バルセロナにあるサグラダファミリアについて知っていることがあれば教えてください。学校で建築物のレポートをできるだけ早めに書き上げてしまいたいんです。些細なことでもいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ある季節にサグラダ=ファミリア教会の真後ろから朝日が昇るのが素晴らしいそうです。

ガウディは、建設費を稼ぐために自分の財産をすべて教会に寄付し、生活もままならないまま募金と設計に明け暮れたそうです。路面電車に轢かれるまでは、
、、、、、、。
    • good
    • 1

はじめまして。

大学で建築を勉強した者です。

No.#4のJIMIさんの回答を補足させていただきます。

「一本の鎖を両手に持って、ダラーンとたるませたときの形」これは専門的には「カテナリー曲線」と言います。そしてカテナリー曲線の形を成したアーチを「カテナリーアーチ」と言います。
垂直方向の均一な荷重に対して強い形状なので、ガウディだけに限らず近代建築においてよく使われてきました。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 1

構造的な話を....


サグラダファミリアの塔の形(細い放物線を逆さにしたような形)は、一本の鎖を両手に持って、ダラーンとたるませたときの形を上下ひっくり返した形を元にデザインされました。ガウディは「この形は構造的にも優れており、このような有機的建築デザインは構造的に優れている」というようなことを言っていました。
    • good
    • 0

1984年に作られた記録映画に「アントニー・ガウディー」〔監督.勅使河原宏〕があります。

以下にその内容を紹介します。サグラダファミリアについては、最後の方で触れています。参考にして下さい。
 ナレーションはなく、説明の字幕も極力抑えて、「アメリアの遺言」と武満徹の音楽で静かに建築家ガウディーの世界を見せていく記録映画である。従って伝記的な要素もほとんどなく、動く博物館といった切り口は、実に清々しく、観ていて心の落ち着きを感じることができるだろう。
 スペイン内戦当時の弾痕が残るバルセロナは、ピカソ、ミロらのゆかりの地でもある。20世紀初頭、ガウディーと同時代の他の建築家の作品が紹介された後、いよいよガウディーに移る。先ずは、「カサ・バトリョ」。鱗のような瓦、骨のような柱や階段のてすり、とんぼの複眼のような窓、キノコのような椅子、貝殻のような天井や窓、あばら骨のような屋根裏部屋。複雑な曲線が幻影・幻想へと誘う。「カサ・ミラ」。「スター・ウォーズ」のダース・ベーダーを思わせる外観。昆虫か甲殻類を思わせるベランダのてすり。海草のような大きな入口が開く。中は、海底深く沈んだ遠い時代の宮殿のようだ。レリダ県タウールは、中世のたたずまいを残した町だ。ガウディーは若い頃、中世文化を発掘する運動に関わった。
 「カサ・ビセンス」〔1883年〕。ガウディー最初の作品だ。動物や植物を象った装飾は抽象化の度合が低く、直線的で、生硬な印象が強い。「テレーサ学院」。丸みを帯びてくるが、まだ見る者に幻想を抱かせるには至らない。「グエル別邸」。「エイリアン」の造型を思わせる門。グエルは、ガウディーにとっては、最大の理解者で、友人であった。グエル別邸の厩舎は、今はカタルーニャ工科大学の一部になっている。
 「グエル家の酒倉」〔1895年〕から作風が激変する。えび、貝、魚、海産物の豊富なバルセロナ。「コロニア・グエル」。グエルは工場に隣接して文化・医療施設を作る。「サグラダ・ファミリア教区学校」。1898年、最後の計画として、教会が建設されることになる。「コロニア・グエル地下聖堂」。ミロの絵を思わせるモザイク、花びらのようなステンド・グラス〔これは、花びらの形のままに個別に窓が開く仕組みになっている〕、広げた雨傘を思わせる天井、バナナの木のような柱。「パルケ・グエル」。自然の起伏をそのままに生かした公園である。お菓子の家のような外観を持つ建物。カメレオンのような水飲み場。公園の周りを囲むようにのびるてすりには、聖人の物語が描かれているかのような印象を受ける。原始の誕生を思わせる渦巻状にのびていく柱の列。聖地モン・セラを見る時、私はいつも「北北西に進路を取れ」に出てきたラシュモア山を思い出す。
 「サグラダ・ファミリア贖罪寺院」。トウモロコシを思わせる巨大な尖塔の群れ。足の関節を連想させる上層部の飾り。ボカビリアという本屋さんが作り始めたこの教会をガウディーは引き継ぎ、独特なスタイルに作り替えて行く。「生誕の門」を設計する時、ガウディーは20日間の断食を行い、ふらふらになる。若い頃の軽薄さを清めようとしたためという。その門には、キリストにまつわる色々な人物が描かれる。1926年6月10日、ガウディーは不慮の事故で亡くなる。その後、スペイン内戦で「サグラダ・ファミリア贖罪寺院」の模型が壊れてしまったため、復元するのに手間取る。一本の柱でも、切れ目なくどこにでもつながっていてほしいという願いを持っていたガウディー。引き継ぐ人が独自のものを付け加えて行くことで、もっといいものになっていくはずだと考えていたガウディー。この寺院の完成には、まだ100年はかかると言われている。
    • good
    • 0

些細なことでもいいので教えてください・・・ということであれば、ネットで「サグラダファミリア」と入れて、検索するのが良いかとは思いますが・・・



取り急ぎ参考になりそうなページを

<Antonio Gaudi>
http://www.shibata.nu/~gaudi/

<ガウディについて>
http://www.palnetwork.com/chie/1999/10/indexb.html


あとは検索するとゴロゴロと・・・
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサクラダファミリアと言ったらサグラダファミリアだと指摘を受けた。 サクラダファミリアってこの世に存在

サクラダファミリアと言ったらサグラダファミリアだと指摘を受けた。


サクラダファミリアってこの世に存在しないのでしょうか?

それとも昔はサクラダファミリアと言っていたけど、現地に行くと現地の人はサグラダファミリアと発音してたので変わったということでしょうか?

それともそもそもサクラダファミリアという言い方は存在してなくて私の聞き間違い、記憶違いだったということですか?

昔はサクラダファミリアって言ってた気がします。

いつからサグラダファミリアと言うようになったんでしょう。

Aベストアンサー

カタルーニャ語: Sagrada Família

Qこんな建築物知りませんか?(現代建築)

見てくださってありがとうございます。

以前何かの写真で見た建物が気になって仕方ありません。
それはコンクリート建築で、小さい立方体?がポコポコくっついたような個性的な外観が特徴的な建物です。海外の建築で、多分集合住宅かと思うのですが心当たりのある方、お願いいたします。

もし説明が不足でしたら補足します。

Aベストアンサー

モントリオールの“habita67”ではありませんか?

参考URL:http://www.monotsukuri.net/mirai98/habi/habi.htm

Qガウディのサグラダファミリアの話で翻訳お願いします

ガウディの話 翻訳お願いします

He began his career with the Gothic Revival Casa Vincens (1883-8) and reworked Gothic form in the fantastic, monumental La Sagrada Familia (1882-), a still-unfinished fantasy of structural engineering and medieval now being completed using contemporary techniques.

彼はゴシックリバイバルカーサヴィンチェンス(1883ー8)と記念碑的なサグラダファミリア(1882ー)のような素晴らしいゴシックフォルムの再加工で仕事を始めた。このサグラダファミリアは構造工学の幻想と時代のせいで未完成だったが、現在では現代的な技術を使用して完成されようとしている。

medieva の使い方がよくわかりません。
お願いします。

Aベストアンサー

 medieval now = 今となってはもう中世的だが

 まだ未完成の、構造工学のまぼろしで、今となってはもう中世的だが、現代の技術で完成されようとしている。
 

Qサグラダファミリアについて

なぜ完成するまでにあと200年もかかるといわれているのですか?
写真でみたことしかないのですが、あれで完成でも別にいいような気がするのですが。

Aベストアンサー

四年前に現地を訪れサグラダ・ファミーリア(聖家族教会)と一連のガウディの作品を見てきました。現物を見ると明らかに未完成の建築物ということが分かります。地下に資料室がありガウディ自身が作った模型や彼の弟子が作った完成予想図が展示してあります。それによれば現在まで完成しているのは1/5位のようです。写真で見慣れた数本の塔のひとつには観光用のエレベータもついていてバルセローナの景観が楽しめます。最終的には現在の塔より高いものを含め18本の塔が建つそうです。建設には日本人石工(彫刻家)も参加しています。

あと200年かかるというのはジャーナリステックな表現で、こういい始めて何十年か経つので本当なら後170年とか言うべきです。実のところ、果たして何年かかるのか、本当に完成するのか、誰にもわからないでしょう。しかし、スペインでは
過去このようにして50年から100年かけて完成した城や教会があるのは事実です。
石の建造物は木造に比べ時間がかかるのです。

Q私はスペインに、興味があります ある映画を見てサグラダファミリアに興味がわき そして、スペインにもと

私はスペインに、興味があります
ある映画を見てサグラダファミリアに興味がわき
そして、スペインにもと言う形になりました。
いつかはサグラダファミリアに行きたいと思います

まだまだ、大まかなことしかわからず
旅行に行く人向けであろう本を買いました
そう言う系統以外にスペインの歴史や文化が学べるオススメの方はありませんか?

Aベストアンサー

スペインって、どうしようもない国で、アフリカ北部から侵略されてきたモロ人で制服されて何百年、それで、イサベラ女王の出現で旦那との協力でスペインをモロ人から取り返した頃が全盛期。1400年代末の歴史をわかりやすく、興味深く書かれた「悲劇の女王・イサベラ」ってのが。手元にその本が見つからないので、作者・出版社は覚えていないですが、日本人のオバさんがよく調べて書きあげた本だと。あれで、スペインの歴史はものすごく納得できるようになりました。

次は、スペインと日本の関係。「ヨーロッパに消えたサムライたち」太田尚樹・角川書店。1612年のノン・フィクション物です。

この2冊で、かなりのスペイン通になれます。

Q有名な建築家が建てた建築物を・・・

有名な建築家が建てた建築物を
TVや映画の中で探しています。

どんな映画やTVでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

ミケランジェロ・アントニオーニ監督の『さすらいの二人』。
アントニオ・ガウディのカサ・ミラやグエル邸が出てきます。

ガウディに関してはもうひとつ,
勅使河原宏監督がドキュメンタリー作品を撮っていたはずですが。

Qサグラダファミリアの夜景は安全?

来月、スペイン(マドリッド・バルセロナ)に行く予定です。
はじめての海外旅行、そして一人旅です。

バルセロナの最後の夜、
サグラダファミリアの夜景、ライトアップされているところを
見てみたいと考えています。
ライトアップされているサグラダファミリアが池に映り
とても美しいとか。

オプショナルツアーですと、10000円くらいなのですが。
やはり、一人で池の辺りを見て歩くというのは
危ないでしょうか?

ご意見よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はい、大変危険です。

Q西洋絵画における近代化とはどのようなことであったか、についてのレポートを書いています

40歳を過ぎたおばさんですが、若い子たちと一緒に通信教育の大学で勉強しています。
西洋美術史のレポート課題に取り組んでいるのですが、どなたかお知恵を拝借くださいませんか。

いろいろ調べて、自分なりに漠然と分かったことは、、、
・近代とは、フランス革命ごろ以降をいう。
・ロココ美術とは、古典主義から脱しようとしていたもの。
・それまでは、貴族や上流階級のものであった。
・芸術家は、サロンに招かれたりして、パトロンがつき、生計をなしていた。
・革命以降、新古典主義がでてきた。
・新古典主義とは、古代に完成された美術がまた見直されてきたもの。

これらの事象をまとめ、自分なりの考察として、、、
革命を経験した芸術家たちはきっと新しい何かを見出したに違いない、と講釈をつけたいと思っています。
(本当はそんなエラそう言えた立場ではありませんが・・・)

ただそのためには、具体的な作品が必要なのですが、数ある作品の中から革命の影響を受けたであろう、または革命前にはこんな作品はなかったであろう、という作品を見つけることができません。
やみくもに「西洋美術館(小学館)」を借りてはきたものの、あまりにも膨大な作品数で、途方に暮れています。

教科書(カラー版西洋美術史/美術出版社)にはジャック・ルイ・ダヴィッドのホラティウス兄弟の誓いが出ているので使おうかとも思いますが、この作品のどこがどう新古典主義宣言なのかが分かっておりません・・・・。
ミレーの落ち穂拾いのような市民生活に密着した作品は、革命前はなかったんじゃないかな~とも考察しますが、単に私の探し方が足りないだけかもしれないし・・・・

そこで本題なのですが、フランス革命の前後で、革命の影響が顕著に分かる具体的な作品をご存じでしたら教えていただけませんか。
私は専門家ではありませんから(ただのおばさんですから)、小難しいことを書くつもりもありませんし、マニアックな作品も取り上げようとはしておりません。分かりやすいメジャーな作品を教えてくださると助かります。
よろしくお願いします。

40歳を過ぎたおばさんですが、若い子たちと一緒に通信教育の大学で勉強しています。
西洋美術史のレポート課題に取り組んでいるのですが、どなたかお知恵を拝借くださいませんか。

いろいろ調べて、自分なりに漠然と分かったことは、、、
・近代とは、フランス革命ごろ以降をいう。
・ロココ美術とは、古典主義から脱しようとしていたもの。
・それまでは、貴族や上流階級のものであった。
・芸術家は、サロンに招かれたりして、パトロンがつき、生計をなしていた。
・革命以降、新古典主義がでてきた。
...続きを読む

Aベストアンサー

ダビッドを扱うのならマーラーの死のほうがいい気がしますね。
ホラリウス兄弟の誓いは構図は古典的なイタリア絵画、ラファエロ
やミケランジェロなどのマニエラを使い、ホメロスだかプルタコスだか
の叙事詩を題材にしているぐらいしか書くことは少ない気がします。

題材そのものに革命的ななにかがあるようにもおもえませんし、

マーラーなら革命の殉教者の絵であり、新古典主義の装飾を廃した表現
と革命の人物を荘厳に描いて歴史画のように扱う表現などなど書きよう
も色々あるのではないかと。

封建制が崩れて市民階級の富裕層からの注文をどのように扱ったのかと、
音楽との比較、哲学からのアプローチなんか面白いかも知れませんね。

近代というと哲学だとカントとかヘーゲルとかそのへんになるのかな・・・。

Qサグラダファミリアに使われている石材は何ですか

ガウディのサグラダファミリアは、どんな石材で出来ているのですか?
是非、正確な石種や産地を教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記、サイトより
http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=http://w10.bcn.es/APPS/wprmuseuciencies/Museu.GeneradorPagines%3Fidioma%3D3%26seccio%3D11_3_13_1.2895%26visible%3D1&sa=X&oi=translate&resnum=5&ct=result&prev=/search%3Fq%3Drocks%2Bof%2Bsagrada%26start%3D10%26hl%3Dja%26lr%3D%26client%3Dfirefox-a%26rls%3Dorg.mozilla:ja:official%26hs%3DWwn%26sa%3DN

Sagrada Familiaの構造はバルセロナ都市のMontjuic山からのケイ質の砂岩を使用して1882年に、主に始まった。 他のタイプの石はその後組み込まれていた。 これらは花こう岩、玄武岩、porphyrを含み、Montjiicの砂岩および補強されたコンクリートとともに、仕事が続くことを可能にする異なった石灰岩。

---

市内にあるモントジュイックの丘から主に運ばれたみたいですね。

下記、サイトより
http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=http://w10.bcn.es/APPS/wprmuseuciencies/Museu.GeneradorPagines%3Fidioma%3D3%26seccio%3D11_3_13_1.2895%26visible%3D1&sa=X&oi=translate&resnum=5&ct=result&prev=/search%3Fq%3Drocks%2Bof%2Bsagrada%26start%3D10%26hl%3Dja%26lr%3D%26client%3Dfirefox-a%26rls%3Dorg.mozilla:ja:official%26hs%3DWwn%26sa%3DN

Sagrada Familiaの構造はバルセロナ都市のMontjuic山からのケイ質の砂岩を使用して1882年に、主に始まった。 他の...続きを読む

Q東京芸術大学建築科の教科書を入手する方法ってありますか

東京芸術大学の建築科では教科書を使いますか?
使うのであれば、在校生でもOBでもない者が入手・購入する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

大学の教科書は全て大学生協が扱っています。生協組合員なら若干安く購入できますが、非組合員でもそれなりの価格で購入できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報