This phenomenon may help to explain why whales sometimes appear to commit "suicide" by heading into shallow waters where they get stuck and die of suffocation, when no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe.

哺乳類が何かをだしてコミュニケーションをとったり、障害物を察知するといった内容の文章の一文です。
この文の構造が正しく掴めません。主節はThis phenomenon may help・・・だと思ってます。
そしてwhyからsuffocationまでは一つであると考えます。しかし、その直後のwhen以降がひとつの纏まりを成しているように感じますが、when以降とその前のつながりが分からないようです。

どんな構成になっている文なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#4の補足をさせてください。



全体構造
This phenomenon may help to explain {why whales sometimes … to breathe}.
whyから最後までがexplainの目的語(ひとつの節)


when no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
の文構造について。

whenを時、理由、譲歩etc.のどれに解するか、またどのように訳出するかは、相当に解釈の問題で、一義的には決めがたいものがあるでしょう。

しかし、
when no longer … breathe
の文構造自体は、客観的に決まるはずです:

when (no longer supported by the sea,) the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
であり、whenはbreatheまでをカバーする。
つまり
when the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
の中に、
the weightを意味上の主語とする分詞構文no longer supported by the seaが挿入されたもの(おそらく#3さんと同じ考えでしょうか)。

これに対して
(when no longer supported by the sea,) the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
つまりwhenはseaまでをカバーする、と読むことはできないように思われます。
もしそのように読むと、
the weight of their bodies makes it impossible for them to breatheが、文章全体の中で他との関連づけを失って、宙に浮いてしまうからです。
他と関連づけるなら、コンマ[,]、たとえば
suffocation, whenのコンマ
に接続詞の働きを持たせるしかありませんが、
それは英語の文章作法として不可です
(いわゆるコンマの誤り。ただし、セミコロン[;]、コロン[:]なら可。
参照 http://www.alc.co.jp/eng/grammar/kaisetsu/gramma …)。


この分詞構文no longer supported by the seaを、接続詞と主語を補って完全な節に書きかえてみると
if(またはwhen)it[=the weight ] is no longer supported by the sea
となり、
when the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
の中に挿入すると、
when, if(またはwhen)it[=the weight ] is no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
となります。

ifの場合
when, if it is no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
となり、itが重複

whenの場合
when, when it is no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe
となり、さらにwhenが重複します。

そのくどさを避けるために
if(またはwhen)it is no longer supported by the seaを
no longer supported by the seaと簡略化したものと思われます。


when= althoughと見なし、
when...breatheがheading into shallow waters就中headingにかかる
とする私見は変わりません。


そのうえでの、あらためて私訳(説明のため#4より直訳):
この現象は、以下のことを説明するのに役立つかもしれない。すなわち鯨はなぜ、海水の浮力の支えを失えば自重で圧迫されて呼吸が不可能になるというのに、わざわざ浅瀬に入り込んでは身動きがとれなくなって窒息死するという、「自殺」のような行動にでることがあるのか。
    • good
    • 0

 いろいろな読み方ができるとは思いますが、


#6さまの意見に賛成します。

… shallow waters where they get stuck and die of suffocation, when (= and when they get stuck and die of suffocation) no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe.

つまり、when は「~するとき」という条件節を作っているのではなく、非制限の関係副詞として「そのときは」と前節を補足説明する役割をはたしています(だからandなどの接続詞も要らない)。

「この現象は、鯨たちがなぜ時として浅い海域に突進して『自殺』とも呼べそうな行動をとるのか、その説明を助けてくれるかもしれない。そのような浅い海域では、鯨たちは身動きが取れなくなり、窒息死してしまうのだが、そのわけは海水による浮力の支えを失って、彼らの体重が自らを呼吸不能に陥らせてしまうからなのだ。」
    • good
    • 0

 when はとりあえず置いておいて,


(no longer) supproted by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe は分詞構文になっています。
「もはや海によって支えられないので,自らの体重が,鯨が呼吸するのを不可能にする」
 この部分全体に when がついていると考えるべきでしょう(no longer supported by the sea の後のコンマは when 節を切るコンマではなく,分詞構文を作るためのコンマなのです)。
 「もはや海によって支えられないので,自らの体重が,鯨が呼吸するのを不可能にする時に」となって,die of suffocation「窒息死する」にかかっていきます。
「この現象は,なぜ鯨が,浅瀬に進んで行き,そこで動けなくなって,はもはや海によって支えられずに,自らの体重によって,鯨が呼吸することができなくなる時に,窒息死してしまうことによって,「自殺」行為を行うように時には見えるのか,ということを説明するのに役立つかもしれない」
直訳すればこうなると思います。
 , when の部分は単に「~する時に」と訳しましたが,正確には前から関係副詞の非制限用法のように考えるべきかもしれません。「窒息死して,そしてそのとき,…呼吸ができなくなる」だと時間の流れがおかしいと思われるかもしれませんが,同時を表しているので,誤ってはいないと思います。
    • good
    • 0

文の構造について回答させていただきます。



when 以下は、

when (the weight of their bodies is) no longer supported by the sea.
「鯨の体重がもはや海によって支えられない時」

で、主語と動詞の省略形と考える事ができます。
このような省略は、whenが導く副詞節内の主語と、従属節の主語とが一致しているときに、しばしばおこります(どちらも主語はthe weight of their bodies)。

when は単純に「~する時」

no longer 「もはや~ない」(否定語)

次にwhen以下の文章と、when以前の文章との関係ですが、

when以下は、

heading into ~suffocation

の内容を詳しく説明している部分と見る事ができます。

つまり、「鯨が浅瀬に突っ込んで身動きが取れなくなって、窒息死してしまう」とはどういう事かを、別の側面から捉えて説明しているといえます。

その根拠としては、whenの前に,(コンマ)があり、when以前と when以後の文章が密接な関係となっているためです。もしこれが.(ピリオド)なら、前文との関係は断ち切られてしまうのですが・・。
    • good
    • 0

つまりは解釈の問題で、


既出のどの回答も、それぞれ、個々の解釈として成立するように思います。

私なりの解釈:
あえて文法的な説明をすれば、
This phenomenon may help to explain {why whales sometimes appear to commit "suicide" by heading into shallow waters (where they get stuck and die of suffocation), (when no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe)}.

(when no longer supported by the sea, the weight of their bodies makes it impossible for them to breathe)
はheading into shallow waters就中headingにかかる

when
http://pewebdic2.cw.idm.fr/
8 even though something is true: であるにもかかわらず、だというのに
Why does she steal things when she could easily afford to buy them?
買う金はあるというのに、なぜわざわざ盗むようなことをするのか?
http://www.oup.com/elt/oald/
6 although: She claimed to be 18, when I know she's only 16.

直訳
海水の浮力の支えを失えば、自重で圧迫されて呼吸が不可能になるというのに、わざわざ浅瀬に入り込む

試訳
この現象は、鯨が時として見せる「自殺」めいた行為の原因を解くヒントになるかもしれない――鯨はなぜ、わざわざ浅瀬に入り込み、乗り上げて窒息死するような行動に出るのか?海水の浮力の支えを失えば、自重で圧迫されて呼吸が不可能になるというのに。
    • good
    • 0

『この現象は、なぜ鯨が、動けなくなって窒息死するような浅瀬に向かうことで、時折「自殺」するように見えるのかということを説明するのに役立つかも知れない。

海によってもう支えられなくなると、自身の体重で鯨は呼吸が出来なくなるのである。』

この文章に来るまでの文章を読むとまた違った訳になるかも知れませんが、when以降がその前の理由を述べていると取りました。どうでしょうか。
    • good
    • 0

when以降は確かに1つの纏まりをなしており、どういうときに窒息死するのかということを説明していますが、敢えてカンマでつなげず、1つの独立した文とした方が判り易いのではないかと個人的には思います。



構文的な説明(文法)は、得意ではないので・・・こんな回答で、スミマセン。
    • good
    • 0

英文法に自信ないので、いったん和訳して考えたのですが;


when以降は、ひとかたまりで"get stuck and die of suffocation"あたりを補足説明しているように感じます。

「この現象は、鯨が浅瀬に向かって乗り上げて窒息する--海によって支えられなくなるとき、その体重は彼らが呼吸することを不可能にする--ことで自殺するようにときどき見えることを説明するのを助けるかもしれない。」

ざっと直訳しただけなので、不正確かつへんてこですけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTo be continued(つづく)って?

ドラマの最後などで見る「つづく」という意味の「To be continued」というのは、文法的にはどういう文の省略なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

This story is to be continued.

直訳すると、「このお話は続く予定です」となります。

be to do で予定を表します。(この場合、do にあたるのが 受身のbe continued )

これから、「To be continued.」で、「次回へ続く」「以下、次回で」という意味の成句になったと思われます。

QIt's too good not to pass on. It explains why my

It's too good not to pass on.

It explains why my brother and I say we owe our existence to peanuts.

When she graduated from high school, my mother had everything expect one thing.

She was pretty, smart, and came from a wealthy family, but she was terribly shy, especially around men.

Boys didn't like to take her out because she was so quite.

She went to the same college her mother went to, and to please her mother, she agreed to join the welcome party at a women's student club.

訳をお願いします

It's too good not to pass on.

It explains why my brother and I say we owe our existence to peanuts.

When she graduated from high school, my mother had everything expect one thing.

She was pretty, smart, and came from a wealthy family, but she was terribly shy, especially around men.

Boys didn't like to take her out because she was so quite.

She went to the same college her mother went to, and to please her mother, she agreed to join the welcome party at a women's stu...続きを読む

Aベストアンサー

とても良いので、素通りなんてできない。
私たちが存在するのはピーナッツのおかげだと私の兄弟と私が言うのは、そういうわけです。
高校を卒業した時、私の母は、1つのものを除いて何でも持っていました。
彼女が可愛かったし、頭も良かったし、家族もお金持ちだったけれど、ひどい恥ずかしがり屋で、特に男の人と一緒の時はそうでした。
男の子たちは、彼女がとても無口だったので、彼女をデートに誘いたがりませんでした。(文脈から言って、quiteではなくquietだと思います)
彼女は、彼女の母親と同じ大学に行き、母親を喜ばせるために、女子学生クラブの歓迎パーティーに出席することに同意しました。

Qonとto / continuingとcontinued

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White House is calling on all sides to refrain from violence and to work together to put Pakistan back on the path to democracy.

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?
「四方八方に呼びかけている」という意味だと思うのですがtoではないのでしょうか?onでもわかりますが、どちらでもいいのでしょうか?
(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?
to return(restore?) Pakistan to the path of democracy.のようだとニュアンスが変わってくるのでしょうか?

お願いします。

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠くから声をかけるという感覚になるはず。また、to を使うと、all sides がどこか遠くのほうにあるような感覚になり、すでに存在している「各方面」を意味するには不適切。

(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?

put AA back on BB 「AAをBBに戻して置く」と言う意味。put があるので、on しか使えないでしょう。また、path to democracy は、「民主主義へ続く道」と言う意味で、現状は民主主義が実現されていないことを意味しています。path of democracy だと、「民主主義の道」となり、すでにある民主主義社会がどう進んでいくか、または、どう進んできたか、のような意味になります。

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠く...続きを読む

Q「The effort to fulfill this role may have be part

「The effort to fulfill this role may have be part of what motivated Oldenburg to develop Philosophical Transaction」を「この役割を果たした努力はある程度にOldenburgがPTを作る動機となったかもしれません」に訳しても間違いないでしょうか?

Aベストアンサー

The effort to fulfill this role may have been part of what motivated Oldenburg to develop Philosophical Transaction.
(may have beではなく、may have beenですよね?)

この役割を果たそうとする努力が、OldenburgがPhilosofical Transactionを作る動機となったものの一部だったかもしれない。

The effort to fulfill this role may have been part of what motivated Oldenburg to develop Philosophical Transaction.
(may have beではなく、may have beenですよね?)

この役割を果たそうとする努力が、OldenburgがPhilosofical Transactionを作る動機となったものの一部だったかもしれない。

The effort to fulfill this role may have been part of what motivated Oldenburg to develop Philosophical Transaction.
(may have beではなく、may have beenですよね?)

この役割を果たそうとする努力が、OldenburgがPhilosofical Transactionを作る動機となったものの一部だったかもしれない。

この役割を果たそうと努力したことが、OldenburgにPhilosofical Transactionを作らせた動機のひとつだったかもしれない。

The effort to fulfill this role may have been part of what motivated Oldenburg to develop Philosophical Transaction.
(may have beではなく、may have beenですよね?)

この役割を果たそうとする努力が、OldenburgがPhilosofical Transactionを作る動機となったものの一部だったかもしれない。

The effort to fulfill this role may have been part of what motivated Oldenburg to develop Philosophical Transaction.
(may have beではなく、may have beenですよね?)

この役割を果たそ...続きを読む

QContinued convergenceの訳し方

いつも御世話になります。
今回は下記文中に使用されている"continued convergence"の意味が
よくわかりません。直訳すれば「継続した集中(力)」というような
訳になるかとは思いますが、これでは日本語として違和感があり、いったい
何が言いたいのかイマイチよくわかりません。

英語、および日本語表現に自信のある方、お助けください…

【英文】Investment reflects continued convergence of musical
hardware and personal computer.

【訳】この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの継続した
集中?を反映したものである。

Aベストアンサー

convergenceは収束→近づく

The Himalayan mountain range has formed by collision and continued convergence of the Indian plate with the Eurasian plate
2つのプレートの継続した接近そして衝突

訳→この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの一体化が絶え間なく進展していることを反映したものである。

QI need someone to help me. I need people to help m

I need someone to help me.
I need people to help me.

この2つの英文にはどのような違いがあるのでしょうか。
また、ネイティブの方はどちらの方を使用しているのでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

言葉通り、ちょっと誰か助けて、というか、ちょっとみんな助けて、というか。廻りの状況や状態に全て関係するでしょう。

I need people to help meは大勢の前でしか使わない(≒使えず)、余り一般的でない。何かの演説でしか聴いた事がないかもしれません。

利用頻度が大いには明確に前者。

Q[to be]のイメージがつかみたいのですが?

NHKラジオ英会話講座より(英作文の問題)
彼はとても健康なので100歳以上生きると思う。
He's so healthy that I think he'll live to be a hundred or more.
(質問)
(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。
He's so healthy that I think he'll live more than 100years old.
(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?
「あること」「存在すること」という名詞的用法でしょうか?
この文章には、必ず[to be]は必要ですか?
(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?
(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです。 以上

Aベストアンサー

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを前置詞untilを用いると間違いになるので、ご注意下さい。
例:
he'll live until more than 100years old(X)


ご質問2:
<(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?>

1.副詞的用法になります。目的・程度・結果、などの解釈が可能です。

(1)目的の用法:
(直訳)「100歳になるように、生きる」

(2)結果の用法:
(直訳)「生きて、100歳になる」

(3)程度の用法:
(直訳)「100歳になるほど、生きる」

これらの直訳が、抄訳のような「100歳まで生きる」という、分かり易い意訳にまとめられているのです。


ご質問3:
<この文章には、必ず[to be]は必要ですか?>

必要です。to beを使わないのであれば、上記で回答したような接続詞が必要になります。


ご質問4:
<(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、>

1.to be continuedのto不定詞は副詞的用法で、「~しましょう」という独立文を導く用法なのです。
例:
To return.=Let us return.
「本題に入るとしよう」

2.これをcontinueに当てはめると
To be continued=Let it be continues.
「それを続かせるとしよう」→「次回に続く、、、、」
となるのです。


ご質問5:
<continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?>

1.まず受身にする必要があります。例えばドラマで使われた場合、主体となるのは「ドラマ」で「ドラマが続く」となるからです。Continueと能動のままだと、ドラマでなく、ドラマ製作者にスポットライトが置かれ「我々が、続ける」となってしまいます。「続く」という自動詞にはならないからです。

2.continueには「続く」という自動詞もありますが、「中途のものが引き続き継続する」の意味で使われる場合は、他動詞を使います。
例:
continued from(on) page 20
「20ページから続く」

自動詞のcontinueはある動作・状態が引き続き行われる場合に使われ、補語Cを伴います。
例:
He continued obstinate.
「どこまでも強情をはった」

3.また、continuedだけだと、完了のニュアンスは表せますが、未来への指向性「これから~する」といった予定のニュアンスが表せないのです。To不定詞を用いることによって、それを出すことができるのです。

もしto不定詞を使わないなら、時制を表す文にする必要があります。
例:
It will be continued.
「それは、続くだろう」


ご質問6:
<(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです>

1.副詞的用法:

To be honest「正直に言うと~」
To be frank「率直なところ~」
To be serious「真面目なはなし~」
といった副詞的な用法として、文頭に使われることがあります。これらは独立副詞句と呼ばれます。

2.名詞的用法:

To Be, Not To Be
「生きるか死ぬか、(それが問題だ)」
有名なハムレットの言葉ですが、このto不定詞は「~こと」という名詞的用法で、beは「ある」「存在する」という完全自動詞が→「生きる」という意味に転じたものです。

以上ご参考までに。
PS:今週末からまたバカンスでブルターニュ地方に一週間ほど出かけてきます。今回はクラシックスポーツカー愛好家の集まりに出席するのが目的で、ついでのバカンスです(仏人はバカンスとってばかりですね(笑))今回はPCを持っていかないので、回答はできませんが予めご了承下さい。

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを...続きを読む

Qseem to と appear to について

seem to と appear to について

The children appeared to be happy.

The children seemed to be happy.
って、日本語訳するときに何か違いがありますか?

Aベストアンサー

私もネイティブに、同じ質問をしたことがあります☆;
↓ネイティブが持つニュアンス(回答)はこのよぅです↓

【 seem to 】 - 推測 ☆ のニュアンス。
主観的な 《 判断:推測:印象:気持ち 》を述べる

【 appear to 】 - 目の前に現れる ☆ といぅニュアンス。
もともとは ( show oneself ) からきている

、、なので、上記のニュアンスを頭に置きながら、

The children appeared to be happy.
The children seemed to be happy.

をもぅ一度 想像してみてください☆

Qafraid not to beの意味

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈していました。確かにこの場合は、2つのafraidしているものをandで繋ぐことで表現されますが、わざわざafraidを2つかくことで強調しているのかと思ってしまいました

この解釈がありえないとすれば、afraid not to be~「~でないことを恐れる」という用法は使わず、全てnot afraid to be~という用法を用いるということになるのでしょうか
それならば「afraid not to be」という用法はないからnot A,Bという構造だということが分かる というだけで納得できますが、後のカンマやbutを見るまでは解釈が確定しないということになると、はっきりとした理解が必要になると思いましたので質問しました

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈...続きを読む

Aベストアンサー

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文がありましたので私はそれを参照しましたが、、、。

>Teachers can end up afraid not to be in control of the answer

これを書き換えると
「Teachers can end up afraid that they (should) not be in control of the answer」
となりますが、いいですか。
「that they (should) not be 」は所謂「仮定法現在」です。
意味は、「教師達は自分たちが問題の答えを掌握していないのではないかと心配する羽目になることだろう」となります。

>「,afraid of losing their authority over the class」

これは分詞構文として解釈できますので次のように書き換えられます。
「because they are afraid of losing their authority over the clss」(教師達は生徒たちに対する自分達の権限が無くなるのを恐れているので)

以上をまとめると
「教師達は、生徒に対する権限を失うのを恐れるあまり、答えを掌握していないのではないかという不安に陥ることがある。」という訳になるかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文があ...続きを読む

QRemember this when you are ready to

Remember this when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.

以下の文章なのですが、意味が今ひとつ分かりません。
意味と共に、以下(1)(2)
(1)in whose mind the thought is ~ の文法に関して
(2)when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.の for whatever it is 以降の文法 に関してご教示頂ければ幸甚です。

The amount is limited only by the person in whose mind the thought is put into motion. faith removes limitations! Remember this when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.

Remember this when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.

以下の文章なのですが、意味が今ひとつ分かりません。
意味と共に、以下(1)(2)
(1)in whose mind the thought is ~ の文法に関して
(2)when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.の for whatever it is 以降の文法 に関してご教示頂ければ幸甚です。

The amount is limited only by the person...続きを読む

Aベストアンサー

名詞+前置詞+関係代名詞という流れですが,まったく構造が異なります。
すなわち,先行詞 person が存在する whose
先行詞が存在しない whatever

(1) whose 自体,日本語に訳そうとすると無理がありますし,さらに前置詞があるとなおさらです。
この場合は先行詞 the person でいったん切ります。
分量はその各人各人によってのみ制限される。
whose を his と読み変えて(his は先行詞 the person's のこと)
その人の心の中で,その考えが実行に移される。

(2) when you are ready to bargain with Life for ...
先行詞が含まれている whatever の場合,前の for はその前の部分とつながっています。
あなたが...のことで命と商談をする準備ができた時,このことを思い出してください。

何のことで商談するかというと
whatever it is that ...
これは強調構文 it is X that ... の X が whatever に変わったものです。
強調されるだけですので,it is that をはずした方が構造はわかりやすいです。
whatever you ask as your price ...
「あなたがこの世を生きた値段としてあなたが求めるどんなものでも」

いくらであっても,あなたが生きてきた人生の値段としてあなたが求める値段のことで命と商談する準備ができた時,このことを思い出してください。

名詞+前置詞+関係代名詞という流れですが,まったく構造が異なります。
すなわち,先行詞 person が存在する whose
先行詞が存在しない whatever

(1) whose 自体,日本語に訳そうとすると無理がありますし,さらに前置詞があるとなおさらです。
この場合は先行詞 the person でいったん切ります。
分量はその各人各人によってのみ制限される。
whose を his と読み変えて(his は先行詞 the person's のこと)
その人の心の中で,その考えが実行に移される。

(2) when you are ready to bargain with Life fo...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報