私の友達のことです。
あまりにも無防備で心配になったので質問いたします。
夫の借金苦により偽装離婚をして生活保護を受けています。
夫は消費者金融からの多重債務の返済ができず数ヶ月前に自己破産しました。
そしてそれと前後して離婚届を出し、受理されています。
母子家庭になったと偽って生活保護を受け始めました。
一応夫は住民票を他所に移しましたが、同居をつづけています。
生活保護で得たお金で、夫はバイクを買ったり飲食費を捻出したりしています。
最近はアルバイトにも行かず、まったくの失業状態です。
これが市役所等に発覚した場合、刑事処分の対象になるでしょうか?
また、告発された場合、今まで受給した生活保護は返還する義務はあるでしょうか。
また、返還を求められるとしたらどの程度でしょうか?
彼女の方は偽装離婚という意識はなく、自分は別れたいのに、ただ夫が出ていってくれないと思っているようです。
そういう場合、市役所等から本当に離婚しているか(同居をつづけていないか等)調査されるものなのでしょうか?
大変なことになるまえに的確なアドバイスをしたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 結論から言いますと,保護費の不正受給により生活保護法第78条による徴収に該当すると思われます。

質問の内容を読んだところ夫と離婚したことにより収入も無く生計維持困難という理由で生活保護申請をしたと思われます。保護申請時に地区担当員(ケースワーカー)が訪問調査を行い,申請理由に相違が無いと判断された為生活保護開始となったのでしょう。そもそも申請理由に虚偽があった場合,生活保護の開始要件に該当しないため保護開始日に遡って保護費の返還を求められるか,不正受給と判断され,徴収される事となります。本人に瑕疵が無く何らかの要因で保護費を多く受給していたり福祉事務所側の手続きミスで保護費を受給していた場合は生活保護法63条による返還となります。質問の場合ですと偽装離婚ということなので63条ではなく78条該当となります。78条というのは被保護者が故意に収入を隠蔽したり,収入申告をせず所得を隠したなどの悪質と判断された場合に適用されます。これに応じて受給した保護費を返せば,刑事事件にはならないと思いますが,その内容・状況によっては告訴されることも考えたほうが良いと思います。
 いずれにしても地区担当は訪問調査を定期的に実施することになっていますので(世帯状況や処遇方針等でAケース・・・1ヶ月に1回,Bケース・・・3ヶ月に1回,Cケース・・・6ヶ月に1回,Dケース・・・1年に1回の4種類に分ける。母子世帯はAかBとなることが多い。)訪問により前夫が同居しているのが発覚する可能性は大きいと思います。もし彼女が本当に夫と別れたいのに同居を強制され,保護費を使われているのであれば早い段階で地区担当に相談したほうが良いと思われます。福祉事務所には婦人相談員もいて,夫や内縁関係の男性から暴力等を受け逃げたい女性の相談に乗ってくれます。場合によっては婦人相談所やシェルターへの入所の手続きも行ってくれるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

dai14さん、大変失礼いたしました。回答を頂いてからすぐにお返事をし、ポイント発行したのですが、私のやり方が悪かったのか・・表示されていず、それも
混んでいるからだろう・・などと思っていたら、本当に付いていなかったのです。
言い訳がましくなってしまいましたが、本当に失礼な事をしてしまって
申し訳有りませんでした。
 彼女自身、口では「出ていって欲しいのに出ていってくれない」と言っては
いるのですが、本気ではないようです。母子家庭になったので、都営住宅など
優先地域が有る時は当たりやすいし、そうすれば出てってもらえる・・という風に
言っています。別れて暮らすつもりがないのなら、とりあえずきちんと彼には
仕事をして貰った方がよいのでは・・とアドバイスしてはいますし、こんなこと
いつまでもばれるわけがないし、ばれたときに困るよ、と言っても
「市のケースワーカーの人は電話してから来るから、ばれるわけがない」と
言っています。私は本当に心配していたのですが、最近ではどうしても
不正受給・・それに対して嫌悪感を感じるようになってしまっています。
でも、きちんとそういった法律があるという事を彼女に話してみようと思います。
大変な事になる前に・・。とても参考になりました。どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/10/23 19:16

まずこういったケースはなぜか必ずばれるものです。

大人の男性の生活感が必ず表面化するからです。生活保護については、申請時に世帯の状況を申告しますが、それが虚偽の申告にあたります。あまりにも悪質であれば、刑事告発もありえますが、現実的にこの世帯に保護費以外の収入があったわけでなく、支給済保護費の返還・徴収といった処分はその根拠を福祉事務所として示すのは難しいかもしれません。あらためて前夫も保護世帯員と認め、保護の要否を判断し、いずれ停止・廃止といった措置となるのが自然のような気がします。ただこれは個々の福祉事務所の考え方によると思います。むしろ問題となるのは、母子世帯ということで、様々な手当てをもらっていると思います。これは明らかに不正受給ということで、処分の対象となると思います。事が大きくなる前に、生活保護も母子手当ても前夫とやり直す、ということで辞退されることがよろしかろうし、子供さんのためにも実際そうされることが望ましいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス頂きましてどうもありがとうございました。そうですね、やはり
夫とやり直すという事で辞退するのが一番いいのだろうと思います。その当たりは
私も彼女に話してはみたのですが、あまり真剣に考える気持ちが無いようです。
なにしろ、彼が働かなくても生活費が入ってくる、ある意味美味しい生活を
送っているので、そこから抜け出す勇気(?)が無いのだと思います。
彼は至って健康体ですが、それでも今現在仕事をしていなかったら
受給の対象になる場合もあるのですか・・・。びっくりです。
ただ、今の生活が本人や子供にとって良いものでは無いと思いますし、
なにより人間としてどうかと思うので、私も少し考えてみたいと思います。
色々教えてくださって、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/02 17:20

 文章で見ると、かなり、悪質なように見えますが、現実は夫が同居したところで、夫の分は給付されていないので、生活状態は厳しいことには違いがありません。

夫が無職であれば。復縁しても、生活保護の受給は可能かと思われます。しかし、現在同居などの生活条件の変更を届けていなければ、不正受給とされ、停止や廃止されることがあります。でも、この場合、当初から不正と断定するには、他に所得があることが証明されたり、本人の自首でもないなぎり、無理かと思われます(最初から彼と同棲していても認められた可能性があります)。また、停止や廃止があった場合でも、現実に彼女に財産がなさそうなので、返還は求められないと思います。
 他人からの密告や調査により市は当然調べます。届け出た内容と異なれば、届出の変更が求められたり、停止・廃止の理由になります。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S25/144.HTM
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答をどうもありがとうございました。私が思ったよりも簡単に不正受給できると知り、驚きでいっぱいです。
彼が自己破産する前すでに仕事ができる状況ではなかったので、その時と比べたら楽だと彼女は言っています。今までは彼女のちょっとしたパートの収入でなんとかやりくりしていたようなので・・。今現在、色々な理由をつけて
彼女の収入を区役所に申告していないという事で
彼の分の生活費を捻出しているのだそうです。
彼の方はと言えば、自分が働かなくても打ち出の小槌のごとく
毎月決まった金額が転がり込んでくると、すっかり働く気持ちもないように
私には感じ取れます(決して身体が悪くて働けないわけではないのです)。
もしもばれてしまったときに、もしも彼女の両手が
後ろに回るようなことや、返済を求められたら、子供はどうなるのだろう・・
などと考え、私が1人で悩んでいたのですが、そういう心配もないのですね・・・。よかったような、悪かったような、複雑な思いです。
教えていただいたHP、これからまたゆっくり見せていただきます。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/10/01 21:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVで離婚 成人の息子は父と同居 奨学金の返済は父 母は生活保護で奨学金の連帯保証人

成人の息子は幼い頃の父の暴力でPTSDで就職ができません。父と同居していますが引きこもりです。父が息子の奨学金の返済をしています。母は生活保護で奨学金の連帯保証人です。
精神科の先生は父と息子と別居できたらいいと言います。息子は母に暴力を振るうので一緒に住めません。
息子は生活保護を受けられるでしょうか?
1・奨学金の連帯保証人の名義を母から父に変更する。
2・息子が自己破産をする。
3・生活保護の申請をする。

以上の手続きを取れば息子は単独で生活保護が受けられるでしょうか
奨学金の返済は父がします。

Aベストアンサー

初めまして。
もう少し発想の転換で息子さんの社会復帰をどうしたら良いのかを考えて頂きたいと思います。

息子さんはこれから先長い中でお父さん・お母さんの元気な内に変えていかないと息子さんは立ち直るきっかけを失ってしまいます。

私は心の病を持たれる方をカウンセリングしながら社会復帰を進めています。

お近くでも支援センターがあるかも知れませんのでご相談されることをお勧めします。

息子さんの将来を諦めず前向きに変えて頂けたらと思いますがいかがでしょうか?

Q夫の妹が離婚後に生活保護で暮らしています。 中学、高校?の息子2人います。 慰謝料を引いた額を頂いて

夫の妹が離婚後に生活保護で暮らしています。
中学、高校?の息子2人います。
慰謝料を引いた額を頂いているようです。
その娘への援助の為か姑が、夫にお金を請求してきます。
毎月、年金ももらってない姑の生活費を、我が家で負担しております。
その中から娘への応援をしてるのでしょうが、足りないと言われます。
月に15万は姑に渡してます。借りている家賃も、こちらで払ってます。

それを、かれこれ20年。
当時は若いし、働けば何とかなると思いましたが夫婦共に歳をとり我が家の子供達にもお金がかかる時期になりました。

母子家庭の大変さはわかりますが、高校進学も最初にかかるお金は多いはずです。
姑に聞いても、金額も言いませんし、もちろん応援してる事も言いません。

生活保護は車の所有はダメだと思っていたら問い合わせたところ、仕事などの通勤で必要な場合は大丈夫なんですね。

何年か前に車のローンの支払いを姑がしてるのを聞いてビックリしました。
でも、維持費もかかるので、その辺はわかりません。
できれば、車の所有をやめれば少しは負担がないと思い役所に問い合わせて聞いてみた次第です。
妹は仕事をしても長く続かない人です。
働けば、その分を生活保護から引かれるだけなので、してないと思います。
娘ですから気持ちはわかりますが、私はとてもあまい考えだと思います。
親が亡くなるまで、あまえたにしても、その後はどうするのか?

聞いてみたくても、会う機会もないし、姑がガードして直接、話す事もできません。
夫は姑に、いいように言いくるめられて困ります。
ここで、頑張らないと長い人生ずっと保護です。楽してお金がいただけるに慣れてしまっては、もう無理なんでしょうか?
何かいい方法ありませんか?

夫の妹が離婚後に生活保護で暮らしています。
中学、高校?の息子2人います。
慰謝料を引いた額を頂いているようです。
その娘への援助の為か姑が、夫にお金を請求してきます。
毎月、年金ももらってない姑の生活費を、我が家で負担しております。
その中から娘への応援をしてるのでしょうが、足りないと言われます。
月に15万は姑に渡してます。借りている家賃も、こちらで払ってます。

それを、かれこれ20年。
当時は若いし、働けば何とかなると思いましたが夫婦共に歳をとり我が家の子供達にもお金がかかる時...続きを読む

Aベストアンサー

すうねん前まで保護のお世話になっていました
私はフルタイムはたらいていて 足りない分を保護で生活していました
もちろん十分ではない金額ですが 生きていくことはできますし
中学 高校などの入学の時期制服代くらいの準備金が出ます
もちろん足りませんけど そのために児童扶養手当があるのでそれをまわします
その他細かいものも 周りの方の入学祝でまかなったりおねだりしました
(かばんや 文具 辞書など)

なので 入学祝として欲しいものなどをあげるというのを先回りして
お姑さんに言うのはどうですか?
「義母さんへの援助でうちも手一杯で ○○(貴方の子)にも
お金がかかる時期なので これ以上助けれないけど
お祝いはしたいので 欲しいもの聞いてください」とか
貴方の子も かわいい孫なはず
孫をだしにすると納得するしかないのでは?

あとは・・・・強行手段は匿名で おかあさんが金銭的援助してることを
役所に通報する でしょうかね
貴方が出所とは絶対内緒にしてくれるので 妹さんや義母さんは
疑っても証拠はないので・・・

Q生活保護で年金の遡及分の返還について・・・

生活保護受給中で障害基礎年金の遡及分の返納額は障害者加算を減らした分ですか? 全額ですか? 生活保護法63条では全額返還ですが・・・

本日、障害基礎年金の証書が届きました。 2級で19年7月分から支給されます。
振込みは20年1月の予定ですが、この間の約30万円は全額福祉事務所に返還しなければ駄目なのですか?
障害者加算が7月から認められれば一月当たり2万円ほど減らした分(10万円ほど)を返還すればいいのかなと思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

以前生活保護ケースワーカーしてたことがあります。

だいぶ前なのでうろ覚えですが、生活保護における返還金とは、「過去に受け取った保護費(医療費相当分含む)全額」です。ただし当然、遡及して受け取った年金額がこの金額より小さければ、払えるのは年金額(全額)までということになりますね。
逆に年金額の方が大きければ、返還対象となるのは「保護費全額」までで、後は手元に残ります。ただしこの場合、手元に残った額で一定期間生活できるとみなされると、一定期間保護停止または廃止になることもありうるでしょう。

ということで、結果的には年金額は全額、返還額あるいは今後の生活費として使うことになります。生活保護はあくまで「他法優先」ですから。

Q生活保護費の返還について教えてください。

障害者年金の遡及があった場合の生活保護費の返還についてお聞きしたいのですが・・・

妹が精神疾患で障害者年金の申請をしていましたが、12月15日に2級で過去分と共に190万程の支給がありました。
現在はまた入院中なのですが、一時期退院し10月15日から生活保護を受けて1人暮らしをしたのですが、障害者年金が支給された事で2ヶ月分の生活保護費を返還して欲しいと役所から言われました。
金額を聞くとまだ詳細は出ていないのですが、住居の準備金(25万程)と家賃(3.7万)2ヶ月分の入院費が10割負担で年金はまず残らないでしょうねと言われました。

障害者年金は今後1ヶ月66,008円支給され、生活保護も年金額と調整される形で継続されるのですが、2ヶ月分で190万円の返還は通常なのでしょうか?

病院のソーシャルワーカーからは、年金の遡及分で一時生活保護は支給停止になるかもと言う事でしたが、こんなことになるなら生活保護を受けず、障害者年金の受給を待っていた方が今後のゆとりも出来たと思い後悔しています。

Aベストアンサー

障害者年金の支給月と、保護の月がダブっている部分については、返金を求められるのは通常のことだと思います。


収入と同じ扱いになりますから仕方ないことでしょうね。


ただ、入院費が10割負担と言うのは納得いかないですね。
精神障害の場合、自立支援法の適用がありますので(旧32条ですね、少し内容は違いますが)
自立支援法の申請をしていると、保護の受給者の場合は、精神疾患の医療費は無料になります。

というか、自立支援法は収入に応じての医療費になりますので、保護の場合は収入0ということで無料になります(なるはずです)

ただ、自立支援法と、生活保護の窓口は違いますし、お金の出所も違いますので、普通は担当のケースワーカーが教えてくれるはずなのですが・・・


今からいって、遡ってもらえるかはわかりませんが、一度相談してみてはどうでしょう?


また、精神障害者の障害者年金ということでいいのですよね?
ちゃんと請求はされてると思いますが、何件か病院を変えていても
一番最初に行った病院の初診日からの支給になります。


また、一時停止になるかも知れないというのは、お金が残った場合は当然、生活保護は一時停止になります。

障害者年金の支給月と、保護の月がダブっている部分については、返金を求められるのは通常のことだと思います。


収入と同じ扱いになりますから仕方ないことでしょうね。


ただ、入院費が10割負担と言うのは納得いかないですね。
精神障害の場合、自立支援法の適用がありますので(旧32条ですね、少し内容は違いますが)
自立支援法の申請をしていると、保護の受給者の場合は、精神疾患の医療費は無料になります。

というか、自立支援法は収入に応じての医療費になりますので、保護の場合は収入...続きを読む

Q障害年金受給した場合、生活保護返還?廃止?

障害基礎年金受給した場合の生活保護の返還?廃止?について質問です。

知的障害で12月から障害基礎年金2級を受給することになりました。 現在、生活保護を受給しています。
20歳前障害で現在27歳です。

普段、アルバイトで少ないですが生活保護で収入申告していますが、始めの月だけ年金額が多額になると思われます。
その場合、今まで受けていた保護費は年金分返還ですか? それとも何ヶ月かは0円で金銭扶助以外の扶助(医療など)のみ受けられるのですか? しばらく保護廃止ですか? 

以上皆様のご教授お願いします。

Aベストアンサー

おそらく、遡及請求(そきゅうせいきゅう)と言って、
過去の障害年金を最大5年前までさかのぼって受給できるはずですから、
初回の障害年金の支給は、その分だけ額が多くなります。

障害年金は、
生活保護費と同じく日常生活費を助けるためのお金を出す と
いう意味合いを持っていますし、
また、生活保護費は、
もしもほかの法律でお金が出せる場合には、その分だけ減らす という
決まりもあります。

したがって、
いままでにもらった生活保護費の分は、
初回の、さかのぼってもらえる障害年金で代えることができるので、
おそらく、その分の生活保護費を返さなければならないことになると
思います。
なお、詳しいことはあなたが市町村にきかないとわかりませんので、
ここでは、はっきりしたことは回答できません。

返し終わったあとの生活保護費は、
障害年金の分(2級障害基礎年金は、月に約6万6千円)だけ
減額されることになると思います。
あるいは、いままでの生活保護費よりも障害年金のほうが多くなれば、
生活保護が廃止されることもあり得ます。
(ぎりぎり生活できるお金が入ってくるから、という理由です。)
逆に、障害基礎年金よりも、いままでの生活保護費のほうが高ければ、
その差額(生活保護費 - 障害基礎年金 = 差額)を支給する、という
ことになると思います。

市町村によって、生活保護の考え方に少しずつ差がありますから、
ここの回答で「絶対にこうなる!」と断定してしまうことはできません。
いままでに書いた回答は「こうなることが多いですよ」という可能性だと
考えて下さいね。

おそらく、遡及請求(そきゅうせいきゅう)と言って、
過去の障害年金を最大5年前までさかのぼって受給できるはずですから、
初回の障害年金の支給は、その分だけ額が多くなります。

障害年金は、
生活保護費と同じく日常生活費を助けるためのお金を出す と
いう意味合いを持っていますし、
また、生活保護費は、
もしもほかの法律でお金が出せる場合には、その分だけ減らす という
決まりもあります。

したがって、
いままでにもらった生活保護費の分は、
初回の、さかのぼってもらえる障害年...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報