『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは。映画を製作しようと、思っておりまして、公道での撮影が、1時間くらい必要なのですが、一般的に、公道での撮影許可は、下りるでしょうか。車がほとんど、こない道(6m道路・片方向のみ)を選んで、撮影を希望しています。車が300m程走る場面を撮りたいと思っています。ロケ地は、田園風景の道路の設定で、まだ決まっていません。(ロケには、ガードマンの手配の必要を考えています。)撮影許可が下りやすいロケ地などが、ありましたら、アドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

道路使用許可申請ですね。

公道と言うことでしたら管轄の警察署や管理者である市町村土木事務所など関係各所への届出申請が必要です。また交通量が少ないといえども地域住民にとっては重要な生活道路ですから場合によってはその地区の自治会などから賛同書を得ることも必要になります。警察は特別な事情がない限りは申請を受けつけますが、書類の不備があれば確実にはねられますので事前に窓口へ相談なさっても良いかと思いますし、いくつかの各都道府県警HPに様式もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
趣味とは言え、本気で、良い画像を撮りたいと思い、
準備をしておりますが、道路は、人、車の活路なので、
なるべく迷惑のかからない場所で、と思い、ロケ地を
探しているところです。
道路使用許可申請を出す前に、県警に相談してみます。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2005/06/09 23:31

たしか.農道の道路管理者は土地改良区です。


改良国聞いてみてください。場所によっては昼間2-3日完全に通行止めにしても問題なく作業できますから。
ただ農作業有線ですから.農繁期は避けたほうがよいでしょゥ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
農道での撮影は、付近にお住まいの方々に、お知らせや、あいさつに伺った方が、よいですね。
大きな幅の広い農道もあるというお話を聴いたことがあり、農繁期を避けての撮影を検討したいと思います。
どうもありがとうございます!

お礼日時:2005/06/09 23:39

道路での撮影自体は原則自由で許可不要です。


普通の速度で走る車の中からの撮影などの場合です。

他の人の交通に影響がある場合には警察の道路使用許可が必要です。
カメラを歩道に置いて撮影する場合などにも道路使用許可が必要です。
撮影のための車が特定の場所を何度も走るとか、その車を一定時間道路に止める場合なども同様に許可が必要です。

道路自体の管理者、たとえば県道なら県の土木事務所などの許可は、道路に穴を掘るなどの道路の構造そのものに影響が無い限りは不要です。

道路使用許可は、交通量の少ない所ならば簡単に下ります。
ただし、他の人の通行を一時的にストップさせての撮影だと、許可は簡単には下りないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
歩道の場合でも、道路使用許可が必要と、教えてくださり、助かりました。
道路を片道だけ、使用する場合でも、他の車に迷惑がかかるので、なるべく車が走らない場所を探したいと思っております。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/06/09 23:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビ局が撮影のために公道を止めることの違法性

本日、青山骨董通りを歩いていると、「フジテレビの2時間ドラマ撮影のため」ということで、5分弱歩道で待たされました。他の通行人も待たされていたのですが、TV曲が公道を封鎖することに対して違法性はないのでしょうか。

Aベストアンサー

 TV局としては撮影が長時間にわたるなら警察から撮影許可証をもらい撮影します。
ただ5分弱であれば殆どが許可を取っていません。
無論かなり確率は低いですがもらってる場合もあります

 けっこうそれでTV局の方々は書類送検されてます
※映画『闇金ウシジマくん』、公道で無許可撮影、通行を妨げプロデューサーと映画制作会社を書類送検
http://0taku.livedoor.biz/archives/4141240.html

Q早朝の駅前や商店街の撮影について

初めまして。今度自主映画を撮影しようかと思うんですが、早朝の人のいない時間帯に駅前や商店街を撮影するのには施設の許可が必要なのでしょうか? 自主映画の撮影と言えば許可は下りるのでしょうか? 撮影した動画はyoutubeに公開します、賞レースなどには応募しません。撮影時間はだいたい45分ぐらいと見ています。ゲリラ的に撮影を敢行することも考えましたが、法的にはどうなのでしょうか? 回答の程宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2 です。

質問者さんにご理解いただきたいのは、公開(YouTube)するか、いわゆるホームビデオなのかで、全く状況が違って来るということです。一般の人はまだあまり意識していませんが、YouTube の場合は、世界中の人々に公開されますよね。
おまけに、インターネットの世界では、いったん公開されると、どこかで複製されたりしますから、後の祭で、削除不可能です。責任は広範囲(世界中)で、かつ永久です。

>ただのホームビデオ撮影の場合も同様に交番にしょっ引かれる場合があるってことですか?
>ホームビデオ撮影も許可が要るってことになりますよね?
>観光に来てカメラ回してる人も皆警察で撮影の許可を撮っているんですね・・・。

それはないはずです。ホームビデオの一般的な概念は、簡単には、撮影者したビデオを家庭内で楽しむということです。そういう認識のもとでは、誰でも、スマホ等で撮影していても関心を向けないでしょう。

一つの例をあげると、たとえば、肖像権(パブリシティ権も)では、撮影の時と記録の公開の時で、許可取得には二つの時期があるのです。何のために撮影するかの許可と、用途(公開)の許可です。
少し前までは、YouTubeにアップロードするということは一般的ではありませんでしたから、大衆は撮影自体を多めに見ていました(一般人は家庭内での使用と理解していますから)。
しかし、これからは、一般人でも、写り込みを含めて、用途にも敏感に注意を払うようになってくるのでしょうね。

法的には、というご質問だったのでお答えしましたが、現実には、迷惑を感じる人や組織があっても見逃されることも多いと思います。ただし、実際に公開(YouTube)した後で, 家庭内使用などでない明らかな証拠が存在するわけですから、何らかの訴訟のリスクは覚悟する必要があるでしょうね。

No.2 です。

質問者さんにご理解いただきたいのは、公開(YouTube)するか、いわゆるホームビデオなのかで、全く状況が違って来るということです。一般の人はまだあまり意識していませんが、YouTube の場合は、世界中の人々に公開されますよね。
おまけに、インターネットの世界では、いったん公開されると、どこかで複製されたりしますから、後の祭で、削除不可能です。責任は広範囲(世界中)で、かつ永久です。

>ただのホームビデオ撮影の場合も同様に交番にしょっ引かれる場合があるってことですか?
>ホー...続きを読む

Q施設無断で写真撮影

企業の社屋や施設を、部外者が公道から無断で写真撮影することは、何も問題ないのでしょうか?

実例として。。。
勤務先の社屋を部外者が、無断で写真撮影をする、雰囲気からして記念撮影や好意的な感じではない、撮影意図は不明、注意をしても「公道から撮っている、何が悪いんだ、シンデレラ城を撮ったて怒られないだろ。。」と言い返される。

本当に問題じゃないのでしょうか?⇒なぜ?

Aベストアンサー

基本的に問題はないです。

建物デザインには著作権・知的財産権(意匠権)の範疇になりますが。
著作権には著作物を複製する権利が含まれています。
そして、著作物を撮影することも複製にあたると解されております。
なので、建物を撮影することも著作権侵害に該当すると思いますが、
著作権法は、建物(建築物)については建築(実際に同じデザインの建物を建てること)により複製した場合に著作権侵害になるとされています。
ですので、著作権法上は、建物を撮影しても侵害したことになりません。

知的財産基本法には定義として、
「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(以下省略) とされています。

その中で意匠については意匠権があり、この意匠権では建物は除外されています。

たまに、建物の肖像権というい方をする人がいますが、肖像権は人格権に由来する権利なので、人間(自然人)以外の肖像権は存在しません。

著作権の例外規定は、公衆の目に触れさせること(常態で公衆の目に触れるものを)によって得られる利益を特定の人が独占してはならないという公益を阻害しないためのもののようです。

ただし、建物に看板やすぐに建物名や社名が分かるようなシンボルマークなどが写っていて、その映像(胴が静止画含む)を公表することで写った看板やマークなどの所有者の事業に害を及ぼすような場合はこの限りではないです。
ただ、これは著作権等とは違います。
意図的に看板などを写し、映像のタイトルを不特定多数が不快に感じるようなものにしたり、
意図的ではなくとも、その映像を公開することで、何かしらの損害が出る場合には、
不法行為にあたります。

写真を取るのは問題ないのですが、使用目的によっては写真を撮らないでほしいとはいえると思います。

基本的に問題はないです。

建物デザインには著作権・知的財産権(意匠権)の範疇になりますが。
著作権には著作物を複製する権利が含まれています。
そして、著作物を撮影することも複製にあたると解されております。
なので、建物を撮影することも著作権侵害に該当すると思いますが、
著作権法は、建物(建築物)については建築(実際に同じデザインの建物を建てること)により複製した場合に著作権侵害になるとされています。
ですので、著作権法上は、建物を撮影しても侵害したことになりません。

知的財産基...続きを読む


人気Q&Aランキング