最近アルゼンチン人、スペイン人の友達ができ、スペイン語圏の国に興味を持ちました。どなたかスペイン語の文学(小説、詩など)や音楽など、「これはぜひ誰かに勧めたい!」というのがおありの方、ご紹介いただけるとありがたいです。(個人的に、アルゼンチン人のLouis Spinettaが好きで、いつか彼の歌の詞を翻訳してみたいと思っています)よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ビクトル・ハラ、ビオレータ・パラ、アタワルパ・ユパンキ、メルセデス・ソーサなどのフォルクローレ(歌)



パブロ・ネルーダ、ガルシア・ロルカの詩。

セルバンテス「ドン・キホーテ」、ガルシア・マルケス「百年の孤独」

それと中南米の音楽についての本で八木啓代「危険な歌―世紀末の音楽家たちの肖像 」幻冬舎文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877286 …

いまおもいつくのはこんなところですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。アメリカ人の友達にもガルシア・マルケスを勧められたので、気になっていました。図書館で「百年の孤独」を見つけたので、読んでみます。たくさんの情報をいただきありがたいです。ぜひ時間をかけて、読み進めていきたいと思います。

お礼日時:2005/07/03 10:34

【音楽】


パコ・デ・ルシア,ビセンテ・アミーゴ,ラファエル・リケーニ,パリージャ・デ・ヘレス
(以上、フラメンコギター)
カルロス・ヌニェス(ガイダ;ガリシアのバグパイプ)

【文学】
「エレンディラ」 ガルシア・マルケス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/ …
この作品は映画にもなりました。秀作です。
http://cybar.cocolog-nifty.com/senmaku/2004/09/0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ガルシア・マルケスはやはり評価が根強いようですね。映画も観てみます。

お礼日時:2005/07/03 10:25

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編(「ブロディーの報告書」など)も詠みやすくてよいでしょう。



音楽はタンゴのアストル・ピアソラがおすすめ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ピアソラは名前を聞いたことがある程度ですが、ちゃんと聴いてみたいと思っていました。聴いてみます。

お礼日時:2005/07/03 10:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテンアメリカ文学(スペイン語)

ボランティアをしている図書館では、日系人の利用者が多いので、ポルトガル語やスペイン語の図書を購入して置いています。ポルトガル語はかなり充実しているのですが、まだスペイン語の図書があまり揃っていません。特にペルーやメキシコ出身の人が多いので、スペイン語系のラテンアメリカ文学をいれたいと思っています。
そこで質問ですが、
・ラテンアメリカ文学と言えば、「ガルシア・マルケス」などは有名ですが、他にどんなラテンアメリカ文学者がいるでしょうか?
・また、最近ペルーやメキシコで流行っている文学作品はどのようなものがあるでしょうか。
詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

日本でも出ている著書で読んだことがあるのは、

バルガス・リョサの『誰がパロミノ・モレーロを殺したか』『フリアとシナリオライター』 
イサベル・アジェンデの『エバ・ルーナ』『天子の運命』
パウロ・コエーリョの『アルケミスト』『星の巡礼』
アルベルト・グラナードの『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』
 
後は、オクタビオ・パスの詩集、評論集やアレホ・カルペンティエルやフリオ・コルタサルの短編などです。

ただ、さすがに最近の流行までは分かりません。申し訳ありません。

Qこの詩なんの詩?どんな意味?

図書館にある、不要になった本を配っているコーナーで
英語の詩が載っている本をもらってきました。
そのなかで気になる詩がありました。
Beauty is but a flower
Which wrinkles will devour;
Brightness falls from the air,
Queens have died young and fair,
Dust hath clos'd Helen's eye:
I am sick, I must die.
Lord, have mercy on us!

たぶん、詩の一部だとおもうのですが、
(解説文らしきものの間にこれだけが
はさまっていました。)
最初の1行目で「えっ、これはどんな意味!?」
と気になって仕方がありません。
たぶん、作者はThomas Nashという人だと思います。
しらべてみても、翻訳がでていないようなので
相当マイナーか昔の人だと思います。
この詩はどういう意味なんでしょうか?
また、作者はThomas Nashという人で正しいんでしょうか?

ちなみに、私ががんばって訳してみると

美しいものはしわがよって
ほろびてしまうであろう花ではない
光が空気の中からおちてくる
女王たちが若く美しいまましんでしまった
塵がヘレンの目を(hath clos'd がわかりません;;)
わたしは病気になった、きっと死んでしまうだろう
殿様、(have mercy on usがこれまたわかりません;)

こんな感じです。。。
ご存知の方、どうか教えてください!!

図書館にある、不要になった本を配っているコーナーで
英語の詩が載っている本をもらってきました。
そのなかで気になる詩がありました。
Beauty is but a flower
Which wrinkles will devour;
Brightness falls from the air,
Queens have died young and fair,
Dust hath clos'd Helen's eye:
I am sick, I must die.
Lord, have mercy on us!

たぶん、詩の一部だとおもうのですが、
(解説文らしきものの間にこれだけが
はさまっていました。)
最初の1行目で「えっ、これはどんな意味!...続きを読む

Aベストアンサー

この詩は知りませんが・・・(ごめんなさい)
詩の最後にある「Lord, have mercy on us!」は
「神よ、私たちにご慈悲を!」っていう意味だと思います。
冒頭の「Beauty is but a flower
    Which wrinkles will devour」は
「美しいものはしわがよって
 ほろびてしまうであろう花ではない」というよりは、
「美とは所詮しわしわになって滅んでいく(枯れていく)花のようなものに過ぎない」という感じかな・・・と思います。(すんごい意訳ですが^^;)

「hath」は「haveの三人称単数直説法現在形」だそうです。(何だそりゃw)
どうやら古語表現のようです。
「clos'd」はなんなんだかさっぱり・・・。
「closed」が変化したものなんですかね???
あたしには予想しかできません・・・。
でもそう考えたら訳せそうですね☆

Q日本近代詩が受けたフランス詩の影響

レポート課題のテーマで、何でフランス詩が他の国の詩より日本の近代詩に影響を及ぼしたのか?と、フランス詩を受容したことによって日本近代詩はどんな完成の表現が出来るようになったか?について調べています。

いろいろなワードで検索したのですがなかなか思うようなサイトが見つかりません。
上に書いたような内容についてご存知の方、または詳しいことが載っているサイトをご存知の方は教えていただけるとうれしいです!

Aベストアンサー

回答とはいえないので悪いのですが、投稿します。
他の国よりもフランス詩が日本の近代詩により強く影響した、という言い分自体よくわかりませんが、それはやはり「内容」ではないでしょうか。つまり、何を表現したか、だと思います。それでいくと、近代詩というのは、歴史的に叙事詩から個的な抒情詩への流れがあって、要するに「近代人の自我が社会的な存在としての葛藤をどう表現するか」という課題に挑んできたわけです。この考えは、自我の近代化というバックボーンを持っています。
たしかに近代詩はフランスで花開いた感がありますし、深化したともいえそうです。しかしなぜフランスかと問われれば、それは文化的背景と言語(音楽的要素としての)の違いによる、ということになるでしょう。じっさいフランスでは詩が思想・哲学に深く影響を及ぼし、その実質的な関係もかなり密なように思えます。たとえば現役の思想家や哲学者が自著に詩人を登場させるなどです。思想を形作ることに詩が関わっている、ということです。
学問としての体系的なことは分かりませんが、やはりランボーがメルクマールだろうと思います。
なお個人的には、フランス詩を受容したことで詩を書いたのは中原中也だと思っていますので、たとえばランボーやヴェルレーヌに影響を受けた中原中也の詩、というふうにひとつのケースで考えてはどうでしょう。
苦言ですが、レポートを急ぐ余り詩の鑑賞がままならないのなら、それは悲しむべきことだとあえて申し上げます。

回答とはいえないので悪いのですが、投稿します。
他の国よりもフランス詩が日本の近代詩により強く影響した、という言い分自体よくわかりませんが、それはやはり「内容」ではないでしょうか。つまり、何を表現したか、だと思います。それでいくと、近代詩というのは、歴史的に叙事詩から個的な抒情詩への流れがあって、要するに「近代人の自我が社会的な存在としての葛藤をどう表現するか」という課題に挑んできたわけです。この考えは、自我の近代化というバックボーンを持っています。
たしかに近代詩はフラ...続きを読む

Q英詩、金魚鉢で溺れ死んだ猫を嘆いた詩の作者

英詩で、友人の飼っていた猫が金魚鉢の鉢のなかで溺れ死んだことを唄った詩があると聞きました。誰のなんという詩なのでしょうか?

Aベストアンサー

金魚鉢 溺れ 猫 詩  で検索

「金魚鉢で溺れた愛すべき猫の詩」 トマス・グレイ  がヒット

http://de.wikipedia.org/wiki/Thomas_Grayで調べたら
原題は
"Ode on the Death of a Favourite Cat,
Drowned in a Tub of Gold Fishes" ? ?

詩は
http://www.thomasgray.org/cgi-bin/display.cgi?text=odfc

Q芥川賞や群像新人文学賞などの文学賞を取られた方

芥川賞や群像新人文学賞などの文学賞を取られた小説家の方にお聞きします。

男女の出会いや、挫折のパターンや、小説のクロージングの方法など、自分で事前に恋愛のパターンをいろいろ調べたり、ありうるパターンをいろいろ考えてデータベース化しておけば、恋愛小説は効率的に作成できると思うのですが、(もちろん、人に読ませる文章力があるのが大前提ですが)間違っているでしょうか。

それとも、作家の方は既にそのようなデータベースを作っておられるのでしょうか。

Aベストアンサー

受賞者ではありませんが、ハーレクイン・ロマンス・シリーズは似たような考えで量産されているとかなり以前読んだことがあります。指摘のパターンのほかに、主役の男女の職業のバリエーションも加味しているそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報