gooポイントでOCNがお得に!?

乾いた布はさらさらしていても水に濡れるととたんにべとべとと肌にくっつくようになるのはなぜですか。

A 回答 (2件)

こんにちは。


水が糊と同じ働きをしているからじゃないですか。
濡れた布はひとの肌や色々なものに良くくっ付きます。乾いた布ではなく、濡れた布の場合、このとき、繊維と肌の間にあってその隙間を埋めているのは空気ではなく、水だということになりますよね。ここで、空気と水の大きな違いをふたつ考えます。
水の分子は空気よりも重くて動きが鈍い。
水の分子はどんなものにでも簡単にくっ付いてしまう。
空気は身軽で、何処にでも飛んで行ってしまうので、少なくとも糊の役割は果たせません。水の分子はどんなものにでも結合するという性質をもっており、くっ付くことができないのは、油だけです。

水に濡れるということは、水の分子がその物体の表面の分子と結合するということです。ですから、油を塗った表面を水で濡らすことはできません。水は、水の分子同士が結合し、布の繊維とも、肌の表面とも結合します。このようにして、塗れた布は肌にくっ付きます。布をはがしても、水は肌にくっ付いたままですよね。
ただ、結合と言いますと、水の分子が手を繋いで結晶化し、布を縛り付けているように思えてしまうかも知れませんが、そういうことではありません。水は様々な分子と結合することは事実なのですが、厳密には、くっ付いたり離れたりを刳り返すんです。しかも、その速さは1秒間に何千回というものです。このような働きが、水の粘着力になっているのだと解釈して下さい。

水というのはたいへん忙しない分子なんですね。水は空気よりも動きが鈍いと言いましたが、それは水が静かな分子であるということではなく、空気のように何処かに飛んで行ってしまわないということです。そして、このような水の分子が繊維と肌の隙間を埋めてしまいますので、そこには空気が入り難くなります。そのため、周りから空気の圧力が掛かり、更にはがれ難くなります。
ただ、水が糊と違うところは、乾けば何処かに飛んで行ってしまうということです。水蒸気になると、分子の動きが結合する力を振り切ってしまうんですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

読ませていただいてなぜかうれしくなるようなご説明でした。ずいぶん考える助けになる考え方を貸していただきました。

お礼日時:2005/06/07 10:08

もともと物体同士は引力を持っています。

液体が加わると空間がなくなるので引力が強まります。さらに空気が追い出され気圧による押し付けも関係します。間の水分もなるべく表面積を小さくしようと表面張力が働きます。これらの合わさった力でしょう。もちろん乾いた布よりしなやかでフィットし易いこともあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

考えるための素材をいただいた感じです。どうもご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/07 09:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水が重力に逆らって物体に「くっつく」現象について

昨日、息子と風呂に入っているときに質問を受けました。
いわく、手のひらを水面につけて持ち上げたとき、水が手のひらにくっついてくるのはどうして?というものでした。
実生活のなかで、たとえば乾いた鉄に粉をかけてもくっつくことはないですよね。でも、鉄に水をかけると「濡れ」ますよね。同様に、手のひらが完全に乾いていれば(「完全に」という表現は相当粗いですがニュアンスとしてイメージしていただけると幸いです)、粉が入った容器に手のひらをつけても、静電気でわずかに粉がつく程度なのではないかと思うのです。が、粉を水にかえるとしっかり手のひらにつく。これ、相当不思議です。
息子には、「ビー玉がはいった容器に手をつけてもビー玉はついてこないよね。それより粒子が細かい粉の場合、少しついてくるよね。水は、たぶん粉より細かいから、よりたくさんついてくるんじゃない?あとは、表面張力とかの関係かなぁ、うぅん、わからん。」と、はなはだ消化不良な回答にて、ダメ父さんぶりを発揮してしまいました。ネットで検索しようにも、どう検索してよいかわからないので、ご存じの方がいらしたらお教えください。よろしくお願いします。

昨日、息子と風呂に入っているときに質問を受けました。
いわく、手のひらを水面につけて持ち上げたとき、水が手のひらにくっついてくるのはどうして?というものでした。
実生活のなかで、たとえば乾いた鉄に粉をかけてもくっつくことはないですよね。でも、鉄に水をかけると「濡れ」ますよね。同様に、手のひらが完全に乾いていれば(「完全に」という表現は相当粗いですがニュアンスとしてイメージしていただけると幸いです)、粉が入った容器に手のひらをつけても、静電気でわずかに粉がつく程度なのではない...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>いわく、手のひらを水面につけて持ち上げたとき、水が手のひらにくっついてくるのはどうして?というものでした。

くっついてきて、その後すぐ、ほとんどが落ちる現象のことですよね。
それは分子間力です。
ちょっと難しいですが、分子間力というのは、電磁気力の一種です(万有引力は電磁気力ではなく重力なので違います)。
ただし、単純な静電気ではありません。
水がくっつく力が分子間力で、逆に水を下に落とそうとする力が万有引力です。

>>>実生活のなかで、たとえば乾いた鉄に粉をかけてもくっつくことはないですよね。

人力だと無理かもしれませんが、相当力を入れると、くっつかないこともないです。

>>>でも、鉄に水をかけると「濡れ」ますよね。

濡れ性のある表面であれば濡れます。
濡れ性がない表面でも、石鹸などの界面活性剤を塗れば、濡れるようになります。

>>>同様に、手のひらが完全に乾いていれば(「完全に」という表現は相当粗いですがニュアンスとしてイメージしていただけると幸いです)、粉が入った容器に手のひらをつけても、静電気でわずかに粉がつく程度なのではないかと思うのです。が、粉を水にかえるとしっかり手のひらにつく。これ、相当不思議です。

粉は、間に隙間がたくさんあり、手のひらとの接触面積が少ないからです。
水は、手のひら表面の凹凸に入り込むので、接触面積が大きく、したがって濡れます。

>>>「ビー玉がはいった容器に手をつけてもビー玉はついてこないよね。それより粒子が細かい粉の場合、少しついてくるよね。水は、たぶん粉より細かいから、よりたくさんついてくるんじゃない?あとは、表面張力とかの関係かなぁ、うぅん、わからん。」

ほぼ正解です。
もっと言えば、手のひらの皮膚と水との間のわずかな隙間が、ほぼ真空になるということがあるからです。
10ccの空気を1cc引き伸ばして11ccにすることは簡単ですが、0.1ccの空気を1cc引き伸ばして10.1ccにすることは難しいです。
ですから、手のひらが水をくっつけているように見えるのです。
この点では、紙の上に平らな板を置いて、その板を上に持ち上げると紙がくっついてくる現象と同じです。

そして、「手のひらと水」だけでなく「水と水」も考えなくてはいけません。
「水と水」が引き付け合う力が存在するので、手のひらに直接ついた水が、仲間の水を連れ立って引っ付きます。
もしも「水と水」が引き付け合う力が存在しなければ、手のひらにくっついてくる水の量は、ほんの僅かとなります。
「水と水」もまた分子間力であり、「隙間が真空」でもあるわけです。

こんにちは。

>>>いわく、手のひらを水面につけて持ち上げたとき、水が手のひらにくっついてくるのはどうして?というものでした。

くっついてきて、その後すぐ、ほとんどが落ちる現象のことですよね。
それは分子間力です。
ちょっと難しいですが、分子間力というのは、電磁気力の一種です(万有引力は電磁気力ではなく重力なので違います)。
ただし、単純な静電気ではありません。
水がくっつく力が分子間力で、逆に水を下に落とそうとする力が万有引力です。

>>>実生活のなかで、たとえば乾いた鉄に...続きを読む

Q濡れたガラス同士がぴったりくっつく力

タイトルのままなんですが、表面がつるつるのガラスを水で濡らし、その上に表面がつるつるのガラスを乗せるとぴったりくっついてはがしにくくなりますよね?あれは何故なんでしょうか?
出来るだけ詳しく教えて頂けると幸いです!!

Aベストアンサー

あれはくっついているんじゃなくてガラスがあの状態から動きにくくなっているんですね。
ニ枚のガラスが離れるには間に媒体(大気中なら空気など)が必要です。でもありません。
均一な広い面に空気が入り込むにはそれなりに時間がかかります。しかも水が邪魔している。水は圧力が変わっても体積を変えないし。だから結局はがれない。
要するにはがそうとすると大気圧に押し付けられ(ニ枚のガラスの間が真空状態になるから)ちゃう訳です。だから容易にはがれない。
陶器など表面がデコボコしているものなら空気が入り易いから簡単にはがれるんです。

だと思います。


人気Q&Aランキング