自転車競技で選手がかぶっているヘルメット、
あれってなんでアーモンドみたいな形なのでしょう?
耳はむき出しなので、転倒時は危険だと思います。
なにより、後頭部のとんがりの必要性が謎です。
また、今の形のヘルメットはいつごろから使われてるのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自転車競技でもマウンテンバイクのクロスカントリーとダウンヒル(それぞれスキーのクロスカントリーとアルペンみたいなものです)、ロードレース、トラック種目、BMX、トライアルなど様々な種目があるので、種目に応じていろいろなヘルメットが使われます。

これはモータースポーツでもF-1、ツーリングカー、モトクロス、ロードレースといった種目ごとに用途に合ったヘルメットを使うのと同じ事です。
あなたのおっしゃっているのは、ロードレース用のヘルメットのことですね。
まず、公道やサーキットを走るロードレースは、プロの世界では200kmほどのコースで競われるのが普通ですが、その中でも上り坂でいかに速い人に置き去りにされないか、または遅い人を置き去りにして行くかが大変重要なポイントとなるので、総重量(自転車、付属品、体重)を可能な限り軽くすることが求められます。そのため、安全性を多少犠牲にしても軽くするためにフルフェイスではなくああいった形になるのです。日本のアマチュアレースではヘルメットの着用が義務づけられていますが、本場ヨーロッパで走るプロの選手はヘルメットをかぶらない人もたくさんいます。
音を聞くために耳を開けてあるというご意見は、本質的なところからは少々ずれていると思います。他の要素を考慮した結果たまたま耳が覆われない形ができあがったのであり、レース中に耳から入ってくる情報は必要なものではありますが(無線など)耳を覆われては困るほどのものではありません。
最近のヘルメットは「これでもか」というほど穴が開けてありますが、これは軽量化のための肉抜きではなく、通気性の確保のためです。1時間に1リットルもの汗をかくこともあるほど激しい運動ですので、少しでも多くの熱を逃すため。放熱量の大きい頭部に空気を通すことが目的です。
流線形になっている理由は、#1でお答えなさっているとおり、空気抵抗の軽減が目的です。レースの平均速度が50km/hを超えることもあるので、限られた出力しかない人間エンジンでいかに効率よく走るかを追求した結果です。

競輪については、これはトラック競技の中の1種目ですが(競輪以外にも陸上競技のように他にもトラック種目はあります)日本で行われている競輪はちょっと特殊です。
これは公営ギャンブルの一つですから、機材によって他選手と大きな差がつくことを避けるために使用機材に関して規則で厳しい制限があります。また、全員が同じ物を使うということが重要であるので、性能的に最高のものである必要が有りません。ですから、ヘルメットも安全性を重視して流線形ではなくローラースケートなどで使うヘルメットに似た形のものを使用します。
しかしオリンピックや世界選手権などのトラック種目(この中の一種目としてケイリンも行われます)では日本の競輪とはまったく違う当然空気抵抗が少ない独特のヘルメット、自転車が使用されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~
軽さと通気性を追求した結果なのですね。
レース中は日常生活とかかけ離れたきびしい環境なわけですから
器材が進化する、ってよくわかります。
ただほんと転んだ時が怖そう。

普段見ている競輪についても
新しい知識が増えました!
詳しい回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/12/26 15:35

 推測ですが,空気の抵抗を少なくするためだと思います。

後ろのとんがりは空気をスムーズに後方に流す役割があると思います。とんがっていないとそこに気圧の低い部分が生じ,前進の抵抗となると思われます。
 また,耳が出ている事についてですが,たぶん音を良く聞くのに役立っているのでは?・・と思います。
 自分の自転車の調子や,後ろから追い上げてくる選手のこぐペダルの音。
 音を聞く事でわかる事がいろいろとあると思います。
 
 歴史ですが,よく目にするようになったのはここ10年ぐらいではないでしょうか?。
 バイクのヘルメットでも,今は空気の抵抗を少なくする工夫がいろいろとなされています。
 低速ではそれほど問題ないのですが,高速道路なんかではゆるいヘルメットや,きちんと顎紐を締めていなかったりすると,ヘルメットが90度!ずれてしまった!・・なんてこともあるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
形について、いわゆる流線型ってことでしょうかね。
耳について、音を聞きやすくするためってのは
目からウロコでした。なるほど!
しかし転倒時が心配だな~
競輪見てると、よく転んでますしね。

バイクのヘルメットは流線型にしないんですかね?
今後形の変化もあるかもしれませんね。

お礼日時:2001/09/30 14:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車・バイク共用できるヘルメット

自転車用とバイク用のヘルメットを共用でさせたいのですが、
そういうヘルメットは存在しますか?
つまり、自転車に乗って被ってもさほど不自然さを感じないバイク用ヘルメットということなのですが

Aベストアンサー

バイク用を自転車でかぶるなら安全性には問題ありませんが、重量ですね。
自転車自体はチタンとか高級素材でg単位で軽量化しても、ヘルメットがいきなり百g単位で増加したら本末転倒です。
何kgだって構わないというならどうでもいいですけど。

Qトラック競技の、競技場/競技器具の進歩について

現在、学校のレポートを書くために、調べ物をしています。
その際、競技器具の進歩について、調べたいと思ったのですが、なかなか資料が見つからず困っています。
なにか、参考になりそうな情報かサイトを教えて頂けないでしょうか?

トラック競技の短距離、長距離走を中心に、世界記録の推移について書こうと思っています。自由課題なので、変更出来るのですが、できれば調べてみたいのです。

グラウンドだけ、靴だけ、スタータだけ、計測機器だけといった断片的な情報でも非常に助かります。
検索サイトで検索、ポータルで検索、各機器メーカのホームページを見る等はしてみたのですが、断片すら得ることが出来ませんでした^^;

水泳だとそこそこ情報があったのですが、水泳はまだまだ進歩途中であるように思われるので(記録の更新ペースが速い)、できれば、技術的に枯れていそうなトラック競技で調べたいのです。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

非常に断片的な情報で申し訳ないのですが、
スポーツタイミングといって計時に関して、セイコーが自社のスポーツ計時の歴史を、下記の参考URLで紹介しています。
また、
「スポーツタイミング百物語」
(著者: 浅原保明、ベースボール・マガジン社、ISBN:4583033303、1996年刊)
という本があります。
スポーツの計時に関するエピソードがいろいろ載っています。
図書館で探してみてください。
また、記録自体は、
「日本陸上競技連盟」のサイト、http://www.rikuren.or.jp/
にあるのはご存知だと思います。
関西在住ならミズノのスポートロジーギャラリーという博物館が大阪南港にあり参考になると思います。
とても少ない情報しかありませんが、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.seiko.co.jp/nihongo/shinchaku_joho/sports_events/sports_timing.html

Q車のヘルメットとバイクのヘルメットの違い

私は現在、車もバイクも所有していますが、バイクよりも車が楽しいと感じています。

そこで質問ですが、バイク用のヘルメットと車のヘルメット(レーサーとかが被っている物)って別物でしょうか?
現在バイクで使用しているヘルメット(SHOEI)でも大丈夫でしょうか?

将来的には車でサーキット等にも行ってみたいと思っています。

Aベストアンサー

フルフェイスは、視野特性を考慮して違う作りになっています。帽体も貫通特性など要求される基準が違うので自動車用と二輪用は違う作りになっています。ですから、二輪用と四輪用は別物です。ヘルメットは命を最後に護るデバイスの一つですから、専用品を使ってください。

詳細はSNELL記念財団のWEBをご覧下さい。世界のヘルメットが準拠している基準がここにあります(JISはSNELLより甘い場合がある)。なお、ジェット型はSNELLでは規定していません、これは一般的なジェット型はフルフェイスに比べて明確に脆弱だからです。
http://www.smf.org/stds

オートバイの最新はM2010
http://www.smf.org/standards/m/2010/m2010_final

自動車の最新はSA/K2010
http://www.smf.org/standards/sa/SA2010/sak2010_final

なお、アライやショウエイのトップグレードの社内基準はSNELLより厳いと言われています。ジェットでも頬まで覆うタイプであればSNELLのフルフェイス近い強度はあるとされていますが、それでも、二輪と四輪は別モデルになっており、供用はお勧めできません。

フルフェイスは、視野特性を考慮して違う作りになっています。帽体も貫通特性など要求される基準が違うので自動車用と二輪用は違う作りになっています。ですから、二輪用と四輪用は別物です。ヘルメットは命を最後に護るデバイスの一つですから、専用品を使ってください。

詳細はSNELL記念財団のWEBをご覧下さい。世界のヘルメットが準拠している基準がここにあります(JISはSNELLより甘い場合がある)。なお、ジェット型はSNELLでは規定していません、これは一般的なジェット型はフルフェイスに比べて明確に脆弱だ...続きを読む

Qヘルメットの下にかぶるストレッチ素材の帽子って?

よくNFLの選手がヘルメットの下につけている、ピッタリした素材の帽子というかキャップのようなものがありますよね。
あとよくヒップホップの若者が帽子の下につけてたりする。
あれは何と言うものなのでしょうか、そして、どこで手に入るのでしょうか。ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NFLで使っているのは、アンダーアーマーのスカルキャップがほとんどでしょう。以前は、バンダナだったのですが、結び目が垂れるものはドレスコードで、ゲームでは使えないようになったと思います(確か、海賊っぽいと言う理由だったかと)。プレーヤーや季節によってはビーニーをカットして使うこともあるかも知れません。

http://shop.sportsdirectjapan.com/sports55/7.1/1573/

#1の方の紹介されているのは、自転車のヘルメットの下に被るもので、後頭部に垂れているのは日よけです。

Qバイクのヘルメットについて・・・

スーパーなどバイクで行き ヘルメットはバイクに置いていきますか?
又ゲームセンターなど、長時間バイクから離れる場合ヘルメットの管理などはどうしているんですか? 

よろしくお願います。

Aベストアンサー

基本的に持って歩きます。
メットホルダーに掛ける・・・というのもありますが、過去にヘルメット内にジュースぶちまけられたり火のついたタバコいれたれたりアゴ紐切られてパクられたり・・・・という事例がありますので、ビビりが入ってあまりやりません。(CB400SF・・・っつうか、メットホルダーはバイク全般的に付いてます。)

ミラーに引っ掛けておく事もありますが、自分の目が届く時のみ。
以前、スクーターでコンビニに行って中学生の小僧にパクられかけた事ありました。(小僧とっ捕まえて親を呼び出し→約1時間親子を説教しました。)

Q陸上競技の短距離走で黒人選手が勝つのが常識になったのはいつごろからですか

オリンピックなどで、陸上競技の、100m走、200m走などの短距離走では、現在は黒人選手しか勝てないようですが、
陸上競技の短距離走で黒人選手が勝つのが常識になったのは、大体いつごろからなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私が知る限りでは東京オリンピックの時に100Mでボブヘイズが優勝したあたりからかなと思うのですがどうなんでしょうね。
少なくとも最近ではないと思います。

Qヘルメット重視でバイクを決めた人いますか?

素朴な疑問ですが、
ヘルメット(例えばオフロード用のヘルメット)が好きで、それに適したバイク(この場合オフ車)に乗っている人はいますか?
ヘルメットをバイクに合わせる人が多いと思うのですが、その逆ということです。

Aベストアンサー

私もです^^;

当時、Puffyの亜美ちゃんが大好きで、真似をしようと思ってヘルメットから先に買って→免許→原付
と言う感じでした。

思いっきり趣味に走っててもいいじゃないですか!!ね!(笑)

Q運動会 1-玉いれ競技 2-綱引き競技

運動会の玉いれ競技ってありますが、コツってありますか?
もう一つ、綱引き競技のコツってありますか?

Aベストアンサー

綱引きに関してですが、以下のサイトが参考になると思います。

参考URL:http://www.tugofwar.jp/undoukai.html

Qバイクのヘルメットについて

バイクのヘルメットにはフルフェイスと言うのでしょうか、頭を全て覆うようなヘルメットと、工事現場でかぶっているようなヘルメットがありますよね?

その工事現場でかぶっているようなヘルメットなのですが、あんなもので安全なのですか?

事故でバイクから投げ飛ばされたことを想像すると、頭を守れないのではないかと思うのですが・・・。

安全規格には合格しているでしょうが、実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 以前に私がした質問を参考にのせます。 視界が悪いのは30年ぐらい前の製品です。工業技術が進歩して視界を犠牲にする必要が無くなりました。
 工事現場でかぶっているようなヘルメットは、あくまでも自由競争下での多様性です。
 何度でも言います。「死ねたら良いんですが、死ねなくて高次脳機能障害という後遺症に悩むのです」

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=488713

Qオリンピック競技になって欲しいスポーツ・競技

 今までオリンピックにはなくて、今後ぜひオリンピックにも組み入れてほしいスポーツ・競技がございましたら、ご紹介よろしくお願いいたします。

 ちなみに私のイチオシは「駅伝」です。
 この競技が五輪種目であったならば、日本は男女ともメダルが有望なのに・・・

Aベストアンサー

個人的にハマっています。

ボウリングに一票(笑)

おじさんじゃありません。
これでも、20代前半です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報