狂牛病が問題になってから不安でいろんなHPを見ているのですが、意外なことにどうもこの疑問の答えがのっているHPが見つからないので質問させて頂きます。

狂牛病が日本で発生したのは英国から輸入された肉骨粉を飼料として牛に与えられたことが原因、とされていますよね。酪農家だって今は情報が得られずただ漠然と牛を育てて卸している訳ではないと思いますから、英国でなぜ狂牛病が蔓延したかくらいは承知してたと思われます。
それなのに、なぜ、一応農水省が禁止していた肉骨粉が飼料として与えられてしまったのでしょうか。
よほど牛が丈夫になるとか、牛乳の質や生産量がよくなるとか?
それとも肉骨粉の値段が他の飼料に比べて格安とか?
まさか、無料で配られていたとか?

どなたかご存知の方、教えて下さい。もしくはこの疑問が解決するHPをご存知でしたら教えてください。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

牧畜の場合に.牛1頭から牛乳が取れます。

牛乳に含まれているカルシウム量(牛乳は高カルシウム食品です)よりも多い量のカルシウムを牛に与えないと.牛はカルシウム不足の栄養失調になります。

一方.本来牛は子牛を育てる分だけの牛乳しかだせません。これをごまかして.無理矢理牛乳を絞り取っています。したがって.通常の食事だけではカルシウムを補給できません。どうしてもカルシウムを添加した餌を与えないと栄養失調になります。

最後に.近所の牧場が3軒破産しました。牛乳価格の低迷が原因で経営は極端に悪化しています。また.欧米並みの低価格を要求されていて(ガットウルグアイラウントと農産物自由化によるものです).低価格の餌に農家が飛び付くのは当然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この狂牛病問題の根本に流れているのは「人間のエゴ」のような気がするんです。
牛から牛乳を絞り取る、その為にカルシウムを補給する、その為に元来草食動物である牛に肉骨粉を与え共食い状態にさせた…
人間に都合よくしてきたバチが当たったような気がしてならないのです。
それにしても日本の農業・酪農業はどこへ行ってしまうんでしょう。

お礼日時:2001/09/30 11:20

>カルシュウム補強用として牛乳や栄養補助食品に配合される、骨分も早期に禁止すべきと思います、


日本国内産食品用の食品添加物のカルシウム配合剤は.たしか.卵の殻が原料と記憶していますが.家畜骨から食品添加物を生産しているのは米国ではありませんか?
ただ.20年前の話なので.現在はどうなのかは自信ありません。

この回答への補足

補足ではないのですが、この場をお借りして。
皆さん、回答どうもありがとうございます。お礼申し上げます。
どうして肉骨粉が使われていたか、理解できました。
それにしても政府の対応が甘すぎるし、日本の農業・酪農業の行く末をどうするつもりなのか見えてこないのが困りものです。
早く不安を取り除くような対応をとってほしいものですね。

補足日時:2001/09/30 11:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
もう「骨」「肉」という言葉全てに疑心暗鬼になっています。
早くどうにかしてもらいたいものです。
それにしても消費者が知らない事がいっぱいですよね。
狂牛病を怖がる前に、そういうことも知らなくてはいけないと思います。

お礼日時:2001/09/30 11:01

血粉という形で、乳牛に与えられていたケースもあるようです、酪農家向けのコンサルタントがしきりにこの血粉の使用を薦めていたようです、それから他の方のご指摘にありますように、酪農家の方の中には、禁止された事を知らなかった方も多いように聞いております、やはり狂牛病は遠いヨーロッパの話、対岸の火という意識がどこかにあったのではないでしょうか。

それよりもこれ以上拡大しない努力を怠ってはならないと思います。豚や鶏用にも肉骨粉の使用を禁止すべきでしょう、牛用と混ざる又は、誤用する危険性を排除すべきではないでしょうか。更に、カルシュウム補強用として牛乳や栄養補助食品に配合される、骨分も早期に禁止すべきと思います、たしかに骨からは感染しませんが、脊髄のも骨と一緒に処理されますので、危険性は高いと思います、1000度以上で1時間以上加熱されれば、危険性は無いといいますが、骨粉を作る際にそこまで温度と時間をかけているか?もしくは、一番分厚い骨である背骨に囲まれた、骨髄が同条件でほんとうに異常プリオンを破壊できるか?私は疑問に思います。さらに最初に書きました、血粉も早期に禁止すべきでしょう。それでも疑問が残ります、なぜ肉骨粉の製造工場(全国に2箇所)に生産禁止しないか?、必須アミノ酸の必要性を理由にされてますが、ヨーロッパでは、魚粉を与えています、ではなぜ?、邪推かもしれませんが、肉骨粉の製造会社は、農水省の官僚の天下り先かもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私たち消費者の知らないところで恐ろしい事が起こっているということが露見したのが今回の狂牛病だと思うんです。
農水省は普段何をしているんでしょうね。現場で何が起きているのか、「対岸」で何が起きているのか、把握できてないんでしょうか。それとも「邪推」とおっしゃるようなことがあって見て見ぬふりを貫いているんでしょうか。
こんな状態で将来日本の農業・酪農業がダメになってしまったらどう落とし前?をつけるつもりでしょう。「天に向かってつばを吐く」状態にいることを早く気づいてほしいものです。

お礼日時:2001/09/30 11:40

 豚とかニワトリには飼料として肉骨紛が与えられることに規制がありませんので、これらと同時に飼育している養牛業者は他の割高な代替物に換えて与えていたとしても、刑罰もないのであれば納得がいきます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
何にしてもこういうことへの政府の対応はハンパですよね。
ことが大きくなってからもことの重大性がわかってるんだかわかってないんだか…
使ったら罰するくらいのことを決めて、使わない代わりに代替物を配布するとか金銭で保証するとかして、日本の酪農業を保護する気持ちはないんでしょうかね。

お礼日時:2001/09/30 11:13

 肉骨粉を与えると乳牛の乳の出がよくなるそうです。

無論これだけではないと思いますが・・・。

 農水省が禁止していたのはイギリスからの肉骨粉輸入であって、EUからの肉骨粉は野放しだったようです。ですから行き場を失ったEU内のイギリス製肉骨粉がEU製として規制の甘かった日本に輸出されていたようです。いっそ全面輸入禁止措置をとっていればよかったのでしょうが。
 また農水省の通達や情報が農家に伝達されていたかということですが、千葉県ではただ通達の記載された広報紙(そもそも広報誌程度に重要な通達を周知させる役割を担わせるのがおかしい)を配るだけで他に何かしたわけでもなく、また肉骨粉を利用していても罰則がない(行政指導)ので大して効果なかったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

こういうことがあると管理者である国の認識の甘さがやり玉にあがりますね。
でもどうも今回はいろんなところのいろんな人の少しずつの甘さがまとまって大変なことになってしまった感があります。
でもこうなってしまった以上は今度は風評被害を全力で避けるようにしなくては日本で牛肉・牛乳に関わる人たちが悲惨なことになってしまいます。その対策は万全にしてほしいものですね。

お礼日時:2001/09/29 02:12

肉骨粉はタンパク源として使われたのだと思います。


一日に何十リットルも牛乳をとる乳牛や、肉牛の成長を早くするためなど。
新聞によると、肉骨粉の前に使われていた、魚が原料の飼料より、生臭さがないとか。
さらに、欧州で規制されたため、値段が暴落し、規制していない国に流れ込んだのも一因。
それに、酪農家の知識レベルも様々なんじゃないでしょうか。
狂牛病のことを理解していない酪農家もいるはず。やぶ医者がいるのと同じです。
それに、経営が苦しければ、効率主義に走らない保証もない。

また、農水省の禁止の通達ってどんなもんなんでしょうね。
農家一軒一軒までちゃんと連絡が行くのでしょうか。そうは思えませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
使われた訳、わかりました。

酪農家の意識もそりゃ十人十色ですよね。薄利多売か豪華一点主義(?)かでも違うでしょうし、売るルートによっても方針が違うというのはわかります。
おまけに通達だって一方通行だろうし、(今回の通達とやらが文書で配られたかどうかはわかりませんが、文書と仮定したら)注意してそういうものを見る人、ただ受け取って全く読まない人、いますからね。
でも「それにしても」という気持ちは拭えません。
どうも日本人は(日本人とは限らないかもしれませんけど)危機意識が低いような気がします。もちろん、自分も。ことが起きてから重大さにやっと気がつくんですよね。
いろいろと考える機会を与えられた気がする今回の狂牛病騒ぎです。

お礼日時:2001/09/29 01:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市販のチヂミ粉の活用法

以前チヂミ粉を買ったのですがかなり余ってしまい使いきれません。チヂミ粉、お好みやき粉、たこ焼き粉、天ぷら粉…さまざまな粉がありますが、具体的に何が違うのでしょうか。
調べたら天ぷら粉をチヂミ粉に置き換えるというのはちらほらありました。チヂミ粉→天ぷら粉にもなるのでしょうか。(なる気はしないのですが…)
チヂミに飽きたので、何か違うものにアレンジしたいと思っています。
成功や失敗含め、作ってみたことあるよ!という方やこんなレシピ聞いたことあるよ!という方、どうか知恵を貸してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チヂミ粉自体はただの粉ですから具材を変えればバリエーションは無限です。
http://recipe.rakuten.co.jp/word/%E3%83%81%E3%83%82%E3%83%9F%E7%B2%89/

沖縄風の天ぷらってご存知ですか?
味のついた衣を使ったフリッターのようなものです。
チヂミ粉を使うとそれに近いものができると思います。
たこ焼きのように丸く焼いたり、クレープのように薄く焼いて野菜や肉などの具材を巻いて食べるのも良いと思います。

しかしその前に、以前というのはどれぐらい前でしょうか?
賞味期限内であっても開封したものであればやめた方が無難です。
お好み焼きやチヂミ粉やホットケーキ粉のような調味された粉はとても虫がつきやすいです。
ジッパー袋のようなものに入れてたとしても油断はできません。
冷蔵庫保管であれば多少大丈夫ですが常温で保管しておいたならダニがわいているかも。
と言うのもパンケーキシンドロームと言われる重篤なアレルギーを引き起こす可能性があるからです。
ショック症状で死に至ることもあるのでご用心ください。

Q肉骨粉はやめたのにどうして狂牛病はなくならないの?

牛肉の輸入をめぐって日米で摩擦が起きようとしていますが、ひとつ疑問に思うことがあります。BSEの原因は、肉牛の飼料に肉骨粉を混ぜたことですよね。世界的に大問題になったわけだから、当然どの国でも肉骨粉を与えるのは止めたと思うんですが、どうして狂牛病はなくならず、今でも厳しい検査をする必要があるんでしょうか?
肉骨粉を食べて育った牛は、まだ処分されずに生き残ってるということでしょうか?それとも狂牛病が遺伝して、次世代の牛たちにも因子が残ってしまっているのでしょうか?

Aベストアンサー

BSE感染牛の肉骨粉は牛には食べさせないということで、たとえBSE感染牛がいても検査もしないで処理して正常牛の肉骨粉として流通しているのでは無いでしょうか。
数日前のTV放送をみてアメリカの現状や米農務省の検査官のインタビューの回答でへたり牛は方々に発生しているといっていましたし、実際にへたり牛の映像も放映して、その中にBSE感染牛がかなりいる、いるけど検査もしないで解体して処理している(これも肉骨粉に加工されている)ようです。日本の牛舎や牧場での牛の飼い方と米国の飼い方は全く異なり、いわば広大な原野に野生の牛が勝手に群れを成して生きているといった飼い方で、どの牛が何年何月何日に生まれたか、BSEや他の病気にかかっているか分からない、検査するにしても1~2%の牛の抜き取り検査をするのがやっというのが実情のようです。あきれて物が言えません。こんな中で20ヶ月未満の月齢の牛肉の輸入が政治的決着で開始されようとしていますね。米国の牛肉検査官の話では骨肉の色や肉質で20ヶ月未満と判断するのは困難で、何割かは検査ミスがでるとのインタービューでした。こんなので米国から輸入が再開され牛丼店で庶民が喜んで食べてもいいのでしょうか。

BSE感染牛の肉骨粉は牛には食べさせないということで、たとえBSE感染牛がいても検査もしないで処理して正常牛の肉骨粉として流通しているのでは無いでしょうか。
数日前のTV放送をみてアメリカの現状や米農務省の検査官のインタビューの回答でへたり牛は方々に発生しているといっていましたし、実際にへたり牛の映像も放映して、その中にBSE感染牛がかなりいる、いるけど検査もしないで解体して処理している(これも肉骨粉に加工されている)ようです。日本の牛舎や牧場での牛の飼い方と米国の飼い方は全く異なり...続きを読む

Q粉糖・粉砂糖について

タイトルの通り粉糖と粉砂糖についてです。


マカロンを作りたいのですが、レシピに粉糖と書いてあります。
ですが、近くのお店に粉糖が無く、粉砂糖を買いました。

粉砂糖にはコーンスターチ・オリゴ糖・砂糖が入ってます。

この粉砂糖を使っても綺麗にできるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。パティシィエです。

コーンスターチが入っていてもマカロンは、作れるとボクは、思います。
「入っていると作れない」と説く人がいるのは、知っていますが作れると思います。

ただオリゴ糖が入っているものは、お奨めできません。

これが入っているとマカロンに限らず焼き色が強くついてしまう傾向があります。

もしご参考になったなら幸せです。

Q狂牛病 本当に農水省が悪いのか

最近の狂牛病の騒ぎで思うんですけど、農水省の不作為がまたまた
メディアによって批判されていますけど、本当に一番悪いのは、
業者の側ではないでしょうか。
曲がりなりにも、食肉牛の生産で身を立てている者たちが
にくこっぷんのことを知らなかった、農水省がもっと丁寧に教えてくれなかったからというのは話になりません。小学生じゃないんだから。
しかも、この事例は96年にヨーロッパで大ニュースになった事例です。
この事例に何の興味も抱かず、勉強もしないでいるということ自体が大問題ではないでしょうか。
プロであるならば、農水省が規制してくれなかったからというのは、理由にならないでしょう。むしろ、自分たちから危険をアピールし、農水省に働きかけるべきで、誰にも言われなくと自己規制をかけることであってしかるべきです。
マスコミは、この点にはまったく触れず、農水省批判だけしています。
どうも、ずれているように思えて仕方ありません。どうでしょう。

Aベストアンサー

たしかに言われる面は有るでしょうが、生産者側にそこまで要求するのは無理と思います。
ごく一部の生産者が怠慢であっても同じ結果を招くからです。
確かに狂牛病以前の問題として生産性のみを考えた不適切な飼料を使用したモラルは咎められるべきで、今回制裁を受けたことで反省して頂きたいものですが、農薬やそれ以外でも同様の状況があると思います。
やはり農水省が最低限の安全性の確保と言う事で責務(罪)を受けるべきでしょう、その為に有るわけですから。
唯YUZURUさんや他の方も指摘されるように、構造的に機能出来るだろうか?です(今後も)。
私はただセンセーショナルに批判するだけではない第三者的監視機関が必要と思います。

そこで現実的にとても残念に思うのは、大学等の学界がどうして指摘出来なかったか、又そのような任にあたっていないのか?です。
出来なかったとすればそこで学んだ専門家には任せられない怖さすら感じます。
そのへんの改革まで普及すれば大きな課題となりますが、根本はそのへんに有るのではないでしょうか。

Q強力粉を薄力粉で代用(打ち粉)

フライパンで作れるパン?のレシピに、生地は薄力粉で、打ち粉は強力粉とありますが、打ち粉の強力粉を薄力粉に代用しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

生地が薄力粉の場合は打ち粉を強力粉にしないと引っ付く原因になります。
同じ分子のサイズになるので引っ付くのです。
だから生地が薄力粉の場合は打ち粉を強力粉に生地が強力粉なら打ち粉は薄力粉になります。
問題はありませんが、引っ付くので伸ばしにくいです

Q狂牛病判定付かずの牛はいま?

先日、神奈川県食肉関連の施設(厚木)で疑いが出た狂牛病判定で「黒とは断定できなかった(完全なシロでもない?)」というような結果が出たかと思います。

このクロではない牛、どうなっちゃったんでしょうか?
やっぱり流通にはいったのでしょうか?
このあたりが発表も内容の不完全さも食品管理に疑問を持たざるを得ないのですが.....

Aベストアンサー

処分した事にして、どこかの業者が買って行ったんじゃないですか?
せめて少しでも安い肉は食べない事ですね。

Q100パーセント全粒粉のパンはありますか?

今日近くのデパートに全粒粉パンを買いにいったら、全粒粉の割合が10数パーセントしかないにもかかわらず「全粒粉パン」として売ってました。店員にきくと全粒粉が100パーセントに近い割合の全粒粉パンは作ってないとのこと。どこで100パーセントに近い割合の全粒粉パンを買い求めることができるでしょうか?こちらは東京の町田です。

Aベストアンサー

アコルトhttp://www.der-akkord.jp/takuhai.htmに全粒粉のパンがあります。

★Grahambrotグラハムブロート
原材料:全粒粉、天然水、塩、酵母(サワー種)
国産小麦全粒粉100%

通販もやってます。

全粒粉と、ライ麦だけでパンを作ったことあるけど、
おいしかったですよ。(ルヴァンのレシピで)

膨らまないけど、そのかわりこねなくっていいから
簡単といえば簡単。

でも電気オーブンだとおいしくできないかも。
粉にしっかりと火が通ってないとおいしくない。

だから買ったらおいしいかもです。

Q食品業界に蔓延する偽装表示

牛肉の偽装問題がきっかけで、スーパーの悪質な営業などがテレビで紹介されるようになりました。昨日も肉の部位を偽ったり、魚の産地がウソだったり、賞味期限切れの肉のラベル張替えなどきりなく紹介されていて改めて大きなショックを受けました。いくら商売とはいえ、あまりにも消費者を欺く行為には腹が立ちます。そこでどなたか、そういったことを調査している市民、消費者団体、サークル等をご存知なら、是非教えてください。私も受身のままでなく、少しでも安全な食生活を守るために行動をしたいと考えています。

Aベストアンサー

 全国消費者団体連絡会   http://www.shodanren.gr.jp/

 消費者問題関係機関リンク集  
 http://www2.convention.co.jp/consumer/m_link.html

 などを参照して、身近な団体に連絡をしてみてください。どの団体も、程度の差はありますが、食品の安全表示については運動や要望活動をしていると思います。

Q沖縄そばの片繰粉って打ち粉らしいのですが、日本そばの打ち粉と一緒なのでしょうか?

こんにちは。
今度、沖縄そばを麺から作りたいのですが、片繰粉っていうのがレシピにあるのですが、これって打ち粉であたってますか?
しかもこれって蕎麦粉でいいのでしょうか?
沖縄そばって蕎麦粉を全く使わないと聞いたのですが・・・打ち粉には使うのでしょうか?

Aベストアンサー

打ち粉に使うのは、片栗粉またはコーンスターチ(でんぷんですね)です、ちなみにスターチ(Starch)はでんぷんという意味の英語。

蕎麦粉は蕎麦の実から作った粉で、片栗粉とは違います。
片栗粉は本来カタクリという多年草植物の鱗茎から取りますが、現在は高価なため、市販しているもののほとんどが、ジャガイモを精製したでんぷんで作られています。

沖縄そばは日本蕎麦のようなように蕎麦粉は使用しません、製法はラーメンそのものです材料が小麦粉100%で鹹水(かんすい)を使います。
ただ、通常のラーメンより太いので食感はうどんのようです。
打ち粉にも蕎麦粉は使用しません。

Q20ヶ月以下の牛ではなく20ヶ月以上の牛の方が安全では

アメリカでは20ヶ月以上の牛の検査をすると聞いているのですが、20ヶ月以下の牛ではBSEの因子を持った牛がいるのではと思うのですが。どうなんでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも論で、20か月以下の牛を検査したところでBSEに感染しているかはほとんど分からない訳です(今まで一番若い発見例は21か月)。また純粋に科学的にいうと、異常プリオンが発生するのには一定程度時間がかかり、現在の知見ではそれが通常30か月程度とされていることから、それらを勘案して「20か月」という結論を出したということのようです。

ただ、もう一つのそもそも論で行くと、アメリカの牛は広大な牧場で放し飼いなのでいつ生まれたかは正確には分かりません(苦笑)。ですから、月齢で検査対象を分けるというやり方が機能するかどうかは実はやってみないと分からない面もあったりします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング