タイトルのままですが法律用語としての「人権」「人権保障」とはどう定義づけられているんでしょうか。法律用語の辞典等が今手元にないので、どなたか詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私の手元の本には「人間が生まれながらにして、人間であるがゆえに有する権利を人権又は基本的人権と云う。

」と書いてありました。また、国家はすべての国民を個人として尊重し、保障する。と云う趣旨のことが書いてありました。保障と云うのは、例えば、AがBに怪我を負わせばBは刑事制裁に、民事では損害賠償責任を負うことになり、どちらも、最終的には国家権力により刑事では逮捕や留置、民事では強制執行でBの財産を差押等が、その「保障」と私は考えています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりましたが回答ありがとうございました。とても参考になり、助かりました。本当にどうもありがとうございました!

お礼日時:2001/10/08 02:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業倫理で・・・

企業倫理と最近言われていますが、皆様の会社では自宅から会社へのメール送信、会社から自宅へのメール送信は企業倫理上、だめですか?最近、セキュリティが厳しくなってきました。家で会社で残業できない分、メールで添付して自宅で仕事したいと思っているのですが・・。

Aベストアンサー

私の会社では厳禁です。個人情報や機密情報も扱うので、懲戒解雇の対象です。
会社の損害や資本金を全額自己負担する程度の余裕があれば、やってみても良いとは思いますが、倫理というより万が一の時の損害補填できない労働者の方が多いのではないでしょうか。
LANを使っている時点で世界中と繋がっている自覚を持った方がいいです。
自宅は職場ではないので、全部自己責任です。
どうしてもやりたいなら、自己破産と破産後の生活についての知識を得てからやりましょう。
メール送信する先や情報の内容によっては、犯罪にあたることもあるので、懲役刑も覚悟で行って下さい。

Q法律用語の定義

損害という言葉の定義
損害賠償という言葉の定義を教えてください。
損害を破るということの意味がわかんないんですけどどういうことですか??

不法行為責任と債務不履行責任の意義と相違についてもお願いします。。

Aベストアンサー

損害と損害賠償はNo.1の方のおっしゃるとおりでいいと思います。

>損害を破るということの意味がわかんないんですけどどういうことですか??
見間違いではないですか?損害を破る(やぶる)ではなく、損害を被る(こうむる)だと思います。(違ってたらすいません。)

>不法行為責任と債務不履行責任の意義と相違についてもお願いします。。
不法行為責任は、故意または過失によって相手に損害を与えた場合に発生します。
一方、債務不履行責任は、履行すべき債務を履行しなかったことにより相手に損害を与えた場合に発生します。
両者のメルクマールは、履行すべき債務が元々存在していたかどうかです。
例を挙げると、物を買ってお金を払わなければ債務不履行ですが(∵売買契約の成立により、代金の支払いという債務が元から発生していた。)、交通事故で人を傷つけた場合は不法行為になります(∵元々、相手に対する債務が存在していたわけではない。)。

ちなみに、法律に反するかどうかはメルクマールにはなりません。債務不履行においても、責任が発生するには債務を履行しないことが違法である必要があります。そういった意味では、両者ともに法に反した場合に問われる責任です。

損害と損害賠償はNo.1の方のおっしゃるとおりでいいと思います。

>損害を破るということの意味がわかんないんですけどどういうことですか??
見間違いではないですか?損害を破る(やぶる)ではなく、損害を被る(こうむる)だと思います。(違ってたらすいません。)

>不法行為責任と債務不履行責任の意義と相違についてもお願いします。。
不法行為責任は、故意または過失によって相手に損害を与えた場合に発生します。
一方、債務不履行責任は、履行すべき債務を履行しなかったことにより相手に損...続きを読む

Q「JR脱線事故」と「株式会社」と「企業倫理」と。

株式会社が一番に考えなければならないのは株主に利益をもたらすことですよね。つまり業績を上げて、株主に利益を配当する。ですが、今回のJRでもそうなんですが、「人名最優先」といった「企業倫理」が問題とされることって結構有りますよね。実際に、JRのマニュアルでは一番に「儲けを増やすこと」そして次に「安全を確保すること」が定められていたと報道されています。そしてそれが批判されているわけですが・・・

ここで疑問なのは、「株式会社が株主に利益をもたらすことよりも顧客の身の安全を確保することにより重きを置いてよいのか」ということ。

あるいは、命にかかわる仕事を「株式会社」にさせていいのかということ。例えば病院なら「医療法人」または公の機関ですよね。・・・でも製薬会社は株式会社だったりするわけですが。

このあたりについて詳しい片がおられましたら教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業は、その所有者である株主を向いた経営を行う、これは株式会社である以上当然のことですが、では「株主の利益のためなら何でもしてよいのか」というとそうではありませんよね。

(1) 法令順守(コンプライアンス)
手数料を稼ぐために顧客が損をしようがおかまいなしに株式売買を繰り返させた証券会社の行為や、融資残高を積み増し利息収入を増やしたいがためにバブル期に地主に借金させてマンションを建てさせ、結果破産に追い込んだ銀行の行為、安く仕入れて高く売って儲けを増やすために産地偽装などを行った食品会社の行為、そして今回のJR。
稼ぐためなら手段を選ばず、は間違っています。

また、言い方を変えると、取引先(顧客)を満足させ、従業員を満足させ、債権者(銀行など)を満足させ、その結果残った利益の一部が株主に還元されるのです。
ですから、株主へ利益をもたらすということはそれぞれの利害関係者が満足していることがいわば大前提であり、それらが満足していないのに株主に利益を還元するというのは本末転倒な話です。

JRの場合、安全面にコストをかけて投資をすることが乗客への満足度を高める行為となるわけですから、それを疎かにして株主に還元したのはいかがなものか、ということになります。

(2)短期と中期と長期
短期的には収益をもたらすかもしれないが長期的には自らのクビを締める行為というものもあります。
例えば、
あるメーカーがとても儲かっていて配当も高い。
工場のメンテナンスや増設はコストがかかり、それを行うと高配当が維持できないかもしれないから見送る。
数年後、設備が陳腐化し競合が出現し、競争の結果負け組みになってしまい株価下落、赤字転落し無配に陥る。
かえって株主に迷惑をかける。

これは本末転倒です。短期的な収益を上げつつ長期的な収益の種もまき、そのバランスをとりながら経営というのは実行する必要があります。



さて話はそれますが、私は医療法人についても同様だと思います。
収益を上げるために診察料を高くする、患者をえり好みする、設備投資を先送りする、必要のないクスリや高価な薬を投与する、などとやると長期的にはその病院は患者から見放され、淘汰されると考えられます。
ここでいう収益は、実は「短期的」なもので、目先の話だったということです。

企業は、その所有者である株主を向いた経営を行う、これは株式会社である以上当然のことですが、では「株主の利益のためなら何でもしてよいのか」というとそうではありませんよね。

(1) 法令順守(コンプライアンス)
手数料を稼ぐために顧客が損をしようがおかまいなしに株式売買を繰り返させた証券会社の行為や、融資残高を積み増し利息収入を増やしたいがためにバブル期に地主に借金させてマンションを建てさせ、結果破産に追い込んだ銀行の行為、安く仕入れて高く売って儲けを増やすために産地偽装などを...続きを読む

Q法律用語の定義が載っているもの

試験で定義を覚えておいたほうがいいとよく聞くのですが、定義はどこに載っているのでしょうか。本屋に行っても「定義集」と名づけられたものはみつかりませんでした。みなさんはどこで定義を覚えているのでしょうか。また、参考図書類がありましたら教えてください

Aベストアンサー

ご質問は法律用語集ではなくて定義集ですよね?
「処分権主義…処分権主義とは、当事者に訴訟の開始、審判対象の特定やその範囲の限定、さらに判決によらずに終了させる権能を認める建前をいう」といった感じの定義のことですよね?

シケタイ(伊藤真の試験対策講座)の右側に「○○とは?」と書かれている部分が定義に相当すると思います。
特に定義集を用意せずとも、シケタイの該当箇所にマーカーでも引いて、一言一句ではなくてだいたい覚えておけば良いと思いますよ。
巻末に論証パターンも載ってます。

Qあなたにとっての「人権」とは

・女性の地位向上・子供の人権・高齢者に対する人権・障害のある人の人権・部落差別の問題・アイヌの人々に対する理解・外国人に対する人権・HIV、ハンセン病なのに対する人権・刑を終えて出所してきた人に対する人権・犯罪被害者とその家族に対する人権・インターネットを悪用した人権侵害・その他

あなたが、ふだんの生活で感じる人権問題を教えて下さい。

Aベストアンサー

犯罪加害者の親族に対する人権ですね。

犯罪をおこせば、名前がマスコミに報道されその
家族・親戚までもが迷惑を被ります。
犯罪者の子供は必ずいじめの対象になるだろうし、
大人も世間から白い目で見られます。

マスコミは性別・年齢・都道府県だけ報道すれば
いいじゃないですか。
なんで実名まで報道する必要があるのでしょう。

Q大日本帝国憲法における権利保障とのあり方との日本国憲法は人権をどんなものとして保障しているか

日本国権法の人権保障は、侵すことの出来ない永久の権利からきてるもので、そこから特質・根拠・分類といけばいいと思っているのですが、大日本国憲法における権利保障がイマイチ分からなくこの2つの対比ができません・・。

Aベストアンサー

どういう趣旨かはいまいちよくわかりませんので、的外れかも知れませんが、とりあえず想定して回答してみます。

大日本帝国憲法(明治憲法)の人権保障規定は俗に「法律の留保」と呼ばれる制限がありました。これは、法律の規定があれば憲法の人権規定は制限できるというもので、人権保障としてはきわめて不十分でありました。そのため、治安維持法をはじめとする各種法律で戦前・戦中において国民の人権は大きく制限されてきました。これを形式的法治主義という言い方をする学者もいるようです(本来の形式的法治主義とは異なったものだとする学者もいます。詳細は専門書などを参考にしてください)。また、「法律」も制定過程からしても民主的なものとはいいがたく、貴族院は非民選議員で構成され、衆議院についても幾多の選挙法の改正は経ているものの、完全な普通選挙のもとで行なわれたものではありませんでした。さらに、緊急勅令や独立命令など、法律によらずして人権が制限されることもありました(現在では緊急勅令や独立命令は禁止されています)。結果、軍の暴走を引き起こし、第二次世界大戦の苦い経験を経て現在の日本国憲法が出来上がったわけです。

日本国憲法の「公共の福祉」の意義について、いわゆる一元的外在制約説を採る学説もかつてはありましたが、それでは明治憲法の「法律の留保」とかわらないということになり、現在ではいわゆる一元的内在制約説が通説的地位を占めています。つまり、「公共の福祉」は人権が衝突した場合の実質的な衡平を図る機能として設けられたものであるとされています。法律によって自由に制限できる人権とはまったく異なります。

学者によって解釈の異なる場面もあり、またかなり端折った部分もあろうかと思いますが、詳細は専門書等に譲ることにします。

どういう趣旨かはいまいちよくわかりませんので、的外れかも知れませんが、とりあえず想定して回答してみます。

大日本帝国憲法(明治憲法)の人権保障規定は俗に「法律の留保」と呼ばれる制限がありました。これは、法律の規定があれば憲法の人権規定は制限できるというもので、人権保障としてはきわめて不十分でありました。そのため、治安維持法をはじめとする各種法律で戦前・戦中において国民の人権は大きく制限されてきました。これを形式的法治主義という言い方をする学者もいるようです(本来の形式的...続きを読む

Q世界の人権は 日本の人権は守られるのでしょうか?

世界の人権は 日本の人権は守られるのでしょうか?

人権は自然法則ではないので 人間が守らないと基本的には守れません。

世界中の人の人権が存在すると宣言し 日本でもそのような法律が在ります

しかし実際には日本でも まして世界では、人権は守られていません。

ある福祉関係者が言ったそうですが「日本は福祉国家ではないので・・」だそうです。

ソマリアなどでは殺し合い 惨殺が続いているそうです。

人権は理想で在り努力目標であって。世界の国や国連が何としても守るものではないのでしょうか?

これから温暖化で食料不足や自然災害等も増えて ますます人権は脅かされます。

人権は結局守れないのでしょうか?

Aベストアンサー

人の権利と国家の枠組みを考える必要があると思います。

>日本は福祉国家ではないので・・・・・
今話題の、お隣 中国は社会主義の国です。日本の人権の常識が通じない、欧米の個人の尊厳を重んじる国とは違います。恐らくですが、国家の庇護の下に国民一人ひとりの人権を守ろう・・・そんな印象を受けます。しかし、中国でも欧米でも、人権は法律を守り、遵守される必要を感じます。その枠組みが壊れると・・・以下のような事態が・・・・・・。

>ソマリアなどでは殺し合い 惨殺が続いているそうです。
1人の同じ人間である筈なのに、生まれた国や地域によって格差が生じているように感じます。しかし、これは飽くまで日本を含めた世界的な見方とも言えます。

 ユニセフ・国連・NPOなどの国際機関によって不平等の解消が試みられていますが、大きな解決には至っていないのも現状と言えそうです。そうは言っても、こうした試みがなされないと格差は更に増加するでしょう。そして、軍事・経済・災害や紛争は国際社会の様々な動きと連動していると言えるでしょう。

>世界の人権は 日本の人権を(?)守られるのでしょうか?
この質問から私は、日本と中国、ソ連、北朝鮮などの関係を連想しますが、欧米の経済等でも言えるかも知れません。日本と日本人は、自国の威信を掛けて様々な方法で主張する必要があると思います。時には行動と言う手段を講じながら・・・・。その為にも日本政府が、そして日本人が同じ価値観をベースに協働するべきでしょう。いい加減な国にはそれなりの結果しか生まれないのです。

つまり、日本の言ってる事が世界に通用する(人権的な)価値を有する普遍性を基とする事が大事でしょう。昨日、中国で服役中の民主活動家がノーベル平和賞を受賞しました。昨年はアメリカのオバマ首相でした。これは、世界的には米中の力関係の中にあるという印象を感じます。その中に有っては、世界で唯一の被爆国日本の人権宣言が基本に考えられます。確かに世界中には、貧しい国が有ります、社会福祉の充実した国も有り、中国のような成長期の国もあります。

 まとめ:世界の人口は、戦争と疫病によって調整されてきたと、社会学の見方を聞いたことが有ります。でも、戦争を起こすのも止めるのも人間です。疫病は様々な状況の中で、突発的・自然発生的に起こる要因が有るでしょう。恐らく、今後もそうでしょう。そして、分かっていたら予防としても、事件が起きて初めて対応が始まる場合も多く、収束の糸口が見えない場合も少なくないと思います。人権問題にもそのような側面があるのだと思います。
※世界の人権問題も、日本の人権問題も分けて考えるのは難しいと言えるのでは?

人の権利と国家の枠組みを考える必要があると思います。

>日本は福祉国家ではないので・・・・・
今話題の、お隣 中国は社会主義の国です。日本の人権の常識が通じない、欧米の個人の尊厳を重んじる国とは違います。恐らくですが、国家の庇護の下に国民一人ひとりの人権を守ろう・・・そんな印象を受けます。しかし、中国でも欧米でも、人権は法律を守り、遵守される必要を感じます。その枠組みが壊れると・・・以下のような事態が・・・・・・。

>ソマリアなどでは殺し合い 惨殺が続いているそうです。
1人...続きを読む

Q法律上での「人権」とは?。

 法律上で定義されている「人権」とは何でしょうか?

Aベストアンサー

相談者のかたが、なぜどのような局面で、この質問をしようとしたのか、それがわかれば限定して答えやすいと思うのですが、以下は、推測しての回答です。

人権とは、他の方が答えている通り、対国家的なものです。私人間に直接適用されることの予定されている特別な人権もありますが(27条3項・28条など)。

そこで、ある法律で憲法の規定している人権を定義している場合は、憲法の規定自体が抽象的な規定の仕方をしていることから、それを具体化・具現化するものと考えられます。憲法の人権規定と一体のものと評価してよい。

また、実は、憲法の規定している人権は、あらかじめあるものを規定したのではなく、社会の変遷に応じて新たに発見され、発明された権利をそこに読み込む必要がある場合も出てきます(例として憲13条幸福追求権)。

たとえばですが、プライバシー権とは、憲13条で保障されている人権とされます。しかし、明文では規定していない。そこで、法律段階で、このプライバシー権を明文で認め、定義づける規定があるとすれば、それは憲法で認められている人権を注意的に確認し、具体化してその範囲を確定するものと言えます。

「確定する」というとき、そこにもろに憲法の保障の問題が先鋭化して生じます。

では、法律で規定したら、それはその範囲までしか人権とは認められないかというと、そうではなく、さらにその範囲・限界はさらに拡張されていく可能性があるということです。確かに一度法律で規定されてしまうと、一定の手続き的制約から、改正するのは困難ですが、人権の内容範囲は、元々、法律ではしばれないのです。

司法の場で、「新しい人権」が確認されていくのは、その例です。拡張したり、類推したり、そして、それでは対応出来ないとわかると立法化して対処するのです。

よって、設問に答えれば、その法律は、憲法の規定する人権の内容を具体化し、明確化するものであり、憲法規定と一体として考えられるが、しかし、法律で規定しても、その人権の内容について範囲を絶対的に限定できるというものではない、ということになります。

相談者のかたが、なぜどのような局面で、この質問をしようとしたのか、それがわかれば限定して答えやすいと思うのですが、以下は、推測しての回答です。

人権とは、他の方が答えている通り、対国家的なものです。私人間に直接適用されることの予定されている特別な人権もありますが(27条3項・28条など)。

そこで、ある法律で憲法の規定している人権を定義している場合は、憲法の規定自体が抽象的な規定の仕方をしていることから、それを具体化・具現化するものと考えられます。憲法の人権規定と一体...続きを読む

Q人権侵害

「人権侵害は、可能だ」って、どういうことが、考えられますか。


「人権侵害は、可能だ」って主張した瞬間、
主張したその人の人権も侵害されるという理屈です。

だから、
「人権(もしくは、自由)の主張は、
「他者の人権を侵害しない限りに於いて可能」だ」
という、ことになるのです。

Aベストアンサー

日本語がおかしいです。

人権侵害は認められる場合がある、とか
人権侵害は許される場合がある、とか
人権侵害は抑止できない、とか

そういう文章なら判るけれど。

可能だ、という言葉づかいからは、自分も応報を受ける覚悟で
自分の意志で成そう、ということからの逃避の匂いがします。

自分の欲求不満を払しょくするために、誰かに害をなすことを
誰かに「いいよ」と言ってもらって無責任に自分勝手を行う
免罪符を手に入れようとする、欺瞞的な匂いです。

人権侵害など、そこらじゅうで日常的に行われています。
それらを現実的に抑止できるものなど、機能不全の警察や
モラル位しかありません。

今更可能もなにもありゃしないのです。

質問者さんは、そもそも誰に何を問いたいのか、つまり
その問いによって自分の何を納得させたり学んだりしたいと
考えているのか、が欠けている気がします。

例えば、私が自分の尊厳を踏みにじった人間を許すまじと思い、
「具体的に復讐を実行する意思」を発動するかどうかが重要です。

それを誰かに「いいですよ」と言ってもらおうなどとは思いません。
やるか、やめるか、それだけです。

質問、というか、ただの主張というか、標題に書かれている言葉は
「ああ。それで?」というだけのものです。

その裏側に隠された、主語と感情、そして、過去。

例えば、主語は「あなた」、感情は「悔しい」、過去は「被害」、と
いうようなものが、裏側に隠されている気がしてなりません。

つまり、あなたがいじめの被害者か何かで、復讐を考えているが
気が小さく理屈っぽいばかりで行動に移せずに悶々と思考実験ばかり
繰り返している、というような、本当の相談があるように思います。

それをストレートに相談なさる方が、白であれ黒であれ、発展的な
回答が得られるものと思います。

この文章のままでは、目的も意味さえも不明確です。

もう少し、お気持ちや背景事情について整理してから投稿されると
よろしいのではないかと存じます。

日本語がおかしいです。

人権侵害は認められる場合がある、とか
人権侵害は許される場合がある、とか
人権侵害は抑止できない、とか

そういう文章なら判るけれど。

可能だ、という言葉づかいからは、自分も応報を受ける覚悟で
自分の意志で成そう、ということからの逃避の匂いがします。

自分の欲求不満を払しょくするために、誰かに害をなすことを
誰かに「いいよ」と言ってもらって無責任に自分勝手を行う
免罪符を手に入れようとする、欺瞞的な匂いです。

人権侵害など、そこらじゅうで日常的に行われてい...続きを読む

Q殺人事件加害者の人権ばかり守る日本の法律をどうにかしたい

先日、11ヶ月の赤ちゃんが「むしゃくしゃした」という理由で殺され、昨日は無免許・飲酒運転手のせいで8人が死傷しました。
悪質極まりない事件が多い昨今ですが、今の日本の法律では加害者の人権や心のケアばかり重点が置かれて、被害者や家族に対してはなんの公的ケアがなく、言わば「やられ損」のような感じがします。
私も今回の被害者の赤ちゃんと同じ年頃の子供を持つ親として、とても許せません。
殺人を犯しても15年もすれば出所して人生を再スタートしたり、神戸事件のように名前を変えて、就職先まで提供してもらったりする悪質な事件の加害者もいるというのに、被害者の人生は帰ってこず、被害者の家族もまた、心に深い傷を負ったままその後の人生を過ごしていかなければならないなんて、日本の法律はあまりにもむごい気がしてなりません。
このような理不尽な日本の法律を変えてもらいたいと思うのですが、どこにどのように働きかけていけばよいものか、些細なことでも結構ですので教えていただければ幸いです。

長文な上、うまく表現できず申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法律を変えたければ、国会議員に陳情すれば良いでしょう。私個人の意見としては被害者を裁判員に優先して当てることができたら被害の回復は容易かと思います。

しかしながら刑事手続きというのは被疑者又は被告人と国との間の関係なのです。国民と政府といってもよいでしょう。政府が不必要な弾圧を加えないようにするシステムであることも事実です。

私人間の権利の侵害を補填するのが民事の制度です。本来、被害者を救うのはこちらです。ただ加害者に資力がなければ普通は弁済できないことが多いのが実態でしょう。


人気Q&Aランキング