インフルエンザワクチン含まれる、牛が原料のゼラチンの安全性についておしえてください。

少なくとも98年には、牛ゼラチンを使用したワクチンが使われていたと思うのですが、当時の厚生省は製造および輸入時のなにかガイドラインなど設けていたのでしょうか?

医療用のゼラチンは、きちんとした処理が施されていると思うのですが、そのような情報は公開されているのでしょうか?ある製造元の会社のHPにはそのような情報はみあたりませんでした。
#探し方がわるいのかなぁ???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

狂牛病(BSE)プリオンに関するご質問ですね?


たしかゼラチンは大丈夫、だと記憶していますが、はっきりしたことはわかりません。日本獣医学会のHPに詳しく解説がありますので読んでみてはいかがでしょう?

参考URL:http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。お教えいただいたHPの山内先生の連続講座、参考になりました。第117回 の 「BSE清浄化のための国際的枠組み」についてを読んで、EUやOIEの取り組みがよくわかりました。

初めての報告からかなり時間が経過し、蔓延国の実情の報告されているのに、なぜにこんなに安全性に対する指針がしめされるのが遅いのでしょうかね。過去のデータのなかなか見つからないし。。。
農林省のお役人の、「日本ではみつかるとは思ってもみなかった。」という発言を聞き、旧厚生省の大チョンボからぜんぜん学習してないのがよーくわかりました。

公立高校の入試処理ミスにより減給になった校長さんがいたけど、大臣さんにもなんらかのバツを与えるべきなのではないかなぁ。。。なんのための大臣なのかねぇ~

お礼日時:2001/10/04 14:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除(生計を一にする配偶者)とは?

今年の確定申告で医療費控除を行いたいと思っています。
医療費の要件として「納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。」とあります。
現在、私共夫婦はそれぞれ収入があるため妻は私の扶養には入っていません。
この場合、
1.それぞれが支払った医療費はそれぞれの確定申告で医療費控除申請する。
2.両者の医療費を合算してどちらか一人が一世帯の医療費としての控除申請をする。
どちらになるでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純に考えます。
1.領収書には名前が書いてない。(mた扶養が関係するとは書いてない)
2.所得税の控除は年収が多いほう(税率が高いほう)につけると戻りが多い。
3.10万円の足切りがあるので、1名にすると、それだけで1万円以上?の差が出る。
4.世帯として多く戻ってきたほうがうれしい。(税収は減るので、その他大勢は困る)
上記条件が成り立つように普通の人は判断してますし、税務署も節税の勧めを提案しているところですがが、・・・・・

QHBワクチンについて。感染の可能性のある職場。HBワクチン接種し、一旦

HBワクチンについて。感染の可能性のある職場。HBワクチン接種し、一旦HBs抗体が上昇したことを確認しています。物の本によると、数年すると陰性になることが多いようです。一般的には、抗体価が陰性化したら、ブースターのために、再度HBワクチン接種をすることが望ましいとされているようです。ところが、静岡県のとある有名医療機関の感染症管理の有名な先生のお話によると、「一旦HB抗体価が陽性になれば、たとえあとで陰性化しても、感染事故を起こした際に、ウイルスが肝臓で本格的に増殖する前に、ウイルス自体のブースター効果で、速やかに抗体価が上昇してウイルスは排除される。したがって、一般に、HBワクチンのブースター再投与は不要である。万が一感染事故おこしたときは、ガンマグロブリンを使用すれば大丈夫である」と伺いました。HB抗体価陰性化後のワクチン再投与は必要でしょうか?不要でしょうか?

Aベストアンサー

欧米(CDC:MMWR 44:574,1995、Europoean consensus group on Hepatits B immunity、Lancet 355:561、2000)などでは、追加接種は某先生のお話のように一度きちんと抗体価があがっていれば不要との立場です。しかし、1986年頃のNEJMやLancetには抗体価の低下で感染した事例が報告されています。
よって、日本の肝臓病学界の医師には追加接種が必要という意見が根強いものがあります。
麻疹などでもワクチン接種後にSVFがおきて罹患する人もいるように、絶対、追加接種が不要という訳ではないと思います。暴露の機会が多かったり、最初の抗体価がそこそこにしかあがっていない人は追加接種を考慮していいかと思います。

Q寒冷地医療とは具体的にどういう医療なのでしょうか

寒冷地医療は寒冷地の医療なのでしょうけれども、具体的にどういうことをする医療なのかわかりません。
また寒冷地医療があるということは熱帯地医療などなどあるのでしょうか。
わかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

寒冷地医療は低温など寒冷気候が人体に及ぼす影響等を研究していましたが、更に広い見地で研究しています。
下記は札幌市立大学の寒冷地医療講座の授業内容です。
・気候が健康に与える影響を説明できる。
・人口密度の低い地域の労働条件について説明できる。
・寒冷地における保健活動の困難について解説できる。
・医師の少ない地域での医療のあり方について解説できる。 
・行政サービスと医療との連携のあり方を解説できる。
・介護と看護の協働のあり方について解説できる。
・地域住民の生涯教育に関する企画ができる。
熱帯地医療としては、日本では長崎大学熱帯医学研究所が有名です。
主に、熱帯特有の感染症等(マラリアとか寄生虫とか)を研究しています。東南アジア中心に海外活動(診療)をしています。

Qインフルエンザワクチンをしようと思っていたら、ワクチンは意味がないどこ

インフルエンザワクチンをしようと思っていたら、ワクチンは意味がないどころかしない方がいいと言っている人がいると聞きました。
どういう理由からでしょうか?
うつかどうか迷っています。

Aベストアンサー

他の方も言われていますが、ワクチンのインフルエンザを防ぐ効果は思ったよりも少なく、費用や副作用を考えるとワクチンを接種するメリットはあまり無いと思われます。

製薬企業と一緒になってWHO、マスコミ等はインフルパンデミックを煽りましたが、結局去年からのインフル死亡者はこれまでの毎年のインフル死亡者よりもずっと少なく日本では200名前後で軽症者が大部分との事です。

(基礎疾患があった場合に、インフルによる死亡として届け出るかどうか等で多少は数値が異なるでしょうが、全体としてはあまり変らないと思われます)

"厚生労働省 インフルエンザ 死亡者 統計" 等としてサーチ下さい。


以下のような資料が参考になると思われます。

http://tanakanews.com/
http://tanakanews.com/100112flu.htm
インフルエンザ騒動の誇張疑惑

http://www.kangaeroo.net/D-info-F-dview-open-004002.html
予防接種の副作用、薬に頼らない方法など、子供の病気を中心とした育児サイト
インフルエンザ

http://www.npojip.org/index.html
http://npojip.org/sokuho/091215.html
第2特集:「新形インフルで死亡」は本当?

http://nxc.jp/tarunai/?page_id=23
鳥及び新型インフルエンザ 海外直近情報

http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/folder/1509007.html?m=l
ブログ版ききみみずきん 時事問題(化学系)

http://www.kangaeroo.net/D-maebashi.html
前橋レポート

http://globalresearch.ca/index.php?context=theme&themeId=19
Science and Medicine

このサイトでは政治経済医療等多くの情報を英語他多数の言語で発表されています。

なお言語自動翻訳機能を使えば、(良い翻訳では無いが?)日本語に変換して読む事が出来ます。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/07/01/googletbar62.html
http://www.google.com/language_tools

その他次の回答等も参照下さい。
http://okwave.jp/qa/q5614090.html
http://okwave.jp/qa/q5535125.html

他の方も言われていますが、ワクチンのインフルエンザを防ぐ効果は思ったよりも少なく、費用や副作用を考えるとワクチンを接種するメリットはあまり無いと思われます。

製薬企業と一緒になってWHO、マスコミ等はインフルパンデミックを煽りましたが、結局去年からのインフル死亡者はこれまでの毎年のインフル死亡者よりもずっと少なく日本では200名前後で軽症者が大部分との事です。

(基礎疾患があった場合に、インフルによる死亡として届け出るかどうか等で多少は数値が異なるでしょうが、全体としてはあまり変...続きを読む

Q生活保護の医療券とは?

生活保護受給者が医療を受けるには、福祉事務所から医療券を貰うんですよね?
例えば、胸に強い痛みがあり、頭痛もしたとします。
この場合

福祉事務所に行く

医療券を貰う

病院にいく

医療券を病院に渡す

こうなりますよね。

(1)ただ通院で済むのか、入院するのか分からないですし、そもそもいくらお金がかかるかも分からないはずです。医療券というのは、病院代が1万円だろうと100万円だろうと、関係ないのですか?(医療券というのは、例えば、1000円の医療券とか1万円の医療券とかに分かれてるんですか?)

(2)3ヵ月入院する場合、医療券は、いつ、何枚、病院に渡すんですか?

Aベストアンサー

 1の方の回答を見て、自治体によって違うのかなと思いました。それとも市と町で違うのかしら? 担当の窓口で確認した方がいいです。
 うちのところは、保護が変更になっている可能性もあるので、保険証と一緒で、毎月医療医療券が必要です。緊急の券もないです。
 書いてあるのは、住所、氏名、世帯主、生年月日、かかる医療機関、受信理由、発行した担当者の氏名、発行した市町村名などです。病院にかかる証明のようなものなので、金額は関係ないです。窓口で提出して終わりです。
 緊急のときは病院に行っていただいて、病院からは電話で確認、後で医療券を発行します。
 ただ、生活保護の医療券で受診できる病院、できない病院があるので、ご注意ください。初めてかかる病院は、あらかじめ役所の生活保護担当に聞いておくと無難です。緊急のときは、直接病院にきくか、救急隊員に生活保護であることをお伝えください。
 長期入院の場合は、家族や親族が役所で月替わりに申請するか、来る人がいなければ直接役所から病院に送ることになるようです。

Q妊婦のインフルエンザワクチン接種について

娘の事なのですが、37歳です。
現在始めての妊娠で17週目になりました。
今、インフルエンザのワクチンをした方が良いのか、
止めたほうがいいのか、大いに迷っています。
産婦人科の先生は良いとの意見が多いみたいです・・・。
ご回答の程よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も37歳で妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けて、生まれた子供は元気でしたよ。医師に相談して決めました。
もし、今年みたいに割と流行しそうなときは罹る率も高そうです。
もし罹ったら、最悪、もっと胎児に影響のある強い薬を飲まなくてはならなくなる可能性もあります。
自己責任ですが、そのへんを考えられるといいと思います。

Q地域医療とは?

地域医療は僻地での医療のことをいうのですか?
それともその病院のある地域での医療のことをいうのですか?

Aベストアンサー

たとえば、東京都中央区銀座という地域があります。この地域には、東京都台東区浅草という地域とは異なる産業があり、異なる生活習慣があります。その結果東京都中央区銀座という地域にはその地域に特有の病気があるかもしれません。

たとえば睡眠不足が東京都台東区浅草地域より多いかもしれません。あるいは飲酒による肝臓障害が多いかもしれません。こういうこの地域の特徴がその地域の住民の平均寿命に関係してくることは当然考えられます。

そこで、東京都中央区銀座という地域の特徴に合った医療を提供するにはどうしたらよいかを考えて、その医療を提供できる医療機関が東京都中央区銀座地域にあるかどうかを調べ、適切な医療を提供できる体制を整えてゆくのが地域医療です。

Qインフルエンザのワクチンについて

12月にインフルエンザの予防接種をしましたが
何型の予防接種だったのか、教えて下さい。

Aベストアンサー

 「何型の予防接種だったか」と聞かれれば、「A型とB型の予防接種です」というのが回答になります。
 また、A型ではH1亜型とH3亜型が含まれています。
 つまり、インフルエンザのワクチンはA型のH1とH3亜型とB型の3種混合ワクチンというわけです。

 このA型B型というのは、実はインフルエンザウイルスの「型」ではなく、種のレベルで異なるウイルスなのですが、近年まで型別として分類されていたため、慣例的に現在でも型という言い方をします。
 もうひとつ、C型のインフルエンザというのがあるのですが、これはあまり大規模には流行しないウイルスでそれほど問題にはならないため、ワクチンは製造されていません。

 で、A型とB型ではA型が非常に変異が激しく、亜型も数多く分類されているウイルスです。

 A型は元々カモなどの水禽類を自然宿主とするウイルスで、現在ヒトの間で流行しているA型インフルエンザウイルスは、全て元は鳥類から来たウイルスです。で、現在ヒトの間で流行しているのがH1N1とH3N2の2つの亜型なのです。これらはもうヒトの間で流行する「ヒト型」のウイルスになっているので、ヒトのH3ウイルスは鳥には感染しませんし、鳥のH3ウイルスもヒトには感染しません。

 というわけで、ヒトの間で流行しているA型のH1とH3亜型、それとB型インフルエンザのワクチンを接種しているわけですが、同じH1やH3であっても微妙に抗原性が異なるため、H1やH3であれば何でも良いというわけにもいきません。

 なのでWHOが流行状況を解析して、今年のワクチンに使う種ウイルスはこれだ、と推奨してそれを元に各国が種ウイルスを決定してワクチンを製造しているわけです。
 それがNo.1の回答で挙げられた3つの株です。
 ちなみにNo.1の回答はWHOが推奨した株なので、現実にワクチン製造に使われている株とは一部異なります。
 日本では今年は以下の3株がワクチン製造に使われています。

A/Brisbane/59/2007(H1N1)
A/Uruguay/716/2007(H3N2)
B/Florida/4/2006

 これを見るとH1N1とB型についてはWHO推奨株そのものですが、H3N2についてはWHOが推奨した株そのものではありません("類似株"ではありますが)。
 その選定の経緯は以下のサイトに詳しく掲載されています。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/29/345/dj3452.html

 ま、平たく言えばA/Brisbane/10/2007(H3N2)株は培養が上手くいかなかった、ということです。

 「株」というのは、例えばどこかの症例から分離されたウイルス、というように個別に用いる名称です。
 インフルエンザウイルスの場合は、以下のような命名方を用いるのが国際的な慣例になっています。

AやBの型別/分離された動物名/分離された国や地方/その国やラボでの個別番号/分離された年(亜型)

 [分離された動物名]はヒトの場合は省略することが多いです。
 つまりA/Brisbane/10/2007(H3N2)は、「ブリスベンで2007年に分離されたH3N2亜型の株」ということになります。
 ちなみに例えば A/whooper swan/Akita/1/2008(H5N1) だと、2008年に秋田で大ハクチョウから分離されたH5N1株、ということになります。

 なお、この命名方は別にインフルエンザウイルスだけでなく、ウイルスの株名に共通の命名方です。まあいつも誰もがこんな名前を付けているわけではなく、割と勝手に自分の名前+ナンバーのような株名を付けていることが多いのですが、最近は論文に書くときやデータベースに遺伝子の塩基配列を登録するときは、この命名方に従って株名を登録することが多いようです。

 「何型の予防接種だったか」と聞かれれば、「A型とB型の予防接種です」というのが回答になります。
 また、A型ではH1亜型とH3亜型が含まれています。
 つまり、インフルエンザのワクチンはA型のH1とH3亜型とB型の3種混合ワクチンというわけです。

 このA型B型というのは、実はインフルエンザウイルスの「型」ではなく、種のレベルで異なるウイルスなのですが、近年まで型別として分類されていたため、慣例的に現在でも型という言い方をします。
 もうひとつ、C型のインフルエンザと...続きを読む

Q法医学と医療との関わりとは?

法医学と医療との関わりを教えて下さい。
どんな関わりでも結構です!

法医学は医療をどう影響をするんですか?
法医学は今後の医療にどう影響を及ぼすのでしょうか?


お願いします。

Aベストアンサー

法医学は面白いよ!!!

なんたって死人は嘘つかないからなー!

司法解剖によって死因の解明はほぼ100%でい!!!

医療の進歩に法医学は欠かせない!

法医学がなければ医療の進歩は望めない!→これは絶対間違ってない!

Q2007年度インフルエンザワクチンは一致しているか?

先日、インフルエンザの予防接種を受けました。
そこで質問なのですが、今年のワクチンは今流行している型と一致しているのでしょうか?
どなたか詳しい方回答のほうを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
2007/08年のワクチン株は下記の選択です。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/28/333/dj3332.html
インフルエンザウイルス検出状況
A型(AH3亜型)は当たり
http://idsc.nih.go.jp/iasr/28/333/pr3335.html
A型(AH1亜型)やや当たり
http://idsc.nih.go.jp/iasr/28/333/pr3336.html
A型(AH1亜型別種)はずれ
http://idsc.nih.go.jp/iasr/28/333/pr3337.html
B型はまだ検出されていません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報