シリーズ”の3作目です。

順番はこのようになっています。
「占星術殺人事件」

「斜め屋敷の犯罪」

「異邦の騎士」

できれば「異邦の騎士」を読む前に、1~2作は前作を読まれることをお勧めいたします!
その方がより「異邦の騎士」の面白さが増しますよ!!
    • good
    • 0

佐々木譲とかはいかがでしょうか?


第二次世界大戦三部作はNHKでドラマ化もされたので既に読まれているかもしれませんが
個人的に一番おすすめは、「エトロフ緊急発電」です

参考になれば幸いです

参考URL:http://www.sasakijo.com/
    • good
    • 0

こんばんは。



50代男性の友達に渡して
「ものすごくおもしろくて良かった」
と言われたのが
島田荘司氏の「異邦の騎士」でした。
有名どころなのでご存じかもしれません。

帚木蓬生氏の本も喜ばれました。
医療関係のミステリーです。

お気に召すといいのですが・・・
    • good
    • 0

島田荘司さんの「占星術殺人事件」推理小説です。


入院された方がご存知でなければ、是非オススメいたします!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061833 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豪華客船が舞台の推理、サスペンス、ミステリー作品を探しています

豪華客船が舞台の推理、サスペンス、ミステリー作品がないかと探しております。
時代、国内外、シリーズ物の一作品であるとか問わず大型の客船内で起こる事件、物語の作品です。
カテゴリ的には読書になっているのですが、映画でも舞台物でもかまいません。
ご存知の方いらしたらよろしくお願いします。
ネタバレは気にしないのでどういう内容か、または感想もいただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

まず思いつくものとしてピーター・ラヴゼイ『偽のデュー警部』

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/49101.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4150747016/

なかなか軽妙で面白い作品です。
amazonだとなぜか3~5週間で発送となっていますが、
楽天ブックスには在庫もあるみたいだし、
店頭にもあるかもしれません。

あと比較的最近翻訳されたものとして
ボリス・アクーニン『リヴァイアサン号殺人事件』

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/8/0246340.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4000246348/

ちょっとミステリとしては弱い面もありますが、
なつかしさもあって楽しめる作品だと思います。

Qミステリー小説のおすすめ

はじめまして。私はミステリー小説が10年まえほどに好きだったのですが、最近読んでいません。
ネットのランキングや書店を見ているのですが、いまいちピンと来ないのでよければ、ここ数年の発売でオススメを教えて下さい。
私は元々洋書が好きだったのですが、日本のを読みたいです。
あと学生時代はチープかもしれませんが赤川次郎が好きでした。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

岡嶋二人『99%の誘拐』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062747871.html

今野敏「ST」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062732068.html

島田荘司『占星術殺人事件』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061833715.html

綾辻行人『十角館の殺人』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062758571.html

高橋克彦『写楽殺人事件』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/406183780X.html

Qスクールバスが誘拐されるミステリー

海外のミステリーなのですが、スクールバスが、小学生と運転手ごと誘拐されて、その事件が解決するまでの過程を描いた話です。
途中、持病を持った男の子が死んでしまい、ラストで運転手も亡くなってしまいます。
文庫本で(多分、講談社文庫だった気がしますが、違うかも知れません)、90年代に発売された本だと思います。
ご存知の方がいたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

私も読んだことがあるような気がするのですが、メアリー・ウォーカーの
『神の名のもとに』ではないでしょうか?
違っていましたら、ごめんなさい。。。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062630060/qid%3D1066174789/250-6933795-8715446

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062630060/qid%3D1066174789/250-6933795-8715446

Q面白いミステリー本を教えて下さい

普段ミステリーばかり読んでいます。大体、横溝正史、江戸川乱歩、東野圭吾、貫井徳郎、宮部みゆき、乃南アサの本は読み尽くしてしまいました。
そろそろ違う作家の本も読んでみたいと思ってるのですがお勧めがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

私も「7188cat」さんが読破された作家のみなさんが大好きです。最近おもしろい!と思ったのがこちら。

■「火の粉」雫井脩介

男性作家さんですが、女性の視点がリアルで違和感なく、一気に読めますよ。ただ、本格ミステリというよりもサスペンス寄りのエンタテイメントという感じです。
ちなみに今は「栄光一途」を読破中なんですが(^-^)、こちらもおもしろいです。

参考URLは、「火の粉」の本紹介ですが、解説なしです。あらすじでひかれるものがあったら、ぜひおためしになってください。
いまちょうど文庫になってるので、入手しやすいですよ★

参考URL:http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=03003764

Q恋愛、ミステリー、SF以外でお薦めの小説

恋愛ものがどうしてもだめです。(架空の話だと割り切れず、読んでいて、しんどくなってしまう)
ミステリーも、ぜんぜんおもしろいと思えません。
SFは、たくさん出てくる空想の言葉についていけなくて苦痛になってしまいます。
また、想像力そのものが無いのかも知れません。

と、読書の好き嫌いに偏りがあります。特に、好きな作家と言うのは居ません。
これまで夢中になって読めたのは、「少年H」「博士の愛した数式」など。
平凡すぎる淡々とした話は好きではなくて、上記のような、緩やかな中で
深い感動、悲しみ、などが伺える話が好きなようです。

急に時間ができたので、本をゆっくり何冊か読みたくなりました。
簡単なあらすじと、タイトルを教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「日曜日たち」(吉田修一)
「赤ひげ診療譚」(山本周五郎)
「スティル・ライフ」「バビロンに行きて歌え」(池澤夏樹)
「彗星物語」(宮本輝)

あたりで・・

「バビロンに行きて歌え」

http://www.shinchosha.co.jp/book/131811/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報