こんばんわ。
カテゴリがここで良いのかどうか迷ったのですが・・質問があります。

私はアルバイト生活で、親の扶養に入っているのですが今年の収入は103万円を超えちゃいそうな感じなんです。
103万円を超えるとなんだか損する(返ってくるお金が減るとかなんとか・・)と聞いたのですが、どうもそのへんの仕組がよくわかりません。
103万を超えるとしたら、どれくらいまで稼げば損しないようになるのか、また、他のバイト(在宅のバイトなどを考えています)もしようと思っているのですが、そこで稼いだお金も合わせて103万という線引きなのか、などいろいろ教えてください。そういうことについて詳しいサイトなどがあれば、それも知りたいです。お願いしますm(..)m

A 回答 (1件)

まず第一に、103万を越えると、親の扶養控除からはずれることが問題となります。


親の扶養控除とは、扶養している家族一人あたりいくらで、その分に税金をかけないようにすることです。

例え話を適当な数字で出しますが、親の収入が500万の時に、
妻と子供2人の場合は300万に対して税金をかけよう、
妻と子供3人の場合は250万に対して税金をかけよう、
扶養している家族がいなければ400万円に対して税金をかけよう、
というように、扶養している家族によって、税金を変える(いっぱい扶養すると税金は安くする)
という仕組みがあります。これを扶養控除といいます。

この「扶養家族」の対象になるのは、年間所得が103万を越えない、となっています。
複数のバイトの場合はその合計額です。
つまり、たくさん稼いでいる子供(扶養家族)のために、親の税金を安くしてやる必要はない、ということです。
具体的ないわゆる「損」の額は、38万円(16才から22才ならば58万円)に対する税金
所得税なら10%から、親の所得によって変わる値となっています。
所得税以外の税金も対象になるかもしれないですが、詳細については私は書けません

もう一つは、自分自身にかかってくる税金です。
住民税は私の場合98万からかかっています。
所得税は私の場合は勤労学生なので、103万ではかかりません。
ちょっとこちらの方は不案内です。

この他、親の勤め先の給与形態によるのですが、私の親の場合、こどもの所得が
103万を超えた場合には、「扶養手当」の対象外となります。
この分の「損」は、全くその人それぞれでしょう。

私のつたない分で記憶をたどって書いたものよりも、類似の質問を貼っておきます。
103万、税金、扶養などの言葉で検索すると、関連ページがでてきますので、
参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=9400
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ