予備タンクまで使ってガス欠の時チョークを引くと長く走れると本でチラッと見ました。どうゆう訳でしょうか?チョーク引くとガスが濃くなると思ってたんですが。

A 回答 (2件)

bin-chanさんの回答に対して少し追加説明を…



キャブレターに残って、普通なら出てこないガソリンを吸い尽くす、と言うことです。キャブレター内のガソリンの量(液面)は通常はフロートによりほぼ一定に保たれています。この液面がガス欠により下がるとガソリンが残っていてもエンジンにはガソリンが供給されません。ですが、チョークレバーを引くといくらかエンジンに供給されます。このため「少しは」走れると言うことです。

キャブレター内のガソリンの量は1気筒あたり数10ccですから、「向こうにガソリンスタンドが見えているけど、ガス欠でもう走れない!」と言うときぐらいしか使えませんね。そうですねぇ、4ストの原付でも恐らく1kmは無理じゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/10/01 09:55

「吸い尽くす」という感じでしょうか。


でも「長く」というほど走れるとは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/01 09:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Qチョークを引くときについて

キャブ車に乗っています。
寒いのでチョークを引くのが必須になってきました。

そういえば、と思ったのですが、チョークを引いて、少し待つ場合、
・カギは全然回さないでチョークを引いて待つ
・カギを回して電気が来てる状態でチョークを引いて待つ
  (燃料ポンプが動いてたりオーディオが動く状態)

どちらでしょうか?別に違いはないでしょうか?

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

手動チョーク付きのキャブレター車とは懐かしいですね・・・。
文字どうり「手動チョーク」なのでイグニッションスイッチ
が入っていようといまいと関係なくノブを引けば随時働きます。
単純にロッドorワイヤー連動式になってるだけです。

私の記憶では、たしかイグニッションをONにするより前に
チョーク引いてたかな・・・。(懐かしのA107Vミニカとか)

ってことで答えは「どちらでもよい」ですね。

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Qチョーク引きっぱなしで走ってしまった。

YAMAHA BRONCO223 に乗っています。

先日、ガソリンが空になるまで走行しました。
当然だんだん走りにくくなるので最後の方はチョークを引っ張りながら走りました。
で、ガソリンを満タンにしたのですが、至極調子が悪いです。
症状としては
「アイドリングが安定しない(アクセルを戻すとエンジンが止まってしまう)」
「回転をあげて走っていても息継ぎが激しくギクシャクする」
等です。
またプラグはすすで真っ黒になっていたので磨きましたが、マフラーの排気部分(スーパートラップを付けてます)もすすで真っ黒になってしまいました。
原因はチョーク引っ張りっぱなしで走ったことだと思うのですが、すすが溜まっているのが原因でしょうか?
またマフラー内部等にもかなりすすが付着していると思いますが、性能等にもかなり問題あるでしょうか?
きれいにクリーニングする方法等あればお願いします。

Aベストアンサー

>ガソリンが空になるまで走行
原因の一つはこれかもしれません。
コックをRESにして走行したと思うのですが、日頃からRESを使用していないバイクで急にRESを使用すると、タンク底にあるゴミや錆びなどがキャブに入ってしまいます。
それによりキャブ関係に詰まり症状が起き、うまくエンジンが吹けなくなったのだと思います。

チョークレバーを戻すと、ちゃんとキャブの方も戻っていますか?チョークのワイヤーに錆びがあると、しっかりチョークが戻っていない事もあります。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Q250TR チョークを引くとエンジンかからない

前回、別件でご質問させていただき無事エンジンはかかるようになりましたが
今度はチョークを引くとエンジンがかかりません

以下、確認したことです
・セル始動では問題なくエンジンがかかり吹け上がりもよい

・チョークを引くとアイドリングが安定せずエンスト

・前回エンジンがかからなかった際、キャブOHしました
 →PSは新品交換および回転数確認し、回転数分戻しました

・PSを正規(2 1/2回転)で試しても改善しない

・エアフィルター新品交換済み

混合気が濃いと思いますが、この場合PSをもっと緩めた方がいいでしょうか?
またPSの調整は神経質になるほどの微調整が必要でしょうか?
正規回転数でも改善しないことから他に原因が考えられますか?

アイドリングスクリュ?を上げるとよさそうな気もするのですが、
それをしてしまうとチョークを戻してからのアイドリングの回転速度が
早くなってしまいます

度々申し訳ありませんが皆様のお知恵をお貸しください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

http://okwave.jp/qa/q7315041.html
前回質問も発見し見させていただきました。


作業内容も勘案していいますと、
フロート周りのトラブル
オーバーフローが怪しいですねやはり。
=油面確認はされているようですが、
フロートバルブの確認はされていますか?

ジェット類を交換するほど詰まっているのであれば、
フロートのニードルも当然異物挟まりによりだだもりですよ?
=油面確認作業自体に意味がない

というか、
最初に疑うべきは、
最初の質問の時から、
>プラグが濡れる
>バックファイア(不正着火)
なのですから、
最初の回答たちおよび、あなたのオーバーホール方向が間違っています。
>ちっとも直っていません。

最初っから、
ガス出ているんだから、ジェット詰まりじゃなくて
出過ぎによる不着火を疑うべきでしたね。

フロートニードルの交換がすっきりですね。
=キャブの長期放置でもっともおかしくなるところですよ?普通。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

QCB750FAチョークを引いても回転数に変化がない

CB750FAに乗っています。冷えていてもエンジンの掛かりは良いですが、始動時に少しアクセルを開け、小刻みにしていないと徐々に回転数が落ちエンストしてしまいます。その時のアクセルを開けていない時の回転数は700~800位で10秒後位にエンスト。チョークを引いても目一杯の少し手前で一瞬回転数が上がるが、その後は引いていな時と同じ位の回転数でその後エンストしてしまいます。チョークを引かないで(引いても同じ)アクセル小刻みを2分位続けるとエンジンは調子が良くなります。エンストは無くなり、もちろんアイドリングの回転数も1200~1300で位で安定し、高速も伸びが有り力強いです。普通に乗れますが、古いバイクで気になっていますので、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

チョークを引くと一瞬回転に変化があるならワイヤーは問題ないでしょう。バッテリーもプラグもダメだと判断する材料はありません。

たとえばスターター経路が4つのうち3つがふさがりかけてるとか、原因はキャブだと思いますよ。しかし現状でかかりも悪くなく、暖機後に調子良いならこのままでもいいと思います。バイクのクセだと思えば愛着もさらに増したりしませんか。

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

QVM22キャブレター PJ(スロー)交換後 チョークを引くとエンジンが掛からない

中華エンジン107ccでVM22キャブレターに乗せ替えたモンキーです。下がモタツクのでPJ15からPJ20に交換しました。すると下から上まできれいに息切れもモタツキもなくスムーズに回るようになったのですが、始動時チョークを引くと全然エンジンが掛からなくなってしまいました。PJ17.5に交換しエンジンが冷えたのを確認して試しましたが、チョークを引くとやはり掛かりませんでした。
チョーク引かずに掛けるとエンジンが冷えた状態でも2、3回キックすると掛かります…。仕方なくPJ15に戻しましたが、90キロ-100キロ前後から全閉にし、また全開にする加速時どうもレスポンスが悪いのでPJ17.5位にしたいのですが、チョークを引くと掛からない場合、PJの番手を上げない方が良いのでしょうか?ちなみにパイロットスクリューは1・1/2にしてあります。(「チョークを引こうが引くまいが掛かりゃいいじゃん…」なんて答えは不要です。)チョークを引くと掛からない場合、PJの番手を上げるべきではないのかどうかと言う質問です。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1:エアスクリュー調整3回転以上戻しならPJ番手下げる。

2:90キロ-100キロ前後から全閉にし、また全開にする加速時どうもレスポンスが悪い<<
ジェットニードルで濃くする、メインジェット番数を上げる。

この辺りでなんとかやって見てください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報