最新閲覧日:

医薬品のCMでは必ず”使用上の注意”が表示されますが、その時に使っている”ピンポン”という音は何の為にあるのですか?
そしていつ頃から使われるようになったのでしょうか?
教えて下さい!お願いします!

A 回答 (2件)

薬事法にはそんな取り決めは無いと思います。


多くのCMで気が付きませんでしたが、医療用医薬品が一般大衆薬として販売が許可となった胃腸薬で、「医師・薬剤師に相談してください」等注意喚起が指示された(国や医師会から)時。
販売メーカーがやりだした様に記憶しているのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

う~ん。
思ったより広告の制限や規定ってあるようですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/09 21:08

いつ頃からかは忘れましたが、確か薬事法によって決められたものだったと思いいます。



「使用上の注意を良く読み、用法、用量を守って…」この文(アナウンス)に注意を向けるために鳴らす音です。確か、薬のCMに見えないと食品と勘違いしたりとか、とにかく飲めば効くと勘違いしたりとか、そういった誤解を避けるために「薬ですよ!飲めばいいってもんじゃないですよ!」と言うことをアピールするためですね。

…そんな勘違いするわけないって?いやぁ、私は以前「ドリスタン」のCM見て、「お!美味そうなホットレモン!…って風邪薬やんかぁ~!」と勘違いしました。

そういえば、松田聖子が出ていた風邪薬のCMは聖子自身が「ピンポン!」と台詞で言っていましたね。こんなの有りかぁ?と疑問に思いましたが、しばらく流れていたところを見ると、あれもOKと言うことでしょう。

自信はあまりないので、専門家の方の回答が頂きたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに早く(朝も早く)に回答が頂けるとは思いませんでした。
本当にありがとうございます!

お礼日時:2001/09/30 06:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ