バロックとウィーン古典派の音楽様式の違いを教えてください!
あと、それぞれで有名な楽曲などあったら教えてほしいです・・・。
お願いします!!

A 回答 (1件)

 まず、バロックとはポルトガル語のBarroco(ゆがんだ真珠)に由来するとされている、16世紀末から18世紀半ば、ヘンデルと大バッハの時代までとされています。


 そしてウィーン古典派はただ古典派音楽とも呼ばれ、18世紀半ばから19世紀初めとされています。
 音楽史上の大まかな時代区分はこれくらいにして、音楽形式の違いですが、まずバロックには通奏低音が慣用されていました。楽譜にはcontinuoと示されているパートです。この上で、各楽器がそれぞれを主旋律として同じ比重を持ちながら演奏されていきました。従ってブランデンブルク協奏曲のように、演奏者がすべてソロパートを受け持つ形式が代表的です。この形式を「ポリフォニー(多声音楽)」と呼びます。
 一方古典派音楽ではこの形式が崩れ、主旋律と伴奏、という形式を取るようになりました。ベートーヴェンのピアノ協奏曲などのように、オーケストラ対独奏楽器、という形式が一般的になりました。モーツァルトの頃はまだ二重協奏曲などがあって、バロックの臭いも残っていたのですが。この形式を「ホモフォニー(和声的単旋律音楽)」と呼びます。

 つまり、バロックと古典派のもっともわかりやすい違いは「通奏低音の有無」になると思います。

 有名な楽曲、といわれてしまうととても困るほど多くの作品がありますが、バロックでしたらヴィヴァルディ、大バッハ、ヘンデルなどの作品群。古典派でしたら、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの作品群があげられます。

 以上は、「クラシック音楽事典」(平凡社)を参考にして書かせていただきました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!!!!
本当に、とても役に立ちました!感謝しています。
とてもしっかりした説明で、感動しました。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/30 14:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIS-LM曲線

経済学を勉強しているんですが、IS-LM曲線って経済学の基本ですよね。
しかし、IS-LM曲線の利点ってなんなのでしょうか?そして、欠点は無いのでしょうか?
是非何かご存知でしたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

IS-LMモデルは現実の経済を最も上手く描写することができると考えられていたので、現在でもマクロ経済学の一番最初に学ぶことになっています。

特にIS-LM曲線を使った分析は、財政政策や金融政策の効果を直観的に分かりやすく説明できます。
また、それらの効果がどれくらいあるのかという定量的な分析も計量経済学を用いて行われてきました。

ただ一方で30年ほど前からそのような分析の欠点が指摘され始めました。
その一番大きな問題は、経済主体の最適化行動をモデルに組み込んでいない(ミクロ経済学では、消費者は効用を最大化するために消費水準・労働供給を決定し、企業は利潤を最大化するために投入・産出を決めますよね。IS-LMモデルではこれが考慮されていません。)ということです。

もっと砕けて言うと、例えば政府が減税すると消費が増えてIS曲線は右に移動すると教科書にはあります。
でも、一年後に増税されることが分かっていれば本当に消費は増えるでしょうか。
減税分だけ貯蓄するという行動はさもありそうで、このとき消費は増えずIS曲線は移動しないことになります。

このようにIS-LMモデルでは、人々の行動を過去の経験からあるいはアドホックな仮定によって規定してしまっており、定量的な分析も以前より正確ではなくなってきてしまいました。
現在ではこのような欠点を補うために様々な工夫がなされていますが、それについては学部上級や大学院で勉強することになるでしょう。

IS-LMモデルは現実の経済を最も上手く描写することができると考えられていたので、現在でもマクロ経済学の一番最初に学ぶことになっています。

特にIS-LM曲線を使った分析は、財政政策や金融政策の効果を直観的に分かりやすく説明できます。
また、それらの効果がどれくらいあるのかという定量的な分析も計量経済学を用いて行われてきました。

ただ一方で30年ほど前からそのような分析の欠点が指摘され始めました。
その一番大きな問題は、経済主体の最適化行動をモデルに組み込んでいない(ミクロ経済学...続きを読む

Qロマン派と古典派の音楽

ロマン派と古典派の音楽について教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ロマン派と古典派の音楽の「境界線」ということに関しては、前の回答で出尽くしていますので、あえて述べる必要もないかと思います。しかし、モーツァルトの後期になると古典派ではなくなるという意見もありますし、ベートーヴェンは古典派の形式を踏まえた上で破格(第5交響曲のように楽章を続けて演奏するアタッカ、第6交響曲のような5楽章制、第9交響曲のように緩徐楽章を第3楽章に配置し、さらに合唱を加えるなど)を使って形式よりも想像力(=創造力)を重んじたケースもあります。ですから大体モーツァルトやベートーヴェンが端境期だとは言えるでしょう。両派の性質を持った作品もいくつか見られます。

ソナタや交響曲といった形式に忠実なことをもって美学としたのが古典派、それに対し、形式よりもその内面の表現力や創造性に重きを置いたのがロマン派ということになります。

ロマン派の1つの特徴として、標題性というのが言えると思います。例えばベルリオーズの「幻想交響曲」のような心理性、物語性のある音楽はロマン派に属しています。しかし、これだと不十分な説明です。モーツァルトのオペラのアリアなどを聴くとわかりますが、人間の心理を見事に捉えた仕掛けがいくつか見られます。その意味でモーツァルトをロマン派と認めることもできるのですが、まだ一線を越えていない部分があります。
ロマン派の越えた一線とは、ハイドンによって完成された形式を破壊することによって創造するということにあります。その意味で、ベートーヴェンがヒーローとなり、後のロマン派の作曲家達(シューマン、ブラームス、ワーグナーら)の手本となったことは不思議ではありません。ベートーヴェンのように新しい価値観を創造するということがロマン派の考え方でした。

時代背景としては、フランス革命があるといえますね。近代市民社会が成立したことにより、その時代の精神というものが新たに目覚めたということになります。また、ドイツ文学で言えば、疾風怒濤期のゲーテやシラーの影響も考えられます。叙事に徹するよりも詩的、叙情的な部分こそが人間を語る上で必要だということなのかもしれません。そう、ロマン派の音楽というものは、まさしく人間をテーマにするようになったのです。厳格なヒエラルキーに置かれていたアンシャン・レジューム期の音楽(すなわち古典派)になかった生気が、ここで盛り上がることになります。

古典派はバロック(代表:J.S.バッハ)の次に来るものですが、この切り替えも段階的に行われました。バッハの息子たちによる前古典派、また、シュターミッツのようなマンハイム楽派などを経て、ハイドンによる完成に至るのです。
ではロマン派はというと、民族楽派が現れるようになってからが大体後期ロマン派ということになります。しかし、ドレミファソラシドの音階に制約されたままでした。そこを打ち破ったのが、1人はフランスのドビュッシー、もう1人は12音技法を打ち立てたシェーンベルクということになります。後者の兆しというのはすでにワーグナーの「トリスタン」にも現れているので、実際のところロマン派の延長ということになるのですが、「技法」という形式に走ってしまった以上、ロマン派として認めるのは難しいのかもしれません。シェーンベルクと同時期のヒンデミットは、ロマン派として認めてもいい作曲家ではありますが、同時期ゆえに「現代音楽」の枠に入れられてしまうことも多いです。

ロマン派と古典派の音楽の「境界線」ということに関しては、前の回答で出尽くしていますので、あえて述べる必要もないかと思います。しかし、モーツァルトの後期になると古典派ではなくなるという意見もありますし、ベートーヴェンは古典派の形式を踏まえた上で破格(第5交響曲のように楽章を続けて演奏するアタッカ、第6交響曲のような5楽章制、第9交響曲のように緩徐楽章を第3楽章に配置し、さらに合唱を加えるなど)を使って形式よりも想像力(=創造力)を重んじたケースもあります。ですから大体モーツ...続きを読む

QIS-LM曲線の分析

ISーLM曲線に関する正誤問題です。

・変動相場制の下では、拡張的な財政政策はIS曲線を上方にシフトさせて利子率を高め、マネーサプライを増加させる。この結果、LM曲線も下方にシフトするので国民所得は増加する。

・変動相場制の下では、拡張的な金融政策はマネーサプライを増加させるので、LM曲線を下方にシフトさせる。その結果、資本が外国に流出して時刻の為替レートが減価してIS曲線が上方にシフトするので、国民所得は増加する。

この二つの文で、下の文章は正しいそうですが、上の文章は間違いとなってました。
上の文章はどこが間違っているのでしょうか?

どちらも同じようなことを言っているような気がするのですが・・・
詳しい方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

マンデルフレミングモデルですね。

「拡張的な財政政策はIS曲線を上方にシフトさせて利子率を高め、」は良いとして。
「マネーサプライを増加させる。」これが違いますね。
これは中央銀行が判断し金融緩和政策を行わないとマネーサプライは増えません。
したがって、文章だけでは判断できません。

なので、
「LM曲線も下方にシフトするので国民所得は増加する。」
以上の内容からは判断できません。

ちなみに、マンキューの教科書だともっとシンプルな図になっているため、この記述通りのようにはいきません。
(確か縦軸が為替レートで横軸に国民所得をとるため、ISが右上がりでLMが垂直だった気がします。)

次は、
「拡張的な金融政策はマネーサプライを増加させるので、LM曲線を下方にシフトさせる。」
問題ないですね。

「資本が外国に流出して自国の為替レートが減価して」
これは、金融緩和→利子率が下がる。このため、利子率の高い海外に資本が流出します。
このとき、自国通貨を売って外貨を買う必要があるため、自国通貨の価値が下がり(減価)ます。
減価すれば、輸出に有利となり純輸出が増えるので、
「IS曲線が上方にシフトする」で正しい内容という訳です。

マンデルフレミングモデルですね。

「拡張的な財政政策はIS曲線を上方にシフトさせて利子率を高め、」は良いとして。
「マネーサプライを増加させる。」これが違いますね。
これは中央銀行が判断し金融緩和政策を行わないとマネーサプライは増えません。
したがって、文章だけでは判断できません。

なので、
「LM曲線も下方にシフトするので国民所得は増加する。」
以上の内容からは判断できません。

ちなみに、マンキューの教科書だともっとシンプルな図になっているため、この記述通りのようにはいきません。...続きを読む

Qインストゥルメンタルの楽曲を探しています。 下記のようなインストゥルメンタルの楽曲を探しています。

インストゥルメンタルの楽曲を探しています。

下記のようなインストゥルメンタルの楽曲を探しています。おすすめがありましたら教えて下さい。

・「花」または「風」または「空」または「宇宙」をイメージするようなもの

・浮遊系または不思議系またはヒーリング系のもの (ヨガや瞑想に使えるようなものでも)

なにとぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは!

それでは…、こんな感じはどうでしょう?

◎Vangelis(ヴァンゲリス):「Alpha」
https://www.youtube.com/watch?v=1jG--3elufo

◎Tangerin Dream(タンジェリン・ドリーム):「Tangram」
https://www.youtube.com/watch?v=8slJfkl9HVU

◎Jean Michel Jarre(ジャン・ミッシェル・ジャール):「Oxygene」
https://www.youtube.com/watch?v=nz1cEO01LLc

◎Robert Miles(ロバート・マイルス):「Children」
https://www.youtube.com/watch?v=CC5ca6Hsb2Q

◎Conrad Schnitzler(コンラッド・シュニッツラー):「Ballet Statique」
https://www.youtube.com/watch?v=NJa7v17kqqA


参考になれば、幸いです!(^o^)丿

QIS・LM曲線とAS・AD曲線の違いとは?

IS・LM曲線の分析とAS・AD曲線の分析って、意味合い的にどう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

> IS・LM曲線の分析とAS・AD曲線の分析って、意味合い的にどう違うんでしょうか?

IS-LM分析では、縦軸は利子率、横軸はGDPです。
AS-AD分析では、縦軸は物価、横軸は数量です。

軸が全然違いますよね?

Qイヤホン派?ヘッドフォン派?

初めまして、音楽大好き人間です。
音量かなりでかめで聞いてます。

いままでこれだ!っていうイヤホンやヘッドフォン
に巡り会えませんでした。
イヤホンは体に直に音楽が伝わってくる感じが
するのですが、私の耳の穴にかっちりハマらない
ので、聞いてる最中に取れたりしてイライラします。
ヘッドフォンは、なんとなく音楽が直に伝わって
来ない感じがします。こもったように聞こえるんです。

家にあったイヤホンもヘッドフォンも、
コードがぐちゃぐちゃになって、しまいには
切れて使えなくなってしまったので、
新しいのを買おうと思うんですが、
なにかおすすめはありますか?
なるべく安いのでおねがいします!笑

Aベストアンサー

録音maniaなんですが
密閉型のKOSS A/130 という大きめのヘッドフォンを使っています。
非常に繊細でよい響きのするヘッドフォンです、もっとも最近では
コンサートの録音をする時は、SONY MDR-CD900ST,を使っています。

録音中のモニタリングで、前者は生音より良く聴こえ、
後者は外しても同じ音で聴こえます。

音楽を聴いて、気持ちよくなりたいときは KOSS A/130がお奨めです。
秋葉原のラオックス楽器館辺りで、試聴出来ると思いますが、24000円位だった様な・・
ネットで販売している所はこんなのが引っかかってきました。
http://www.aaa-plan.jp/cgi/goodslist.cgi?this_num_genre=2&genre_id=00000100

SONY MDR-900ST はヨドバシのHPでは
ソニーMDR-CD900ST プロフェッショナル仕様スタジオモニターヘッドホン   特価:¥16,200 10%引 (税抜き) 10%還元 定価:¥18,000
冬場は防寒になって良いんですけど・・・夏場はやっぱり困りますね。
最近シュアーなんかもインナーイヤータイプで良さそうなのをだしてきてますね。
インナーイヤースピーカーでは、ER-4s というのがある種 定番のようです。
元々補聴器のメーカーらしいんですが、音楽を聴くにも優れているとかで、
オーディオオタクや録音maniaの中でも、隠れたファンが多いようです。
神楽坂にある視聴室にて、体験後 購入が可能とか・・・
http://www.aedio.co.jp/
今日ヤフオクでこんなのを見つけました。KOSSのPLUGってインナーホンを改造して売っているんです。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k14340235
結構安いんですが これって意外と良いかも、
http://openuser6.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/auctions?userID=mycup0ftea&apg=1&f=&s1=cbids&o1=a&alocale=0jp&mode=2

録音maniaなんですが
密閉型のKOSS A/130 という大きめのヘッドフォンを使っています。
非常に繊細でよい響きのするヘッドフォンです、もっとも最近では
コンサートの録音をする時は、SONY MDR-CD900ST,を使っています。

録音中のモニタリングで、前者は生音より良く聴こえ、
後者は外しても同じ音で聴こえます。

音楽を聴いて、気持ちよくなりたいときは KOSS A/130がお奨めです。
秋葉原のラオックス楽器館辺りで、試聴出来ると思いますが、24000円位だった様な・・
ネットで販売している所はこん...続きを読む

QIS-LM曲線の式の求め方について

教科書を読んでみましたが、
IS-LM曲線が全くわかりません><
とき方だけでも教えて頂けたらと思います。

Y=C+I+G
C=0.8Y+100
I=30-10r
G=10
M=Y-100r
M=685

このIS-LMモデルの、IS曲線、LM曲線の求め方をどなたか
教えてください><
答えはそれぞれ
IS曲線・・・Y=700-50r
LM曲線・・・Y-100r=685
になるようなのですが、途中の求め方をどうしたら良いのかわかりません。。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1の解答、間違いでした。失礼。
 上4つの方程式、G=10までが、ISです。LMは下二つです。でも、下から二番目の方程式のMは貨幣需要、一番下のMは実質マネーサプライM/Pが正しいでしょうね。もちろんP=1とおけば、Mと同じことですが。

Qバロックの森で「モンセラートの朱い本」

数年前、NHK-FMで朝の6時から放送している「バロックの森」で「モンセラートの朱い本」が紹介されたことがありました。
今回そのCDをアマゾンで購入しようと思うのですが、どうやら3種類あるようで迷っています。

・The Black Madonna
・Llibre Vermell de Montserrat(Arts)(アマゾンでLlibre Vermell de Montserratと検索すると、黒地に赤い丸のイメージ画像があるほうです)
・Llibre Vermell de Montserrat(Virgin)(イメージ画像がないほうです)

バロックの森で使われていたCDはどのCDでしょうか?
また、もしよろしければ回答者様のお勧めも教えてくださいませ。

Aベストアンサー

 スペイン古楽がお好きな方がいらっしゃるとは誠に嬉しいかぎりです。
 さて、お聞きになった放送は「数年前」では特定できません。当方が所持しているエアチェック用の記録から2003年3月以降分を検索してみましたところ4回放送されています(それ以前のデータは廃棄してしまったのでありません。同年3月以降分は朝6時のバロックの時間の情報は全部保存してありますので漏れはないと思います)。

2004年10月27日放送分:
「“モンセラートの朱い本”から“声をそろえ歌わん”
               “母なるマリアよ”」作曲者不詳
                      (12分45秒)
                  (歌)ベリンダ・サイクス
     (カウンター・テノール)ベルンハルト・ランダウアー
              (演奏)アンサンブル・ユニコーン
               (音楽監督)ミヒャエル・ポシュ
              <NAXOS 8.554256>

2004年7月6日放送分:
「“モンセラートの朱い本”から“おお、輝く聖処女”
          “七つの喜び”“輝ける星よ”」作曲者不詳
                      (16分26秒)
                   (歌)ルチア・ベルーゾ
         (演奏)テアトルム・インストルメントールム
                <ARTS 47384-2>

2003年11月19日放送分:
「“モンセラートの朱い本”から“おお輝く聖処女”
   “輝ける星よ”“声そろえて歌わん”“母なるマリアよ”」
                         作曲者不詳
              (演奏)アンサンブル・エクレジア
               <TECLA FPD-012>

2003年11月17日放送分:
「“モンセラートの朱い本”から“処女なる御母を讃えん”   
  “七つの喜び”“笏杖もて輝ける御身”          
   “あまねき天の女王よ”“われら死をめざして走らん”」 
                         作曲者不詳
              (演奏)アンサンブル・エクレジア
               <TECLA FPD-012>

<>の中に書いてあるのが、CDの会社名と番号です。現在でも入手できるかどうかは分かりません(入手不可能のCDも良くオンエアされています)

 私は演奏は1種類しか持っていません(現在絶版)し他の演奏はあまり聴いたことがありませんので、比較しての推薦はできません。ただ、私の好みの演奏家の演奏がでているようですので紹介いたします。この演奏家はクセが強くて好みはかなり分かれるところですが、今から買うのだったら私はこれを選ぶと思います。
 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=158061
 残念ながら試聴はできないようです。

 放送をお聞きになってお気に入られたようですから、上記の放送時期や曲目等からお聞きになった放送分を割り出してそれを選ばれるのが一番良いと思います。
 決定的な情報でなくて申訳ないですが、お役に立てれば幸いです。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=158061

 スペイン古楽がお好きな方がいらっしゃるとは誠に嬉しいかぎりです。
 さて、お聞きになった放送は「数年前」では特定できません。当方が所持しているエアチェック用の記録から2003年3月以降分を検索してみましたところ4回放送されています(それ以前のデータは廃棄してしまったのでありません。同年3月以降分は朝6時のバロックの時間の情報は全部保存してありますので漏れはないと思います)。

2004年10月27日放送分:
「“モンセラートの朱い本”から“声をそろえ歌わん”
       ...続きを読む

Qマネーサプライの増加とLM曲線

マネーサプライの増加は、LM曲線を下方シフトさせるのでしょうか?
或いは右方シフトさせるのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらでもいいと思いますよ。
曲線のシフトのあり方として同じものを表していますから。

需要・供給曲線等のシフトについては、需要・供給関数のグラフのシフトという意味で右・左シフトと呼ばせる人もいます。
LM曲線は関数のグラフという意味が元々あるわけではありません。

どちらの場合でも私は縦でも横でもいいと思いますが。

Qバロック時代とクラシカル時代に活躍した5人の作曲家について

Handel,Bach,Vivaldi,Mozart,Haydnの5人の作曲家について調べています。なんでもいいのでこの時代中に活躍した事やプロフィールなど教えてください。できましたらバロック(Baroque)時代とクラシカル(Classical)時代の違いも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 ご質問からはどんなことが必要なのかよく分からないけど、何か書くとほかの人からも反応があるでしょうから、見当違いかもしれないけど雑談を…。
 とにかく歳の順に並べなおしてみましょう。ヴィヴァルディ、バッハ、ヘンデル(2人は同い年で、ヘンデルのほうが誕生日は早いですが、ヘンデルのほうが長生きしたのでこの順番にしておきます)、ハイドン、モーツァルト。バロック時代を1750年までとするのは、バッハの死んだ年を目安としています。ヘンデルもバロックの作曲家ですが、1750年以降は、「生き残り組」になっちゃったわけですかね。
 それはさておき、前の3人がバロック、後の2人がクラシックということになっています。ハイドンとモーツァルトは同じ時代をウィーンで生きていますが、あとの人たちは活躍した年代、土地、ジャンルが違うので互いに一面識もありません。でも、バッハはヴィヴァルディのスタイルに大きな影響を受けていますし、モーツァルトはバッハの息子のひとりヨハン・クリスチャン・バッハから多大な影響を受けています。バッハとヘンデルの興味ある共通点については、www.tcat.ne.jp/~eden/MM/B&HEye2.htm をご覧ください。
バロックとクラシックの様式的な違いは、前者が通奏低音の時代、後者が機能和声の時代ということですごく大雑把な区別ができます。違いを見るのも面白いかと思いますが、バロックからクラシックへの変遷をゼン古典派の作曲家たちを調べてみていくのも面白いかと思います。これについてはホームページとしては、homepage2.nifty.com/pietro/storia/preclassico.html くらいしか見つかりませんでした。むしろ西洋音楽史の本をしっかり読んで、関連のCDを聞いたほうがいいでしょうね。

 ご質問からはどんなことが必要なのかよく分からないけど、何か書くとほかの人からも反応があるでしょうから、見当違いかもしれないけど雑談を…。
 とにかく歳の順に並べなおしてみましょう。ヴィヴァルディ、バッハ、ヘンデル(2人は同い年で、ヘンデルのほうが誕生日は早いですが、ヘンデルのほうが長生きしたのでこの順番にしておきます)、ハイドン、モーツァルト。バロック時代を1750年までとするのは、バッハの死んだ年を目安としています。ヘンデルもバロックの作曲家ですが、1750年以降は、「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報