家族のものが、腰痛であんまマッサージ指圧に通っています。ところで、知り合いから聴いたのですが、健保がきく治療院があるそうなのです。健保取扱い指定があるところと、無いところがあるのでしょうか?健保の種類によって、取扱いの有無があるのでしょうか?健保扱いになると、ずいぶん助かります。どうぞよろしくご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はりきゅう保険は鍼灸指圧マッサージ独自のものですから、一般の健康保険とは違います。


他の方が書いている通り医師の同意書が必要になります。
これは都道府県の鍼灸師会もしくは、保険鍼灸師会という団体に入会していることが条件になるため、入会していない施術所は適用できません。
これは病院などは関係なく、個人開業している施術所でも、この会に入会しているところであれば保険は使えますが、あまり普及していません。
私の施術所でも使っていますが、保険診療の場合には収入面でかなり厳しい状態になります。
恐らく実費治療の約三分の一程度の収入になるため、他の実費治療の方との兼ね合いから、保険の場合は時間を短くしたり、最初から保険治療を専門でやったり、何らかの特別な仕方にしないと、3倍も治療費が違うのに同じ治療をするのかという疑問があります。
施術所によっては、保険の自己負担分以外に実費を貰っている所もありますが、本来は違法行為となります。
保険治療は一回で1530円の自己負担分となりますので、3割で450円程度でしょう。老人医療の場合は1回150円となります。
加えて1月に請求できる回数に制限があり、1月に初月15回でそれ以降は10回となります。さらに、3ヶ月で再同意が必要で、最大6ヶ月しか適応になりません。
6ヵ月後には一月空けて、さらに他部位で再び同意書をもらう必要があります。
これでは鍼灸院やマッサージ所で嫌われても無理はないでしょう。
治療においては、かなり施術所によって治療内容や技術が違いますので、気に入った所に保険適応の意思がなければどうしようもありません。
内容が充実していて保険適応する施術所があれば良いのですが、マッサージの場合には時間的に鍼灸と比べても長く必要ですから、同じ治療内容で安く上げるというのはいささか難しいように思います。
私のところでもほとんどボランティア状態ですから、ぜんぜん保険では利益が挙がっていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。よくわかりました。道理で、普通の治療院で健保も適用を受けたという話を聴かないはずですね。

お礼日時:2001/10/01 20:35

鍼灸についてですが、特に整形外科でなくても病院で医師の診断書をもらえば健康保険扱いをしてくれる所があります。


この場合1回の診療で1500円程安くなりました。
先の#1のkazugoo様のおっしゃる併設の方がなにかと良いとは思うのですが、もし通院に不便等の理由があるのであればこう言う方法もありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。整形外科にこだわらなくてもいいのですか。知りませんでした。

お礼日時:2001/10/01 20:33

あんま・マッサージについてはわかりませんが、



鍼灸、お灸の場合は整形外科に併設されているところがあります。

医師が必要と認めた場合は保険適用となりますので、
そのような整形外科医院で、診察時医師に鍼灸やお灸を受けたいと申出れば、保険適用となります。(医師も報酬が欲しいわけですから、やってはいけない!って場合以外はOKを出しますよ)

ちなみに私の場合鍼灸1000円、お灸500円 でした。(2割負担時)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。整形外科に併設されているところもあるのですね。知りませんでした。

お礼日時:2001/10/01 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(あんま、針、お灸)の資格取得者の開業可能なのは?

(あんま、針、お灸)の資格取得者の開業可能なのは?

[あはき](あんま、針、お灸)の専門学校を、卒業後、

あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の国家資格が取得出来たなら、
その後、将来開業出来るのは、

昔ならば、見かけました看板の、
「骨接ぎマッサージ」の
「マッサージ院」と「鍼灸院」になりますでしょうか?

Aベストアンサー

 同業のものです。
 「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」のいわゆる三療の免許は現在は同時に取られる方が多いようですね。医療類似行為を業とする施術所を開業できるのは、それぞれ単独でも可能で、具体的には「マッサージ院」「鍼灸院」や、割と多いのは「○○治療院」とか「○○施術所」とういような名称で保険局に施術する内容を届け出るものです。変更もできます。
 「骨接ぎ」「接骨」「整骨」は柔道整復師の分野です。また「整体」「カイロ」、慰安のための「マッサージ」などは国家資格は関係ないので連ねてつけているところもあります。医療保険の適用を受けずにただ開業だけなら法律上は可能なのです。
ちなみに、きゅう師で「びわの葉灸」や「温灸」のみで開設しているひともいます。

Qずいぶんと痰(たん)がからむけど

ここ半年ぐらい、ずいぶんと痰がからむんですけど、どういったときに痰が出るんですか?鼻が悪いのか、口の中が悪いのか、のどが悪いのか、それとも、天候のせいなのか、食べ物が悪いのか、何か、色々考えられそうなんですが、本当のところ、痰の仕組みってどうなんですか?
どうしたら症状が軽くなるんですか?何か知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

私の話で・・ 花粉症もアレルギーも人並みに持っています。冬はあまり何もないのですが、カゼをひいてから喉の奥に鼻水かタンか、鼻をかんでもカーーーーっとやっても出にくい部分に 絡みまくっていました。

1月中に、花粉症の予防をしようと思って、耳鼻科に行ったのです。そうしたら、”アレルギー性”の反応で タンが絡んでいると説明されました。

ステロイドの”吸入式鼻過敏症治療剤”(点鼻薬です)を処方され、2週間くらい使ってみて 『何かが貼り付いている』のは治ってきました。

ということで、鼻が悪い! と思います。
今までの経験でいうと、鼻が悪い→喉にくる→舌にくる 
という感じで変化します。カゼでどうにもこうにも、市販薬では太刀打ちできないと思ったので、早々に耳鼻科に行ってみて良かったと思ってます。

耳鼻咽喉科へ行ってみてくださいな。

Q暗いところ・狭いところが苦手です

私は昔から暗いところや狭いところにいると気分が悪くなります。
特に水族館、トンネル、エレベーターです。

どうしてなんでしょうか?病院にいって見てもらったほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

狭い所が苦手なのは、閉所恐怖症です。
暗いのが苦手なのは、暗所恐怖症です。
直すには、克服しかありません。
別に病院に行かなくても大丈夫です。

Q指圧をすると、咳が出る

50代の整体師です。(経験は1年です)

今年1月に風邪をひき、咳がだんだんひどくなっていき、体調不良になり3月は仕事を休みました。呼吸内科でもらった薬と、休養で体調は回復し、咳も収まっていきました。しかし、仕事復帰後1ヶ月ほどでまた咳が少し出てきました。
6月にまた休養したら咳がとまりましたが、今、復帰に向けてトレーニングすると、また咳が出ます。
私の手技は、指圧中心ですので、それが関係しているのではないかと思います。咳が出るときは、上部胸椎が辛くなります。
指圧をしてもらったり、整骨院で電気治療・ハリ治療をしてもらうと楽になり、咳も弱くなります。
整体の仕事を続ける限り、治療を受け続けなければならないかと思うと気が重いです。

最近は、風呂に入ったり、アルコールを一口飲んだだけで咳が出ます。

経験者の方、解決策をご存知の方、回答をお願いしま。

Aベストアンサー

指圧をするときは前かがみの姿勢になると思います。
胃食道逆流が関与する咳を考慮なさるのがいいでしょう。
一度消化器科で相談なさることをお勧めします

参考URL:http://www.tmg.gr.jp/hokensinpou/020401-isyokudo.html

Q飲んでる薬が突然健保からはずされました

私は だ液が出にくくエポザックという薬を 飲まないと 口の中がカラカラになり喉の奥が引きつります。それなのに突然先生から 保険からはずされたから100%自費になりますといわれました。理由を聞いてもこちらでも 原因は分かりませんとの事でどうして良いかわかりません。 保険って病気の時には補てんしてくれるものと思っていましたが なぜ理由もなく打ち切られるのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

エボザックは昨年末の第4次スイッチOTC薬候補の中に名前が挙がっていたので、健康保険の対象から外されたというなら、これが原因でしょう。きわめておおざっぱに言えば、街の薬局で買える(買えるようになる)薬は、特殊な事情が無い限りは健康保険の対象とはならないという事です。

エボザックやサリグレンも、シェーグレン症候群の患者さんへの処方は健康保険の適用となっていましたが、それ以外のドライマウス症状だけでは健保適用ではなかったと思いますし、そのあたり、あなたの病気が何で、どうして処方を受けていたか何てことは他人には判りません。

理由は上記の通りなので、類似の薬を探すか、スプレーやジェルなどの導入も考えましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報