3日(金)にバーレーン戦が行われましたが、確か、前にもバーレーンと試合してましたよね?
相手チームのオウンゴールで勝った試合だったと思うんですが・・・。
あれが、いつTVで放送されていたか覚えている方いらっしゃいませんか?
いきなり気になってしまって・・・。お願いします。

A 回答 (3件)

日本でのバーレーン戦は3月30日に行なわれました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
とても早い回答に感激しました。

お礼日時:2005/06/07 16:30

2005年の3月30日ですョ♪゛今度の北朝鮮戦も勝って欲しぃですね☆(^-^)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。すっきりしました。
北朝鮮戦、早く見たいです・・・

お礼日時:2005/06/07 16:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
2ヶ月も前の試合だったんですね。。

お礼日時:2005/06/07 16:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都vs水戸のオウンゴール

6/24の京都vs水戸でオウンゴールをしたのは誰ですか?
そして、どのような経緯でオウンゴールとなったのでしょうか?

Aベストアンサー

オウンゴールは京都の秋田選手です。
水戸のコーナーキックの際
ゴール前の混戦時におきました。
下のサイトから動画がご覧になれますよ
(登録が必要です)

参考URL:http://fc.dogatch.jp/j2/game/2007062402.html#

Q試合終了間際に勝ってるチームが、選手交代をして時間稼ぎをしようとします

試合終了間際に勝ってるチームが、選手交代をして時間稼ぎをしようとしますが、あれで何秒くらいかせげるのですか。監督の考えを選手らに伝えるという別の意味もあるようですが、この質問としては何秒くらいかせげるかといことを主に聞きたいと思います。

Aベストアンサー

うまく使えば一分くらいは稼げるはずです。アウトする選手の番号が掲示されてから、交代選手のところまで歩いてゆき、ゆっくり交代して自分のポジションまでジョギング程度のスピードで何かを確認するような態度で他の選手と話したりして行けば一分くらい稼げないこともないでしょう。ただ露骨にやればイエローカードが出ますがね。

Qオウンゴールとは?

オウンゴールの細かい定義って決まってるんでしょうか?

例えば
・シュートが強烈過ぎて敵の2,3人弾いてのゴール
・味方に当たって(かすって)その後GKの手を弾いてのゴール
・パスかシュートか判断できないボールを敵が弾いてのゴール

などちょっと素人には分からないものがあります。

Aベストアンサー

サッカーの競技規則(ルール)はFIFAが明文化していて、これは基本的に全世界共通なのですが、オウンゴール云々というのは競技規則とは別の部分の話ですので、世界共通の細かい定義というものはありません。
たとえばブラジルと日本では判断の基準が違うかもしれませんし、日本国内でもJリーグと高校選手権では微妙に違うのかもしれません。
現在はどうか知りませんが、かつてのイタリア(セリエA)などは非常に辛い感じでして、シュートがDFにちょっとでも当たっていれば全てオウンゴールと記録されていました。日本は逆にわりと甘い感じで、少々怪しい場面でもシュートした選手の得点を認める傾向が強いように思います。

そういう具合なので、この場合はオウンゴール、という風にはっきり説明することは難しいです。
まあ一般的に、相手に当たらなければゴールに入るはずがなかった・・・明らかにゴールマウスを外れていたとか、GKが楽にキャッチできそうだったとか、そういう場合は大抵オウンゴールになる、ということくらいしか言えません。
『素人には分からない』と書いておられますが、記録員の主観が大きく物を言う話ですので、長年サッカーを観ている人間でも『公式発表を聞いてみないと分からない』という感じですよ。

ちなみにこういった判断をするのは公式記録員の役目で、審判は一切関与しません。
審判は、ボールが正当な方法でゴールインしたらそのチームの得点を認める、というだけです。それが小沢君の得点なのか麻生君のオウンゴールなのか、そういうことには関知しません。誰が決めようが一点は一点、というのが審判の立場です。

サッカーの競技規則(ルール)はFIFAが明文化していて、これは基本的に全世界共通なのですが、オウンゴール云々というのは競技規則とは別の部分の話ですので、世界共通の細かい定義というものはありません。
たとえばブラジルと日本では判断の基準が違うかもしれませんし、日本国内でもJリーグと高校選手権では微妙に違うのかもしれません。
現在はどうか知りませんが、かつてのイタリア(セリエA)などは非常に辛い感じでして、シュートがDFにちょっとでも当たっていれば全てオウンゴールと記録されて...続きを読む

Q所属チームの活動か、スクールのリーグ戦(試合)かで悩んでいます

5年生の息子はサッカーのクラブチームに入っていますが、Bチームです。
それぞれAが6年、Bが5年、Cが4年生以下が主体で、Aチームは週末も練習試合等ありますが、BとCは合同練習が多くまたはお休みのこともあります。
5年生でもAチームの子は多くいます。

息子は実力不足を補うために、少し前から他のスクールにも通い始めました。
そこはフットサル場のスクールで、2ヶ月に1度、小学生対象の8人制のリーグ戦を開催しており、スクール生としてでも友達とのグループでも、そのリーグ戦に参加することが可能です。

が、これまでは所属チームの活動のためにリーグ戦は諦めてきました。

しかし、次のリーグ戦には出たいと言っています。
というのも、BチームはAチームに比べて圧倒的に練習試合が少ない事、その日もAチームは遠征ですが、Bチームはまた合同練習、地元Jチームの観戦予定です。
観戦者が少ないのか、ときどき動員がかかるようです。
だったらたまにはリーグ戦も良いのではないかと思うのですが、練習も観戦もチーム活動なので、それを休んで別のリーグ戦に出ても良いものなのか?
このことをチームのコーチに相談しても良いものなのか?

悩んでいます。

チーム活動と実戦、どちらを優先すべきでしょうか?

5年生の息子はサッカーのクラブチームに入っていますが、Bチームです。
それぞれAが6年、Bが5年、Cが4年生以下が主体で、Aチームは週末も練習試合等ありますが、BとCは合同練習が多くまたはお休みのこともあります。
5年生でもAチームの子は多くいます。

息子は実力不足を補うために、少し前から他のスクールにも通い始めました。
そこはフットサル場のスクールで、2ヶ月に1度、小学生対象の8人制のリーグ戦を開催しており、スクール生としてでも友達とのグループでも、そのリーグ戦に参加することが可能で...続きを読む

Aベストアンサー

息子さんの上達の為なら、8人制のリーグ戦をお勧めします。
小学生だとまだ基礎練習の方が大切な気もしますが、サッカー上達の為には試合を経験することも大切です。
試合形式の中でボールを扱ったり、ボールを持ってないときのポジショニングを行うことで普段の練習では気づかないことに気づくこともあります。
普段所属してるチームで試合形式の練習が少ないのであれば、リーグ戦に参加する方が良いでしょう。

それとまだ小学生ですから、楽しめる方、楽しくサッカーできる方を優先していいと思います。

あとは所属チームの方をどうやって休むかですね。
正直に、『息子の実力不足を補う為に2ヶ月に一度リーグ戦に参加させます』と言っても問題ない気がします。
もしくは2ヶ月に一度なら、てきとうにウソ言って休んでも問題ない気もしますが^^;

QW杯次節バーレーン戦について

イラン戦では惜しくも負けてしまいましたね。よく、4バックにしたからとか、中田を無理にスタメンで使おうとしたから負けたにだとかよく紙面で言われてますね。私の意見としては、中田は日本代表で一番いいプレーをしていたと思います。問題は、宮本と加地だと思います。宮本は、4バックだから負けたと言っていました。かれらが、日本代表の足かせになっていました。システムではなくて、個人の能力で負けたと思います。少なくとも、彼ら以外はあの状況下でベストを尽くしていたと思います。なぜ、彼らをジーコは起用するのでしょうか?

Aベストアンサー

テレビや新聞などのメディアは日本の敗戦の本質をとらえていません。4バックにしたからとか、中田の起用というのは些細なことです。宮本の起用、加地の起用も関係ないでしょう。個人の能力では決して負けていないと思います。
問題はジーコにあります。まずシステムですが、3-4-1-2というトルシエ時代にはすでに使われなくなってきていたアンチモダンシステムをトルシエのフラット3から一歩後退させたマンツーマンゾーンで使っていること。4-4-2もボックスタイプでフランスW杯予選で加茂監督がゾーンプレスと併用して使い、前のふたりの攻撃的MFの負担が大きくなりすぎて破綻しました。4-4-2ボックスは4-2-2-2システムとも言われ、攻撃的MFが中盤の中でプレイするためにアウトサイドの守備に不安が残るというものです。どちらも個人の能力が非常に高いチーム(例えばブラジルは3-4-1-2を使って日韓W杯で優勝)が使ってようやく使いこなせるもので、勝利のための難易度は高いものです。ドイツは3-4-1-2をユーロ2004で使いましたが、チェコに叩きのめされたのは記憶に新しいと思います。
次に、守備の目的をはっきりさせていないこと、リスクマネージメントをしっかり形成していないことがあげられます。守備の目的はいうまでもなく相手ボールを奪うことですが(失点しないというのは結果論です)、どの位置で奪うかをきちんと設定しておく必要があります。ジーコはどこでもいいからボールが取れればいいと考えているふしがあります。リスクマネージメントの形成はリスクチャレンジと密接に関係します。たとえば、アウトサイドから攻められる場合に相手のボールホルダーに誰が当たるのか、誰がカバーをするのかをあらかじめ決めておくのがリスクマネージメントですが、ボールが高確率でとれるとなったときにはカバーの選手がその役割を放り出してふたりあるいは三人でボールホルダーを囲みにいくことがあり、それはリスクチャレンジといわれるものです。リスクチャレンジのときには他の選手が守備のリスクを考えて前のポジションでも全力で戻るというリスクマネージメントを形成しておかなければなりません。
さらに攻撃の戦術がはっきりしていないこともあります。2月9日の北朝鮮戦前に行ったサイドアタックの練習がジーコ就任以来初の戦術練習と新聞に載り、愕然としましたが、ジーコは攻撃というもの自由という名の下におざなりにしてきたのです。攻撃の目標はシュートを撃つこと(得点を取るかどうかは結果論です)ですが、シュートを撃つ態勢に持っていく戦術をまったく練習しないで勝てるほどW杯予選は甘くありません。
他にも重要な役割をはたすアウトサイドの選手のバックアップを用意しないというものもあります。通常日本代表に招集される左サイドはアレックスと三浦、右サイドは加地だけです。運動量が非常に高いアウトサイドの選手のバックアップを用意することは監督として当然ですし、それができないジーコは監督として肝心なことが抜けているということでしょう。
この欠点はアジアカップから顕著で、トルシエ時代に圧勝したアジアカップをヨルダンとは引き分けPK勝ち、バーレーンとは延長勝ちと苦戦を続けました。メディアはバカの一つ覚えのように相手は引いて守ってくると繰り返し、オマーンもヨルダンもバーレーンもボール奪取の位置を高く設定する攻撃的守備を仕掛けて日本を苦しめました。そのことにジーコも日本サッカー協会もまったく学んでいないのが実情です。
以前からジーコではW杯にいけない、いけたとしても3試合で帰ってくるといい続けていますが、日本サッカー協会は聞く耳を持たないようです。
加地に代わる選手はすぐに2,3人の名前が挙がりますが、人事権がありませんし、責任はジーコがとるそうなのでその結果を待ちたいと思います。
バーレーン戦についてですが、3トップのバーレーンは80分付近まで体力と選手交代の枠が続く限り前からプレスをかけてくるでしょう。アジアカップで成功した高い位置からのボール奪取を狙ってくるということです。対応策はいろいろありますが、おそらくジーコには何も考えはないでしょう。リードすれば確実に守備を固めてくるバーレーン相手に勝つためには、相手の攻勢が続く最大80分まで(アウェイということを考えて前半と後半はスタイルを代えてくる可能性もあります)にリードを奪う必要があるでしょう。残り10分で運動量が落ちたところで貝のように守るバーレーンの守備のうまさは定評がありますから、アジアカップのような僥倖がない限り、リードされていた場合は負けを覚悟しなければならないでしょう。

テレビや新聞などのメディアは日本の敗戦の本質をとらえていません。4バックにしたからとか、中田の起用というのは些細なことです。宮本の起用、加地の起用も関係ないでしょう。個人の能力では決して負けていないと思います。
問題はジーコにあります。まずシステムですが、3-4-1-2というトルシエ時代にはすでに使われなくなってきていたアンチモダンシステムをトルシエのフラット3から一歩後退させたマンツーマンゾーンで使っていること。4-4-2もボックスタイプでフランスW杯予選で加茂監督がゾーンプ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報