昔から疑問に思っていたことですが、どなたか以下の点につきまして教えていただきますとありがたいです。
と言いますのは、証券会社が倒産しても、株券は証券会社とは別財産として保管しているので、安心ということを聞いたことがありますが、証券会社が倒産した場合、MMFや中国ファンドなどの投資信託の類は保証されるのでしょうか?
また実際の運用は証券会社ではなく、別会社で行っていますよね?もし、証券会社本体でなく、この運用会社が倒産した場合には、保証されるのでしょうか?
ペイオフと同じように1社につき1000万円までの保証なのでしょうか?それとも全く保証されないのでしょうか?
すごく心配なのですが、どなたか教えてください。
Help Me・・・・!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

既に、hotaruzokuさんが回答された通り、証券会社(投資信託を販売し、受益証券を保護預りしている)、運用会社(その名の通り)、信託銀行(株式や債券等の、投資信託の財産を預かっている)のいずれかが潰れても、投資信託の財産自体が誰かに取られたりする訳ではありません。

(勿論、理論上は、その3つの中で、不正行為があって、投資信託の財産が流用されていたら、また話は別ですが、証券会社の株券の流用はともかく、投資信託がらみのその手の不正が過去に発覚した例は、少なくとも私は知りません。)

ただ、運用会社が潰れた場合、直ぐに代りの運用会社が引継がないと、しばらくの間運用する人がいなくなるわけですから、市場が急激に変動した場合、それが原因で損することはありえます。中国ファンドやMMFの場合は、元々金利変動の影響を極力抑えるようにしているはずですから、余程変な運用をしていない限り、運用する人がいないからといって、短期間に元本が2%も3%も動く事はないはずですけどね。
むしろ、可能性としてより高いと思われるのは、例えば運用会社の親会社が倒産して、不安になった人からの解約が殺到すると、MMFが買っている債券のうち流動性の低いもの(時間をかけてうるか満期まで持つかすれば、おそらく元本部分のロスは無いが、あわてて売ると買い叩かれる銘柄)も売らざるを得なくなって、その結果MMFが元本割れする、というパターンじゃないでしょうか?(解約が落ち着けば、いずれ元本まで戻るのが通常ですが…。)

因みに、投資信託は預金保険の対象ではないので、1千万円まで云々は関係有りません。(最初から元本は保証されていません。)「信託財産が分別管理されているから安心」というのは、あくまで信託財産が誰かにとられたりパーになったりはしない、という事です。念の為。
「信託」で、預金保険の対象になっているのは、元本補填契約のある「ビッグ」(貸付信託)だけだったと思います。

この回答への補足

丁寧なご回答を頂き、ありがとうございます。仕組みが良く判りました。
ところで、私は勘違いをしているのかもしれませんが、ペイオフの1000万円までの元本保証というのは「国」による預金保険による保証ということですよね?違いましたっけ?
ということは、銀行預金の場合は「お上」が1000万円までは保証するけど、それ以上は知らんよということですよね。
一方、仮に投資信託が元本保証でなくとも、財産が区分してあると言うことは、銀行に預けているのより、むしろ安全なのかなあと思うのですが、私の理解は間違っていますでしょうか?
お手数ですが、再度教えていただけますと幸いです。

補足日時:2001/10/02 00:21
    • good
    • 0

>投資信託が元本保証でなくとも、財産が区分してあると言うことは、銀行に預けているのより、むしろ安全なのかなあと思うのですが



何をもって「安全」とするかは、人それぞれ考え方があるとは思いますが、仰られている事も、合理的な考え方のひとつだと思います。

ただ、実際には、元本の確保を最優先にするなら、複数の銀行に分けて預金すれば、どこでも1千万円まではカバーされるわけですから、余程の大金持ちでないかぎり、個人のレベルでは、預金保険の1千万円という上限は問題にならないと思うんですが…。

勿論、数億円単位で資金を運用しなければならない企業の財務担当者にとっては、「そこに預金するぐらいなら、大手証券のMMFの方がよっぽど安心だ」という金融機関は、結構あると思います。(実際には、取引関係から預金先が決まるんでしょうが…。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスポンス頂きありがとうございました。考えてみたらおっしゃるとおり普通の市民は1000万円までで分散すれば良いのですね。そうだよなー。だけど、とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/02 23:32

外貨建てMMFは、外国籍投資信託になるようですが、仕組みは同じようです。



参考URL:http://www.skc.or.jp/./qa/it_kaigai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足に対する回答を頂きましてありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/09/29 17:11

仕組みやお金の流れは、以下の通りです。


証券会社(販売会社)→投信会社→信託銀行(ここで株券などを保管)
株券などの有価証券は、信託銀行で保管されていますので証券会社・投信会社が倒産しても残ります。また、信託銀行は、自己勘定と投資信託などの預かり勘定を別保管するように義務ずけられていますので信託銀行が倒産しても、投資信託の有価証券は守られるようになっています。

参考URL:http://www.skc.or.jp/inv/it/it_2.html

この回答への補足

早速ご回答頂きありがとうございます。ところで、外貨建てのMMFの場合、外資の投信会社となると思いますが、その場合でも内国の投信会社と同じように別勘定で保管しているのでしょうか?

補足日時:2001/09/29 10:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証券会社も銀行と同じように、一千万円以上は保護しないのでしょうか?

証券会社も銀行と同じように、一千万円以上は保護しないのでしょうか?つまり証券会社が倒産した場合、返ってくるのは一千万円まででしょうか?

Aベストアンサー

証券会社には二重のセーフティネットがあります。まず、証券会社は自社の資産と顧客資産とをきちんと分けて管理する「分別管理」が法律で義務付けられており、それが行なわれている限りは破綻による影響はありません。株式や債券などの有価証券は顧客名義で買い付けられて管理されているし、投資信託の場合は運用会社と信託契約を結んだ信託銀行が信託財産として管理。信託銀行でも資金の分別管理がなされており、万一、利用している信託銀行が破綻しても、投資信託の資金に影響はないことになっています。
ただし、投資した対象が証券会社で、その証券会社が破綻したときは別で、そのときは株価の値下りや債券のデフォルトなどの影響をストレートに受けますが、そうでなければ大丈夫なしくみになっています。それが第一のセーフティネットで、ここで対象にならないのは預かり金ですが、最近は証券総合口座であればMRFを買い付けるので、やはり、投資家の資金として区分されます。
しかし、破綻した証券会社が何らかの理由で投資家にお金を返せない状態になることもないとは限りません。たとえば顧客の資産を不正に流用する場合などが想定されます。 実際にはそのような事態が発生する可能性は低いとは思いますが、そんな万が一までを想定して第二のセーフティーネット、つまり証券会社のペイオフ制度があります。 投資家の資産が返せない時は、投資者保護基金より投資家1人1000万円を
上限に補償されることになっています。この基金に国内の証券会社だけでなく外国証券の在日支店も加入しているのは、預金保険制度と異なる点といえます。ちなみに、株式や債券などの補償額の評価はというと、補償が行われることが公告された日の終値で計算されます。

証券会社には二重のセーフティネットがあります。まず、証券会社は自社の資産と顧客資産とをきちんと分けて管理する「分別管理」が法律で義務付けられており、それが行なわれている限りは破綻による影響はありません。株式や債券などの有価証券は顧客名義で買い付けられて管理されているし、投資信託の場合は運用会社と信託契約を結んだ信託銀行が信託財産として管理。信託銀行でも資金の分別管理がなされており、万一、利用している信託銀行が破綻しても、投資信託の資金に影響はないことになっています。
ただ...続きを読む

Q証券会社倒産時の債権はどうなるの

現在金融不安の最中ですが、証券会社の倒産が予想されますが
証券会社で保有する株式はホフリで保管されると聞いてしますが
一般会社発行の債権は証券会社倒産時にどういう扱いになるのか
教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/service/se10_bunbetsu.html
http://money.derica.jp/md/node/1010109923

この辺を読んで頂ければ。

QUSドルの運用はどの証券会社・銀行がいいですか?

現在、A銀行にUS$があります。そもそも受取時点で為替レートが下落しており原資割れしていたためUS$で受け取ったお金ですのでまったくの余剰資金です。その運用方法での相談です。
A銀行では外貨定期でしか運用できないようですが、調べてみると将来為替差益を狙っての投資なら非課税扱いの外貨MMFの方が良いとのことらしいですね。また現在豪ドルも外貨預金(為替差益が課税扱いになることに気づかず)で買付しています。豪ドルについてはこれからも継続したいと思ってます。
そこで証券会社・銀行の選び方ですが、何に注意して選んだらいいですか?利回りはあまり変わらないような気がしますが、手数料は安いほうがいいですが現在の取引銀行はUS$片道20銭、豪ドル片道40銭なのでネット証券も安いとは思えず、迷ってます。
皆様は何を基準に決められますか?また何を基準にして決めたらよいでしょうか?
また他に良い運用方法があれば教えていただければありがたいです

Aベストアンサー

>投資信託の購入が外貨でも可能なものがあるということでしょうか?

その通りです。ただし、いろいろなタイプの外貨建て投信があるので、投資対象や仕組みは十分理解する必要があります。手数料もかかるものもありますし、情報開示していない複雑な仕組みの投信も多数あります。

もっとも、外貨預金にしろ、申し上げた外貨建て投信にしろ、昔とはひかくにならない低金利になっているので、コストやリスクに見合うリターンが期待できるか今一度検証されたらいかがでしょうか?

Q外国証券管理料が不要な証券会社を、

教えてください。

私なりに調べましたが、UFJつばさ証券、Eトレード証券しか見つかりませんでした。

大中小かかわりなくご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.2 お礼欄への返信です。
>管理料を払い続けると明らかに手取り利回りが低下しますよね。

確かに10万円の10年もの米国債の利回り程度です。
これを単独で長期保有するのであれば管理料はふっとびますが、外債は全般に長期戦です。為替と金利を見ながらどんどん有利な債券を増やしていけば、そのうち管理料は無視できる投資額になります。
豊富な種類の外債を提供してくれる証券会社は実際管理料を取ります。
まあ米国債だけなら無料のところがあるかも知れませんが、個人的には寂しい品揃えの証券会社はお呼びではありません。
ユーロ債(フランス/ドイツ)、ポンド債、NZドル債、豪ドル債、カナダドル債、これらの品揃えがないと長期にやっていけません。

Qネット証券と従来の証券会社の比較

それぞれのメリット・デメリットについて教えて下さい。特に手数料について、なるべく具体的に知りたいです。

Aベストアンサー

日経マネーの後ろにのてます。
SBI  株100万で  639円
大和 株100万で3,622円
ネットは相談相手がいませんから全部自己責任で。

従来証券は一応、担当がついて相談してくれます。
でも証券会社は売買してなんぼですからお客のお金が増えようが減ろうが関係ありません。

株は損得が解りやすいので、ファンドに力をいれてます。
銀行もファンドに力をいれてます。
売るとき3%程度、  毎年、信託報酬1.5%程度が入るからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報