タルコフスキーの「ノスタルジア」、邦画「tokyo.sora」のような、映像詩的作品で、お勧めを教えて頂けないでしょうか。
雨とか、夕景、朝の雰囲気とか、四季のはっきりした感じが凄く好きなんですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

詩 夏」に関するQ&A: Air Lia 鳥の詩、夏影

A 回答 (3件)

タルコフスキーの『ノスタルジア』を映像詩と呼ぶことに抵抗はありますし、そもそも映


像詩とは何ぞやという疑問はありますが、映画的な構図(カット、フレーミング)の美しさ
に満ち溢れた作品と解釈して、何点かお薦めします。

●『エレニの旅』『ユリシーズの瞳』『こうのとり、たちづさんで』テオ・アンゲロプロス
『ノスタルジア』が好みと言うことならアンゲロプロスの作品もすんなりと楽しむことが
できると思います。現在公開中の最新作『エレニの旅』はアンゲロプロス入門と言っても
よいほどアンゲロプロス的な要素が満載の比較的観やすい作品です。ただし、個人的には
国境と移民にまつわる悲劇を題材とした『ユリシーズの瞳』か『こうのとり、たちづさん
で』の方をお薦めします。

●『ダウン・バイ・ロー』『ストレンジャー・ザン・パラダイス』ジム・ジャームッシュ
都会的なおしゃれな作品と評価されることが多いジャームッシュですが、実は圧倒的と言
ってよいほど優れた造形的才能を持った作家です。一見何気ないように見えますが、じっ
くり画面を見詰めているとそのとぎすまされた構図美に震撼を覚えるほどです。個人的に
はこのような作品こそ映像詩と呼ぶにふさわしいと感じています。

●『ミレニアム・マンボ』ホウ・シャオシェン
ホウ・シャオシェンの作品はどれも映像詩と呼んでも差し支えないほど美しいものだと思
いますが、『ミレニアム・マンボ』は日本が一部で舞台になっていたり一年を通じての物
語のため様々な季節を感じる点が質問者さんには合うのではないかと思います。

●『メフィストの誘い』マノエル・デ・オリヴェイラ
一作ごとに作風を大きく変える現役最年長(現在97歳)にして最大の作家オリヴェイラの作
品の中でも、『メフィストの誘い』は詩的な感性に充ち満ちたものです。映像だけでなく、
林光や黛敏郎などの現代音楽のBGMや繊細極まりない効果音の用い方などこれこそが詩的
と賞賛すべきものだと思います。

●『捜索者』ジョン・フォード
西部劇の、活劇の作家としてあまりにも有名なジョン・フォードですが、実はその造形的
な感性は詩的なものに彩られています。それが一番よく、そして最も顕著に現れているの
が『捜索者』と言えるでしょう。フォード自身この作品をことのほか愛していたようで、
この作品のジョン・ウェインが演じた主役の名前イーサンをご子息の名前にしているほどです。

今すぐに思いつく作品を幾つか上げてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
ご回答頂き、ありがとうございました。

確かに、映像詩という言葉を、突き詰めず使っていた部分があります。
そもそも、言葉で綴る詩と、映像は別物じゃないか。
無責任ですが、自身ちょっと思っていたこと。
ただ、「ノスタルジア」の夢幻的な描写に打たれ、これが映像詩というものかなあと印象付けられたのですよね。
言葉を極力排し、ゆったりと現実離れした映像で進行する・・・。
でも、セリフが溢れ、何気ない町並みでも、詩心は感じられるわけで。
映像は、奥が深いですね・・・。

アンゲロプロス、ジャームッシュ、フォード。
いずれも映画史に名を残す巨匠、名監督ですが、これまでその作品に接してきませんでした。
ここですすめられたのを機に、ぜひ鑑賞したいと思います。
(「メフィストの誘い」は、監督の名と共に不明でしたが、
興味深そうです。そういえば、黒澤さんといい、大監督は、キャリアを積み重ねると幻想的な作風にひかれるのでしょうか。)

そして、ホウ・シャオシェン!
「非情城市」を見て、とても感銘を受けたことがあります。何というのか、舞台の設定、光、空気の映じ方に、
とても日本人的で魅力的な美意識を感じました。
この作品は、自分の中で、「これが映画だ」という、一つの
お手本であり、理想なんですよね。
その他の作品は、何となく見てこなかったのですが・・・。(こればっかりですね)
四季の美しさを推していただいた「ミレニアム・マンボ」は、ぜひ鑑賞の機を設けたいと思います。

たくさんのおすすめに、感謝。

お礼日時:2005/06/08 09:15

●『エレファント』


コロンバイン高校で、生徒2人が銃を乱射した実話を元につくられた作品。
視点を変えて何度も繰り返される場面、そして澄み切った青空が随所に挿入されます。
そこにかぶさってくる、叩きつけるように奏でられるベートーベン。
わたしは詩的なものを感じました。

●『心の中』
邦画です。夏の海辺で同性愛の少年たちが戯れる、台詞らしい台詞を排した、映像詩的な作品。
幾重にもかさなる映像が美しい。

●『サラ・ムーンのミシシッピー・ワン』
少女を誘拐した男。二人の逃避行を不思議な形で描いた映像詩。
回転木馬がいつのまにか本物の馬になっていたり、セピア調の夢のような映像がせつなくて美しくて良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
ご回答、どうもありがとうございます。

記載しませんでしたが、青空も凄く好きなのです。
「エレファント」は、陰惨な事件と青空の対比が、何だかくるものがありそうですね。

「心の中」は全く不明でしたが、
自分の好きな「ピクニック・at・ハンギングロック」の、男の子版という感じで、とても気になります。

もう一つ、「ミシシッピー・ワン」は、10年くらい前にテレビでワンシーンを見て以来、ずっと鑑賞したいと思っていました!
セピアの光景が、夢のような印象として残っています。
なかなかビデオが見つからなかったのですが、
もしかして、DVDが出ているのかもしれませんね!?

ぜひ、機会を作って、鑑賞したいと思います。

お礼日時:2005/06/07 21:59

「マジックタイム」のみで撮影したことで有名な



「天国の日々」
テレンス・マリック監督

はどうでしょうか?
全編、夕暮れ時だけの撮影ですから。
文句なく、一見の価値はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
ご回答頂き、ありがとうございました。
名前を聞いたことはあったのですが、今だ未見でした。
しかし、そんなに夕暮れのシーンがあるのでは、
ぜひ鑑賞の機会を作らねば・・・。
大変、参考になりました!

しかし、「マジックタイム」という言葉は、初耳です。
うう、不勉強だなあ。
今度、調べてみます。
(ひょっとして、夕暮れ時のことを、いうのでしょうか?)

お礼日時:2005/06/07 21:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q適当な詩というものを書いてみたいんですが、どういうものを定義として詩と

適当な詩というものを書いてみたいんですが、どういうものを定義として詩とするのかよく分かりません。文字数はどうとか、どのくらいの長さをもって詩なのか、俳句などのように季語等の入れる必要のあるものはあるのか。

色々教えてください。
なるべく短めで、たくさん書きたいです。
できれば、短めの詩をアップしてくれると嬉しいです。(即興でもいいので回答者様が作ったもの希望)
色々参考にさせてください。

Aベストアンサー

 詩に形はないですよ。

 子供達に書かせた詩なんか自由そのものでしたし。思いを文字にするだけのこと。
 決まった形などはない。決まった長さもない。ありのままで良いのです。

 あの手

 あの手、小さいね。
 あのて、暖かいね。
 あの手、さわってみたいね
 あのて、この手。
 
 赤ちゃんの小さい手。
 お母さんの暖かい手。
 つなぎ合ったあの手、子の手。


 即興で作りました。
 
 あなた自身の言葉のリズムを見つけて下さい。

 画面に苦悶する、あなたという存在が見えてくる。

 と一行で表現してみました。

 私が中学校の時に書いたのはノート。それも小さいノートの1ページ分だけの作品を書きました。
 星が好きだったので、星に関係するポエムを。

 詩の世界は自由な言葉遊びの世界です。言葉を知り、言葉を操り、言葉を感じるのです。

Q邦画の「キサラギ」や、洋画の「12人の怒れる人々」のように、場面転換を

邦画の「キサラギ」や、洋画の「12人の怒れる人々」のように、場面転換をしない手法は何て言うんですかね?
こんな手法の映画でオススメがありましたら、是非教えてください。

Aベストアンサー

「キサラギ」も「十二人の怒れる男」も閉塞した空間、限られた登場人物ということでいわゆる”密室劇”といっていいと思います。
ただ厳密には場面転換はありますし、他の空間も出てきますけど。

お勧めは最近だとロシア版の「12人の怒れる男」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329922
こちらも旧作のリメークですが邸宅の中が舞台の「スルース」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329519
ほかにもホラー系ですが、「ソウ」松本人志監督の「しんぼる」も、このジャンルなのかも?

有名なものだと
列車の中で物語が展開する「オリエント急行殺人事件」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3865
上記のオリジナル「探偵<スルース>」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14343
こちらも列車内と乗り合わせた人物だけの「夜行列車」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23710
タランティーノ監督の出世作「レザボアドックス」もそうかも?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25304
「U-ボート」や「U-571」「K19」など潜水艦ものはどれも密室劇に近いです。

「キサラギ」も「十二人の怒れる男」も閉塞した空間、限られた登場人物ということでいわゆる”密室劇”といっていいと思います。
ただ厳密には場面転換はありますし、他の空間も出てきますけど。

お勧めは最近だとロシア版の「12人の怒れる男」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329922
こちらも旧作のリメークですが邸宅の中が舞台の「スルース」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329519
ほかにもホラー系ですが、「ソウ」松本人志監督の「しんぼる」も、このジャンルなの...続きを読む

Q2010年6月18日から利息制限法が改定されますよね?そこで質問なんで

2010年6月18日から利息制限法が改定されますよね?そこで質問なんですが、

例えば、今月の支払い

2010年6月1日~6月30日までの1ヶ月ですが

この場合6月18日まで29,00%で

6月19日からが18,00%になるのですか?

それとも、6月18日になった時点で6月分の利息が

18%に変更されるのですか?

日割り計算なのか月額の利息なのかがわかりません。
詳しい方教えていただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 利息制限法が改定されますよね?
18年に改正されたものが、施行になります。

> 例えば、今月の支払い
今回の改正は、「貸金業規制法」の改正による矛盾を無くすためのもので、質問の状況には一切関係がありません。

> この場合6月18日まで29,00%で
貸金業規制法違反です。今年の6月1日から、施行となっています。
法律というのは遡及適応されないから、契約形態に異存はします。
が、普通のカードローンであれば、その業者を通報すれば、行政処分が下り、18%以下になるはずです。
闇金ということなら別ですが。

Q「映像化不可能」とはどういった作品?

よく映画の批評で、「映像化不可能といわれたこの作品を見事に映画化・・・」などとありますが、どういったものが「不可能」とされるんですか? 現代ではCG技術が進んでいるので不可能はないように思うんですが・・・。

Aベストアンサー

既出の解答に「映画化」と「映像化」を一緒に考えておられる方が多いようですので、
質問文に忠実に「映像」についてのみ考えますと、No.1の方の解答のように、
「当時の技術ではムリ」だったものが「今の技術により可能となった」ものがそうだと思います。

技術だけでなく、製作費用によるものもあるかと思います。
それでも結局はCGのない時代に、「実際にセット等で再現すると費用がかかるからできない」
というものもあるかと思います。

「映画化が不可能」というものは、
・2時間程度にまとめられない
・登場人物が多すぎる
・映像で表現するにあたっておもしろくつくれない
とかあると思いますが、
「映像化が不可能」なものはこういった理由ではないでしょうか。
確か、LotRは「映像化不可能だったものが現代のCG技術により可能となった」ということだったと思います。

No.7さんの解答は、「ナルホド」と思いました。
この場合はきっと永遠に「映像化不可能」なのでしょう。

Qめざましテレビの「ありがとうの詩」

27日放送のめざましテレビでDef Techの新しいテーマソングが発表されていましたが、タイトルを忘れてしまいました。
覚えている方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

発売の予定なども分かりましたら合わせてお願いします。

Aベストアンサー

ビデオで確認しました。
「Irie got ~ありがとうの詩~」です。
ちなみに読み方は「アイリガット」です。
「アイリ」というのは、ジャマイカの地元の言語パプア語で、
「ありがとう、おはよう、楽しい」という意味です。
日本語の「ありがとう」とパプア語の「アイリ」の意味が同じなんて、
素晴らしい偶然ですね。

ちなみに、多分まだ発売は未定だと思います。
目覚ましTVで何も言ってなかったので。

Q「フランダースの犬」のような作品の存在意義

「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのでしょうか?

幼いころに両親をなくし、6歳から働き始め、養ってくれた祖父も死に、住む場所を失い、泥棒だと間違われ、挙句の果てには過労と飢えで衰弱死…。

見る人、特に子供に何を感じさせたいのか、何を伝えたいのかわかりません。


見る人を暗い気持ちにさせたいのでしょうか?
人生何をやってもうまくいかないこともある、とでもいいたいのでしょうか?
自分よりも惨めな境遇の人がいるということを知らせ、優越感に浸らせたいのでしょうか?
ネロのようになってはいけないよ、という教訓なのでしょうか?
捨て犬は拾ってはいけない、助けてはいけない、という教訓なのでしょうか?


私はたとえ物語の中でも、あんなかわいそうな描写をしてほしくないと思います。また私はまだ子供はいませんが、将来できたとしても子供に見せたいとは思えません。

「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのか。この点について教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 原作の絵本もアニメも観ていませんが、参考になればとの思いで回答させていただきます。
 (回答するにあたり、ウィキペディアの『フランダースの犬』の項と、これまでの他の方の回答は読みました。)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%8A%AC

>「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのでしょうか?

 pringlezさんは、創作悲劇の存在意義を問うていると解釈し、回答します。

 まず、子どもに悲劇を読ませる場合ですが、これは「他人を思いやる心を育てるため」ではないでしょうか?
 おばけの話を聞かせて、「怖い」という感情が君にはあるんだよ、と教えるように、「悲しみ」や「可哀相」という気持ちを教えられるのかと思います。「悲しくない」と言う子もいるかと思いますが、そういった場合も、その子の個性を知る良い機会になるのではないでしょうか。いわゆる情操教育というやつです。
 なかには「ネロは可哀相だよね。こういう人がいたら助けてあげようね」とか、「こうならないような社会にするにはどうしたらよいか」ということにまで発展させる大人もいるかと思いますが、これは道徳教育の意味があるのでしょう。

 つぎに、自主的に悲劇を読もうとする場合ですが、これは「興味を満たすため」か「自己憐憫のため」ではないでしょうか?
 「興味~」というのは、単純に「可哀相なことが見たい、知りたい」という欲求のことです。「ホラー映画で、気持ち悪いものが見たい」とか、「友達の恋愛話を聞いて、ドキドキしたい」とか、そういった類のものです。人はどこまで可哀相になれるか、という純粋な知的(感情的?)興味です。
 「自己憐憫~」は、「(部分的であるにせよ)私と似ている境遇のあの子は、あんなにつらい目に遭っていて可哀相!」「こんな悲しいことが起きるのは、○○のせいよ!」と考えることです。自身の現実の境遇や生活と重ねることで、涙し、ストレス解消に役立っているのではと思います。

 以上が、私の考える悲劇の存在意義です。ここからは、これまでのpringlezさんと他の回答者さんのやりとりを読み、私が「いわゆる一般的な悲劇」に対して抱いた感想です。

 悲劇は、その原因が社会なり他人なりにあることで成立しています。もし、自分のせいなんてことになれば、それはただの自業自得になってしまいます。そのため、悲劇はしばしば「同情可能」なのか「自業自得」なのかで意見が分かれます。
 『フランダース』にしても、さるベルギー人映画監督に言わせれば「負け犬の死にしか見えない」そうです(ウィキ参照)。

 情操教育として悲劇を読み聞かせるのは、良いことかと思います。二度と起こしてはならない、史実の悲劇を語り継ぐのも重要です。同時に「どうやって悲劇を防ごうか」という議論も必要でしょう。
 しかし、自己憐憫のための悲劇は好きではありません。
 自分以外のすべてが不道徳、不誠実で、自分は清廉潔白で間違っていない。あるいは、日本の歌舞伎や文学などで馴染みのある「心中物」のような、社会に馴染めない者同士の美しき純愛。
 どれも主人公を、ひいては自分を美化しすぎのような気がします。残念ながら、私は彼らに自分を重ねることはできません。「悲劇のヒロイン」には、なりたくありません。

 自己憐憫の物語に溺れる、一部の人間の思考回路こそ、神様の書いた悲劇なんじゃないだろうか。などと考えてしまうのは、いささか早計でしょうか。
 駄文、長文になりましたが、pringlezさんの参考になれば幸いです。 

 原作の絵本もアニメも観ていませんが、参考になればとの思いで回答させていただきます。
 (回答するにあたり、ウィキペディアの『フランダースの犬』の項と、これまでの他の方の回答は読みました。)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%8A%AC

>「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのでしょうか?

 pringlezさんは、創作悲劇の存在意義を問うていると解釈し、回答します。

 まず、子どもに悲劇を読ませる場合...続きを読む

Qおじいちゃんに名前詩を贈りたい。お知恵を貸して下さい

おじいちゃん(89歳)に誕生日のプレゼントとして名前詩をプレゼントしたいと思います。注文すると数週間待たなくてはならないそうなので、誕生日が1月6日ということを考えると自分で色紙に書いて渡すことにしました。そこで、皆さんにお願いします。かずお やえこ(おばあちゃん)で名前詩を作っていただけませんか?
ちなみに自分で作ったのは  かぞくが ずっと おだやかに やさしい えがおで ことしもしあわせ っていう詩なのです。ありきたりなかんじがして・・・。

おじいちゃんは時計屋さんをしているので入れ込みたかったのですがなかなかうまいこといかず・・・。何か良い案はありませんか?いとうとけいてんという文字でも構いません。助けて下さい!!

Aベストアンサー

いいと思います!!何か感動です…色紙に筆ペンとかで味のある字で書いて、額にいれて渡すと喜んでくれると思います!個人的ですが、こういうの大好きです。商品を買うのもいいけど、サプライズ的なのは心に残ります。

Q初体験にまつわる映画作品を探しています! 邦画&洋画

「初体験」にまつわる映画を探しています。

男の子は、童貞卒業したいと、気になる女の子にモーションをかけたり、成人誌をみて興奮したり。
女の子は、自分の処女をささげるなら「○○先輩と海辺のホテルで……」とロマンチックな妄想にふけってみたり。
もちろんそこには意中の相手と経験できたという成功談もあれば、
やり方にとまどって最後までたどり着けなかったなんていう失敗談も。

「初体験」に憧れ奮闘する思春期の男女を描いた映画を知りたいです!

男目線での初体験、女目線の初体験
どちらも探しています。

例えば
『俺たちに明日はないっス』 タナダユキ監督 http://oreasu.com/
『初体験 リッジモント・ハイ』 ショーン・ペン出演 http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D112495785.html
『ガールズ 恋の初体験』 ジュスト・ジャカン監督 
など


邦画・洋画・仏画 なんでもOKです!
情報お持ちの方、是非是非教えて下さ~い★

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

おもいでの夏
http://cinema.wonderland.at.webry.info/200609/article_2.html

質問者殿の求めている作品とちょっと違うかも知れませんが、とても切ない、ちょっとほろ苦い作品です。調度思春期の頃、TVで観てココロに残った作品です。
ご参考に。

Qシェイクスピアと無韻詩

シェイクスピアの戯曲は無韻詩で、
ソネットは韻詩と考えていいでしょうか?

Aベストアンサー

>戯曲は無韻詩

「無韻詩」 ( blank verse = unrhymed iambic pentameter ) については、下の質問と回答がご参考になるはずです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1461802

シェイクスピアの戯曲では blank verse を中心とする無韻歩格が多用されていますが、すべてではないようです。
部分的に、blank verse の終わりで韻が踏まれたり (capping couplet)、歌として韻文詩が挿入されているだけでなく、 下のサイトによれば、 『ヘンリー四世 第二部』、 『ウィンザーの陽気な女房たち』、 『から騒ぎ』、 『お気に召すまま』、 『十二夜』 では、 blank verse より散文体 (prose) の方が多いそうです。
http://www.shakespeare-w.com/japanese/shakespeare/terms.html#sh

blank verse と prose の見分け方については、下のサイトがわかりやすかったです。どのような場合に散文体が使われているのかという解説もありました。
http://cla.calpoly.edu/~dschwart/engl339/verseprose.html


>ソネットは韻詩

おっしゃる通りです。
「ソネット」は、韻文詩のひとつの形式の名前です。
シェイクスピアには、154 のソネットのほかに、いくつかのもっと長い韻文詩もあります。 


参考 URL
http://en.wikipedia.org/wiki/Shakespeare
http://en.wikipedia.org/wiki/Iambic_pentameter
http://www.geocities.jp/todok_tosen/shake/keyword/iambic.html
http://ca.essortment.com/blankversepoet_rjwh.htm

>戯曲は無韻詩

「無韻詩」 ( blank verse = unrhymed iambic pentameter ) については、下の質問と回答がご参考になるはずです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1461802

シェイクスピアの戯曲では blank verse を中心とする無韻歩格が多用されていますが、すべてではないようです。
部分的に、blank verse の終わりで韻が踏まれたり (capping couplet)、歌として韻文詩が挿入されているだけでなく、 下のサイトによれば、 『ヘンリー四世 第二部』、 『ウィンザーの陽気な女房たち』、 『...続きを読む

Q何で映画の終わりに「終」「完」「THE END」「FIN」「FINE」などが出なくなったのですか

タイトルのとおりです。
昔の映画を観ると国によって当然言葉が違いますがこれで終わりですよっていう意味の言葉が必ず最後に出ました。
ところが最近の映画は出演者や製作者などはこれでもかっていうほど出るのですがこれが出てくる映画は邦画・アジア映画・欧米映画を問わずほとんど皆無です。
一種の流行なのでしょうか。
それとも何か特別の理由があるのでしょうか。
個人的には昔の方がよかったと思います。

Aベストアンサー

No.3の方と同じ、「権利」の問題だと思います。
日本では1970年に著作権法が制定され、著作物の使用などに制限が加わりました。今では一般的な考え方ですが、70年以前は権利に対してアバウトだったので、映画の雰囲気を重視できたのでしょう。
スタッフロールが肥大化したのも、製作者全員の権利問題などがあるのだと思います。
基本的に映画(劇映画)は製作会社が著作権を持っていますが、外部委託する際「スタッフロールに名前を載せる」という条件が大抵あるので肥大化しているのでしょう。
だからスタッフロールは「会社や個人の権利と宣伝のため」フィルム一本一本に付けているようです。
ほとんどの監督は最終編集権(ファイナル・カット)を持っていないので、それを持っている巨匠で、なおかつ「終わり」と挿入したいという監督しかやらないのでしょう。
ちなみにぱっと調べた限りウォン・カー・ウァイが「完」と付けています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報