会社で一般財形をやってますが、
財形貯蓄積立保険をやっているかどうかは、
会社に聞かないとわからないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

財形貯蓄は契約金融機関によって扱いが違います。



銀行などは保険は付きません。
生命保険会社は生命保険が付きますが、積立金と同額の死亡保険金、損害保険会社は積立金と同額の傷害保険です。

財形貯蓄には3つの種類があり、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄、一般財形貯蓄の3つです。
財形住宅と財形年金は5年以上の積立期間で、利子非課税で、両者合算で、銀行なら元利合計550万円、保険会社なら元本550万円まで非課税です。
一般財形は源泉分離課税20%です。(普通預金や定期預金と同じ)
会社で厚生年金基金や事業所型確定拠出年金を導入していない場合、確定拠出年金の方が所得控除の対象になりますので有利と思います。
    • good
    • 0

わからないと思います。


社員の方の給与から天引きしたお金を銀行、生命保険会社等へ預けるのは、各社の自由です。
しかし、複数の金融機関へ預けるのは事務が煩雑になってしまうので、今「銀行への一般財形」を預入しているのなら財形保険は利用していないのではないでしょうか。と思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財形貯蓄について

財形貯蓄について、教えて下さい。
会社ではいろいろな金融機関を取り扱っています。
どう違いがあり、どれがいいのか、さっぱりわかりません。
安全で利率のいいところはどこですか???

>  都銀・労金:定期預金
   みずほ・労金
>  信託銀行 :金銭信託
   りそな・みずほ信託
>  証券会社 :公社債投信
   野村証券・日興コーディアル証券・大和証券CM・みずほインベスターズ
>  損保会社 :損害保険
   三井住友海上火災・損保ジャパン
>  生保会社 :積立保険
   日本生命・明治安田生命・第一生命・住友生命

あと、財形年金や財形住宅のみ、会社からの援助金があります。
目的外で解約すると5年前までさかのぼって、利息に税金がかかるとのことですが、
低金利の状況ですので、援助金を目当てに財形住宅で貯蓄するのは問題ないのでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

お勤めの会社は、ずいぶんと多くの金融機関と財形の契約をなさっておられ、会社からの援助金もあるとの事うらやましい限りです。
1.ご質問の「安全」という面では、どこにされてもおそらく同じなのでは無いでしょうか。
2.利率の良いところは、各社のパンフレットなどで比較されるしか方法が無いと思います。
現在の金利や株の相場からすれば、おそらく50歩100歩なのかと想像いたします。
確か、上げておられる5種類のうち”損害保険”で運用される物は上限が少し異なるかもしれません。(最終的な受取額では大きく差がつく事は無かった?)

質問者さんの年齢が分かりませんので、住宅or年金のどちらが良いかは、一般的にお若くてお宅を所有されておられないのであれば、とりあえず住宅。
ご定年に近いのであれば、年金と言う事しか申し上げられ無いか思います。
他の方も書かれておられますが、住宅と年金の両方を合わせて550万円が上限ですので両方一度にされるとちょっと中途半端な額になってしまう気がいたします。
会社からの援助金につきましては、会社によっては中途退職の際に精算を行うところもあり得ますので、前もって調べられてはいかがかとお思います。
ご参考ですが、住宅/年金以外の一般財形につきましては、俗に言う給料から天引きで各金融機関への預金に相当しますが、すでに年金の据え置き期間に入られておられるとか、既に550万円に近い状態であれば一つの選択肢となり得るかと思います。

担当セクションの方にお願いすれば、各金融機関の方から直接お話を聞く事も可能だと思いますので、少し時間をかけて選択をされるてはいかがでしょうか ?

お勤めの会社は、ずいぶんと多くの金融機関と財形の契約をなさっておられ、会社からの援助金もあるとの事うらやましい限りです。
1.ご質問の「安全」という面では、どこにされてもおそらく同じなのでは無いでしょうか。
2.利率の良いところは、各社のパンフレットなどで比較されるしか方法が無いと思います。
現在の金利や株の相場からすれば、おそらく50歩100歩なのかと想像いたします。
確か、上げておられる5種類のうち”損害保険”で運用される物は上限が少し異なるかもしれません。(最終的な受取額...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報