はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

スペイン語の教科書に
『こんばんは』はBuenas nochesと書いてありました。
ですが、『おやすみなさい』もBuenas nochesと書いてありました。
実際にスペイン語を使っている人はこんな風に言ってるのですか?
ちょっと紛らわしいと思うのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スペイン語の挨拶言葉は次のように使われます。

(英語とほとんど同じです)これらの挨拶言葉はもともと
「良い午前を、午後を、夜をお過ごしください」を省略したものです(日本語も省略されている)従って本来は出会ったときよりも別れるときの挨拶言葉です。本来の習慣がbuenas noches に色濃く残っていると考えればよいでしょう。buenas nochesに「おやすみなさい」という意味は含まれていませんが、習慣的にそれに当たるということです。

Buenos dias 日本語より遅くまで使われます(午前中)
Buenas tardes 昼食後から夕食ごろまで(午後8時ごろまで)
Buenas noches こんばんは、の意味ではあまり使われない。その人に今日中(今晩中)に会うことがないとき(別れるとき)に「おやすみなさい」の感覚で使用します。

友人、知人が出会ったときは昼夜を問わずHolaとか
que tal?など、その国の通常の挨拶言葉が使用されます。buenos dias, buenas tardesは先生、上司、年配者などに使う、少し改まった挨拶となります。外人としての日本人は誰にでもよく使います。

以上はあくまで一応の目安です。習慣に関することなので国や地域、個人差があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/06/09 09:42

南米では、寝る前の挨拶として、旅行で同じホテルに泊まってる時とか、知り合いの家に泊めて貰う時などは、Buenas Nochesの後にQue Descanse(n)とか、Descanse(n) Bien、などと言うこともあった様な記憶もあります。

これは正に良くお休みなさい、ゆっくり休んで下さいと意味ですね。勿論、Buenas Nochesだけで部屋に別れ別れになることもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/06/09 20:32

「Buenas noches」は夜間での出会いのあいさつ、別れのあいさつの両方で使える言葉です。

つまり日本語の「こんばんは」と「おやすみ」という意味です。
Hola! Buenas noches.(やあ、こんばんは)
Hasta man~ana. Buenas noches.(また明日、おやすみ)
という風に簡単な言葉を加えて使えば、全く紛らわしくありません。

でも実際の会話では、別れのあいさつの「おやすみ」として使うことが多いです。

ちなみに「Buenos dias(おはよう)」も同じで午前中(食事前)出会った時、別れる時の両方で使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2005/06/09 09:40

ラテンアメリカに住んでいますが


実際に Buenas nochesと言ってますよ。

その後に
Hasta man~ana (また明日)といったり
Que tenga dulce suen~o (いい夢見てね)
とか言ったりすることもあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/06/09 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語でなんといいますか?

「今日はお天気がいいですね。
一緒にランチに行きませんか?
楽しみにしています」

ってスペイン語でなんといいますか?
カタカナでも教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

スペイン語圏の方とデートでしょうか?
(うらやまちぃ...)
「通じるのが一番」という事に重点をおいて発音しやすいものを考えてみました。
以下の様なのではいかがでしょうか?



今日はお天気がいいですね
(!)Hoy hace bien tienpo!
(オイ アセ ビエン ティエンポ)

ちょい元気めに言って下さいね
「なんていい天気なんでしょう!」の気分で。



一緒にランチにいきませんか?
(?)Vamos juntos comemos a almuerzo?
(バモス フントス コメモス ア アルムエルソ?)

バモス=英語のレッツゴーにあたります。バモスを連発するとVamos!Vamos!=行こう!行こう!になります。
Almuerzo=昼食です。juntos=一緒に。comemos=(私達)食べる。です。
ここで強調すべきはバモスとアルムエルソです。
「レッゴーランチ」ですね。
「行きませんか?」と誘うので疑問文になるので必ず文末を上にあげて(アルムエルソ)発音してください。


一緒に楽しい時間を過ごせるのを期待しています
Espero gozo de tiempo paso juntos
(エスペロ ゴソ デ ティエンポ パソ フントス)
Espero=(私が)期待する。gozo=楽しみ。tienmo=時間
paso=(私が)過ごす。juntos=一緒に
です。
(!)と(?)は記号がさかさまになのですが。
PCで出し方がわからなかったのでこの様にしておきます。

楽しいランチが実現できるといいですね^^

スペイン語圏の方とデートでしょうか?
(うらやまちぃ...)
「通じるのが一番」という事に重点をおいて発音しやすいものを考えてみました。
以下の様なのではいかがでしょうか?



今日はお天気がいいですね
(!)Hoy hace bien tienpo!
(オイ アセ ビエン ティエンポ)

ちょい元気めに言って下さいね
「なんていい天気なんでしょう!」の気分で。



一緒にランチにいきませんか?
(?)Vamos juntos comemos a almuerzo?
(バモス フントス コメモス ア アルムエルソ?)

バモ...続きを読む

Q『あなたがいつも幸せの中にいますように』・・・英訳してください。。m(__)m

こんにちは。
どなたか、きれいな英訳してください。
お願いします。

オールウェイズとハッピーの単語を使って、
なるべくなだらかな一文で、呪文?みたいな
綺麗な英語でお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、

May happiness lead your life always.

May your life be always fulfilled with Happiness.

最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ!と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います.

そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、

I wish you be always filled with Happiness!

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う...続きを読む

Q"adios"と"hasta luego"の違い(長い別れか短い別れ)

"adios"と"hasta luego"の違いはありますか?フランス語の辞書を今見ているのですが、それによると"adieu"は「長い別れ」に対し"au revoir"は「短い別れ」と区別するそうです。スペイン語で"adios"はどうですか?

Aベストアンサー

日本ではある言葉を語源的に教える先生と生きた使い方
(現場主義)を教える先生がいますので、常に混乱が
起こります。

adiosは 旅立つ人に向かって旅の安全を祈り、道中、神と共にあらんことをという意味でa Diosと言ったのが語源です。従ってすぐ会うような相手には使わなかったのですが、日本語と同じで『さようなら』の語源を考えながら使いわけをする人はいません。今日では個人の好み、地域の習慣でadiosは単にさようならの意味で使われます。語源を強く意識する人は他の表現を好むでしょう(Chao, hasta la vista, hasta luego、hasta pronto,hasta lueguito、que le vaya bien, vaya con diosなど)

長い別れの人でも気持ちはすぐにでも会いたいという
本信、儀礼の意味で、adios以外の表現が好まれると
いえます。

Qスペイン語で「お疲れ様でした」は何と言いますか?

タイトルそのままです。
どういえばいいでしょうか?あるいはスペイン語圏ではそのような会話表現はないのでしょうか?

一応「Era la fatiga.」ではないかと思っていますがどうでしょうか?
ちなみに状況としては、「サークルが終わって、友人にお疲れ様を言いたい」です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スペイン語に限らず欧米人にそのような挨拶の慣習はありません。

仕事が終わって分かれるときは通常の挨拶です。
hasta man^ana, hasta luego, 年配の人で丁寧にque tenga buenas noches, que descanse bienなどという人はいます。

上司が改まって「よくやった、bien hecho, tu trabajo me gusta」とねぎらいの言葉を掛けることはあっても、仲間同士がお疲れさま的なことをお互いに言うことはありません。

era la fatigaでは同じような意味にはなりません。
強いていうなら ha sido un trabajo muy duro,
verdad?ぐらいでしょうか・・・

Qスペイン語の「el la un una」の使い分け

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかなぁ」って教わったんですがそれってなーんか微妙な回答じゃないですか?別の友達には「とりあえず全部にel laを付けとけ」というような訳の分からない回答をもらいました。
数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。なにか規則のようなものがあるんでしょうか?絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?どなたか分かる方おりましたら教えてください。

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかな...続きを読む

Aベストアンサー

私には、その友人の方の言われたとおりだと思えます。
要するに、普通の名詞にいきなり定冠詞をつけて登場させることは、まぁないだろうということ。
英語の a, an, the の区別にちょっと似ていると思います。
ただし、地名などの固有名詞に定冠詞がつくこともあるので注意(El Salvador など)。
また、本来は女性名詞なのに男性名詞につく冠詞がつくこともあるそうです(例:El agua limpia - La agua とすると a agua のように a が重なるのを嫌って El を用いる)。
以上は下記のページを見てにわか勉強いたしました。
→ http://www.spaingo.jp/bkn011.html
→ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4968811.html
→ http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/europe/espana.htm

Qスペイン語 "tu"と "usted" の違いは何ですか?まったく分かりません

スペイン語の初学者です。

tu(君)、usted(あなた) という使い分けのようですが
君とあなたと、一体どう使い分ければいいんでしょうか?
さっぱり分かりません。

どうかよろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)
英語だと全部youなんですけどね。

こちらのトピックが参考になるのではないでしょうか。って今たまたま見つけただけなんですけど(^^;
ustedで覚えておけば無難とのこと。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa459366.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3347265.html

国や人によって違うという話。
http://www.h6.dion.ne.jp/~kiuchi/lec206.htm
http://d.hatena.ne.jp/latinokashiwajp/searchdiary?word=*%5B%A5%B9%A5%DA%A5%A4%A5%F3%B8%EC%5D
ドイツ人のように「これからあなたを君扱いする」と言うことはない、と書いてありますが、絶対に言わないわけではなくて、言う場合もあるのではないかと思います。
テレビスペイン語会話でインタビュアーが日本に住む中南米人(国は失念)にインタビューしに行って"usted"で話しかけたら"tu"で話しましょうよ、と言われていたし、昔カセットテープ教材(スペイン語コーヒーブレイク)を聞いたときも「tuで話しましょう」という会話例がありました。まあ、会話学習番組や教材の中の話なので実際の使用率は分かりませんけれど、ありえないほどではないんでしょう。
(学習途中の者から言うのは難しいと思うので言われたらでいいと思いますが)

ちなみにtuの二人称単数vosotrosは、スペインでは使いますが、中南米では使いません。「君たち」も「あなた方」もustedesです。
(違う国があるのかわかりませんが、傾向としてはそうです)
使う活用形が少ないといえば少ないです。

在住や仕事で使ってないのでごく少ない経験ですが。
20歳前後の頃、スペイン語教室で南米出身の大学生の先生達に教わっていたときはtuで喋っていました。
誰も注意しなかったからあれはあれで良かったのかな(笑)
警官が一般人に話しかけるときはustedだと言われたことはあります。

後年、年輩者も混じってメキシコ人の年輩の先生に習ったときはustedでした。
スペイン旅行中は、若者~若い世代の大人からはtuで話かけられましたが、年輩の人からはustedで話しかけられました。

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)...続きを読む

Qスペイン語で「te extrano」何ですか?

te extrano

mi lindo amigo

とメールの最後にあったのですが、
西和辞書で調べると、
extrano=奇妙な、不思議な
lindo=可愛い(pretty)
と訳せて意味が良くわからないのですが、
熟語かスラングみたいな物でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

te extrano は「あなたが恋しい、あなたがいなくて寂しい」という意味です。スラングではありません。
te echo de menos も同じ意味で、こちらはスペインでよく使います。

Qペルー人ってどんな人??

突然ですが、ペルー人ってどんな人ですか?"こんな人!"と一言で言うのは難しいと思いますが、例えば、アメリカ人はいつでもどんな人にでもフレンドリーで・・と言うようにペルー人でありがち?な性格など教えてください!あと、ペルーの習慣、日本とこれが全く違う!などと言うことがあったら是非教えてください!以前アメリカに住んでいたのですが、その時の友人でペルー人の友達が数人居ます。でも、アメリカに居たせいか、ペルーの人がどう言う人なのかいまいち分かりません・・・女性は・・男性は・・と言う感じでも結構です!(アメリカのように男女平等の国ですか?それとも、日本のようにまだ男性社会?)どんなことでも結構ですので、教えてください!

Aベストアンサー

数人のペルー人の友人がいますが、皆誠実な人たちです。ペルー人といっても際立って違うところはありません。スペイン人の血(大家族主義、カトリックで信心深い、アラブの影響で友達を大事にする)と先住民の血(一口で言えば縄文時代の日本人です。自然を大切にする、万物に霊が宿ると信じる)の混血が多い。中南米の中ではメキシコ、グアテマラ、エクアドール、パラグアイと並んで先住民の割合が高い国です。

男女同権の国で女性を大事にします。(彼らの目から見ると日本人はカトリックでもないし、女性を大事にしない文化的には自分たちより遅れた民族かも知れません)ラテン系の人は法律は人生の潤滑油と考え楽しく人生が送れるために最低の規準として法律があると考えます。従って、楽しい人生の邪魔をする法律は生活の知恵で何とかしようと考えます。友人の出番です。友人(日本語より範囲が広い)のためには何でもします。少なくとも何かしてあげる努力をします。日本人は出来ないものは出来ないと考えるので、彼らの目には冷たく映ります(アメリカ人も日本人に似ている)しかし、アメリカ人以上に日本人が評価されるのは同じモンゴロイドの血を引くものとして、合理性だけではない、アジア人的人間くささともいえる
共通するものを感じ取るからでしょう。ペルー人が特に変わっていると感じたことはありません。明治時代までの日本人的なところがありますが、現代日本人の価値観に合わない点が違和感を与えるかも知れません。oscaroscarさんが、具体的に
差を感じる点があったのなら補足ください。

数人のペルー人の友人がいますが、皆誠実な人たちです。ペルー人といっても際立って違うところはありません。スペイン人の血(大家族主義、カトリックで信心深い、アラブの影響で友達を大事にする)と先住民の血(一口で言えば縄文時代の日本人です。自然を大切にする、万物に霊が宿ると信じる)の混血が多い。中南米の中ではメキシコ、グアテマラ、エクアドール、パラグアイと並んで先住民の割合が高い国です。

男女同権の国で女性を大事にします。(彼らの目から見ると日本人はカトリックでもないし、女性を...続きを読む

Qスペイン語 Te quiero と Te amo の使い分け

Te quiero と Te amo は、同じスペイン語圏でも国によって使われ方がさまざまだと知りました。

が、今ひとつはっきりしません。

Te quiero だと、恋人同士の関係でもそれほど強い愛情表現ではないのでしょうか。
Te amo と言える関係が、深い恋人同士で普通なのでしょうか。

違い、簡単に教えてください。

Aベストアンサー

簡単には説明できません。あえて簡単に説明すれば、それは広義の一部を説明していると理解すべきです。

日本語の「好きです」を外国人に説明するのと似ています。好きな対象は家族、友人、恋人、ペット、食べ物など非常に幅広い意味があります。

スペイン語では初対面の相手が気に入ったときは、me cayes bienとかme gustasといいます。 Me gusta, pero no lo quiero(彼は好きだけど、愛しているわけではありません)

amarはquererに較べて少し古い言葉(表現)です。 従ってスペインより中南米で好まれるかもしれません。今日では誰でも簡単にquererを全ての対象(神、国家、家族、友人、恋人、ペット、趣味など)に使うので、te amoと言われることを好む恋人がいるかも知れません。

te amo, te quieroといわれた人はその差を考えたりはしないでしょうが日本語の「好き」や「愛している」に較べればte quieroは強烈な表現と言えるでしょう。なぜなら「君が欲しい」とも解釈できるからです。しかし、原義は「君に愛情を抱いている」という意味です。

amarとquererの使い方は地域差、個人差であり、quererの方が一般的としかいえません。英語ではどちらもto loveです。 quererには期待する、何かが(を)したいという別の意味もあります。 Quiero visitar un dia Japon(いつか日本を訪れたい)

簡単には説明できません。あえて簡単に説明すれば、それは広義の一部を説明していると理解すべきです。

日本語の「好きです」を外国人に説明するのと似ています。好きな対象は家族、友人、恋人、ペット、食べ物など非常に幅広い意味があります。

スペイン語では初対面の相手が気に入ったときは、me cayes bienとかme gustasといいます。 Me gusta, pero no lo quiero(彼は好きだけど、愛しているわけではありません)

amarはquererに較べて少し古い言葉(表現)です。 従ってスペインより中南米で好ま...続きを読む

Qbeberとtomarの使い分け(スペイン語)

すみませんまた初歩的な質問です(^^;)

cervezaやaguaは、当然beberで良いですよね?
でもcafe'やsopaになると、tomarの方が適切だとあります。

「飲む」より、「とる」の方が自然という感じなんでしょうが、
これって温度に関係するのでしょうか?
El cafe' frioだと、beberでもOKなんですか?

Aベストアンサー

beberは液体や流動食などを飲み込む(飲み下す)基本動作をさします。
もっとも使われるのがaguaに対してです。 その他の食べ物や飲み物にはtomarが使われます。 コーヒはbeberでも間違いではありませんが習慣的にtomarが使われます。 対象物の温度は関係ありません。スペイン人は朝、コーヒと熱いミルクを半々で飲むのが好きです。Tomar cafe con leche.

beberの類語:ingerir, trincar, libar
日本語でも酒を飲む、酒を味わう、酒をたしなむ、ビールで乾杯する、一杯いこうか、などと使い分けますね。 スペイン語ではもっとも使用頻度の高いのがtomarです。


人気Q&Aランキング